CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月30日

慎重な動きでないといけない口蹄疫

最近口蹄疫で
「NPO法人○○は何にも動かないんですか?」聞かれます。
動かないんじゃないんです。ダメ
動いています。
でも、動き方は慎重でないといけないと思います。


この口蹄疫は災害ですが、でも台風や地震等の災害とは違います。

人がその地域に出入りすることで
体や衣服にウイルスを付着させ、感染拡大が懸念されます。
だから現地での市民ボランティア活動は自粛をしている現状です。

私たちは今、そのかなで動かないことが大事です。
できることは災害が起こっている外で何ができるかを考えること
そして後方支援等の活動を行う事だと思います。

義援金活動はもちろんのこと
終息宣言がでてからの支援(心や金銭的なもの)をどうしていくのか
いろんな分野とのネットワークで、その時動けるように考えるのが
今現時点でNPOとしてやるべきことだと思い
着々と準備しています。


総会@NPO法人iさいと

本日はNPO法人iさいとの総会です。
こがちゃん事務局
総会に参加するのと、開く側とは大違い
ぎりぎりまで準備でした。

確か昨年も
もうちょっと、早くから準備する!と思ったはず。

学習はしたつもり
口蹄疫があったがため・・段取りくるい
いろんな対応に追われた代表と事務局。最後までバタバタでした。
どうにか無事、総会が開けてホッとしています。


これで終わったわけではない!
法人なので資産の変更届等まだまだやることいっぱい
こがちゃんは31日まで走ります走る
月曜日がんばろう!!!




昨年度は、法人としてまぁ〜いろんなことがあった年度でした。
しかし、代表のあいさつで
「雨降って地固まる」の一年になりました・・・・

皆さんの力をあわせた結果 見事もち直し、
これを維持するための努力を惜しまず常に力そそがれ
マネジメントを大事にされる代表
やっとスタートラインに立てた感じです。

こがちゃんにとってこの法人の総会は2回目
オブザーバーの公孫樹氏から毎年とても大事な話を聞く場でもあります

ひとつ紹介しましょう。

◆経理のあり方について
領収書を見て、勘定科目がこれで・・とあとはお金が合えばオッケー
もちろん合わないといけないわけですが
これでおっけーではないという話
経理とは、領収書の意味を考えること
何の目的で使われたお金だろうか?
この事業で、この領収書のだされ方は正しいのだろうか?
任せっぱなしでいけないと、あらためておもう話でした。

2010年05月28日

ひんだれた

宮崎弁で疲れたというのをひんだれた
というらしい。

こがちゃん
ちょい、ひんだれた宣言。

5月31日までに、どうにかしないといけない
なれていない事務局というお仕事と並行して従来のお仕事もしているこがちゃん
心がバタバタな感じ。


でも、NPOハウス
みんな優しい
最近事務所のご近所さまから
毎日毎日嬉しいお菓子の差し入れに・・心からありがたく
元気をいただく毎日です。

先日、ご近所のじゅんちゃんと介護のことはなしていました。
やっぱ、疲れた時 つらくなったとき
わかってもらえる人や場があることの大切さ
改めて感じました。




一気に片付けちゃいたい気分はわかるけど
一つ一つでいいと思う



とはいっても時間は待ってくれない
こがちゃんと師匠のお仕事
とりあえず からかたずけようかな・・・

2010年05月26日

総会@ホームホスピス宮崎

26日 本日は「ホームホスピス宮崎」の総会に参加しています。


ホームホスピス宮崎は設立して10年を迎えるそうです。
手作りで始めた法人も、事業規模はものすごい伸び。まだまだ成長続けるNPO法人です。

理事長のあいさつのなかで「社会的ニーズはなにか?」という話をされました。
10年たてば、ほんと世の中変わってきますよね。
短いスパン・長いスパンで考えていく事の大事さ 勉強になります。
かあさんの家はテレビで放映され、全国的に広がりのあるうごきになっているとのこと
第2、第3のかあさんの家ができていると報告されました。

NPO法人が介護事業者である意味 地域の中にNPOが存在する意味
忘れてはいけないこと伝えられました。



総会が終わった後、参加者の交流会をもたれ
一人ひとり自己紹介

この方はかあさんの家 第一号立ち上げに尽力を尽くされたかたでした。
初めてお会いしいい話を伺う事ができました。

立ち上げの思い
大変だった思い
そして、6年たった今を振り返り、今何ができるのかさらに考えられている姿に
ものすごく熱い思いを共有できる大事な時間になりました。

 
またほかのかたは・・
御主人を脳梗塞でなくされ、今ボランティアで頑張っている方の話
当時の話をにこやかにはなされますが、どれだけ大変だったか想像もつきません。
いろんな人と付き合っていると、いざという時知恵を貸してもらえると
さらりと言われた。この言葉のもつ意味・おもさ
こがちゃんは体験しているだけに、共感できます。


こんな話も聞きました。
80歳の高齢の方がボランティアとして
サロンで楽しく活躍している話
これには・・参りました。
高齢者は、お世話になる方とは限らない
老老介護でマイナスイメージをもつのがいけなかった落ち込み

ケアセンターにきて
老人は、世話になるのでなく、世話をやける働く人力こぶなんです
生きがい作りの場として活用するこの法人の柔軟な考え方に
すごいと座布団3枚さしあげたこがちゃんでした。



面白い・ユニークな先駆的な法人です。
ぜひぜひ活動に賛同して
会員になってください。
よろしくお願いいたします。

もちろん、こがちゃんも会員です笑顔

総会@宮崎文化本舗

25日は給料日まるでもあるのですが、

本日は特定非営利活動法人宮崎文化本舗の総会の日。
たくさんの方が総会に参加されています。

もちろん、こがちゃんも職員であり会員なので、お仕事急ピッチで終わらせ駆けつけました。

ただいま、事務局長のこうずまっちから
21年度事業報告を聞いてびっくり

自分が担当している事業は当たり前の話で、知っている。
が、しかし・・・
同じ法人なのにまぁ知らない事業の多いこと・大きいいこと
スタッフ数はこれだけ?と少ないのに
一人何役こなしているのだろう?





あらためてスタッフの皆さんの頑張りわかります。
宮崎文化本舗ってこのスタッフでいろんなものをつなげ作りあげているんだよなぁ〜と、心から思いました。

今年も新人が二名加わり大所帯
NPOというものの、もうこがちゃんがイメージするのは「会社」。
情報の共有、組織内のマネジメント等含め
「人」は財産です。


写真の方々は、宮崎文化本舗の理事の方々
全国でも有名な法人の代表ばかり
この方々が、こがちゃんの目標です。
こがちゃんは、文化本舗のスタッフになり3年過ぎました。

今、いろんな経験をさせていただいたことで学んだことを形にしていく時期にきているようなかんじがしています。
階段をそろそろ自分で上がる努力をしないと、誰もあげてくれんよなぁ〜
と感じています。

この理事の面々と
お話ししてもらうんじゃなくて
いつかお話できるところまでレベルをあげるのは夢でもあり目標。
まだまだ・・・困った


法人設立から10年
なんのために活動しているのか、だれのための運動なのか
忘れず
飛躍の年になるよう、それぞれが努力することは大事だとおもいます。
だーひょりじ・ふくだーひょりじのように枠をつけない考え方
そう簡単にはできませんが、これが文化本舗のうり
視野を狭めないためにも、いいお手本が目の前にいらっしゃるので
パクリからはじめようと改めでおもいましたた。

だーひょ理事を追い抜くぐらいのスタッフになるようみんなで育て・育ち
また1年頑張っていきましょう力こぶ

2010年05月24日

協働力アップ研修in宮崎県庁

本日は、宮崎県庁で、協働推進のための職員基礎研修
今年度は二回目

口蹄疫の影響で・・本日も参加人数6人
西都原考古博物館で運営支援業務をしている
NPO法人iさいと 若手美人4人 代表命令?で参加させていただきました。
合計10名
11月から脳みそ?を日々鍛えられている4人
どんな反応をするのかこがちゃん楽しみです。

新しい公共や協働という言葉をよくつかわれているが
本当に理解し、お仕事している方がどのくらいいらっしゃるのでしょうか?


今回の研修で、協働は強制してするものでないとはっきり講師が言われました
何が協働としてふさわしいのか
今までの仕事にない、仕事の方法
と惑う中で、協働推進員として前向きにとらわれている参加者
午後からのワークでは、笑顔や笑い声がでる作業。
いいアイデアはこんなとき湧いてくるもんですね!
いいひらめきを皆さんされていて、嬉しくなっちゃいます。


宮崎県は今年度多様な主体との協働を事業を実施しています
なかなか難しい事業だとこがちゃんは思います。
今日の講座で柔らかい脳みそにならないと進まないとまなばれた方もいらっしゃいました

ぜひぜひ、口蹄疫で冷え込んでいる経済の引きあげのヒントに
今までにない事業を組み立てる方法の選択肢に
協働があることを忘れないでほしいです。

ないところからいろんなものを生み出す協働事業
これにかかわると達成感があると思いますよ。

2010年05月23日

日本財団さん SOS

ブロガーのへんこつ侍さんがこんな記事を出されていました。

宮崎県だけの問題ではなく、日本の食生活の根幹部に関わることだろうと思いますので、こういう時こそ、公益ブログがお役に立てるのではないかと思います。

公益ブロガーの皆様、ツィッターでも結構です。

宮崎口蹄疫被害支援の募金拡大のための取り組みをみんなで広めていこうではありませんか!!

