CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月09日

スリルよりも安全を!(バナナボートなどトーイング遊具による事故多発)

7月に入り、全国では、プレジャーボートや水上オートバイが曳航して遊ぶトーイング遊具(バナナボート等)から落ち、頸椎損傷等の重傷を負う事故が多発しています。

高速牽引、急な旋回、波を越える行為といったトーイング遊具に乗る人が落水するような無理な牽引は行わないでください。

また、遊具に乗る人は、落水に備え救命胴衣や保護具(ヘルメット等)を着用するほか、牽引する船には見張り役を同乗させるなど、遊具や付近の船舶等にも気を配り、スリルよりも安全を優先して、楽しむようにしてください。



これらの情報を周知していただくとともに関係箇所に掲示していただければ幸いです。


30年度 安全推進ネットワーク(第7号)

今後も安全運航にご注意いただくとともに、海上保安業務へのご理解とご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1381460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック