CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年01月13日

年金は現況届けが命



年をとり年金を受けとるためには
生きていますという証明が必要
知ってた?
年に一回必ず葉書が届く

舅は脳梗塞による右半身麻痺と認知症で
理解して書くことが難しい

となると
家族が手続きをしないと年金が受けとれない。
舅の場合は
こがちゃんが手続きしているから当たり前のようにお金が振り込まれる

しかし、委任状がいる。
う・・・・・
本人書けないのにどうやって委任状書くんだ?

形ばかりの手続きでもしないと受け取れない
役所の職員は何とも思わないのかな?

しかし、もらえないんだから・・・・しょうがない!

2008年04月02日

自治会費免除

自治会費支払っていますか?

何に使われているか、総会資料見たことありますか?


我が家はもちろん払っていますが・・問題は舅でした。

さ〜て、みなさんに問題です!

一人暮らしで長期入院・老人ホーム等に入所の場合自治会費は、
もちろん払う?はらわない?

「あの〜長期とはどのくらい?」 

あなた、かしこいね〜
いいところに気が付きました。 ここは大事電球 1年以上です。


【答え】は
ここの自治会では、内規をつくり
その年度の自治会費は免除となります。
本人が納入の意思があれば支払っていいんだけどね。

ということで、舅は今年度から免除で、諸手続きしました。

実は、舅が住んでいた団地は宮崎市で一番最初にできた団地
一人暮らしか、2世帯住ばかりらしい。この問い合わせもけっこうあると言われた。

住民自治と言うけど・・・子どもの声がしない老人ばかりの団地では
この先、どうなるのか?と、館長さんと話しながら不安になってしまった。

2008年01月22日

介護のおしゃべり

今朝、何をあなたと話そうかなぁ?笑顔

介護福祉士だったかな?こういう資格があるのご存知?
今の世の中
水道・電気などと同じように
ほとんどの方が必要と思う介護

今、大学はぜんいん入学できる時代
介護の専門職を学ぶ学校が人気がなく
1割ぐらいしか学生が集まらない。つぶれかかっているのをご存知ですか?
3Kなどという理由なのだろうか?
(汚い・きつい・金額が低い・・・)

我が家も、舅が今お世話になっている
スタッフであるヘルパーの女性が、ほんとに誠心誠意家族の変わりに
舅のケアをしてくださいます。頭が下がります。
自分が仕事と思っても ここまでなかなか出来ないと感じている。

人のためになりたいという思いのある、優しい方々が就職している現場
しかし現実はどうなんでしょう?

専門職が育たない
ましてや離職率が異常に高い
その代わりに主婦のパートがおおきな力になっていたけど
この主婦も、スーパーの方がいいと離れていく現実。

なぜなんでしょう?
けっして介護保険の施設への支払い高は低くないみたいです
1時間4000円の報酬があると聞いたことがある
オーすごいと思うでしょう

ちがうのよ!
これをホームヘルパーさんが丸々もらえるわけではない
全部集めて、一般管理費、ガソリン代 その施設を運営している人の人件費にもまわす
すると1000円 いや もっと低い金額しかヘルパーには渡らない仕組みなんです。

社会として あたたかい心が必要とされる  なくてはならない「場」
これが成り立つ社会にならないと
大変なことになるような気がする

団塊の世代の大量退職問題が取りざたされたが
今度はこの年代の人が大量に介護のお世話になるときがくるはず
その、受け入れ先があるのだろうか?寿命はどんどん延びている
世の中どうなるんだろう。

真剣に・早急に解決しないといけない社会問題と皆さん、思わない?
老人が切羽詰ったなかで 老人同士で解決しようなんて
出来ないと思うんだけど・・・


2008年01月21日

認知症の薬 施設で7割カット

おはようテレビ

今、ラジオから・・気になることが・・・

老人保健施設=老健には、認知症の患者さんが9割をしめている
認知症に効くと言われているお薬も処方されている方が多い

普通の施設は医療費は別なんだけど
ここは介護保険30万円で施設の管理費・人件費・医療費などなどすべてここでまかなっているらしい
そこで価格が高い認知症の薬を7割の施設がカット困ったしているらしい。
経費節減という理由?
いろんな人が入所しているのに、施設の判断で薬を削減したり、枠外で薬を買うことも許されていないというのも変!

このくすり アリセプトと言うんだけど
舅も2年飲み続けている
認知症患者にとっても、介護する家族にとってもいいくすりらしい。
ただ・・解熱剤みたいにねつが見えるように下がったりしない。
効いているのかな?と思う患者さんも多い

旦那とも効果について話したんだけど、薬を飲む前の舅といえば

洋服の着方が分からない。洋服の上にパジャマを着ている
お風呂に入れないどころか、脱ぎ方もわからず、突っ立っていた
料理どころか、準備された料理を目の前に蓋を開けておかないと食べられない
ただただ座っている状態だった。

診断が下ったその日から飲んだ薬
この薬で一時期興奮気味になったときもあったが
デイケアやデイサービス併用で 日常動作が出来るまで一気に回復した。
目に見えるような回復だった。

認知症といわれて・・ちょうど 2年たつ
その前1年は、出来なくなる認知症ということをわからなくて
なんで?なんで?で家族は理解できず地獄のような日々をすごした
ほんとに家族がおかしくなりそうだった。
痩せて餓鬼の様相していた舅
今はあのころから想像もできない、穏やかな舅がいる。

最近は・・テレビを見ている時間が長くなったらしい
でもかあさんの家で、話しかければ会話に参加するし
運動するよといえば、素直に足腰体操はしている。

いくら薬を飲んでいても3年目ごろから、レベルは下降するという
人によってちがうとは思うけど でも緩やかに・・・

認知症にこれだけ効くと言われている薬を、医療費削減という理由で施設がカットするのは
逆に介護の度合いを高めるだけと素人ながらに思う

いろんなことを分かっている施設が
薬カットを選択せざるを得ない。一番つらいのは施設職員だと思う

何も理解しようとせずに、机上論で押し付けてくる行政にたいしては・・・
市民はおかしいと声を出さないといけないと思う
みんな、老人になるんだよ!自分たちのこととして考えているのかな?
自分だけは大丈夫なんて思っている人いませんか?

どうにかならないんですか?というと行政はお金ないんですといわれるはず!
だったら簡単よ!
みんなが必要としている薬の薬価をさげてもらえばいいじゃない!
製薬会社のことを誰も何も言わない
儲けているところがあるのに・・・ こうかんがえるこがちゃんはヘンかなぁ?

安い老健を追い出されると 家族も本人も、本当に困る
行くとこがなくなる。家族の生活も保障されない
お年寄りを預かってくれるところをありがたく、言われるがままあずけるしかない
だからこんなのがまかり通る

ふ〜ん・・そうなの!と他人事で読まないでね! 
自分の親が・もしかしてご自分がこの問題に直面するんだから。 
効くと分かっている大事なくすりが経費節減でカットされる
まかり通る社会にこがちゃん ちょっとだけ朝から怒り気味

2007年12月19日

異常な寒がり

昨年もそう!

異常なほどに寒がる
これは認知症になってからの舅
半端でない 訴え
痛み・かゆみすべてがものすごい反応 入院中、ベテランの看護師さんでさえ
おおげさと流せないほど言うのであらゆる検査を何度もされた・・
すべて異常なし


その舅も脳梗塞でたおれてからずっと紙オムツ
夜、トイレにたつ事もない
そのかわり施設では、定期的にオムツを換えていただいているので、
しもは冷たくはないはず
だけど、もう寒くてたまらないと訴える舅
氷の中にいるようは言い方

体は異常がない
オムツの中は汗をかいている
体も温かい
部屋も十分にあたたかいらしい・・・

なのに、気にしだすと
この異常なほどの寒がりは、なんなんでしょう?
以前認知症によるものでしょうといわれた。

舅に寒い?と昼間聞くと
ちょっと寒いかな?というぐらいの気温なのに
「こんなに着ているからいらない。」という。
こがちゃんはダウンのジャンパーを着ているほどなのに、薄着の舅
これまた変

でもかあさんの家で夜は大騒ぎしているようです・・・
今日はボアシーツをかあさんの家に持参した
化繊はかゆくなるおそれがあるのであまり使わせたくないが・・
本人が寒いというのでしょうがない・・・
とりあえず持っていかないと
夜、声を荒立て怒るみたいだぁ

