CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
12月デートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内) [2017年12月01日(Fri)]
  師走に入りましたね。やり残しと来年へのプランで何となく焦りますが、インフルエンザ(はや最盛期に入っているそうです)とあわただしい年末の交通事故には気をつけたいです。
 
 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成29年12月6日(水)、13日(水)、20日(水)、27日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、12月16日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆熊本地震、東日本大震災の被災女性の方のご相談を聞いています。
 心からお見舞い申し上げます。もう余震は収まり少し落ち着かれたでしょうか。どうか焦らず、支援を受けながら少しずつ安全・安心できる生活を取り戻してほしいです。絶望しないでください。前と同じ生活ではないかもしれませんが、新しく始まる生活に望みを持ちましょう。
あなたは一人ではありません。私たちは、できることからお手伝いをしています。
当会は、24時間メールでお気持ちを聞きます。怖さや辛さ、悔しさ、淋しさ、怒りなどのお気持ちを吐き出してください。またDX、モラハラ、セクハラ、痴漢行為、性的暴力など、誰にも言えない場合もメールをしてください。どうしたいか一緒に考えましょう。秘密は厳守します。 
 ☆彡メールアドレス:tsn_soyokaze09@Yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 23:39 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
男女共同参画推進のための講演会 [2017年11月06日(Mon)]
このところ小春日和に恵まれ、紅葉狩り、芸術鑑賞、またたくさんの講演会などもあり、冬を迎える前の楽しい一時ですね。
 男女共同参画推進のための講演会などをお知らせします。
1.「女性に対するあらゆる形態の差別撤廃について考える」
11月13日(月)10:30〜12:00、シビックセンター活動室3(アミコ4階)
講師・永本能子さん(弁護士)、参加費・無料、徳島県女性協議会主催
2.「モット自由ニナレルカモ わたしを生きるためのフェミニズム講座」
11月19日(日)13:30〜15:00、シビックセンター活動室3(アミコ4階)
講師・河野和代さん(フェミニストカウンセラー)、40名(先着順)、
参加費・無料、地域支援ネット そよ風とストップDX・サポートの会共催

3.「弁護士と語る、離婚・DX・子どもの問題」
11月21日(火)10:30〜12:00、アミコミーティングルーム(2階)
講師・上地大三郎さん(弁護士)、参加費・無料、エンゼルランプ主催
4.「母娘かんけい 第8章 〜母と娘のよりよいつきあい方〜」
11月23日(木)14:00〜16:30、アミコミーティングルーム(2階)
参加費・無料、講師・加藤伊都子さん(フェミニストカウンセラー)、
CAPとくしま他主催
5.「コマーシャルの中の女と男−CMを観て「あれっ?」と思うこと、ありませんか−」
11月24日(金)13:30〜15:00、ときわプラザ2階学習室、定員30名、
講師:小川真知子さん(NPO法人SEAN理事長)、参加費・無料、
申込要:ときわプラザ:088-655-3011   
6.「24条が狙われる理由」
11月26日(日)14:00〜16:00、アミコミーティングルーム(2階)
参加費・無料、講師・細川元一さん(大学非常勤講師)
リーダー連絡会他主催
7.犯罪被害者週間(11月25日(土)〜12月1日(金))徳島大会
11月28日(火)・13:30〜16:15、21世紀館イベントホール、参加費・無料、
講演:「性暴力被害とその後の人生」、講師・柳谷和美さん(心理カウンセラー)
パネルディスカッション:「性暴力被害後に求められる支援について」
内海千種さん他、申込み要:Fax03-5776-0379、警察庁主催
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 13:28 | 女性の多様ない生き方 | この記事のURL | コメント(0)
11月のデートDX・DX加害者更生教育プログラム(徳島県内) [2017年11月01日(Wed)]
 11月になりました。月日の経過は早いですね。この1カ月は人権に関する特別なイベントがあります。ぜひ関心を寄せ参加してほしいです。
 内閣府男女共同参画局の「女性に対する暴力をなくす運動」が平成29年11月12日(日)〜11月25日(土)まであります。また、11月25日は「女性に対する暴力撤廃国際日」です。
徳島県も11月〜12月を「ストップ!DX」強化推進月間にしています。
警察庁主催の犯罪被害者週間は11月25日(土)〜12月1日(金)です。

