CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

地域支援ネット そよ風さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tsn_soyokaze09/index2_0.xml
6月のデートDX・DX加害者更生教育プログラム実施(徳島県内) [2018年06月01日(Fri)]
 今年は梅雨入りが早いです。それだけ暑い夏が長く続くのでしょうね。
健やかな体力を維持しましょう。
 ここのところ、毎日のように日大のアメフト問題が報道されています。大学は学生自身の人間性を養育する場であるのに、何をやっているのでしょうか、暴力をするように教えているのです。暴力でしか生きることができなくなります。大変怖いです。
 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
また毎月一回徳島新聞の「情報とくしま」にも電話相談の案内をしています。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年6月6日(水)、13日(水)、20日(水)、27日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年6月16日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


以上です。ご連絡をお待ちしています。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:07 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
#Metoo〜#Wetooへ 「セクハラ」問題を考える [2018年05月09日(Wed)]
 現内閣のA大臣の「セクハラ発言」が止まりません。
女性たちは怒りを通り越し、あきれ果てています。
A大臣は「セクハラ」がなにか分かっていないのです。高齢なので男性中心社会の価値観で今まで生きて来たし、政治家だから権力を持ち、皆が黙って従ってきたのでしょう。
21世紀の新しい女性について、誰からも教えてもらっていないのですね。このさい「セクハラ」がどういうものかを、女性たちの声を聞いてしっかり学んでほしいです。
 女性を差別することは人権侵害行為なのです。「セクハラ罪」がないから「何を言ってもよいのではない」と言うことです。
「女性を性的対象とみる発言」や「女性を軽視、蔑視する発言」を先ず止めましょう。
常に「女性を尊重すること」や「女性の状況や立場に共感すること」を実践しましょう。
 日本のあちこちで、怒りの「#Me too〜#Wee tooへ」の集会やデモが行われています。
社会の中で見下されてあきらめていた女性たちが、ようやく「勇気」を持って声をあげ始めたのです。しっかり聞き受け入れてほしいです。
セクハラをしない男性も居ます。男性と対等・平等な関係になるように、どうか男性の力を貸してほしいですね。社会から「女性差別」をなくすために。
 次のような「イベント」があります。ぜひご参加ください。
「#Me too #We too
       女たちの勉強会」

講演・あらためてセクハラを考える、その後グループトークをします。
日時:2018年5月13日(日)・10時〜11時50分
会場:徳島アミコシビックセンター活動室2
講師:河野和代さん(フェミニストカウンセラー)
参加費:¥300
12時〜12時30分:徳島そごうエスカレート前で「セクハラを止めよ」の怒りの声を上げます。(赤い物を身に着けて参加するものです)
主催:女たちの怒りのレッドアクション実行委員会

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:32 | 女性への人権侵害行為 | この記事のURL | コメント(0)
5月分デートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施ご案内(徳島県内) [2018年05月01日(Tue)]
 風薫5月ですし、GWの後半もあります。外出が楽しみですね。
 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
また毎月一回徳島新聞の「情報とくしま」にも電話相談の案内をしています。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年5月2日(水)、9日(水)、16日(水)、23日(水)、30日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年5月19日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


以上です。ご連絡をお待ちしています。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 20:03 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
女性差別はいつまで続くの [2018年04月08日(Sun)]
 男性の中には、現代に女性差別はないと言う人もいますが、性別で差別を受けてない立場の人が言っているようです。
最近、メディアをにぎわした「日本相撲協会」の地方巡業で、京都府舞鶴市長(男性)が土俵に上がり挨拶中に倒れてしまい、スタッフは右往左往し観客もおどろきました。その中女性観客が倒れた市長に応急手当をしました。ところが、何もできなかったスタッフが「応急手当中の女性」に土俵から降りるようにと何回もアナウンスをしました。人の命より「相撲の伝統・しきたり」を優先したのです。
 あきれてものが言えません。世界中に報道され日本の時代錯誤、女性差別を伝えてしまいました。すごく寂しいし、虚しいです。
日本相撲協会ではたくさんの批判を受け、緊急時の人命救助のときは、例外にするとのことです。ですが、挨拶や優勝カップを渡すのは、男性は出来るがあいかわらず女性はダメのようです。伝統(昔は女相撲があったそう)は人間が作ったものですから、時代とともに人間が変えていけるものです。相撲は国技だそうで、協会は公益財団法人だそうで、税金(女性が払った税金も含む)をもらっているそうです。暴力を振るい、女性を排除するような団体に優遇措置をするのはどうでしょうか。なぜNHKは相撲の放映をするのでしょうね。まぁ相撲ぎらいになりますね。
 「内閣府の男女共同参画局」は何をしているのでしょうか。警告などしてほしいですが、保守政権が丸かかえの部署では何もしないようです。
アメリカでは「全米女性機構(NOW/全米フェミニズム組織)」が力を持っています。いろいろ差別に声をあげてきました。日本ではそういう「核」となるところがないですね。「日本女性会議」は全国自治体が持ち回りで開催しており、終われば解散するので責任の所在がわからないですから。
日本の女性たちは、問題があると個々に解決するために動いていますが、まとまらず弱いですよね。頼みの女性議員は少なく結局は何も変わらない。
 ちなみに、健全なパートナー関係を築く「選択制夫婦別姓制度」の制定や女性議員を増やす手立てもせず、女性皇族の宮家設立や「天皇陛下即位式(皇位継承の儀式)」も女性皇族の参列はなく、家庭内の家事・育児の偏りなどまだまだ女性差別の国と言えます。
「個人的なことは政治的こと」と言いますが、政治が動かないと差別は無くならない。