認知症の患者にとって
ストレスは良くない

今日は何度も自宅と、かあさんの家を往復して
毛布や敷布を運んだ
持参した肌触りのいいあたたかそうな寝具をさわり、一応納得した舅

こがちゃん、お陰でヘロヘロ

夜、こがちゃんも、お布団に入り寒いなぁと一瞬感じるが、
感じるまもなく、寝てしまった
これって うらやましい話なのかも・・

2007年11月16日

認知症とコミュニケーション

久しぶりに「よかよか」の施設長に会いに行ってきました。
ここは舅が脳梗塞で倒れる日まで毎日通っていた施設
認知症専門のスタッフが揃っています。
ここにこられる方は元気な認知症患者です

例えば、おばあさんがおばあさんを指差して
あん人は大きいが、何年生じゃろうね?と真剣な顔して話しかけてきます。
こがちゃんが施設長(男性)と話していたら「おかあさん、おかあさん」と話しかけてきます。
施設長が、おかあさんなんですよ!
笑いながら・・せめてお父さんって言ってよ

そしてその横にいるおじいちゃんは、
分かっているのか「おかあさんは、話し中で気づかん」と納得させています
やっぱりここも分かっていない。施設長はおかあさんなんやなぁ落ち込み

こがちゃんの横になぜかしらチクリ魔のおばあちゃんがぴたりとくっついています。
その横には、早くかえらないとというおばあちゃんがお茶をすすっています

この施設の中の流れ、とても穏やかな流れ
でも慣れてないと、不思議な世界に迷い込んだアリスちゃんになります。
舅も脳梗塞で失語症の前に認知症で
ここでいきいきと過ごしていた時期がありました。

認知症の人は病気ですが、普通に接していいんです。
認知症の人とコミュニケーションが取れたら、どんな人とでも取れます。
要は初対面の人とのコミュニケーションが毎回つづくだけのこと

ありのままを受け入れるしかないなぁ〜と今になってほんと思いました。
お若い施設長なんですが、話すとほっとします。
認知症、病気のこと、家族のことすべてをご存知の人
安心感や信頼感があります
いい時間がすごせました。

2007年10月26日

離れられない介護

舅が入所しているかあさんの家に日曜から行ってない
待っているだろうなぁ〜
どうしてるかなぁ〜と気にならないわけではないが

行く時間がない
突然の叔父の葬儀が入り福岡に行ったりしたのでバタバタの週です。
いけない理由は、すべて舅の用事。

入院している時は、洗濯物がたまるし着替えがないということで
ただこれだけなんだけど
夜中でも早朝でも旦那かこがちゃんがフラフラで届けに行って、心身ともに休める時間がなかった。

今は・・・かあさんの家で
洗濯も食事介助もすべてしてもらえる。
それも家族のように
安心して舅を預けられることが何よりと感じる

無理に無理をすれば、昨日舅に会いに行くことはできたんだけど
でも・・午前中病院や薬局・銀行など舅のことで相談や用事をこなしていたら
慣れないことで気持ちが疲れちゃって・・・
寄らずに自宅に帰り少し頭を休めました。

寄らずに帰れたこと・・・こがちゃんの中で今までにないことです。
他人に頼める
どれだけ「こころ」が休めるか

介護を経験されてない方は
ふ〜ん!ぐらいしか思えないかもしれない

でもね
体と心と縛られる介護
いつ何時も頭から離れない介護
本当に疲れます。

かあさんの家に舅が入居して
入院している時より舅のことで動いている
でも、心は楽になりました
旦那との会話も舅以外の話で笑いが出ます
かっこつけまんも居間でしゃべっています
笑いが出る家庭にもどってきたように感じます。

もうしばらくこの平和が続いてほしい・・・
こがちゃんの小さな願いです。


2007年10月21日

介護の固定観念?

