CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年12月31日

おはようin宮崎

年末ですね!
一年ほんとにあっという間でした。
12月の出来事さえ何ヵ月前も前のように感じるこがちゃんです。

でも、元気に動けるって幸せなことです。


今年
まだまだ時間はあります。やり残したことちゃちゃと片付けましょう。
今頃起きてきて、パジャマ姿でうろうろしてるあなたのことよ!

メール再開しました

ただいまぁ〜
と・・夜中12時

30日 NPO法人 宮崎文化本舗キネマ館の忘年会に参加してきました。
石田代表!さすがです。何が・・まぁ映画のこと語る語る
きょうは、家にどんなポスターを貼っていたか?
もりあがりました。
石田代表はアグネス ラムちゃん
こがちゃんは・・ロッキーのシルベスタスターローン 
青春時代の話で盛り上がっていました。
そうそう・・レインボーマンって知ってる?
・この話変なのよ!何がへんか知りたいでしょう
笑うよ・・

知りたい方は、宮崎文化本舗の石田代表に聞いてね



今日は、若者が多い街に変身していてびっくりしちゃった
いつもはこんなに平均年齢若くない宮崎市
そうです!帰省した子どもたちで若返っています。

若者が多い街、やっぱいいわ〜
でも、娘と年齢がそう変わらないことを思うと、お年頃のおばさんは
なんか微妙



前置きが長くなりましたが
こがちゃんが忘年会に行っている間に、旦那がメールの設定をしてくれてました。
ありがたいですね〜ラブ

というわけで・・
やっとメールが使えるようになりました。
大変ご迷惑おかけしました。

2008年12月30日

男鹿和雄展のお土産

男鹿和雄展のお土産を持って娘が帰省しました。
わざわざ愛媛県美術館に行ったらしい・・・

お土産買ったら昼代なくなったらしくて・・
ありがたく息子と二人でいただきました。

蛙の子は蛙
でして・・美術館やコンサートに行くこと大好き少女みたいです。
もちろん食べに行くことも

若いうちはお金がない
でも・・
本物を五感で感じることって一生の宝になると思っています。
プロになることは無理でも
文化芸術を楽しめること。大事だと思います。
そして・・それは人生の中で、いろんな意味で自分を助けるきっかけにもなってくれます。

若いからいろんなお金の使い方があるけど・・
これはこれでオッケー!だと母は思いました。

こがちゃんは、わけもわからない頃から・・父の趣味で
県立美術館など必ず連れて行かれた。
時々あまりにも絵からのメッセージが強すぎて、気分が悪くなることも・・
だからかなぁ?・・今でも鮮明に覚えている絵画があります。
いつかまた本物をみたいものです。

そうなんです!美術館や博物館めぐりが
こがちゃんの趣味になっちゃったんですね笑顔

言葉は鏡の如し

言霊って聞いたことがありますか?

以前、精神的に疲れ切った友人をお見舞いに行ったとき
逆に説教されたことがあった

それが「言霊」
言霊
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。


[編集] 概要
声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発するとよいことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事がおこるとされた。そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。日本は言魂の力によって幸せがもたらされる国「言霊の幸ふ国」とされた。『万葉集』(『萬葉集』)に「志貴島の日本(やまと)の国は事靈の佑(さき)はふ國ぞ福(さき)くありとぞ」(「志貴嶋 倭國者 事霊之 所佐國叙 真福在与具」 - 柿本人麻呂 3254)「…そらみつ大和の國は 皇神(すめかみ)の嚴くしき國 言靈の幸ふ國と 語り繼ぎ言ひ繼がひけり…」(「…虚見通 倭國者 皇神能 伊都久志吉國 言霊能 佐吉播布國等 加多利継 伊比都賀比計理…」 - 山上憶良 894)との歌がある。

これは、古代において「言」と「事」が同一の概念だったことによるものである。漢字が導入された当初も言と事は区別せずに用いられており、例えば事代主神が古事記では「言代主神」と書かれている箇所がある。

自分の意志をはっきりと声に出して言うことを「言挙げ」と言い、それが自分の慢心によるものであった場合には悪い結果がもたらされると信じられた。例えば古事記において倭建命が伊吹山に登ったとき山の神の化身に出合ったが、倭建命はこれは神の使いだから帰りに退治しようと言挙げした。それが命の慢心によるものであったため、命は神の祟りに遭い亡くなってしまった。すなわち、言霊思想は、万物に神が宿るとする単なるアニミズム的な思想というだけではなく、心の存り様をも示すものであった。


これって・・ほんと不思議よ!
「どうせ・・・」「土台無理な話・・・」なんてなげやりなマイナスなことを言うと、絶対できない
「どうにかしたい」と願うと・・願いどおりにはならずとも結果が出たりする。 
意識の問題以上の効力がある。

最近、どうも「どうせ・・・」を発したようである
いかんなぁ〜と反省

その矢先
姑の墓参りとお正月の準備、年末のごあいさつにとお寺の僧侶に会いに行ったら
あらら・・・お留守
でも不思議
坊さんが書かれただろうりっぱな「書」が、いきなり目に入った
餅をお供えに行ったら、の言葉を返していただいた


「言葉は鏡の如し」

昔から「心、鏡の如し」と言って、人間本来、心と言うものは鏡のように清浄でなくてはならない。鏡の前に物をおけば映るが、物を取り去れば消える。たとえ鏡の前に汚れた物を置いても鏡は汚れない。と言って美しい物を置いてみても、綺麗(きれい)にはならない。重量が増しもしなければ減りもしない。香りもつかねば色も変わらない。この様に我々も物事を素直に映して、しかもそれに執着(しゅうじゃく)して染まらない無垢な心を持たねばならない。その無垢な心はまた、太陽も星も富士山も大海も全て自在に映し入れることが出来るだけの偉大さを持っているのである

なんでかぁ?
占いも何にも信じないこがちゃん。お寺さんも用事がないといかない
なのにこんなに教えをこうとは・・・

不思議な出来事だと思うのは・・あたちだけ?

そうそう・・占いなんてまったく信じないんだけど
霊が見えるというか・・人より霊感がめちゃめちゃ強いのよ!
実は祖母がそうだったらしい。

孫であるこがちゃん。小さい頃食べないし病気しやすい子供でした。
だもんで、福岡国立病院の先生がいつも診てくださいました
その帰り近所の祖母宅(母の実家)に寄るわけよ・・・
真っ青な顔をしてタクシーから降り、座るのさえ精一杯。 
なのに、祖母の前に座らされ香の香りがする経文を読んでもらいました。

その経文で最後「えいっ」と体の悪いところを祖母がたたくんです。
子供だから・・座っていても分厚い経文でポンポンとたたかれるとよろける
でも不思議なことにじわーっと体があったかくなり、みるみる顔色が良くなるのよ。
生気のない顔が見違えるほど目に力が入ってくるんですよ。

こんな経験したあたちは…なんでしょう?

おはようin宮崎

お久しぶりに宮崎の朝の風景を・・・
と、まだデジカメとパソコンを接続しきれていないので、携帯の写真です。
年末と思えないいい天気
最後の大洗濯、早朝から頑張っています。
6階の家の中
なのに・・カーテンなど排気ガスがあがってくるのかな?
結構汚れています。きれいな我が家で新年を迎えたいものです。


朝から・・今日は何を頑張っているのか?というと
これこれ!

パン焼きでなく、今日は餅つき

すぐれもので核家族にはちょうどいい量ができます。
正月のお飾り用のおもちを作っています。
我が家と、仏様と舅宅とたくさんいるのよね・・・

昨夜、旦那と餅つきの思い出話をしました。
30日の餅つきについて
懐かしい餅つきで、恒例だったのよね!と初めて話しました。
福岡にいるときは、母方の祖母宅で8家族分の餅つきを杵で朝から夕方までついてたなぁ〜
小さい頃は、ただただ従兄弟たちと遊ぶのが楽しみで
手伝いにならないんだけど
見よう見まねで丸め、顔じゅう真っ白で叔母たちに笑われたこと
懐かしい思い出です。

今はお正月の飾り餅は買ってくるものとわが子は思っているだろう
でも母の時代は実家からいただいてくるものと思っていたに違いない。

自分ひとりでお正月の準備をしていると
17年間宮崎暮しをしているけど、姑も他界
ちょっとしたとき福岡の昔を思いだし、さみしくなる

親戚づきあい
めんどくさい時もあるけど、離れてしまうといいもんなんだぁとほんと思います。


午前中、片づけをひとつ終わらせ・・お寺さんに今年最後のご挨拶に行ってまいります。

2008年12月29日

母、激怒中

三日坊主もできん怒り
母は只今激怒中炎


だってね
2学期の成績が悪い・・どころでない。
先生から呼び出された息子
提出物を出していない。つまり宿題をほとんどしていないってこと
平常点20点満点中0点

家族全員、経験したことがないことを
かっこつけマンは次々経験させてくれる
親はたまったものでない
クリスマスの日。反省文を書かされ本人頑張ると言ったはずだが・・
26・27日は課外があったし、怒られた直後 さすがに勉強をしていた
28日と今日
昼まで寝てる。起こしても起きない
腹減ったと昼ごろ起きてきて、食べたら勉強するというもんだから
せっせと母はつくり
正月の準備の買い物に出かけた

と・・帰ってきたら
ファンヒーターの前でТシャツ姿でテレビを見て笑っている
母は小雨降る中、重い重い荷物を運んだというのに・・
ブチっと切れる音がした
炎VS炎
気配を察した息子
「言われんでもしとるが〜」と部屋にしれ〜っと入っていく
覗くたびに、丁度休憩になったと都合がいい返事
そんで何をしているかって?ゲーム!

