CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

津市社協さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
くすり
○室の口福祉講演会○ (02/03) 日本財団CANPAN 山田
第3回津市社協ふくしまつり (11/25) 大村ひろこ
街頭募金! (01/30) 川内
ブログはじめます☆ (12/06)
最新トラックバック
「つ社協だより」春号を発行しました! [2019年04月01日(Mon)]
「つ社協だより」春号(No.68)を発行しました。

春号表紙.png

本号の内容は以下のようになっています。

・津市社協マスコットキャラクター決定報告
・社協会費のお願い
・津市社会福祉大会の開催報告・被表彰者名簿
・介護予防教室日程
・赤い羽根共同募金の実績報告
・寄附のお礼
・心配ごと相談の日程(4〜6月)

「つ社協だより」はバックナンバーも含め、本会ホームページでも公開していますので、ぜひ御覧ください!

こちらから御覧いただけます→広報誌(つ社協だより)
芸濃地域サロン交流会〜サロンリハ、体験しませんか?? [2019年02月27日(Wed)]
芸濃支部

 平成31年2月26日(火)、津市芸濃庁舎にて、理学療法士の澤田智司様を講師にお迎えし、「芸濃地域サロン交流会〜サロンリハ、体験しませんか??」を開催しました。

 当交流会は、地域力を促進するという総合事業の観点から、サロンリーダーを対象とし、健康のための運動ポイントなどに関する知識を深め、地域における介護予防の取組みを強化するとともに、参加者同士のつながりを深めることによって、芸濃地域のサロン活動の充実・活性化を図ることを目的として開催しました。

 「リハビリとは??」「介護予防が必要な理由」「日常生活におけるリハビリテーション」など、理学療法士という専門職の立場からお話をいただき、参加されたみなさんは、熱心に頷きながら納得されていました。

 「自分の体で、生きてくのは自分」ということで、日々自分の身体に興味を持ち、意識的に取り組むことの重要性を教えていただきました。
 また、同世代に元気な人がいるだけで、「私も頑張ろう!!」とやる気になれる、同世代だからこそ伝えられることがある、そういった意味で、サロン活動などを通じて同世代が集まることの重要性を改めて確認しました。

 参加された方々からは、「今後、サロンで取り組んでいきたい」「自分の身体をよく知り、日常生活の中にリハビリテーションをとり入れる」「次回のサロンに使わせていただきます」「大変勉強になりました。これから心がけて実行していきたいと思います」などのお声をいただきました。

 「はつらつ」とした元気な方々が溢れる芸濃地域のため、今後もこういった取組みを推進していきたく思います。

IMG_6002.jpg

IMG_6004.jpg

IMG_6008.jpg

こころん 誕生日! [2019年02月15日(Fri)]
 2月16日が何の日か御存知ですか?
 この日は、津市社会福祉協議会マスコットキャラクター「こころん」の誕生日です!

 先日マスコットキャラクターとして発表した「こころん」ですが、これから少しずつ活躍の場を広げていきますので、よろしくお願いいたします!

 ところで、何故、誕生日が2月16日なのでしょうか?みなさん、一度考えて(調べて)みてください。


masukotto.jpg
ボランティアスクール芸濃〜傾聴ボランティア講座〜 [2019年02月08日(Fri)]
芸濃支部

 平成31年1月31日(木)及び2月7日(木)の両日、津市芸濃庁舎にて、NPO法人みえ親子・人間関係研究会理事の小林博子様を講師にお迎えし、平成30年度ボランティアスクール(芸濃)『相手の気持ちに寄り添う「聴く力」〜傾聴ボランティア講座〜』を開催しました。

 当講座は、家族や近隣との関わりや地域福祉活動など、さまざまな場面で活かすことのできる「傾聴技術」を学ぶことを目的とし、平成29年度からの継続事業として開催しました。

 今年もたくさんの方々に御参加いただき、「傾聴とは」「コミュニケーションの大切さ」「相手のサインについて」「より良い関係づくりのために」など、ロールプレーを交えた講義により、今後の地域福祉活動に活かすための傾聴技術を学びました。

 参加者からは、「一年前の記憶の呼び起こしが出来てよかった」「ボランティア活動で子どもに接しているが、講義を聞き、とても参考になる事が多く、反省させられる点、自分のやり方でよかったと思う点等あり、とても良い勉強ができました」「話を聴く!ただただ聴く、とても簡単そうですが、とても難しいことだと思います。今回学んだことをしっかりと活かしてこれからの役にたてたいと思います」「PTAなど若い方たちに聞いてほしい講座だと思います」など、たくさんのお声をいただきました。

 今後も、こういった地域の方々の声をしっかりと「聴き」、一人一人の思いを形に変えるお手伝いをしていきたいと思います。

IMG_5971.jpg

IMG_5956.jpg

IMG_5978.jpg

IMG_5962.jpg

吉田福祉基金様から、車いすを寄贈いただきました。 [2019年02月06日(Wed)]
平成31年2月1日(金)、一般財団法人吉田福祉基金様から、車いす5台を寄贈いただきました。
当日は午後2時から多気町の吉田福祉基金会館において贈呈式が開催され、県内46の自治体や社会福祉法人・団体に軽自動車や車いすといった福祉機器等が贈呈されました。

