CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年03月20日

久々に息子から連絡あり

便利な携帯電話というものを家族全員持っていますが・・・

学生の息子
お金が必要なときに
連絡が入ります。

教科書代や
健康診断代・・
そのほかに送別会や新入生歓迎会
バイト代では追いつかない・・・3月らしい

さだまさしさんの歌にあるように
元気でいるか♪「金送れでもいい〜」

支払明細を写メで送ってね!と送り返しました!

2012年01月29日

親ばか宅急便

昨年春から北陸に住んでいる南国宮崎育ちの息子からメールが届きました。

雪が太ももまで積もっていると・・
また先日、生れて始めて雪かきをしたらしく
こんなに雪が重いものとは知らなかったと近況報告メール
...
まぁ買い物に行けないぐらい雪が降っていると言いたかったみたい。

親ばか宅急便?で野菜やお米を送りました。
今晩、大学の友人をアパートに呼び
にぎやかに鍋パーティー乾杯を開いているらしい・・・

この「親ばか宅急便」は息子との約束
今年のお年玉は毎月食料支援。

意外とかしこい息子だったのかも・・・落ち込み

2011年10月19日

一人暮らし半年目

かっこつけまんが一人暮らしを初めて半年すぎました。
一度も帰省していない。
(北陸にいるので乗り換えがよくわからず、めんどくさくて帰省していないのかも・・)

まぁ男なので大丈夫でしょう・・・

いろいろ学ぶものもあるようです。
親と一緒に生活していると当たり前
でも一人暮らしをして、当たり前でなくなるのが「食」

春は一応ご飯だけ炊いて学食で食べていたらしいが
めんどくさくなって外食したら、あっという間に仕送りパンク
アルバイト始めたら・・授業の課題が出せず叱られたのかな?
自粛して、今また自炊を始めたらしい。

昨日のメールで
「業務用のスーパーが近所にできて、3割安くて大助かり!」

と、よっぽど嬉しかったのか突然このメールが届いた。
息子の口から3割安いなんて聞くとは想像しなかった。
洗剤等にこんなにお金がかかるとは思わなかったらしく
お菓子とパンはめったに買わないじゃなくて、買えないらしい・・・

高校時代は、買い食い放題の息子

お正月帰省するらしいが
痩せているかもね。

2011年09月03日

晴天の空の思い出

運動会にぴったりの空だと思わない
テレビでは台風情報が流れています。
九州宮崎は風は強いけどいい天気です。


宮崎県の高校は体育祭が9月の第一週にあってたなぁ〜
自宅近くにある高校も夜遅くまで応援の練習等頑張る姿が暗いグランドでみえる。

我が子たちが高校生のころ思い出しました。
思い出っていいね
母の宝物です。
なんていえるのも、怒涛の子育てだった(現在進行形だけど・・!)から
宝物といえるものが通り過ぎたらすこしずつでてきた。


宝物のひとつを紹介

今、大学生1年生の息子の話
高校の体育祭、
照れもありなのか息子からは親は観なくていい、来なくていいといわれ続けてきた。
なので、豪華弁当を作ることと、息子の出番だけ一つ見に行ってすぐに帰ってました。

息子の通っていた高校は寮生がいてね、息子の友人は寮生がこれまた多かった。
年に数回は泊まりに来ていたなぁ

それでね、3年最後の体育際にお弁当を「重箱」につめて持ってきてくれないかと息子から頼まれた。
高校生の男の子12人分
・・・・・・・・(どんだけつくればいいんだぁ?)
でも、ほんとうれしかったなぁ〜


鶏のから揚げやウインナーや卵焼き
家にあるありったけの重箱を引っ張り出してつめました。
体育祭当日、駐車場で息子を呼び出すと、友人たちも一緒にを受け取りに来て
深々と頭をさげ、うれしそうに息子とともにグランドに消えていった。