で・・夕方またまたおなかがすいたと言い出した
早めにご飯食べ、夜は勉強するといって大丼の牛丼を食べた
その時見ていた番組面白くて切れない
9時まで見ている

この様子を友人と長電話
我が家もそう
一日中家にいたら親がどうにかなりそうよ!
買い物に行く時間が息抜きやね〜と
おしゃべりで沈静化。


友人との電話が終わり部屋をのぞいたら
今度は部屋の片づけ?
夜は長いと息子は言うが・・

ようはやる気がないだけのこと
激怒再発炎

たまりません・・・怒り

最後ついてた!

県庁のご挨拶まわりが終わり昼食先にと迷わず選んだのは
アンジュール
障害者の方で運営されているレストラン
満員御礼…ダメでした困った
この日は宮崎市の主催 社会科見学で小学生の子供たちが昼食中でした。
担当のコミュニテー課の女性が突然師匠にごあいさつ
「先日の講座でお世話になりました。」
どこでも挨拶される師匠は有名人。
そばにいるこがチャン、まだまだ仕事ができないのでプレッシャーです。
いつか堂々と横に立てるようになりたいものです。
こうずまっちがいつも言われるように師匠の背中ってホント遠いのよね困った

で、気を取り直し探したお店は同じいつか会運営の「有一天」=蕎麦屋さん
大もりそばで100円追加 でもこのセットで600円
デザートのそばゼリーがこれまたおいしかった。
いなりも一個50円 帰りかっこつけマンのお土産に3個購入 


いや〜だい満足です。
なんたって師匠めがねと同じ大盛りなんだもの大満足でしょう。もうおなかいっぱいで入らないなんて会話していたら…餅つき?


すごい!すごい!と思わず走り寄って写メカメラ
おーっ!ふるまいが
餅をついているのを見るだけでなくだけでなく・・ついてる!ぜんざいのふるまいと、おもち5個、お菓子も頂き
もう満面の笑顔
太っ腹のこがちゃんに変身しちゃいました。



なんかいいしめでした。
宝くじ運はないけど…食べ物には何故かしらついているこがちゃん

笑顔が一番
これで今年のお仕事は終わりです。

いろんな方と出合えたおかげで
喜・怒・哀・楽 本当にたくさんありすぎるほどの一年でした。
来年もすったもんだはさらにレベルアップする予感
みなさん、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ブログはパソコン故障で書けなかった記事など
まだまだたくさん書きたいので
続くよ。

お楽しみに・・

神楽を初めて見に行ったのよ
この記事も書こうかなぁ〜

仕事納めに県庁訪問

ここは・・県知事で有名になった宮崎県庁
26日は仕事納めということで、師匠に連れられ挨拶回りに行きました。


「今年もお世話になりました」と言うことで
県庁内をあちこち回る。県庁内は重厚で赤じゅうたん
こがチャンウキウキして写真をとってます。

と・・・お前今頃なにやってんだぁ〜とあきれ顔で師匠からみられています。
にゃはカメラ!と全然気がついてこないこがちゃん
師匠めがねは、きっと
何回ここに通っているんだぁ〜といわれたいのだろうが、
こがちゃんには通用しませんダメ。いつまでたっても観光客気分
だってこの建物素敵なんだもの。
そのうえ、ご挨拶まわりじたい、慣れていないのでよくわかっていない・・・汗



まず一番に訪問したのは、県民政策部:生活・協働・男女参画課
課長・主幹・ジニアス様・ツンツン氏いらっしゃいましった。
深々と頭を下げ、ごあいさつ
協働の研修等でよくお世話になるところです。

次は・・教育員会の文化財課
今ブログでも発信している竪穴式住居復元プロジェクトの協働のお相手です。
素敵な方が多い課なんですよ・・・ラブ


福祉保健部:健康増進課のせとポンにお会いしに行ったけど御留守(残念)

それから・・福祉保健部:長寿介護課とここ

こがちゃんがどうしてもご挨拶に行きたかったところ
総務部:行政経営課のイデッチ様
三度目の正直で今日はいらっしゃいました!
真ん中の席でかっこいい〜キラキラ
仕事ができるって感じ

はいここで・・県庁内のご挨拶はおしまい。
12時お昼の時間です。
おなかがすくと不機嫌の塊に変身する、こがちゃん。
「ご飯食べに行くか?」
のあったかい?師匠の言葉に元気復活力こぶ
出発走る

続く

新品パソコンでお久しぶり

おっはよう!