世にも恐ろしい話を入手してきました

最近どうも老人介護問題オーラキラキラがでているのか、悩みを抱えている方が、よく話してくださいます。

類は類を呼ぶって言うものかしら・・・


今日の話は、ショッキングでした


舅と同じで脳梗塞で認知症のおばあちゃんの話。
今、病院( 療養型病床群併設病院)に入院されている
でもこれで4病院目の転院
ここを出たら、いくところがない!という大変な状態。

だから・・・病院が言うことは「はい」しかない。
家族が「こうしてもらえないだろうか?」なんていったら
「ここの病院のシステムです。合わなければ出られていいですよ!」と強気

無理難題ではないんですよ。親族が何を言ったかというと・・

週2回お風呂にいれてもらっている。
普通週2回というと中4日あけると思うでしょう(例:月・木が風呂日)
ところが、月・火続けてしかいれない。介護保険で手伝いも入れてるのに、しんじられん話
せめて間を2日ほどあけてもらえないかという話

もうひとつ
3日間目がさめない事態発生
夜、うるさくて他の患者さんに迷惑がかかりますという理由で、看護師さんが睡眠薬を飲ませる病院らしい。
親族は死んだのかと思ったらしい。

ここの入院患者は、出されると行き場所がないので、何をされても言えない状況をつくってる。
弱者を食い物にしている。

このおばあちゃん、子どもがいない上、ご主人は胃がんで入院中
兄弟の子どもがそれぞれの病院に通っている
でも子どもっていっても老人に近い
車がなくてバイクで通っているかたもいて・・老老介護状態


話はこれだけでなかった
まだ若い夫婦で1歳と3歳の子どもがいて、生活のため働いている女性
舅が寝たきりに
同居してて、自宅介護したら
ヘルニアがでて、悪化。治療に行く時間もお金もなくて
子どもが抱けない、生活に支障をきたしている状態
仕事もできない状態だけど、お金はいるから
ものすごく辛いけど、頑張っている。

こんな話ゴロゴロです。当たり前です。
介護しているご本人は涙涙で話されます。
子育てと介護と生活と苦しんでいる介護家族。すごい状況です。だから悲しい事件が起こるんです
誰が悪いんでしょうか?

裁判官から言われた言葉を、また思い出した。
「親の面倒を見るのが当たり前でしょう。」

子ども、特にお嫁さんがすべてを背負うには、ものすごく重すぎる・・
この言葉を思い出すたびに、怒りと涙が出ます。
あなたに何が分かってるの!といいたい。

介護保険制度
「家族なのに面倒みないなんて」
「お上の世話になるなんて」
とういう固定観念を壊すものだったのでは・・・

老人介護をしている家族は、悩んでいます!大変なんです!辛いんです!

情報がない、知らないことは ほんとうに辛い。


2007年10月12日

成年後見人の義務


何でこがちゃんが家裁にいるの?

でしょ!

なんか悪いことした?
旦那と別れるの?

こがちゃんが家裁にいくのは、
舅の成年後見人の義務である、財産報告の書類提出です。

でもね・・・調停の部屋なんかチラチラ見学。
テレビドラマで見たのとなんか雰囲気違うよ。
普通の会議室

でもお世話にはなりたくないね!

2007年10月11日

高齢者向け食器届く



これは、舅の食器
つまり、介護用(高齢者向け)の食器

特長は・・・
@軽くて強い特殊な磁気
A持ちやすく、すくいやすい機能があるけど、家族と変わらない柄
B高齢者の食事量にあわせて、一回り小さいサイズ
C電子レンジ対応

値段は、3点で5530円

角小鉢1590円
丸小鉢1840円
茶付(大)2100円

お値段が高い!と思う。
でも、毎日3回使う食器。手が不自由となると・・・
使い勝手がいいものがいい
皆さんはご存知でした?

カタログで注文を入れた後、イオンに遊びに行ったら介護福祉用品が置いてあってびっくり。
今まで気がつかなかったみたい・・・
こんなお店があちらこちらにできるといいなぁ〜とほんと思います。
カタログじゃ重さや手触りが分からない。
言われた値段が安いか高いかさっぱり分からん。
ついでに
前回注文したのが、裏にすべり止めがないのを買ってしまい大失敗しました困った
*右半身麻痺のため、片手で食べるので食器がすべると、食べられない

舅は退院して、普通の家で生活を始めた。
環境を整えることは大事

その環境の一つが食器でもある。
一つ一つ探して、注文して受け取りに行く
本当に手間隙かかることを、何度も今している。

でも舅のおだやかな顔を見ると嬉しくなる。してあげたくなる。
人に任せられる所や相談できるところを見つけたら・・
家族の心に余裕が少し出てきたかも・・・