CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年05月31日

百年の孤独

百年の孤独という なかなか手に入らない 宮崎の焼酎をご存知ですか?
主人が言うには、ウイスキーのような味らしい。
こがちゃん飲んだことがない。

先ほど行った物産館で月一回抽選されるらしく、手続きの紙が置いてあった。

一応こがちゃん申し込んできた。
今日で5月終わり
すぐ抽選だ〜
当たるといいなぁ〜

えっ当たる分けないダメ
なんでよ〜落ち込み

みやざき物産館

ここは、東国原宮崎県知事が執務されている宮崎県庁横の「みやざき物産館」
皆さんご存知ですか?

チョイ友達と遊びに行ってきました。
県庁の駐車場を使っていいとは知らず・・路上パーキング200円も支払った落ち込み損した感じ。
結構な人がいました。平日の10時・・すごいと思った。

只今から、こがちゃんが観光案内嬢(おばちゃん)に変身して宮崎の物産館ご案内しま〜す。
お写真をご覧くださいませ・・・







これが有名になった完熟マンゴーでございます。
いかがでしたか?

こがちゃんは、お値段が高いから、宮崎県民なんだけどマンゴーは買わない・・もとい、買えませんダメ 一玉5000円 味はいいよ〜、でも黄色いエリザベスメロンよりちいちゃい。中に4分の1ほどをしめる(真横にサーフィンボードのような)大きな平たい種があり、食べられない。

パッションフルーツだから、喉がイガイガする方やかゆくなる方もいる。こがちゃんも食べ過ぎると(めったにない話)口の中がピリピリするから気をつけている。

注意:みやざき物産館のパンフレットを写しましたカメラ

玄関に知事の等身大パネルがここにもあった・・ダッシュ
観光客はお写真をとられていました。続きを読む・・・

ひと月のアクセス3000

大きな声で音量
ありがとうございま〜すラブ
先ほど、5月のアクセス数が3000になりました。

たいしたことない!と思われるすごい方も多いこの業界・・・
でも一つ一つ階段をのぼる実感がわかるこのカンパンブログ。
こがちゃんは、ブログ大〜好きドキドキ大

舅の介護で、狭い世界に入りそうな状況になったこがちゃん。
昨秋ブログをはじめたとき、こんな状況になるなんて思いもよらなかった。
ものすごく予定とかわった。
でもブログに出会えたことは自分にとって、ものすごくプラスになっている。
考えが狭くならずに、いろんなことに気付きができることに感謝しています。
そして他県の方から優しいコメントいただけるなんて・・幸せものです。
そして・・笑いながら?あーあ!またこのおばちゃんすったもんだやってる!なんて読んでくださる皆さんがこがちゃんの元気の元なんです。
下手な文書で大変読み辛いとおもいますが・・思ったことしか書けない汗ごめんなさいすいません
これからもどうぞよろしくおねがいします。
おそくなりましたが、日本財団さん心から感謝しています。

トラックバック被害者

先日から、いかがわしいトラックバック被害にあったブロガーの記事を読んだ・・・
こがちゃんも4日前に五件以上Hサイトの被害にあっている。
トラックバックをサイドバーから外すことにしようか、ほんと悩んだ。

へんな記事を書いたわけでもなく・・(お尻の記事にひっかかったわけではない笑顔
その記事にムカムカ怒りすればよかったんだろうけど・・えー汗ドキドキ状態。
こがちゃんが悪いのかなと、勝手に弱気になりそっと削除した。

なんでもそうなのよね・・
やはりおかしいと感じたら
大きな声で発信しないといけない

大反省したこがちゃんでした。


口臭はたまらん

口臭
これは・・・大問題
臭いだけならいいが、歯肉炎の場合がある。
皆さん
歯の検診行っていますか?
途中で治療を放棄しているおじさんはいませんか?

舅の口臭でほんと困っている
認知症になり・・
歯磨きができなくなることをそれほど意識していなかった
突然歯が痛い・・というので歯医者に連れて行った

子どもの歯を見ても、主人の口の中は見ない
まして、舅の口の中なんて、普通見ないよね
歯科医に舅の歯の状態を説明してもらった。
唖然!言葉がなかった

それから認知症でも受け入れてくださる歯科で、治療に通い部分入れ歯を作った。

先日、舅が久しぶりに歯が痛いんだけど・・・と言い、毎日通う小規模多機能の施設で往診してもらった。なんと1ヶ月で虫歯だらけになっていた。
甘いものをほしがるようになってるけど、歯を磨けなくなったしまったからのようだ。
来週、早速歯科に連れて行かなくては、と思った矢先の脳梗塞。
そのまま入院
もう口の中は異臭・1メートル離れてもマスクをしたくなる。一時期、口で息をして接していた。
入院して15日。やっと、歯磨きもしてあげられるようになった。
先日、院内で歯科医にも見てもらった
ものすごい歯肉炎でした。
治療で外に出ることはできないので・・とりあえず歯肉炎の治療をはじめた。

これは一も二もブラッシング
毎晩こがちゃんと主人とで歯磨きをしている。
主人は歯間ブラシ担当。痛がるけどしょうがない。
物が食べられなくなる。

虫歯予防デーまでもう少し。是非是非歯は見てもらったほうがいいよ。
こがちゃんもそろそろ行こうかな!何年間も行ってない困った

2007年05月30日

ひと月のアクセス数!

カンパンのブログを書かれている方は分かると思いますが・・
毎日アクセス数が出る
人気ブログ順位も出る
今何人のカンパンブロガーがいるのかな?
こがちゃんのブログも100位以内に入れてもらい感謝しています。

先日、宮崎のカンパンブロガーの方と話した。
この方、一ヶ月で3000アクセスを目標!にしていらっしゃるすごい方。

3000アクセスとは、一日100アクセスないと達成できない。
こがちゃん到底できないと思っていた。

ところが
今月はもしかして行くかもしれないことに今日気がついた。後、74アクセスで3000です。
最近は認知症の舅のことを試行錯誤で書きつづっている・・
みんなが読んでくださっている
同じ思いの方もいると思うと、こがちゃん心強く感じている。
まだブログ経験一年もない、若輩者

アクセス数を意識して毎日書いてきたわけではない
結果として出た数字
ふつうの何も知らないおばちゃんが、毎日すったもんだしている。
でも同じ介護体験者の方の励みになればいいなぁと思い最近は書いてきた。
ひと月のアクセス数・・・
初めて意識した夜です。

リハビリ始まる

病棟が移り・・いろんなリハビリが始まりました。
日中はパジャマから普段着に着替えてます。これもリハビリです。

今日は作業療法士2人ついて、車椅子からベットに移るのを練習しました。
認知症があるので、体は動いてもスタッフが言うことが舅に上手く伝わらない様子
こがちゃん励ますしかない。横で「すごい!すごい!」と誉めたら・・なんともう一回練習する気になってくれました。

今日は・・・
入院して初めてテレビを二人で一時間見たんですよ。今まで飾りのテレビでした。
いつも見ていたN○Kだからかな?料理のところで、「おいしそう〜」とこがちゃんが言うと「うんうん」と頷いてます。こんな反応初めてでびっくり。

今日の夕食は何かなぁ?
里芋の煮付けに、魚のあんかけ、ブロッコリーのサラダ、フルーツ
右麻痺で顔の筋肉も上手く動かず、ぼろぼろ落ちるんだけど・・
今日はね・・
落ちそうになったご飯を左手で口の中に入れてる。こぼれたという感覚がわかったのかな?
「すごく食べ方が綺麗。」と誉めたら・・ぜーんぶ食べちゃいました。また誉めたら、とても満足そう。
主人に「今日も全部食べたよ!」と報告。主人だと毎回食事を残す舅らしい・・・???

大きな口を開けて、パクパク食べてるでしょう・・・
これもリハビリの一つ。お食事中は癒し系のオルゴールが流れています。
気管に入りやすい患者さんが多いので、スタッフが見守っています。
この病棟は、男性が7割弱ほどいます。みんな麻痺のリハビリ中です。

今日は隣の患者家族の方と話すことができました。
患者さんは61歳。実の兄さんで週何回か通われているとのこと。
舅と同じ麻痺と失語症。2ヶ月救急病院にいて、リハビリのため転院してきたらしい。
今日からご飯がお粥から普通になり喜んでいらっしゃいました。


