CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

トランジションタウン したまちさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/ttshitamachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ttshitamachi/index2_0.xml
飲みトラ@立石 [2010年07月28日(Wed)]

7/26(月)は、「トランジションしたまちBAR@立石」を開催。
TTしたまちを立ち上げて間もない頃からの待望の企画が、ついに実現しました。(^.^)

昭和の懐かしい風景を残す商店街に、家族経営の個性的な居酒屋が立ち並び、店内では、お店の人とお客が一見ぶっきらぼうながら気楽に会話しつつ、客同士が膝を突き合わせて飲む。そんな人と人との交わりの濃いところで、酒を酌み交わしながら、トランジションの未来をみんなで思い描こう!というのが本日の趣旨・・・・。ていうか、まあ、ただの飲み会です。(^_^メ)


京成立石駅に19時、ギュウ、セッキと野郎3人で集合し、まずは、「宇ち多」へ。少し順番待ちをしてから店内へ入ります。ここは、もつ焼き好きの聖地とされている有名店で、土曜日には行列ができるそうです。注文は3年前から通っているギュウちゃんにおまかせ。店内のお客の回転は早く、そしてここはなんと20時に閉店。


お店を出た所で、メグ、マリと合流。それから、商店街や狭い路地をしばらく歩いて回ります。これほど昭和レトロの雰囲気をリアルに残すこの街並みは奇跡的です。


2軒目の「江戸っ子」では、豆腐入りの煮込みを食べながら、ハイボールをいただきます。この辺からどんな会話をしたかすでにほとんど記憶がないです。ここは21時に閉店。立石時間は早い。


ここで、レナが合流し、3軒目の「二毛作」へ。途中からナカハラさんも到着。ここでは、おでんとお刺身と、ビールやカクテルなどを普通に飲みます。7人になって、のれんから少しはみ出しかけたテーブルを囲んでいたら、僕はなんだか心が震えてきましたよ。(゜_゜)

ところで、トランジションといえば、低エネルギー消費によるまちづくりを目指す活動です。それは、食の分野でいえば、化学肥料を使わない有機食品や、フードマイレージの小さい地産地消のものを指向していきます。特に肉は、環境負荷の高い食品の代表格としてあげられることが多いですよね。

一方、昔ながらの下町の飲み屋では、安い肉料理はつきものだったりします。昭和初期か、戦後の荒廃からの復興とともに、大衆酒場での肉食文化が少しずつ根ざしてきたのでしょう。そんな下町のかけがえのない歴史にも想いをはせつつ、トランジションの未来のことも描いていきたいです。
Posted by かとしゅん at 00:02
トランジションBAR@藤野 [2010年07月21日(Wed)]

7/17(土)には、神奈川の藤野で、トランジションBARにまぜていただきました。
トランジションBARは、飲食物持ち寄りによる地域の交流の場で、TT藤野では月に1回程度開催してるそうです。今回の場所は、牧里ラボという旧小学校を利用した施設で、8月初旬には、「ひかり祭り」の会場になるところです。

藤野には、地域通貨「よろず屋」があります。今年初め頃、「葉山のなみなみ」」と同時期に本格的に始まりました。「私にできること」と「してもらいたいこと」をお互いに表明して、してあげたこととしてもらったことを、通帳に記入していく仕組みです。これらは、鴨川の「安房マネー」をモデルにしているそうです。鴨川では、10年以上前から、自給自足的な暮らしと、持続可能なコミュニティづくりへ取り組んでいる人たちがいます。

トランジション・タウンは、そのコンセプトは英国発ですが、日本の地域での個別の取り組みは、国内各地の先進的な事例を参考にしたり取り入れたりしているのですね。


ところで、この日、なぜ藤野にいたかというと、トランジション・トレーニングの講師のリハーサルに、受講経験者として参加していたのでした。講師は、葉山のしゅんろうと、旅人まるじゅんのコンビ。トランジション・トレーニングは、8月に1日短縮バージョンを東京で開催した後、秋には関西で、2日フルバージョンを開催する方向で、トランジション・ジャパンが準備しています。


翌7/18(日)のお昼には、直子の台所というとても見晴らしのいい気持のいい所に連れていっていただき、韓国料理のランチ。オーナーの地元の方は、数十年前から脱化石エネルギー型の暮らし方を指向していたそうです。BGMは、懐かしのジョニ・ミッチェル。とても豊かなランチのひとときでした。
Posted by かとしゅん at 16:02
非電化工房見学記 [2010年07月20日(Tue)]

7/16(金)には、パーマカルチャー塾の同期仲間と、那須の非電化工房へ見学に行きました。まさに、トランジションの目に見える実例が、そこにはいくつもありました。

代表の藤村靖之さんが、非電化パーク全体の説明や、自身の発明哲学などのお話をしてくれて、副代表の藤村研介さんが、パークを案内をしてくれました。


非電化籾殻ハウスは、断熱材にもみ殻を使って、プロの大工ではないシロウトの住みこみのお弟子さんが、4人で4週間程度で作ったそうです。費用は材料費のみ。


こちらは、非電化風呂小屋。太陽熱で五右衛門風呂を沸かします。屋根は、太陽熱温水機を最も効率よく使える角度に設定されています。真冬でも晴天時は太陽熱のみで入浴可能。曇りの時はまきでたきます。ホームセンターに売ってる材料と廃品を使用して、材料費は15万円。製作日数は3人×3週間。

★藤村さん語録ピックアップその1:
「地方に移り住んで自給自足型の生活をしようという夢を持つ若い人たちが、最近多くなってきたが、貧乏生活で苦労している人もいる。
貧乏人は、お金はないけど仲間がいる。だから、お金をかけなくても、仲間がいて時間さえあれば、こういうものを作れる、ということを実証して、若い人たちの夢を応援したい」


おなじみ非電化冷蔵庫。3年前にステンレス製のものを見たことがあったけど、その時は、まだ高価で広く普及させるには改良が必要、とおっしゃっていました。
あれから、ものすごく進化していて、この写真は、今年の2月に、オームメイド・エネルギーワークショップで、参加者が1日で作って持ち帰ったものの試作品。これなら、僕でも作れる!


