CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
デートDV・DV加害者の更生教育プログラム実施中(徳島県内) [2019年04月01日(Mon)]
 今年は、天皇交代のために新元号が公布され、社会運営の実務上4月1日に「令和」と発表されました。新しいのでまだ馴染みませんね。これから日常生活でだんだんと使用されるのでしょう。ただし西暦も使用するし、器用な日本人だから使い分けするのでしょうね。

 毎月当会の事業活動を更新して、掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:2019年4月3日(水)、10日(水)、17日(水)、24日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性被害者支援講座
 DVに気づき、新しい自分自身を取り戻す「DVの構造、性別役割、トラウマをいやす、自己尊重、自己決定」などを学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後受講について話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、2019年4月20日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:12回
☆彡回復プログラム料:1回¥2,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 20:57 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
セクハラ対応 [2019年03月07日(Thu)]
 どうしてこの現代において、公的な場でも女性を対等な人間として見ずに、性的にしか見ないのでしょうか?
 一つは、防衛省自衛隊S地方協力本部が作成した「自衛官募集のポスター」ですが、3人の超ミニスカの女性(モデルはアニメ)自衛官を描いたものです。アニメは極端に現実にはあり得ないのに若い女性の胸を大きくし、かつ超ミニスカで描きます。オタクが読むマンガならまだがまんできますが、男性自衛官になる人を引きつけるために、女性を性的商品にしています。彼らはミニスカでなく、「スボン」と言い訳をしていますが、どう見てもそうは見えないです。女性を低く扱っている証拠です。「セクハラ」と批判を受けて当然です。
 二つ目は、K県国際スポーツ大会推進事務局「女子ハンドボール世界選手権大会」に作成したのぼり広告です。「手クニシャン、そろってます」「ハードプレイがお好きなあなたに」だそうです。協会は批判を受け、性的な行為をイメージさせる不適切で配慮に欠ける表現と謝ったそう。あきれるやら、恥ずかしいやらです。K県には、男女共同参画課はなかったのでしょうか。ジェンダーが強い県では機能していなかったのでしょうね。現在、DXに関しても広義の「性暴力」と言われています。また国も「性暴力」の根絶に向けて取り組んでいるときなのに。
 政府は、来年5月から、国家公務員がセクハラ加害者であれば誰でもが通報できる窓口を「人事院」に設置するとのことです。数人の相談員が対応するそうです。外部からの被害通報を受け付けセクハラ行為者に厳正に対処するとのことです。ぜひなあなあにせず、被害者に二次被害を与えないようにしてほしいものです。内閣府も企業の管理職、中小企業に対する研修推進、教育・スポーツ分野の被害の実態把握をするそうです。そしてセクハラの包括的な法制化を検討課題にしていくそうです。これからですね。本当に遅いです!!
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 17:00 | 女性への暴力 | この記事のURL | コメント(0)
3月分デートDX・DX加害者更生教育プログラム実施(徳島県内) [2019年03月01日(Fri)]
 今年は暖冬だったようで、徳島市内では雪がふりませんでした。そして待っていた早春の季節になりました。雨が降るたびに暖かくなっていきます。

 毎月当会の事業活動を更新して、掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:2019年3月6日(水)、13日(水)、20日(水)、27日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DX女性被害者回復講座  
 DVに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「君は女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、2019年3月16日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:10回
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 20:36 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
2月分デートDX・DX加害者の更生教育プログラム [2019年02月01日(Fri)]
 この季節は大寒で、インフルエンザが大流行しています。お気をつけください。暦の上では2月4日は立春ですが、暖かい春は大分先で待ちたいです。
 また、悲しい事件が起こりましたね。千葉市の教育委員会が、父親から虐待され助けを求める10歳の女の子のアンケートを虐待する父親に見せ、その子は虐待父親から仕返しを受け、亡くなっています。
「教育委員会」は男性ばかりで、被害者になりかねない女性委員は誰も入っていません。机上での親子関係しかわかっていないのです。DX家庭は母と子が被害を受けるのです。最近では、母と子どもに心の通った支援をするがんばる支援員を現場から排除しています。それではDX家庭は救えません。
 毎月当会の事業活動を更新して、掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:2019年2月6日(水)、13日(水)、20日(水)、27日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DX女性被害者回復講座  
 DVに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。グループで一緒に支え合いましょう。
なお、相手(恋人、夫)から「君は女性加害者」と言われている方は、面談(1回のみ¥3,000)があります。面談後話し合います。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、2019年2月16日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡回数:10回
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp










Posted by 地域支援ネット そよ風 at 16:45 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
1月デートⅮX・ⅮX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内) [2019年01月04日(Fri)]
 明けましておめでとうございます。
昨年はいろいろとありがとうございました。
今年もどうかよろしくお願いいたします。
皆さまのご多幸とご健康をお祈りいたします。

 今年はどういう年になるのでしょうか。ともかく災害のない安全で安心できる生活をおくりたいものです。また天皇家は世代交代で、それによって元号も変わるのですが、新年からは西暦を使って行こうと思います。

 毎月当会の事業活動を更新して、掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:2019年1月9日(水)、16日(水)、23日(水)、30日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、2019年1月19日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 17:19 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
12月のデートDV・DV更生教育プログラム実施について(徳島県内) [2018年12月01日(Sat)]
 早くも12月になりました。今年はノーベル平和賞に「#Me Too 紛争下の性暴力の被害支援者」が選ばれましたね。意義深いです。悲惨な性暴力を根絶したいものです。
皆さんにとって平成30年はどのようでしたか。

 毎月当会の事業活動を更新して、掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものではありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年12月5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年12月19日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 14:31 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
「デートDV防止全国ネットワーク」の地域フォーラム開催 [2018年11月19日(Mon)]
秋の真っ盛りです。暖かく晴天が続いて、過ごしやすい毎日です。
東京「アウェア」さんからのお知らせです。
「デートDV防止全国ネットワーク」では、次の6か所で地域フォーラムを開催します。
何かと多忙ですが、ご参加をお待ちしています。

 「デートDV防止全国ネットワーク」は、11月1日にNPO法人として設立登記いたしました。
デートDV防止のため、それぞれの地域で活動する仲間同士が情報共有し、連携を図ることを目的に、全国6か所での地域フォーラムを開催します。
各地区、豪華な講師陣とそれぞれの地域の特色を活かしたプログラムをご用意しました。
ぜひご参加ください。
◎北海道・東北地区
11月24日(土)13時〜17時 エル・ソーラ仙台
SNSとデートDVを宮崎豊久さんが、学生らと語り合います。
コーディネート:BLTグループ佐々木一憲さん
http://notalone-ddv.org/info/608/
◎関東地区
12月10日(月)13時半〜16時半 With You さいたま
埼玉県内での取り組みについて、埼玉大学の田代美江子教授をはじめ、
エープラスとアウェアの吉祥眞佐緒さんらが報告します。
コーディネート:レジリエンス西山さつきさん
http://notalone-ddv.org/info/780/
◎中部地区
12月1日(土)13時半〜15時半 名古屋YWCA
交際中のDVを「デートDV」と名付け問題提起した山口のり子さんを迎え、
弁護士や支援活動者らとともにDV防止教育について語り合います。
コーディネート:i知安心生活 神永れい子さん
http://notalone-ddv.org/info/609/
◎近畿地区
12月15日(土)13時半〜16時45分 大阪ドーンセンター
デートDV予防教育の先駆者である伊田広行さん、遠矢家永子さん、正井禮子さんらを迎え、さらに普及するためにディスカッションします。
コーディネート:ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン多賀太さん
http://notalone-ddv.org/info/611/
◎中国・四国地区
12月2日(日)13時〜16時半 岡山ウィズセンター
いまどきの女の子のリアルについて向き合い、希望を取り戻すために、
上村茂仁さんを中心に考えます。
コーディネート:さんかくナビ青野雅世さん
http://notalone-ddv.org/info/610/
◎九州地区
2月3日(日)13時〜16時半 長崎市アマランス
長崎大学近江美保教授の基調講演から、予防教育の普及のためにできることを意見交換します。
コーディネート:DV防止ながさき中田慶子さん
http://notalone-ddv.org/info/781/

◎お申込みはこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdWytnRhlyEuvuwoB6A9MJR2RqtVnK7PHLlkbe1aJ8ky6L0WQ/viewform
 同ネットは、賛助会員(個人)と正会員(個人)も募集しているので、
関心のある方は同ネットのサイトをご覧ください。http://notalone-ddv.org/