よろしくお願いいたします。



日本財団さんへ

宮崎のママのすったもんだのこがちゃんです。
カンパンで助けてください。

SOS

たくさんの方に現場のすごさをいち早く伝えたい一心で、つらいブログを書き続けています。
現場の人の声を聞くと
宮崎の中ではもう目の前にきた津波をかぶる覚悟をして待っているだけで、どうしようもない状態です。
現場にこれ以上がんばれなんて言えません。
いつ自分のところに来るのか不安でたまらない状況です。

ぜひ全国のカンパンのネットを通して
いろんな助けがほしいと発信していきたいです。

日本財団さん
公益ブログ カンパンを使えないですか?
こんなときだからこそ、知恵と力を貸してください。
そして動いてください。

お願いします。

博物館休館になった・・

宮崎県西都原考古博物館からの お知らせ  
 
  <臨時休館について>
『口蹄疫』感染防止のため、5月23日(日)から当分の間休館いたします。

【体験・実験講座および考古博講座の延期について】

平成22年5月29日(土)<体験・実験講座>「体験 拓本採取!」
平成22年6月12日(土)<考古博講座T>「宮崎における弥生時代の竪穴住居」
平成22年6月19日(土)<体験・実験講座>「実験 古代の染色!」

以上3つの講座については「口蹄疫」非常事態宣言を受け延期します。開催は未定です。

こがちゃん、毎週お仕事で通勤している西都原考古博物館
西都原に口蹄疫が発生し
移動制限がかかるのも時間の問題

教育委員会で決められ、休館になりました。
西都市の図書館等も前日、市の教育委員会で話し合われ休館
町が・・・・
この博物館のガイドをお願いしているボランティアさんたちも自宅待機
人がウイルスをまいている可能性がある中で
不要な外出が望まれます。
ガイドさんたちの6月の県外研修も延期の決定を取らざるを得ない・・
観光バス等大型バスを扱っている業者さんから
5月になってすべてキャンセル
一台も動いてないと伺い唖然

みやざきの経済はどうなるんでしょうか?

ものすごく怖い
なんか違うところで怖いものが動いているような気がしてならない・・・



2010年05月22日

口蹄疫で死んだ子豚を冷蔵庫に

本日の宮崎の地方紙
宮崎日日新聞 5月22日 土曜日



養豚の音なき終わりにすべもなく
只ありがとうの感謝あるのみ


口蹄疫ウイルスに抵抗力のない生まれたばかりの子豚が、毎日40頭ずつほど血のあわを吐きながら死んでいきます

川南町の養豚業のかたは豚1200頭の殺処分が決まった今も毎日豚舎に通い続けられています。
口蹄疫に感染し熱がでたり、足の水疱が破れて立てない親豚たち。豚舎で日に日に感染が広がっていくのがわかる。感染した豚はとにかくのどが渇くらしく、「少しでも楽にしてやり、喜ぶ顔が見たい」と水ではなくスポーツ飲料を与えている。口蹄疫ウイルスは「見えない敵」だが、この豚舎の方には現実のものとして、いままさに目の前に見える。・・・・・

死んだ子豚は21日までに140頭を数える。腐らないように冷蔵庫で保管しているのは、せめて殺処分された母豚と一緒に埋めてやるためだ。・・・
「豚は気の小さい動物で、ブラッシングなどで暖かく接する事により人を信用するようになる」今後殺処分を行う獣医師に
「できるだけ怖がらせないように殺してください」と頼んだ・・・・・・・

宮崎日日新聞社はこの写真について、おことわり・・・
掲載に賛否あると考えています。しかし、発生地域の畜産農家の現状を理解してもらい、また一日も早い終息を願う農家の思いを伝えるために掲載しました。


こがちゃん、この新聞を読んで
涙がとまらい。
誰も悪くないのに・・・
なんなのと、怒りさえ覚える。


副だーひょー理事でもあり宮崎県NPO活動支援センター長のブログ

宮崎文化本舗のだーひょ理事のブログ

をごらんになりましたか?
是非クリックしてください。

2010年05月21日

想像以上の口蹄疫

午前中は宮崎県西都原考古博物館でお仕事

ここ博物館も口蹄疫問題でさまざまな対応をどうするか会議の場で話されています。

理事のところに寄ると
西都市の商
お客様が減って畜産農家だけの問題ではない事態になっていると伺った。

地元で「どげんかせんといかん」とはもう言えない
十分頑張っている
これ以上何をがんばったらいい
悲痛な心の声が聞こえてくる。

郵便局員が被害にあわれた畜産農家に配達に行き
がんばってくださいと声をかけたら
怒鳴られた・・・と噂で聞いた。

地域の人は外出禁止令がでて、どこにも行けないと
こがちゃんは、聞いた。
こんな現場に今
ボランティアがはいれるのだろうか? いや、はいっていいのだろうか?
相手はウイルスです
どう動くことがベストなのか
安易にボランティア募集なんてバカなことはしちゃいけないと
こがちゃんは思います。

NPOが今何ができるのか
一生懸命考えるときです






今、こがちゃんができること
町にお金を落とすこと

どうせランチとるんだったらと、
ちょっと考えるこがちゃんです