CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
豊田の東地域(新豊田市地域)を中心に、そこに「ある」きらりと光るものを探しております。

自粛?祈り?願い?信じる?愛?

[2011年04月02日(Sat)]
3.12。

電車の中で、ネット配信のニュースで原発が爆発した事を知った。
気持ち悪くなって、涙が止まらなくなった。

私は、知人・友人から、日本の原発がどういう状況にあるのか、
ずっと前から教えてもらっていた。

だから、このニュースを知った瞬間に、
これからどういう世界が待っているか、なんとなく想像できた。

原発の正当性を主張するだけで対策を取ってこなかった、
御用研究者や天下り役人たちは、全員自殺しろと呪った。


でも、一番憎かったのは、自分自身だ。



私は、知人・友人から、日本の原発がどういう状況にあるのか、
ずっと前から教えてもらっていた。

知っていたけれど、何もしなかった。

どれだけ説明を聞いても、
余りに大きな問題で、ピンとこなかったというのもある。

でも、一番は、
原発関係の問題は、賛成派も反対派も何となく政治色が強い気がして、
煩わしいから逃げていたんだ。考えない様にしていた。


逃げていたことを、とても後悔した。


今でも、一人になると1日2回くらい泣いている。
病んでいるんだろうか。

―――

原発がきっかけで、この大災害の関連ニュースを出来るだけ目を通すようになった。
津波、広域、燃料、地震、、、複合型の大震災だということが、よく分かった。


何かしたいけど何も出来ない。
1週間くらい、ネットやテレビから流れる情報から、
馬鹿みたいに関連情報を集めては、被害の大きと困難さに憂鬱になる日々が続いた。
自分が情報集めたって、誰の役に立たないし、
自分が落ち込んだって、何の意味もないことに気付いた。


で、学生時代長期インターンをしていたNPO愛知ネットに顔を出して、
あいち・なごや東北関東大震災ボランティア支援連絡会 http://allaichi.jp/ の情報ボランティアをする事に決めた。

この連絡会も、災害救援NPOもてんやわんや、
HPを見てもらえば分かるとおり、未だあまり機能していない。

世話人をしている人たちが殆ど現地に行っちゃっているんだから、仕方ないと思う。
文句を言うのではなくて、こっちに残っている人間が、手を上げて支えなくては。

どうせ、私は情報を集めてしまうんだから、
ちゃんと整理して発信して、どんくさくて現地には行けそうにない私の代わりに、
被災者の役に立ってくれる人を支えていこうと思います。


もう一つ、現地に行かなくても出来ることがありそうです。

それは、被災者の受け入れ支援。

愛知県は反応が他県より遅くて、県・市営住宅の提供くらいで、
未だに社協・市町村と県の連携した体制は整えきれていません。

県は、4000世帯―1万人規模の受け入れを検討しているそうです。

受入支援は、その大半は行政と社協が担いますが、
NPOにも役割が求められています。
(そのために県がわざわざ連絡会なんて作ったんだから)

これまでの、震災後のデータから、いくら行政・社協が財政的なサポートをしても
1万人中、千人がうつ病になり、
100人が自殺してしまうだろうと言われています。

県が、ボランティアに求めていることは、
移住者と「手を繋ぐ」ことで、一人でもうつ病になる人、
自殺してしまう人の数を減らしていくことだそうです。

知多・三河ブロックは、県―県社協―NPO愛知ネットが連携を取りながら、
受入体制を構築していくことが決まりました。
志願して、そこのNPO側の事務局をさせてもらえることになりました。
仕事があるので無給スタッフですけど、
旧知の優秀な人に上司になってもらえたからかなり安心。