 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成29年11月1日(水)、8日(水)、15日(水)、22日(水)、29日・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、11月18日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆熊本地震、東日本大震災の被災女性の方のご相談を聞いています。
 心からお見舞い申し上げます。もう余震は収まり少し落ち着かれたでしょうか。どうか焦らず、支援を受けながら少しずつ安全・安心できる生活を取り戻してほしいです。絶望しないでください。前と同じ生活ではないかもしれませんが、新しく始まる生活に望みを持ちましょう。
あなたは一人ではありません。私たちは、できることからお手伝いをしています。
当会は、24時間メールでお気持ちを聞きます。怖さや辛さ、悔しさ、淋しさ、怒りなどのお気持ちを吐き出してください。またDX、モラハラ、セクハラ、痴漢行為、性的暴力など、誰にも言えない場合もメールをしてください。どうしたいか一緒に考えましょう。秘密は厳守します。 
 ☆彡メールアドレス:tsn_soyokaze09@Yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 18:57 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
「徳島市フェスティバルあいイベント」から [2017年10月04日(Wed)]
 11月から始まる男女共同参画推進の「徳島市フェスティバルあい 地域社会とともに生きる」を案内します。今年のテーマは『多様な生き方 みんなで参画』です。
そのための男女共同参画や人権講演会などが開催されます。新しい知識や情報などが得られます。
ぜひご参加ください。チラシ・ポスターは徳島市女性センターにあります。
✻メーンイベント
11月12日(日)12:30開場、13:30〜15:00、あわぎんホール4階
「昔の日本は女性活躍社会だった!日本を斬り拓いた女性たち」
講師:金谷俊一郎さん(日本史講師)、申し込みが必要。
徳島市女性センター(088−624₋2611)主催

✻ミニイベント
◎11月5日(日)10:10〜12:00、シビックセンター活動室3
「地方議会の現状」と「女性議員の今」
講師・西岡恵子さん(藍住町議員)、イーブンネット・とくしま主催
◎11月13日(月)10:30〜12:00、シビックセンター活動室3
「女性に対するあらゆる形態の差別撤廃について考える」
講師・永本能子さん(弁護士)、徳島県女性協議会主催
◎11月19日(日)13:30〜15:00、シビックセンター活動室3
「モット自由ニナレルカモ わたしを生きるためのフェミニズム講座」
講師・河野和代さん(フェミニストカウンセラー)
地域支援ネット そよ風とストップⅮX・サポートの会共催

◎11月21日(火)10:30〜12:00、アミコミーティングルーム(2階)
「弁護士と語る、離婚・ⅮX・子どもの問題」
講師・上地大三郎さん(弁護士)、エンゼルランプ主催
◎11月23日(木)14:00〜16:30、アミコミーティングルーム(2階)
「母娘かんけい第8章〜母と娘のよりよいつきあい方〜」
講師・加藤伊都子さん(フェミニストカウンセラー)
母娘を考える会他主催
◎11月26日(日)14:00〜16:00、アミコミーティングルーム(2階)
「24条が狙われる理由」、講師・細川元一さん(大学非常勤講師)
リーダー連絡会他主催

 
 


Posted by 地域支援ネット そよ風 at 22:08 | 男女共同参画 | この記事のURL | コメント(0)
デートⅮX・ⅮX加害者更生教育プログラム実施中(徳島県内) [2017年10月01日(Sun)]
 スポーツ、コンサート、県展、映画、旅行、読書などいろいろと楽しめる秋になりました。
しかし衆議員選が始まります。政権政党の都合で行うので、国民は置き去りです。とくに党首の「憲法改正」の本心があるだけに、不安や不満を感じます。冷静に見つめて行きたいですね。

