CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

津市社協さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
くすり
○室の口福祉講演会○ (02/03) 日本財団CANPAN 山田
第3回津市社協ふくしまつり (11/25) 大村ひろこ
街頭募金! (01/30) 川内
ブログはじめます☆ (12/06)
最新トラックバック
転倒予防教室を開催します [2017年05月15日(Mon)]
美杉支部

平成29年6月14日に転倒予防教室を開催します。

突然ですが、みなさんは最近転びましたか?
何かにつまずいたり、また、何もないのに足がもつれたや小走りだった、普通に歩いていた等、状況もさまざまだと思います。

転ぶという事は、決して珍しい事では無くバランスをとって「歩く」という事に必ずついてくるリスクでもあります。

子どもは、何度も転んで、「歩く」というバランス感覚を体で覚えていくものですが、年を重ねるごとに、転倒からの骨折→寝たきりへのリスクは、高くなっていきます。また、転んでしまった恐怖心から「歩く」事への不安で歩けなくなる事もあります。

健康で元気な毎日を送るために、「転倒予防」について学びませんか?

今回の教室では、65歳以上の方を対象に「柔道整復師」の伊藤将平先生をお呼びして、「あなたを支える筋トレ以外の運動方法」を教えていただきます。なお、参加には、事前の申込みが必要です。たくさんの御参加お待ちしています。

お申込電話 059−274−0023
(津市社会福祉協議会 美杉支部) 
申込期日 平成29年6月9日(金)まで

日程 平成29年6月14日
時間 13:30〜15:00
場所 津市美杉総合文化センター(津市美杉町八知5580−2)
持物 当日は軽い運動ができるような服装でタオル・お茶などを御持参ください

転倒予防教室チラシ .pdf ←クリックして御覧ください

※柔道整復師とは、昔から「ほねつぎ」「接骨師」として広く知られ、手術をしない整復、固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療を行っています。
芸濃地域の宝もの [2017年05月01日(Mon)]
芸濃支部

津市芸濃庁舎のエントランスホールには、「津市社会福祉協議会からのお知らせ」として、「ささえあい活動〜地域の宝ものマップ」を掲示しています。

IMG_4154.jpg

IMG_4155.jpg

IMG_4156.jpg

このマップは、平成28年度に開催した、芸濃地域福祉懇話会の中で、地区社協、自治会、民生委員、各種福祉団体、サロン関係者など、日頃から地域で御活躍されるみなさまの御協力のもと、地域の日常的な活動に焦点を当て、芸濃地域の中にあるさまざまなつながり(=社会資源)を掘り起こし、作成したものです。

介護保険法の改正により、今後ますますサロンや見守り活動といったインフォーマルな活動の重要性が求められています。

芸濃庁舎にお越しの際はぜひ御覧ください。
津市身障者福祉連合会 美里支部 お花見会 [2017年04月21日(Fri)]
4月5日(水)に美里地区民生委員児童委員協議会が主催し、津市身障者福祉連合会 美里支部のみなさんをお花見に招待され、津市社協美里支部の職員も同行支援をしてきました。


場所は錫杖湖水荘。


桜はどうかな?
とみなさんドキドキしながら現地に向かいましたが。。。


今年の桜はすこしのんびり気味で満開の桜の下でのお花見は叶いませんでした。


代わりに会員さん同士交流することができ、笑顔は満開のお花見会となりました。




DSCN0784(加工版).JPG
ボランティアスクール [2017年03月22日(Wed)]
河芸支部 

平成29年3月14日(火)、津市河芸ほほえみセンターで平成28年度ボランティアスクール「子育てボランティア講座」を開催し、21名が参加されました。

1DSC03212.jpg

2DSC03221.jpg

 浜松学院大学短期大学部准教授志村浩二さんに、「今どきの社会文化と家族関係」というテーマで講演していただきました。
 今どきの社会文化が「若さ礼賛文化」と「ウチの中化現象」にあり、そこに「世代間環境の崩壊」が加わり、子どもの問題行動や家族の病理につながるということを学習しました。


3DSC03228.jpg

4DSC03251.jpg

 受講者からは「子育てをめぐる変化する社会状況を的確にお話しいただいた。」「世代間のしつけは大切であり、必要だと感じた。」などの感想をいただきました。

5DSC03258.jpg

 その後、ボランティアグループ子育てサロン会長M上のぶ子さんに、津市河芸ほほえみセンター交流室で毎週火曜日、木曜日の10時から12時まで開いている「子育てサロン」を紹介していただき、ボランティア活動の内容を教えていただきました。
子育て支援事業 [2017年03月10日(Fri)]
 絵本とエプロンシアターでキュキュと!
 
 津市社会福祉協議会(香良洲支部)主催の子育て支援事業が、3月6日(月)午前10時から津市サンデルタ香良洲で開催し、5組11人の親子の方が参加していただきました。
 「げんきにお出かけ」や「パンダ銭湯」などの絵本の読み聞かせやエプロンシアターでの「さんびきのこぶた」に聞き入っていました。
 最後のおたのしみの時間は“びゅんびゅんこまつくろ!”で、こまに好きな色や絵を描いて回していました。
 参加された方からは、たくさんのメニューがあって楽しかったや親や子ども同士の交流ができてよかったなどの声が聞かれました。
 
 DSCN0050.JPG

 DSCN0084.JPG
 
 
 
  
香良洲地区ボランティア交流会 [2017年03月10日(Fri)]
  コミュニケーション能力やボランティア活動のスキルアップを!

