CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年09月 | Main | 2008年11月»
<< 2008年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tuvalu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tuvalu/index2_0.xml
●ツバルを知っていますか?
日本語学校のニュースレター『JET通信』に、
「ツバルを知っていますか?」が掲載された。
2人が自分たちで書いたツバル国の紹介作文で、
6ヶ月で上達した2人の日本語に目を見張った。
------------------
1.ツバルという国

ツバルは南太平洋上の島国で赤道と日付変更線の近くにあります。旧名はエリス諸島でしたが、英国から1978年10月1日に独立し、「ツバル」に変わりました。「TUVALU」は八つの島という意味なんですが、実は九つあります。一つはとても小さくて、住民も少ないので八つの島といいます。世界中にツバル人は1万人いるそうです。

それぞれの島々はいろんな事が違うんです。文化はちょっと似ていますが、お祭りや方言などが違います。なぜかというと、昔ツバルには別々の島国から人が来たからだそうです。方言に関しては、トンガとサモアの言葉とちょっと同じです。特にヌイという島ではキリバス語が使われています。他の島々はとても早かったり、遅かったり、または怒っているような話し方で話されています。子供たちは小学校から英語を勉強しています。ツバルだけではなくほかの国でも勉強ができるようにするためです。

2.ファレカウプレ

ツバルには大切な集会所があります。その建物はファレカウプレといいます。お祝いの時、ファレカウプレでみんなが一緒に食べたり、ダンスをしたり、スピーチをします。まずは食事をします。食事の前は必ずツバル人はお祈りをします。食べ物はいろいろあります。例えばオタ、フェケイ、プラカ、プアカです。オタはさしみです。時々ココナッツミルクと一緒に食べます。本当においしいです。フェケイはプラカから作ります。プラカはタロイモとちょっと同じですがプラカはもっと大きいです。プアカはロースト豚です。食事の後でスピーチをします。昔からスピーチをする人は、50歳以上の男性です。でも最近50歳以下の男性も女性もスピーチをします。そしてスピーチの後はダンスをします。ファテレといいます。ファテレの時、若い女の人が8人くらい踊ります。他の女性達と男性は歌います。お祝いの最後に必ずお祈りをします。

3.私の家族

私の家族は5人です。両親と姉と弟がいます。ツバルでは家族によってライフスタイルが違います。例えばある家族の子供は自分で自分のことを決めますが、ある家族は両親が決定します。ある両親は子供を酒場やナイトクラブに行かせて、子供を甘やかします。でも私の家族は全然違います。父は牧師ですから。

私の家族の家長は父ですが、家のことは両親が一緒に決めます。家族の規定がありますし、予定表もあります。家族の中で悪い言葉や感情を傷つけるような言葉を言うことは絶対だめです。平日はテレビやパソコンを使ってはいけませんが、週末は大丈夫です。毎朝一日の始まりに私の家族は必ずお祈りをします。だから6時に起きてお祈りをします。8時から5時までみんなは学校や会社にいます。7時から7時15分は家族と一緒に家でお祈りをします。そして後で晩御飯を食べます。

私の家族の週末は、みんな一緒に家を掃除したり、洗濯をしたり、買い物をします。それが終わったら一緒に食べたり、ゲームをしたりいろいろなことをします。午後5時ぐらいに一緒に海で泳ぎながらさしみを食べます。そして夜は時々外食をします。私の家族はいつも一緒にいろいろなことをします。そして家族の一番大切なことは一日のお祈り時間と神様のことを忘れないことです。

4.ツバルの将来

ツバルでは全ての人が公平だと感じています。富める者も貧しき者もいないんです。皆が同じで幸せに暮らしています。でも地球温暖化でだんだん海の高さが上がり、人々がもうツバルに住めなくなってきました。他の国のお陰でニュージーランドやオーストラリアやフィジーなどに移住できます。でも親類と別れ、悲しいですね。皆とツバルに住みたいんですけど、ツバルに住むことができなくなってしまったんです。あと50年しかツバルに住めないと言われています。それはツバルの一番不安なことです。「どうすればいいのだろうか」とツバルの人々がいつも考えている問題です。

JET通信56号(2008年10月31日発行)より
●芦ヶ久保への遠足
埼玉県秩父の芦ヶ久保にJET日本語学校の遠足へ出掛ける。
芦ヶ久保では山道をハイキングしたり、ぶどう狩りをして、
日本の田舎の風景や自然をクラスメートと堪能したそうだ。