 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成29年10月4日(水)、11日(水)、18日(水)、25日(水)、13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、10月21日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆熊本地震、東日本大震災の被災女性の方のご相談を聞いています。
 心からお見舞い申し上げます。もう余震は収まり少し落ち着かれたでしょうか。どうか焦らず、支援を受けながら少しずつ安全・安心できる生活を取り戻してほしいです。絶望しないでください。前と同じ生活ではないかもしれませんが、新しく始まる生活に望みを持ちましょう。
あなたは一人ではありません。私たちは、できることからお手伝いをしています。
当会は、24時間メールでお気持ちを聞きます。怖さや辛さ、悔しさ、淋しさ、怒りなどのお気持ちを吐き出してください。またDX、モラハラ、セクハラ、痴漢行為、性的暴力など、誰にも言えない場合もメールをしてください。どうしたいか一緒に考えましょう。秘密は厳守します。 
 ☆彡メールアドレス:tsn_soyokaze09@Yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 11:48 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
新フェミニズム [2017年09月25日(Mon)]
 今年5月にNHKEテレで「新時代のフェミニズムとは〜」が放映されました。
また、徳島新聞でも「ポップ化進む男女平等 フェミニズム」が掲載されました。
トランプ政権下のアメリカで起きている新時代のガールズパワー(フェミニズム)やファッション界の受け入れ、エマ・ワトソンの国連スピーチ「He For She」、ナイジェリア作家チママンダ・ンゴスイ・アディーチェさんの講演録(「TAD」会議)「男も女もみんなフェミニストでなきゃ」などが紹介されました。
 フェミニズムは「怖い」、「嫌い」、「結婚できない女になる」、「関係ない」と言われ毛嫌いされてきました。しかし、気づかない間に女性たちは「フェミニズム」の生き方や考え方を実践しているのです。それは結婚や離婚をすると自立した生き方がどういうものかわかってきます。
 でもまだ社会の中は男性や一部の女性は「ジェンダー(社会的性別=男らしさ、女らしさ)」に固く縛られて、辛く、苦しく、自分を失い苛立っています。
 アディーチェさんは「わたし自身の、フェミニストの定義は、男性であれ女性であれ、『そう、ジェンダーについては今日だって問題があるよね、だから改善しなきゃね、もっと良くしなきゃ』という人です。男も女も、私たち「みんな」で良くしなければいけないのですから」と言っています。男性も「男らしさ」の固定的観念に縛られ、女性を支配し、弱さややさしさや自由を奪われているのですから。
 新フェミニズムは、男性に呼びかけています。「男らしさ」から脱却し、特権を捨て、政治的・社会的・経済的に男女が平等になることを目指しています。ポップで、わかりやすく、しなやかでやさしいのです。みんながジェンダーから解放され、元気になり、自分らしさを取り戻すことができます。
 当会では 添付ファイルのような講演会を開催します。一緒に新しいフェミニズムに触れてみましょう。ぜひご参加ください。
 
  フェミニズム講座チラシ.docx

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 22:30 | 男女共同参画 | この記事のURL
9月のデートDX・DV加害者更生教育プログラム実施のご案内(徳島県内) [2017年09月01日(Fri)]
 9月1日は防災の日です。
アメリカでは「ハリケーン」が甚大な被害をもたらし、日本は超大型台風15号が小笠原諸島をゆっくりと北上しています。また改めて四国・徳島地域では「東南海地震」に向けた自分で出来る範囲の防災を見直したいです。