帰ってきた空き箱はすべて空
「うまかったらしい・・・」とわが家にあった残りのお弁当をがっついていた。

「だってよ、お重を広げたらみんなが寄ってきて、うまい!といったとたんに
頼んでないやつの手が次々伸びてきてさぁ〜あっ!という間になくなった。」
と話してくれた。

最後の体育際に
我が子が幼稚園に入園し運動会初デビューした「重箱」
20重数回作り続けた体育祭のお弁当

子育ては楽ではないけど・・頑張った母のご褒美の宝物です。

2011年08月16日

お土産

かっこつけまんから
「荷物届いたよ。ご飯に混ぜるやつは本当に助かる」

娘からも
「お土産届きました。ありがとうございました」

と次々メールが届きました。

作日、福岡からの帰りに購入
お盆に帰省しなかった子どもらに好みのお菓子とご飯に混ぜるだけのもとを送った。
(地鶏とごぼうの風味!)


こがちゃんは、仕事で出張するとお土産(食べ物)を家族に買っている。
地元で美味しいものをいただいたら探して購入
高校生だった頃のかっこつけまんは、あきらかに母よりお土産を待っていた・・・


今、子どもらとはなればなれに暮らしているけど、仕事や帰省で外に出たら子どもにもお土産を送っている。
相手が喜ぶお土産選びは、なかなか簡単そうに見えて難しい
とくに一緒に暮らしていないとわかんないけど、選ぶのも楽しい。
まぁ〜はずれもあるでしょう。

今回はあたりかな!

2011年05月11日

緊張感ある夫婦生活

最近・・・こがちゃんの友人達は緊張している

なぜかって?
子どもが就職したり、県外の大学に行ったりで
何十年振りかに夫婦水入らずの生活になったから

今まで夜遅く帰っていたり、留守がちだった旦那様が
奥様に気を使い早めにご帰宅をされたり
奥様への帰るコールをわすれて・・青ざめていたり
緊張感ある生活を送られていると聞きます。

我が家は・・
そうね、なんもかわらないけどお互いを気遣っているかな
それよりも・・健康に気遣わねばということで
二人で同じスポーツジムに通い始めました。
夜遅くまで営業しているので仕事帰り待ち合わせして行っております。
今までは子どもがいるから夫婦そろって夜出かけることはなかっただけに
結構楽しい

汗を流した後、シャワーを浴びマッサージ機で体をほぐし帰宅
いいよ〜

まぁ子どもが巣立つと同時に
おやも巣立ちの準備しとかないと空の巣症候群でつらい目に遭わないといけない。

親子みんな元気が一番!

そこのあなた。そうあなた
タバコなんて吸ってないで まず歩きましょう
夏、きっと素敵になっているはず

2011年03月21日

巣立ちまであと5日

かっこつけまん!あと五日で県外に引っ越しです。

仕事がおわり夕方
息子の最後の荷物を出しました。
こんな重い大きな段ボール箱を一つ2000円弱で運んでもらえる運送業者に
ものすごく感激!
いえの中での移動でさえ腰がいたくなったのに・・・
いや〜宅配はすごい!

感激したこがちゃんは、店(生協)にてお米と野菜ジュースを購入。下宿先への配送も完了!

引っ越しシーズンと大震災の影響で、荷物が予定通り着くかどうかわからない状況のなかでの荷だし
不安はあるが、できるだけ幸せ。あとは、なるようになるので、現地に着いてから考えましょう。

というわけでもないが、母も一緒に息子が住むアパートに行きます。
一度も見ずに決めたので
契約など緒手続きあり!

年度末忙しいなかでお仕事休みいただいての引っ越し
子どもが成長すると楽になるなんて大間違い
まだまだ、親の出番は続きます。
とはいっても、子育ては楽しいものよ。
子どもがいるからこそいろんな経験させていただいています。

育児は育自!

2011年03月13日

我が家で背が一番低い

今後、世の中どうなるんだろう?
と思う中での子育て
我が子たちは社会に出る一歩手前
こんな時だこそ夢や希望がある子どもらとの会話は
ほんとに元気をもらいます。
子どものパワーはすごい

今日は子どもと言っても二人は私より体が大きい
まぁ連れて?(連れられているようにみえたかも・・・)
それぞれの用事をら終わらせました。

かっこつけまんは引っ越しの準備です。
電化製品から寝具まで買い送りました。
母は物流が混乱していて物が届くかものすごき不安な状態です。

息子は一人、生活するのにこんなにいるんだぁと改めて思ったようです。
うれしさと同時にいろんな意味でこんなに重いとは知らなかったようです。
被災者の方々のこれからのご苦労
すこし考えながらの重い買い物てした。

当たり前の幸せ

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今日は日曜日
娘が就職活動のために昨晩帰省し
家族で地震のニュースを見ています。

娘は高校生の夏、スマトラ地震があったその日に、現地にいたんです。
楽しいはずの研修旅行が・・・
そのときの恐怖が思いだされて震えが止まらないとはなしています。
そうです、家族も夜中2時に現地から国際電話があり、子どもの元気な声をきいたものの帰国して顔を見るまでは心配でならなかったことを思いだしました。

また、大学の友人の家が流され・・・
家族全員の所在をやっと確認できホッとした話を聞き
他人事ではない事態です。

息子の友人もそう
これから県外の大学に進学するために引越しをきめたところが被災を受けたり
後期試験を受けに行って空港で足止めされたり
とんでもない事態になっています。

宮崎で台風14号で2メートル水没した医療現場で働いていた旦那は、
この被災にどう対応すればいいのか・・・テレビを見て話しています。

何も手が出せないほどの災害
これからみえてくればくるほど・・・恐くてたまらない。

2011年03月01日

これっきりの卒業式

我が家には子どもが二人います。大学4年生と高校生3年生
子どもが成長するなかでいろんな節目があります。高校の卒業もそう。
大人の仲間入りです。
一人目の時はすべてが初めてで・・・親は一生懸命。感極まりぽろぽろ涙こぼしたけど
でもまだ下の子がいるからとどこか思っていた。

上の子を県外にだし、卒業式も経験ありの親は余裕があります。
でもね・・・我が家に子どもがかっこつけまんひとり
今日で高校の卒業式が最後かと思うと、違う意味で感極まります


式典のなかで
@今日から大人の仲間入りを自覚すること
(大人とは自分で考え決めることである)
A努力も才能です
フランスのことわざに「食べているうちに食欲がでてくる」
B大学は自由しかし自由を勘違いしないでほしい
4年間をどういう風に組み立てるかが大事。ひろい意味での大学生活を過ごしてほしい。
C今の年齢は努力すると大変身できる年齢
勉強はきのう知らないものが知る喜びにつながる。きづいていない自分の宝に早く気付いてほしい。

いい話がたくさん・・聞いているのかな?



6年間お世話になった学校
まぁ〜いろいろ人並み以上、やんちゃ3人分ぐらい親として経験させていただきました。

カッコつけマンに「親」にしていただきました。
そして高校生の親として卒業証書をこの子でいただけます。


私立の先生は卒業後もずっとこの学校にいるのはいいですね。
式典後、各教室の戻りひとりひとりに卒業証書を担任から渡してもらい
ひとりひとり先生がこどものことを紹介してくださいます。
みんな少し照れているけど、いい関係だったんだなぁと我が子の顔をみて思いました
お世話になりました。



今夜は家族でお祝い
「祝卒業」かんぱ〜い

お祝いは外食でなく、いつもの母の料理がいいといわれ・・・
急遽、準備

カッコつけマン好物メニュー
鯛のお刺身・赤飯
鶏のから揚げ・エビフライ・ポテトサラダ・味噌汁・プリン

これはこれで・・いいと思います(*^_^*)