失望が多い中、ほんの些細な小さな出来事に、大げさかもしれないけど喜びを感じます。
疲れて自宅に戻り・・
何でもできるかっこつけマンが、なんもしない姿を見ると腹立ってきます・・・。

気分一新

気分一新!
じめじめした梅雨が目の前。ブログだけでもさわやかな風が吹くように・・・

スキン変更しました。

いい風ふいてきたでしょう笑顔

舅の脳梗塞と認知症の介護の一年が始まりました。
先が見えないことの不安は、正直抱えきれないほどいっぱい・・・
でも知らなければ、調べればいい、聞けばいい。
今まで培ったネットワークにどれだけ助けられていることか・・

まぁ舅のことで、いろんな人に、いろんなことを言われる一年でもあると思います。
でも介護するのは、いろんなことをいう方ではない。
こがちゃんと、主人。
介護する人間が倒れたら誰もみてくれるひとはいない。
ふらつかず・無理せず・家族の生活を大切に・・・・でもたまには心の栄養も忘れずに過ごしていきたいと思う。

スキン変更で気分一新。
まぁこの不器用なこがちゃんの性格は、そうそうには変わらないでしょう。
これからもどうぞよろしくお付合いくださいませラブ
続きを読む・・・

虫を無視できない

一昨日から、ちいちゃな虫が台所ののれんにいっぱいとまってる。
きずいた時は5匹ほど・・
ぶちぶちとつぶせる。コロンと落ちる。
大したことなかったのに

うそ〜〓気持悪いぐらいのれんに、またとまっている。

さすがに困った
どこからか、湧いているはず・・
あちこち気になるところを掃除したけど
いないダメ

ゆうがた・・乾物の引き出しをあけて
ぎゃ〜汗
掃除機〜音量と叫んでも家の中、一人しかいなかった。

吸い込みを強にしてブンブン吸い込みました。
なんと以前頂いた小豆に虫が湧いたみたい。
ビニール袋にそのまま入れて硬く口を縛り、ゴミ箱へ
掃除機のゴミパックも恐る恐る外して、これもゴミ箱へ

梅雨に入ります。
食材管理しなくては・・・

虫が湧いたということは・・この小豆は、無農薬だったんだとおもいました。

真実の声

なんかわかるもんなんですね。
病人を身近に抱えると、この方は自分と同じレベルの介護経験者なのか?話すだけで見抜けるようになった気がするこがちゃん。
このことを主人に話したら・・・
主人も同じことを感じていました。
医療従事者にとってミスは許されないけど、机上ではなく、医療経験ではなく、一番大事なことは身近に病人を抱えいろんなことを体験し、患者さんやその家族と共感できることだといいました。
若い、ベテラン
経験があるかないかなんて
関係ない
その人がどんな環境で育ってきたかは、看護する心が育っているのかに影響します。
「心」ほんとうに大事なことです。

でもね・・・偉そうなこと言ってるけど
舅が認知症になったり倒れたりするまでは・・
街で杖をついている人を見かけても、自分に余裕がなくて、バリバリ仕事しかしらない人間だったから・・・
今までは正直、邪魔と感じる自分がいたといいます。
でも今では、どんなに忙しくても、大丈夫かなと親身に感じ、見守る自分に驚いているそうです。
以前車椅子でおじいちゃんが涙顔でおもらしをされたとき、呆然と立ちつくす事があったそうです。
今はどうしたらいいのか、考えられる自分がいるといいます。できれば自分がして上げられたらと心から思うといいます。

日本中が軽い重いはあっても舅のような方がおおくなるのは、目の前です。
舅が住んでいた古い団地・・周りを見渡すと
すでに認知症や脳梗塞はあの人もこの人もなりました状態。

そして介護しないといけない50〜60代の働き手が仕事と介護に追い詰められる社会
65歳になったら年金は入る。
50〜60代は、介護との板ばさみ、自分の体調などでリストラされたら食べる金もはいらない。

社会が弱者を追い詰めてるように感じる。
考えている人間は、ばりばりの男性ばかり・・
介護して苦労を知っているのは女性なんです。子育てもそう!

団塊の世代が今、大量に退職した。
この方々が5年10年たつと、こんな患者だらけになるかもしれない。
お年寄りがお年寄りを介護してるのか、されているのか分からない状況になりそう。
他人事ではない。

自分の老後、知っておかないと!すぐ、自分の番が来るよ