そして、今製作中の、石窯。これが完成すると、第1期の住みこみのお弟子さんは1年の研修を卒業し、9月から第2期のお弟子さんにより、非電化カフェなどの製作を行うそうです。

★藤村さん語録ピックアップその2:
「経済成長によって、多くの日本人は「買う」だけになって、自分で何も作れなくってしまった。このままじゃあまずい、とうすうす感ずいているのに、みんなエイヤで川を飛び越えらずにいる。」

★藤村さん語録ピックアップその3:
「科学技術が経済を拡大する方向にばかり偏ってしまっている。もっとみんなを幸せにする方向に使われるべき。
農作業は、大規模に機械化すると借金で首が回らなくなり、手作業にこだわりすぎると、腰痛を生む。適切な技術を利用してバランスをとればいい。」

lこの日は那須で、「トランジション塾」を受講してきたようなものでした。いずれ、TTしたまちでもいずれ見学ツアーをやろう!
Posted by かとしゅん at 11:34
北のハチドリ訪問記 [2010年07月15日(Thu)]

7/11(日)の午後には、王子のスローカフェ「北のハチドリ」に行ってきました。以前からつながりたいと思っていた場所ですが、急きょ閉店の知らせが入り、最終日になんとか2度目の訪問をしました。
店内に入ると、10人以上の人で賑わっていて、席がほとんど埋まっていていました。


テーブル席では、子どもたちを交えて、ソックモンキー作りという裁縫のワークショップをやっていました。店長のユリさんによると、ここでは、この1年ちょっとの間に、こういうワークショップなどを通じて、地元やいろんな所から人が集まってきて、素晴らしいコミュニティができていたんだそうです。


ストローベイルのオブジェの上には、SlowWaterCafeのフェアトレード雑貨が並んでいます。このオブジェは明日からどこへいくんだろう。。。


カフェがなくなっても、オブジェがなくなっても、ここで生まれた人と人とのつながりは、きっとこれからも続いていくことでしょうね。
もし、TTしたまちともつながることで、何かプラスになることがあれば、いつでも声かけてくださ〜い。

Posted by かとしゅん at 17:59
安穏朝市訪問記 [2010年07月15日(Thu)]
7/11(日)には、TTしたまちっぽいつながりを求めて、2つの場所を訪問してきました、


まず午前中は、築地本願寺境内での「安穏朝市」。
銀座吉水のおかみさんが呼びかけ人になって、月1回程度開催しています。トランジション・ジャパンのやこさんが事務局をしていて、愛媛中島のちはるちゃんが、今回初出店ということで、遊びに行ってきました。



「ちょっと前の日本にあった。素朴で賑やかで暮らしの温もりやにおいを感じる朝市」というコンセプトだそうです。山口県祝島や福島県飯館村や千葉や埼玉などの特産品、米、野菜、パン、お菓子、ジャムなどから、地元の佃煮、亀戸SlowWaterCafeのフェアトレード雑貨などまで並んでいました。
いい感じです。TTな香りがします。ぼくらも出店を検討しよ〜

Posted by かとしゅん at 17:32
かんかん森7周年記念フォーラムのご案内 [2010年07月12日(Mon)]
7/19(月・祝) コレクティブハウスかんかん森 7周年記念フォーラム&パーティ
  『新しい暮らしと子育てのカタチを考える』 のお知らせです

第1部 13:30〜 NPO法人ファザーリング・ジャパン 「絵本の読み聞かせと音楽」
 14:45〜 上野千鶴子氏(東京大学大学院教授)講演 「ひとりで暮らす、みんなと暮らす」
 16:30〜 かんかん森の見学ツアー・オープンルーム

第2部 18:00〜 パーティー ※住人手作りの料理や飲み物を用意してくれるそうです

申し込みは、こちらからどうぞ
Posted by かとしゅん at 22:34
トランジション・ジャパン交流会 [2010年07月09日(Fri)]

7/8(木)は、「トランジション・ジャパンのこれからを考える会」が、東京の初台で開催されました。
東京、神奈川、千葉のみならず、滋賀、大阪、オーストラリアからも、駆けつけてくれて、
合わせて27人の参加となりました。16時〜20時頃まで、じっくりと対話。

各トランジション・タウンの方が一緒になって、今後のトランジション・ジャパンを作っていく姿が、
そこにありました。(by しゅんろう)

その後、交流会場のビストロへ移動。23時の閉店近くまで親睦を深めました。


最後は、路上でトーク。手前の3人は、左から、滋賀のしゅくさん、ブリスベン在住で京都に里帰り中のすいさん、大阪のくいちゃん。遠くから来てくれて、ホントにありがと〜^^/


したまちのさとちゃん、めぐちゃん、渋谷のゆりんこ、&旅人まるじゅんの、よくわからんガールズトーク。


そして夜は更けていくのでした。。。
Posted by かとしゅん at 20:35