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 22:38 | 講演会、セミナー、ワークショップ | この記事のURL | コメント(0)
徳島市の2018年フェスティバルあいのミニイベントをご案内 [2018年11月02日(Fri)]
 2018年フェスティバルあいミニイベントが11月から1か月間開催されます。
「フェスティバルあい」とは、第3次男女共同参画プラン・とくしまの基本理念である「だれもが人として心豊かに生きることができる男女共同参画社会の創造」を目指して実施する男女共同参画社会づくりの啓発イベントです。
 女性・子ども・生活者などへの人権尊重のイベント(無料)を紹介します。行楽の秋ですが、じっくりと私たちの生き方や暮らしを考えるのも如何でしょうか?
1.講演:「女性や子どもたちの人権が尊重される社会を目指して」
日時:11月7日(水)・10:30〜12:00
場所:シビックセンター4F活動室2
講師:仙頭真希子さん(せんとう法律事務所、弁護士)
主催:徳島県女性協議会
2.講演:「政治分野における男女共同参画推進法」を読む
日時:11月17日(土)・13:30〜15:30
場所:ミーティングルーム(アミコビル南側2階)
講師:高橋玉美さん(三好市議会議員)
主催:アイ女性会議徳島支部
3.講演:「#Me Tooもう我慢しない・女性への暴力
    〜セクハラ・DX・性暴力とジェンダー〜」
今年のノーベル平和賞を受賞のホットなテーマです。
参加者のトークもあります。
日時:11月18日(日)・10:30〜12:30
場所:シビックセンター4F活動室3号
講師:河野和代さん(フェミニストカウンセラー)
定員:40名(先着順、申込不要)
共催:ストップDXサポートの会
   地域支援ネット そよ風(当会です)

4.講演:「第9弾 母と娘のよりよいつきあい方」
日時:11月18日(日)・14:00〜16:30
場所:ミーティングルーム(アミコビル南側2階)
講師:加藤伊都子さん(フェミニストカウンセラー)
主催:CAPとくしま、母娘関係を考える会他、要申込
5.講演:「弁護士と語る、離婚・ⅮX・子どもの問題」
日時:11月21日(水)・10:30〜12:00
場所:ミーティングルーム(アミコビル南側2階)
講師:上地大三郎さん(弁護士)
主催:エンゼルランプ
6.講演:「アメリカはどうなる〜中間選挙の結果を受けて〜」
日時:11月23日(金)・14:00〜16:00
場所:ミーティングルーム(アミコビル南側2階)
講師:庄司香さん(学習院大学法学部政治学科教授)
主催:リーダー連絡会東部地域研修

   

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:38 | 講演会、セミナー、ワークショップ | この記事のURL | コメント(0)
11月のデートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内) [2018年11月01日(Thu)]
 11月に入り秋も深まってきましたね。平成最後の秋ですかね。来年は新元号と新天皇になるとか。日本は元号と天皇制は変えないようですが、そうであるならば、女性の宮家や天皇もあってほしいですね。女性が区別される理由はないですから。
 
 毎月当会の事業活動を更新して、掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年11月7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)・
13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年11月17日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 16:22 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
10月分のデートDX・DX加害者の更生プログラム実施中(徳島県内) [2018年10月01日(Mon)]
 台風一過、徳島県内は久しぶりに好天にめぐまれました。秋のさわやかな空気を感じました。
台風の被害はなかったでしょうか。お見舞い申しあげます。私たちも少しずつ災害に敏感になり、早めの避難や雨戸を閉め、土嚢を置き、職場は休業したりして生命を守るようになりました。これからも災害をなくすために地球温暖化防止に出来ることをしていきましょう。
 10月の当会の事業をご案内します(毎月更新掲載しております)。どうかご参加ください。毎月一回徳島新聞の「情報とくしま」にも電話相談の案内をしています。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、怒りのコントロール、実家での暴力や虐待(生育歴)、子育ての虐待の連鎖、性別役割について、女性の暴力の歴史、AXの影響、気持ちのやり取り、相手への共感と尊重などです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年10月3日(水)、10日(水)、17日(水)、24日(水)・31日(水)・13時〜21時まで。(8月は電話機の故障でつながりにくくご迷惑をかけました)
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年10月21日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:16 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