今回寄贈いただいた車いすは、地域福祉事業の推進のために活用させていただきます。


DSC04956ブログ.JPG

DSC04963ブログ.JPG
サロンリーダーズ研修 [2019年02月05日(Tue)]
 1月30日(水)津市サンヒルズ安濃の教養娯楽室にて、サロン専門部会主催のサロンリーダーズ研修を開催しました。この研修はリーダー同士の交流と今後の活動の参考にしていただくことを目的としています。サロン専門部会とは、平成29年に安濃地域のサロン活動を推進するために設立されました。
 今回は、バルーンアートの飯村初美氏を迎え、剣やウサギ、花などを教えていただきました。笑い声の絶えない楽しい教室となりました。

DSCN0018.jpg

 子育てサークルのリーダーさんは3月に開催するサロンでバルーンアートを取り入れたいと張り切ってみえました。高齢者だけでなく、子どもや子育て世代のサロンに活かせる研修をこれからも提案していきたいと思います。


DSCN0021.jpg
ふくし出前講座 [2019年02月01日(Fri)]
 津市立村主小学校で「UDまちづくりの会」の方々にお越しいただき、ふくし出前講座を実施しました。屋内でトイレ学習やアイマスク体験、白内障眼鏡体験をしました。

DSCN0068.jpg

DSCN0072.jpg

 屋外では、車いすを使った体験学習を行いました。児童さんは、車いすを使った学習に戸惑いながらも真剣に取り組んでくれました。
 
DSCN0092.jpg

 出前講座後に児童さんから感想文をいただきました。その中の一人の感想を紹介させていただきます。「ふだん何気なく生活していたけど、車いすに乗られている方からしたら、わずかの段差でもこんなに大変なんだと気が付きました。」という感想が書いてありました。
 児童さんにそういったことを気付いていただけたことは、とても大きなことだと思います
「UDまちづくりの会」の木下さんが「もし、障がい者の方が困っていたら、ぜひとも一声かけてあげてほしい。できることは手出しはせず、できないことを手伝ってあげてください」とおっしゃっていました。
 すべてに手を出すのではなく、その人に意思を尊重するということも福祉の考え方の一つなのだと学びました。
津市社会福祉協議会のマスコットキャラクターが決まりました! [2019年01月28日(Mon)]
 昨年公募しましたマスコットキャラクターのデザインと愛称につきましては、多くの御応募をいただき、ありがとうございました。
 多くの作品の中から、厳正な審査の結果、松阪市の岡坂波季砂(おかさか なぎさ)さんのデザインと津市の小林珠美(こばやし たまみ)さんの愛称「こころん」に決定し、津市社会福祉協議会のマスコットキャラクターが誕生しました。

 右手や体のハートは「しあわせ」を、丸い体は「やさしさ」を、ピンク色は「ぬくもり」を表しています。また、頭のリボンは藤堂高虎の兜がモチーフです。
 「こころん」という名前には、「助けあいの心」「ありがとうの心」という意味や、社会福祉協議会を通して、あらゆる人の心をつなぐことができるように、との願いが込められています。

 「こころん」は、津市社会福祉協議会のマスコットキャラクターとして、今後、さまざまな場で活躍していきますので、よろしくお願いいたします。

【こころん プロフィール】
・性別:女
・誕生日:2月16日
・性格:おっとりタイプ
・趣味:お昼寝
・好きな食べ物:スイーつ・うなぎ・津ぎょうざ


こころん.jpg
赤い羽根共同募金 [2019年01月10日(Thu)]
 本年度も全国各地で、赤い羽根共同募金運動が行われています。安濃地域でも、自治会をはじめ学校、法人・企業など、たくさんの方々に御協力をいただきました。本当にありがとうございました。今回は安濃町内の小学校と中学校の取組みについて御紹介させていただきます。
 津市立草生小学校と津市立明合小学校では、児童会を中心に学校募金に御協力をいただきました。津市立東観中学校では、生徒会のみなさんが安濃町のスーパー店頭で街頭募金をしていただきました。
 みなさんからいただいた募金は、安濃地域の福祉推進のためのさまざまな事業にも使われます。今後とも温かい御支援をよろしくお願い致します。

東観中.jpg

草生小.jpg

明合小.jpg

「つ社協だより」新春号を発行しました! [2018年12月28日(Fri)]
 「つ社協だより」新春号(No.67)を発行しました。

新春号表紙.png

 本号の内容は以下のようになっています。

・赤い羽根共同募金のお礼
・UMOUプロジェクトについて
・2019年 年頭所感
・第3次津市地域福祉活動計画(案)パブリックコメント・意見募集
・介護予防教室日程
・「いっぱい歌って いっぱい遊ぼう」の案内
・寄附のお礼
・心配ごと相談の日程(1〜3月)

 「つ社協だより」はバックナンバーも含め、本会ホームページでも公開していますので、ぜひ御覧ください!

 こちらから御覧いただけます→広報誌(つ社協だより)
| 次へ