CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年12月31日

新年の準備中

DSC_0221.jpgDSC_0220.jpg帰省している娘と楽しくお正月の準備しています。

2012年12月27日

かに入りクリームパスタ

DSC_0164.jpgまあひさしぶりに風邪をひきました!
クリスマスの前後一週間
鼻水に咳と鼻づまり
サンタさんが帰ったら、治り始め??

今夜は、クリスマスに作ろうと思っていたメニューに
ばっちりとはいかず、何かが足りない感じ
もう一度、あのおいしかったお店に行きたいです。

2012年12月20日

老眼鏡

DSC_0126.jpgお疲れなのか?老化なのか?
新聞の字が見えるけど、読めず
また、老眼鏡を買いました(・_・、)

2012年12月18日

宮崎県庁でお仕事

DSC_0110.jpgDSC_0107.jpg今日から3日間宮崎県庁でお仕事です(^^)
協働を実現するための指導者育成講座
NPO法人iさいとの
協働事例発表として、30分間しました!

2012年12月13日

おはよう宮崎

DSC_0060.jpgDSC_0061.jpgおはようございます!宮崎も寒いです!
テラスの干し柿、旦那は非常食と言うけど毎日一つずつなくなっている。

2012年12月12日

資源ゴミの日

DSC_0054.jpgDSC_0055.jpgおはようございます。いいお天気の宮崎
今朝は、早起き。資源ゴミの日
朝ご飯準備しているとプラスチックのゴミが出る出る!

旦那が出勤時にゴミも出勤?

これ(ゴミ)も一緒に連れて行って(´▽`)ノ

2012年12月09日

写真が変

スマホに切り替えてフェイスブックは、アップしやすくなったけど
カンパンブログの写真がうまくアップ出来ない!
どなたか教えてくださらないかなぁ(^◇^;)

アオタイ

DSC_0048.jpgDSC_0050.jpg昨年からアオタイに参加して走り始めた旦那
今年も完走
記念にメロンパンをいただきヘロヘロで帰宅

運動を始め歩くことから始め
一年後
走り始めた旦那

拍手を贈る
奥様です

2012年12月04日

西都原考古博物館ガイドさんの忘年会

昨晩の宮崎県立西都原考古博物館のボランティアガイドの忘年会は8年目を迎えました。私自身が関わり初めて5年目。

今年はいろいろな思いがありすこし新しいことを企ててみました。
スタッフが本当にがんばってくれました。有り難うございました

人との出会い!でもまぁ人が集まればいろいろでてきます。いいこともあれば、少しいやなこと哀しいこと。
先日、以前ここで活躍されていたボランティアさんがご病気でお亡くなりになられました。
私自身長期入院したことも含め・・・元気であればこそできることだとわかりました。

486156_375955482496976_418226759_n.jpg


ボランティア活動はだれでもできると言います。
がしかし、この博物館でボランティア活動ができるってすごいことだと思います。
この時間を大切に!
また活動をともにする仲間を大事に!

そして自分の誇りに!
それが社会のため、次世代を担う人材育成に役立っているいう実感を感じられる!
ボランティアガイド活動

このつながりや経験はすぐにできるものではありません。継続(つながり)は力なりです。

だからこそ、つながりが見える忘年会にと
今年度初めて歴代館長をご招待しました。
初代館長が「みなさまに感謝の言葉を伝えたくてこの場に伺いました」と挨拶されました。どうしても当日参加できなかった元館長からはあたたかいメッセージをいただき読まさせていただきました。

また、ガイドさんの館外研修の様子を同行したスタッフにプレゼンしてもらい、皆さんと共有する場をつくったり・・・

今年度の忘年会はいかがだったでしょうか?
参加された皆さんの感想が聞きたいです。

再来年はここ宮崎県立考古博物館10周年です
NPOとして、またずっと関わってきた人間としていろんな思いがあります。
10周年に向けて、いろんなことを仕掛けていきたいです。

2012年12月03日

ふれあいコンサート

12月1日「アカデミックブラスアンサンブル ふれあいコンサートin西都21012」 コンサートが終わりました。

アカデミックブラスアンサンブルふれあいコンサートin西都2012
当日は地元の神楽が始まりなかなか集客に厳しい状況でしたが、出演者も含め200名近くのお客様が西都市文化ホールに来ていただけました。
アカデミックブラスアンサンブルの方々のあたたかい心と笑顔に感動させられたコンサートになり大拍手で終わりました。
みなさまのおかげです。感謝・感謝


3部構成2時間の演奏
その2部でゲスト出演してくださった、宮崎県西都市立妻中吹奏楽部の生徒(1,2年生)26名は力いっぱい素晴らしい演奏をしてくださいました。
 2部の演奏後、中学生が舞台袖から降りてくると、アカデミックブラスアンサンブルの方々やスタッフからあたたかい拍手や「ブラボー」の大祝福
この祝福の拍手は最後の一人が降りてくるまで鳴りやみませんでした。
演奏した子供たちは緊張と照れなのか、少し硬い表情のままでしたが、とてもいい顔をしていました。
この舞台袖の祝福、ホールにいらっしゃるお客様にも届いたかも(^^)
文化による街づくりは、このように人でつながり周囲の大人のあたたかい心で子どもたちを育てていくんだと感じました。

公演後、お見送りをしていると地域の方だと思いますが
「素晴らしかった。地域の宝だねぇ〜。こんな子たちも居るんだと、市民にもっとアピ−ルする場がたくさんあったらいいですね」と紅潮し絶賛され帰られました。
企画したnpo法人iさいととしては、うれしく「やったね!」と思いました。

代表が
「宮崎を代表する演奏者と一緒の舞台を踏む。暖かいエールに包まれる。明日の教育的な効果は薄いかもしれないけど、ずっと心に残る一コマになってくれればいいと思います。」と言っていました。子育てを経験した私にとって本当にそう思いますし、願います。

アカデミックブラスアンサンブルや妻中吹奏楽部のみなさん、保護者の方々、関係者の方々て見に来ていただいたみなさま
そしてnpo法人iさいとの理事とスタッフのみなさん、本当に有り難うございました。

コンサートをやってよかった〜!