 当会では毎月事業活動を更新しています。9月分アップしました。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成29年9月6日(水)、13日(水)、20日(水)、27日(水)、13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、9月16日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆熊本地震、東日本大震災の被災女性の方のご相談を聞いています。
 心からお見舞い申し上げます。もう余震は収まり少し落ち着かれたでしょうか。どうか焦らず、支援を受けながら少しずつ安全・安心できる生活を取り戻してほしいです。絶望しないでください。前と同じ生活ではないかもしれませんが、新しく始まる生活に望みを持ちましょう。
あなたは一人ではありません。私たちは、できることからお手伝いをしています。
当会は、24時間メールでお気持ちを聞きます。怖さや辛さ、悔しさ、淋しさ、怒りなどのお気持ちを吐き出してください。またDX、モラハラ、セクハラ、痴漢行為、性的暴力など、誰にも言えない場合もメールをしてください。どうしたいか一緒に考えましょう。秘密は厳守します。 
 ☆彡メールアドレス:tsn_soyokaze09@Yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 12:54 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
加害者に向けた更生教育も必要 [2017年08月16日(Wed)]
 お盆と阿波踊りが終わり、また平日の生活が返ってきました。が徳島は残暑が厳しく、皆さんも熱中症にまだ気をつけましょう。
15日は終戦記念日でしたね。たくさんの犠牲を払い今の日本の平和があると思います。平和は努力しないと続かない、どうか悲劇を繰り返さないようずっと続くよう努めていきたいです。
 警視庁は2017年8月からDX被害者の引っ越し費用に7万円を支給することにしたそうです。今までは、担当職員が引っ越しを手伝っていたそうですが、手がまわらず業者などに任せることになったようです。引っ越しはDX被害者にとってはもろもろの資源(仕事、行政、ママ友など)を失います。とくに支援では地域差もあるので、どうか新しい地域はきめ細かい支援を引き継いでほしいです。
 そしてまたDX被害者がすべてを捨てて避難するのでなく、「DX罪(刑事罰)」の法律を制定してほしいです。アメリカのDX罪では加害者を「DX」で逮捕し、裁判で起訴し、罰金の支払い(被害者支援に使用)と収監または1年間以上の「DX加害者のための更生教育プログラム」受講とボランティア活動(6か月以上)のいずれかを選択することを義務付けています。
 加害者には大変厳しいものですが、被害者支援には限界があります。加害者を野放しにしないで罰を受け、プログラムではジェンダー、差別、虐待、女性への共感、尊重などをグループで学び更生をしてほしいです。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 12:04 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
性犯罪の取り組み [2017年08月04日(Fri)]
 警察庁は、8月3日(木)・午前10時から「性犯罪相談に全国共通の短縮ダイヤル」を設置しました。番号は#8103(語呂はハートさん)です。これにかければ各県の警察本部につながるとのことです。
 電話はぜひ女性の警察官に出てほしいです。悪いのは加害者であり、被害者ではないことを対応の基本にしてほしいです。被害女性の気持ちがわかり、まず被害者の心身を心配してほしいです。警察に安心して何でも相談できるように取り組んでほしいと願います。
 なお、被害者さんは警察が自動的に犯罪として取り扱っていくので、事の成り行きを細かく話したり再現したりせねばならず苦痛を伴います。ひどく落ち込む場合もあります。そういうときは一人で向き合わず行政の支援員や民間団体の支援員にサポートを依頼してほしいです。仲間がいると安心できます。
 決して被害者さんは、汚れたのではなく、人間の価値が下がったのでもありません。たくさんの信頼できる人たちの支援を得ながら、ゆっくり本来の自分を取り戻していきましょう。勇気と希望を持ちましょう。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 12:51 | 女性への暴力 | この記事のURL | コメント(0)
8月デートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内) [2017年08月01日(Tue)]
 徳島県内は「スーパー猛暑」が続いています。まるで熱帯地域です。いかに日本が、世界が温暖化しているかを感じます。ある国の大統領は自国利益のために世界的な地球温暖化防止「パリ協定」を離脱してしまいましたね。被害を受けるのはやはり社会的弱者です。
 当会では毎月事業活動を更新しています。8月分アップしました。どうかご参加ください。

☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成29年8月2日(水)、9日(水)、16日(水)、23日(水)・30日(水)、13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、8月19日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


☆熊本地震、東日本大震災の被災女性の方のご相談を聞いています。
 心からお見舞い申し上げます。もう余震は収まり少し落ち着かれたでしょうか。どうか焦らず、支援を受けながら少しずつ安全・安心できる生活を取り戻してほしいです。絶望しないでください。前と同じ生活ではないかもしれませんが、新しく始まる生活に望みを持ちましょう。
あなたは一人ではありません。私たちは、できることからお手伝いをしています。
当会は、24時間メールでお気持ちを聞きます。怖さや辛さ、悔しさ、淋しさ、怒りなどのお気持ちを吐き出してください。またDX、モラハラ、セクハラ、痴漢行為、性的暴力など、誰にも言えない場合もメールをしてください。どうしたいか一緒に考えましょう。秘密は厳守します。 
 ☆彡メールアドレス:tsn_soyokaze09@Yahoo.co.jp
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 11:43 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