 津市社会福祉協議会(香良洲支部)主催の香良洲地区ボランティア交流会が、3月5日(日)午後1時30分から津市サンデルタ香良洲で開催し、33名参加していただきました。
 最初に、ハンカチ落とし、肩たたきなどで心と体をほぐすアイスブレークを行い、次に参加者同士のスキンシップが図れるよう握手ゲーム、キャッチ等を楽しみコミュニケーション能力を高めていただきました。
 参加されたみなさんから、「他のボランティア活動されている人と交流ができた」、「レクゲームをボランティア活動に応用したい」等のお声がありました。
 
  DSCN0037.JPG

  DSCN0044.JPG
 
芸濃地域ボランティア交流会 [2017年03月01日(Wed)]
芸濃支部

平成29年2月28日(火)19時から、津市芸濃庁舎にて、芸濃地域で日頃から御活躍されているボランティア同士が集い、情報交換や意見交換を通じて、お互いの関係性を深めるため、ボランティア交流会を開催しました。

IMG_3841.jpg

前半は、元社会福祉協議会の職員で、現在はお寺の住職としてボランティア活動をはじめ、さまざまな観点から福祉活動に携わる松尾弘也氏から、「今一度、改めてボランティアについて考える」と題し、御講話をいただきました。

ボランティア活動を通じ、見返りを求めず、笑顔、言葉、優しさなどを他人に与えることで自分自身の幸せにもつながることなど、「ボランティア=布施の心」「ボランティア=御縁」等の実践談から、参加者にとっては、新鮮な交流の機会になったことかと思います。

IMG_3838.jpg

IMG_3840.jpg

また、後半は、参加者同士グループに分かれ、それぞれの活動を通じて困っていることや、感じていることなどを話し合っていただきました。

IMG_3837.jpg

この交流会を通じ、改めて、当地域のボランティアパワーの大きさや団体間のつながりの大切さを感じました。

今後も定期的にボランティアのみなさま方と時間を共有できる場をつくっていきたいと思います。
芸濃地域の活動〜「災害が起きたら!備えは!」 [2017年02月22日(Wed)]
芸濃支部

2月22日(水)津市芸濃保健福祉センターにて、津市食生活改善推進協議会芸濃支部さんによる、「災害が起きたら!備えは!」と題した、防災食の調理実習等が行われました。

参加者約20名は、調理をしながら災害が起きた時の「食の備え」について学びました。

IMG_4408.jpg

また、保健センター職員による避難所生活でのリフレッシュ対策等の講話とともに、津市社会福祉協議会からも、熊本地震被災地支援についてのお話をさせていただき、「災害時には、助けあえる地域づくり」ではなく、「災害時にも、助けあえる地域づくり」を目指すことをみなさんと一緒に確認できました。

IMG_4390.jpg

IMG_4402.jpg

IMG_4393.jpg

企画してくださった津市食生活改善推進協議会芸濃支部のみなさま、御参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

※この事業は赤い羽根共同募金の配分金を財源とし実施されています。募金に協力いただきましてありがとうございました。
認知症予防教室 [2017年02月20日(Mon)]
河芸支部

平成29年2月13日(月)、津市河芸ほほえみセンター大広間で、介護予防事業「認知症予防教室」“新聞紙で作るエコバッグ”を開催しました。

1 修DSC03156.jpg

下津敦子さんを講師に、指先を使って脳の活性化を図り認知症予防のために、新聞紙を使ったエコバッグ作りに取り組みました。60歳以上の18人の参加がありました。

2-修DSC03158.jpg

みなさん和気あいあいの中にも、真剣そのもので始まりました。
用意するのは新聞紙と糊、ハサミだけ。
新聞を大きく広げ、きれいな写真がある面を表にしたいなどと出来上がりを想定しながら考えて重ねます。5枚重ねて折り曲げるので結構力を使います。
糊があちこちについて悪戦苦闘しながらエコバッグとごみ箱を1つずつ作りました。
結構しっかりしているので見た目よりずっと丈夫で重さに耐え、洗練されたデザインの広告や写真の新聞紙が表に出るように面を選ぶと、とってもおしゃれです。

3-DSC03162.jpg

出来上がったエコバッグ。
それぞれ希望どおり出来たかな?
それぞれ出来上がったものを比べながら感想を話し、大賑わいでした。まだしっかりとは糊が乾いてはいませんが、さっそくエコバッグにものを入れて、慎重に持ち帰りました。


4-修DSC03176.jpg

5-DSC03178.jpg
いくっこサロン [2017年02月14日(Tue)]
平成29年2月4日(土)9時00から橋南市民センター大ホールで育生地区いくっこ・さろん実行委員会主催のもと、育生地域に住む人を対象に「いくっこ・さろん」が開催されました。

近年地域のふれあいが薄れ、子ども会の活動も弱っています。顔と顔がわかる地域づくりを目指し、いっくこ・さろんは立ち上がりました。

当日大ホールでは、遊びの場として「風船バレー」「ムクロジの実シャボン玉」「どんぐりのこま」「手品」などのコーナーで、子どもから高齢者までが参加し楽しみました。また、前日が節分ということもあり、節分の話や豆まきも行いました。豆まき後は、カレーライスを一緒に食べて交流を行いました。



現在お手伝いをしていただける方を募集しています。開催時の少しの時間でも大丈夫ですので、宜しくお願いします。
| 次へ