今、県外移住をしている人たちの多くは、お金持ち層だそうです。
もうしばらくすると、お金がなくて、
本当に困っている人たちの移住が始まるそうです。

そのタイミングまでに、遅まきながら、
「確実さ」と「取りこぼししない」ことを目標に、
知多・三河ブロックの受入体制を整えるお手伝いをしていきます。



最後に、タイトルについて。

色々な場面で、理由の分からない「自粛」「不謹慎」に遭遇します。
その人の意見なので、仕方ないとは思いますが、
本気で、被災者の為に何が出来るか、その結果被災者の方に
どういうメリットがあるのかを考えての結論なら、いいと思いますが、
おおくの方が、理由を聞くと「テレビからのニュースを見ていると、
そういう空気じゃないし、気分になれない」と答えられます。
具体的に何をしているわけじゃない方におおい気がします。


「空気」とか「気分」ってなんでしょう。

後、「祈ろう」とか「願おう」とか「信じよう」とか言うのも、嫌いです。
そんなの当たり前すぎて、なぜわざわざ言う必要があるのか。

そしてやっぱり、デモみたいな動きにも、興味が持てない。
私は反対運動で、日本が変わるとは思えないから。

私は、被災者と、これからの日本のために自分が
何が出来るかを「考えて」、「行動」で示していきたいと思いました。

てか、そうしないと何も変わらないじゃない。

被災地情報収集のボランティアを募集します。

[2011年03月22日(Tue)]
都筑です。

私が学生時代に長期インターンでお世話になった、
NPO愛知ネットで、
掲題のボランティアを募集しています。

愛知ネットの被災地での活動報告は、
こちらをどうぞ。主な仕事は2つ。

1 県内の社会福祉協議会・災害ボランティア団体向けの、
  被災地情報(フロー情報)の整理・発信業務。

  現在、たくさんの募金活動・緊急的支援活動が始まっていますが、
  継続させるための、事務方のボランティアが求められています。
  行政・ボランティア等から発信される情報から、
  愛知県の災害救援ボランティアや社会福祉協議会が必要とする情報をピックアップし、
  HPやMLを使って、関係者に流す仕事です。

2 東日本大震災の状況・経過・変化情報(ストック情報)の整理・データベース化。

  この地震は「地震」「津波」「原発」「燃料」「広域」という、たくさん課題をもった大震災です。
  それは、東海大地震で想定されている課題と同じものです。
  東海大地震に備えた、この地域の防災・災害救援・災害からの復興力を強化するための
  情報源として、震災に関する日々の情報を整理していく必要があります。


2つとも、とても地味で単純な事務作業・裏方作業ですが、
「細く長く」継続していく必要があります。
それぞれ、無理のない範囲でお手伝いいただける方を探しています。

私も、週半日ぐらい、ぼちぼちやっていこうと思います。

2月12日 ほのか 〜彩〜

[2011年02月09日(Wed)]


地元に古くから伝わる雛人形を、
道沿いに飾る、中馬のおひなさん、まっさかり。
町がにぎやかになってきました。

さて、掲題のイベントが今週末あります。
流れ(?)で、急きょ、手伝っています。
声をかけてもらえるのは、ありがたいことです。

当日は打ち上げの買い出し…。
自分の趣味に走って変なものを買わない様に頑張ります。
昨日は灯りの準備と設置場所の確認をしていました。

以下、amagoさんより転送。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週から始まった 『中馬のおひなさん』
寒かった1月のことを思うとここのところ温かく
人出もまずまずで、足助のお爺ちゃん・お婆ちゃん達は
張り切って、自分のお雛様の説明をしたり
軒先の小さなスペースでお餅や、手作りの小物を売っています。

この『中馬のおひなさん』期間中に私のお店のある新町地区の
イベントを行います。
3年目になる 灯りのイベント『ほのか』
今年はサブタイトルが 彩 irodori
全国各地の灯りのイベントで使われている
可愛い・素敵な灯りが一同に集まり新町通りに並べられます。

点灯式から始まり・途中静かな音楽の演奏もあります。

特に今年はキモノジャックさん達http://ameblo.jp/aichi-jack/
も参加していただけるそうで、彩りが加わり
カメラマンも多く集まると思います。
テレビの取材もあると聞いていますので、今からとても楽しみです。

当日は道路の使用許可を頂き歩行者天国にしました。
ゆっくり雛さんと灯りを楽しんで頂けると思います。

「(仮称)市里山くらし体験館(豊田市里山活性化センター)」

[2011年01月21日(Fri)]
5月、新しく足助町新盛にオープンする
「(仮称)市里山くらし体験館(豊田市里山活性化センター)」の愛称を募集しているそう。

よかったら応募してみては。


昨年10月末に無事上棟式を終えました
「(仮称)市里山くらし体験館(豊田市里山活性化センター)」ですが
平成23年5月下旬のオープンを予定し
只今着々と工事が進んでおります。

足助支所では(仮称)市里山くらし体験館が、広く皆さまに親しまれ
愛着の持てる施設となるような愛称を募集いたします。

皆さまふるってご応募いただきますようご案内申し上げます。

チラシはこちら





THINK OBARA 2050 新聞発行

[2011年01月11日(Tue)]
自分の趣味の範囲で、フリーペーパーが作りたいなー。
自分新聞が作りたいなー。

こっちに越してきてからずっとそう思っていたものの、
怠惰な私は、なかなか実行せず、ぐだぐだと過ごしておりました。

しかし、小原の仲間たちの協力を得て、
それっぽいものを発行することに。

新聞というよりは、
座談会で話し合われたことを、
地域のみんなに読んでもらうための、
簡単なおたよりですけど、今後座談会開催のたびに
体力が続く限り発行します。

いやー。自己満足だけど、楽しかった。
元新聞部の血が騒いだよ。

00号としては十分じゃないでしょうか。


問題は、継続できるかですが、
きっとほかのみんなが尻を叩いてくれるので
何とかなると思います。

写真は前回の記念のもの。
次回は1月27日〜〜。



これが、ペーパー。

興味がある人はダウンロードしてね。A4表裏で割り付け印刷されたものが、
小原の各所にこっそり置かれることになっています。

プロジェクトの形が見えつつ。

[2010年12月21日(Tue)]
私の仕事が始まって、1年3カ月。

暗闇の中をさまようような日々でしたが、
ようやく、自分が何をすべきかの形が、ほやほやと見え始めました。
でも、まだ”雲をつかむような”状態です。

嬉しい半面、
自分が取り組もうとしていることのスケールの大きさに、
気が遠くなる思いもします。

いや、私が焚きつけたんだから、
みんなフォローしていかなきゃいけないんですが・・・。

どのプロジェクトも、本当に形が出来てくるのは、
10年後くらいじゃないでしょうか。



10年後を楽しみに、日々を頑張ろうと思います。



来年は、たぶん私のこれまでの人生の中で、
一番忙しい一年になると思います。

■やること、リスト。具体的なものだけ。(仕事編)
・お釜稲荷プロジェクト。(足助の食の開発)
・小原和紙を活用した新製品・新産業の検討。企業連携の推進。
・小原山菜園プロジェクト。
 (小原の耕作放棄地の再生・高齢者の再組織化。観光交流の基盤作り)
・足助の産直市プロジェクト。

後、待ちの商談がいっぱい。

■やること、リスト。(趣味編)
・小原のIターン者・若者の地域での役割づくり。村おこしワークショップ。
・たんころりん10周年記念事業。

後、いろいろ。

答え。

[2010年12月19日(Sun)]

今日も、急きょ打ち合わせ。
ブレスト会議でした。
5時間もぶっつづけで会議。

色々、面白い話を教えていただきました。

情報量が多すぎて、頭がパニックになりそう。


地域おこしに正解なんてなくて、
アドバイスくれる人、くれる人、
全く違うことを教えてくれる。

結局、どうやってやるかは、
自分で決断するしかない。


自分でリスクを引き受けるしかない。
誰のせいにも、出来ないのだから。


最近、何人かの人から、

「お前は皆を幸せにしようとしすぎ。
 一人を幸せに出来ないものが、みんなを幸せにできるわけない。
 まず、一つの、一人の幸せを真剣に考えて取り組みなさい。」

という趣旨の言葉を頂きました。


その通りな気もします。




でも…?

誰の幸せ…?

一つの幸せを、みんなの幸せにつなげるプロセスは…?



結局、決断するのは自分。

「悩んでる状態」って、
「決断」から生まれるリスクから逃げているだけだね。

たぶん、もう答えは自分の中にある。

「グラウンドワーク・インターンシップ(パートナー・コース)」

[2010年12月18日(Sat)]
NPO・コミュニティビジネス立ち上げを目指している方へ。
29日間のインターンシップ。宿泊費・交通費支給。
年収200万円以下の方へは活動支援金(14万円)あり。
http://bit.ly/fsTWgH



私が行きたい。

think obara 2050

[2010年10月06日(Wed)]
小原のむらづくりを考えるワークショップ。プレ講座第二弾。
いつまでプレをつづけよう。たぶん4月からが本番で。

でもプレにて既に30名くらいは集まりそうな予感。



小原の未来を描こう
think obara 2050

2010/11/13.sat 18:30-20:45
豊田市小原交流館 第1.2 会議室
愛知県豊田市永太郎町落681-1 TEL:0565-65-3711
\ free

僕たちは、生まれ育ったこのむらで、これからも暮らしつづけていきたい。
子どもたちがここで暮らしていけるように、地域を守っていきたいし、変えていきたい。

でも、小原からはワカモノが出て行き、子どもたちはますますへっています。
地元の産業も、どんどんと縮小しています。
このままでは、小原で暮らしていくことが、もっとむずかしくなってしまいます。

そこで、小原をフィールドに、
どきどきしてわくわくするような新しい山村での暮らしや仕事を
みんなで考える座談会をひらきます。

むらの人も、まちの人も、サラリーマンも、女の人も、ワカモノも、
山村に住んでいる人・山村での暮らしに関心がある人ならどなたも大歓迎。
途中参加・途中退出もOK です。

みんなの前向きで自由なおしゃべりから、
いっしょに新しいアイデアを引き出していきましょう。


*会後、懇親会を予定しています。(参加費実費)
お子様をお連れの方も大歓迎。小さいお子様の場合は、一度ご連絡ください。
宿泊を希望される方は、品野屋[0565-65-2007]の予約をお勧めします。
1 泊朝食付4000 円。

主催:小原を考える会
担当:川口[090-7036-2418]

【宣伝】紅葉稲武で美味しい婚活パーティー

[2010年10月06日(Wed)]
ちゃふぇさんが主催の、婚活パーティだそうです。
もしよければ、ご参加ください!


紅葉の稲武で美味しい婚活パーティーはいかがですか?









豊田市駅よりバスが送迎します♪、
または現地、『どんぐり工房』(どんぐりの湯の向かい)集合、お好きな方を選択できます!




【スケジュール】
8:15 豊田駅集合 または 9:30 稲武どんぐり工房集合 


9:45 稲武着 
ランチは本格大型石窯で作る焼きたてピザ作りを体験!
他にも地元の食材を使った料理が盛りだくさん!

http://park20.wakwak.com/~iroha/auntie/bread.html (稲武の石窯)


13:30 大平公園を散策して紅葉狩り

http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakano/point/point28.htm (大井平公園)


15:30 稲武『どんぐり工房』にて郷土料理”五平餅”作りを体験!

http://www.hm10.aitai.ne.jp/~dongrikb/ (どんぐり工房)


19:30 マイカー現地解散
20:30 バス豊田駅解散





★参加費
 男性5,000円/女性4,000円



★募集人数:男女各20名(愛知県在住または在勤の独身20歳以上の男女)


★応募方法
下記のまでお電話またはメールにて応募して下さい。
詳細内容、申込用紙を折り返し郵送にて
発送させていただきます。

TEL:0565-83-3003(山里cyafe 担当:二宮)
MAIL:yamazatocyafe@s4.dion.ne.jp



★応募締め切り/定員になり次第締め切らせていただきます。
(キャンセル待ち可能)




| 次へ