いや〜パソコン壊れちゃったよ〜
どうもハードディスクだめになったみたいね。

と・・言葉では軽くかけるけど
あれだけまとめたデーターが、一瞬にしてなくなったら
私もしかして・・・この仕事するな!と言われてる?
とさえ感じた出来事でして
いつも元気なこがちゃんが・・・かなり落ち込んでました。

ということで、ブログも携帯からのアップのみで
詳しくかけないし・・これまた落ち込んでました。

でもね・・
人の出会いとは不思議なものでして
パソコンを新しく買うきっかけを作ってくださったのは
西都原考古博物館での職場のボス
「インターネットで、いいのを見つけたけど これにする?」

このかる〜い笑顔言葉の1時間後には注文完了してました。
インターネットで注文得意なボス、大忙しの中チャッチャと片付けてくださいました。


てなわけで・・・今年中に新品到着&復活〜

まだメール設定できていないので
ではなく・・機械苦手のこがちゃんは、旦那に頼むしかない
お仕事が30日までの旦那にごますりながら
設定お願いしております。
メールはもうしばらくお待ちください。ご迷惑おかけしておりますすいません

さぁ行動開始
主婦は、することいっぱい。なぜかしら年末は大忙し
旦那はのんきに、今日は何するの?と聞く
そのうち聞かれることにさえイライラしてくるはず
いまのところ、売れている芸能人並に動いてます。と答えるこがちゃん。

年末、妻&母が大掃除最中に
どっかりと寝ころび家事動線のまんなんかの居間で
窓あけるなよ〜と言わんばかりに、ファンヒーターを強にして
ぬくぬくと、大音量でテレビを見て笑っている旦那
ここまでは、許すけど・・
(たまに頭に来たら、だんなの足をぐにゅと踏みます。で、あらごめん失礼〜でOK
お昼ごはんまだ〜? お正月料理準備でばたばたしている中
また同じメニュ〜!なんて言われたら
炎はさみ怒怒り

こがちゃんは舅宅と2件分のお正月準備をがんばります力こぶ




2008年12月25日

第二回目かやかり

ここが、カヤを収穫する場所
ようはすすきがたくさん立っているところ
でもね・・手入れがされていないと使えない
今年のカヤだけがほしい
ということは・・一年に一度は全部刈り取っておかないといけないことになる。
野焼が一番らしいけど
この山に火をつけたら・・大火事じゃ〜

匠のおじちゃんたちは・・山が変わったと嘆いている
5分の一ほどの治水能力になったらしい

人にとって便利にと木が切られる、道路を作る
山奥にも舗装道路完備。

でもね・・ひとたび雨が降ると
すごいことになるって知っている?
木きがないと雨が山肌を伝い道路に集まる。
その雨は、ものすごい勢いで集まり道路が濁流の川と変化
その先は民家
鉄砲水です。ものすごく怖いといわれてます。


このかやかり作業
竪穴式住居復元で材料として必要なので参加したが
山師である匠のおじちゃんたちとの話の中で
環境のことをものすごく考えさせられる作業になりました。
匠の皆さんから、将来のこと次世代のこと現場を知っているからこそ
心配し、どうにかしないといけないと感じ考えられているメッッセージしっかり受け取りました。
この方々こそが人生の大先輩です。大尊敬です。
こんな方々に出会えたこと。、心から幸せと感じています。


話は変わりこの写真↓見て
前回のカヤカリ作業でこがちゃんがへろへろで山から下りて、「めちゃ大変だった!」「久しぶり動けなくなった!」」と大騒ぎの報告を聞いてたお二方
この通り・・・動けずダウンしています。
女性であるこがちゃんが言うことだから・・・この前の報告
たいしたことないぐらいで聞いてらっしゃったはず。
この写真でわかるはず・・こがちゃんの報告が決して大げさでなかったこと
お二方の前で大きくピースびっくりしたこがちゃんでした


今日はクリスマス
今までの人生の中でクリスマスの日、最高の天気の中
朝からアウトドアで過ごしたこと
その上平均年齢70以上の素敵な男性8人に囲まれ
かやかり体験をとおしていろんなこと感じたこと

一生心に残る素敵な日になりました。


山奥から・・
メリークリスマス木