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 21:02 | 男女共同参画 | この記事のURL | コメント(0)
4月のデートDX・DX加害者更生教育プログラム実施案内(徳島県内) [2018年04月01日(Sun)]
 桜が満開です。桜は毎年風雨にあいあっと言う間に散ってしまうのですが、今年は晴天が続き、こんなにゆっくり見るのは久しぶりです。心おきなく見ておきたいですね。私たちは自然とともに生きていることを実感しますね。
 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
また毎月一回徳島新聞の「情報とくしま」にも電話相談の案内をしています。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年4月4日(水)、11日(水)、18日(水)、25日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年4月21日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


以上です。ご連絡をお待ちしています。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 12:24 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
3月デートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内) [2018年03月01日(Thu)]
 3月に入りましたが、今日は春の嵐が吹き荒れましたね。三寒四温でだんだんと暖かくなります。
 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
また毎月一回徳島新聞の「情報とくしま」にも電話相談の案内をしています。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年3月7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年3月17日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp


以上です。ご連絡をお待ちしています。
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 16:16 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
トークイベント「あなたはあなたを生きなさい」 [2018年02月24日(Sat)]
 早くも2月が終わろうとしています。寒いのももう少しのがまんと言えますね。
先日は県出身の俳優「大杉漣さん」が亡くなり、何かとつながる県民はショックを受けました。多才な方だったので、突然死に驚きました。ご冥福をお祈りいたします。
 次のようなイベントがあります。ぜひ参加され、これからの自分の生き方をどうするのかを考えるきっかけにしてほしいです。ゆっくり、じっくりと現在の「フェミニズム」の考え方を聞きたいです。楽しみです。
ウィメンズカウンセリング徳島20周年記念&
本『わたしを生きる知恵』(河野貴代美著))出版記念イベント

タイトル:「あなたはあなたを生きなさい」
     知恵と勇気のフェミニズムを語る
トーク×トーク出演者:河野貴代美さん×岡野八代さん
 (河野さんは徳島出身のフェニストカウンセラー、岡野さんは政治学者)
開催日時: 2018年3月24日(土)・13:00開場、13:30開演
会場:トーク;阿波観光ホテル3階、無料
   懇親交流会;4階、16:30〜18:00、参加費3,000円
主催:ウィメンズカウンセリング徳島
   ストップDX・サポートの会
申し込みが必要:電話088−633−5566




 
Posted by 地域支援ネット そよ風 at 22:39 | 女性の多様な生き方 | この記事のURL | コメント(0)
2月のデートDX・DX加害者の更生教育プログラム実施(徳島県内) [2018年02月01日(Thu)]
 日本列島は、今年1月中旬から2月初旬にかけて、底冷え状態ですね。西日本も積雪があり寒さにじっと耐えるしかないですね。自然には逆らえません。通学・通勤・通院などには気をつけてほしいです。2月4日は暦の上では立春ですが・・・・。

 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは:同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年2月7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年2月17日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp

Posted by 地域支援ネット そよ風 at 18:24 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
徳島の郵便局のセクハラ・パワハラ被害 [2018年01月20日(Sat)]
 今日付け徳島新聞の記事からですが、20代女性郵便局員が2人の同僚男性からセクハラを受け、50代の女性上司に被害の相談をしたところわかってもらえず、反対に加害男性側に立ち、その女性上司と加害男性の一人からパワハラを受け、精神的苦痛となり徳島地裁に提訴したとのことです。
 今この21世紀に、やはりアメリカの映画・ショービジネス界でも女優さんたちが、権力のある男性からセクハラを受け加害者を告発しています。被害があとを絶ちません。
 さて徳島の郵便局の話に戻りますが、「社内」にやはり「女性軽視、蔑視」の風土があるからです。男性が主体で女性が支える社風ではセクハラは起こります。男女平等になっていないからです。女性を仕事の対等なパートナーと思っていないと必ず起こります。女性はあくまで若く、可愛く、気がつき、かつ性的対象となってくれるのが女性授業員の役割と思っているのですから。
 また、50代の女性上司ですが、男性主体の職場できっと男性に尽くし、機嫌をとってきたのでしょう。自分を押し殺し、波風を立てずに過ごしてきたのでしょう。それが「女の知恵」と思っているのでしょうね。だから加害男性側に立ち、被害女性の話を聞けていないのです。困惑し助けてもらいたいために勇気を出して相談しているのをわかっていないのです。完全に「二次被害」を起こしています。
 セクハラ相談は大変難しいのです。「女性の状況・立場」や「女性への暴力」を我が事のように思える人でないと相談はできません。誰でもができないです。
むしろ外部の労働局の雇用環境・均等室、連合徳島、徳島法テラス、女性相談ができる弁護士、民間の暴力防止団体などが真剣に話を聞き被害者さんの味方になってくれます。
今回の件、提訴してよかったと思います。頑張りましょう!


Posted by 地域支援ネット そよ風 at 15:23 | 女性への人権侵害行為 | この記事のURL | コメント(0)
デートDX・DX加害者の更生教育プログラム(徳島県内) [2018年01月04日(Thu)]
 新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
お正月3が日をどう過ごされましたか。おだやかで心休めることができたでしょうか。中には10連休の方もいますね。
 女性たちが、よりよく生き活躍できる本当の意味での「男女共同参画社会」になるよう、進んでいきましょう。とくに政治(女性議員の増加)・経済(貧困の解消、自立)・家庭(DX根絶、選択制夫婦別姓)など変革を目指しましょう。強固な壁を崩して行きましょう。

 毎月、当会の事業を更新し掲載しています。どうかご参加ください。
☆デートDV・DV(虐待)加害者への更生教育プログラム
(グル−プ・プログラム)実施中。
参加者を募集中!(途中参加ができます)

☆彡プログラムとは同じDX(親密な関係の相手に暴力をする)問題の悩みを持った男性が集まり、グループで自分の暴力に気づき、女性・子どもに対する共感や尊重の仕方、健全なパートナー関係を新しく学ぶものです。更生教育プログラムはそれをお手伝いします。加害男性自身が気づきあらゆる暴力を手放すものです。
なお、カウンセリングや自助グループではありません。二人の仲を取り持ったり、離婚を勧めるものでもありません。
☆彡実施日:第2・4土曜日19時〜21時と第2・4日曜日は14時〜16時のいずれかを選択できます。GW、夏休み、正月休みがあります。
※1回のみの受講はできません。また参加後の受講日の変更はできません。
☆彡お申し込み:事前申し込みが必要です。面接(随時)が必ずあります。
本人さん2回(基礎学習を含む)、パートナーさん1回です(パートナーさんが面談できないときはお申し出ください)。
参加者と当会の双方で受講を決めます。
☆彡回 数:52回。東京「アウェア」の指定プログラムを使用します。現在は、1回に2プログラムを実施しています。
52回が長いと感じるかもわかりませんが、暴力をしない健全なパートナー関係を築くには、時間、苦労、忍耐が必要です。最初は1セッション・17回を目途に通ってみましょう!
 「DV・虐待加害者の実体」の著者のランディ・バンクロフトさんは「プログラムを途中で投げ出す人が多い。プログラムを終了してもまたDV(虐待)に戻る傾向があります。長時間をかけて、痛みを伴うことを一つひとつ積み重ねていくことでしか、永続性のある本当の変化に至ることはできない」と言っています。
☆彡プログラムの内容:DV(力と支配)とは何か、相手と子どもへの影響・子育て、自分に気づく、自分を変える、健全なパートナー関係を築くなどがテーマです。ご希望の場合は、パンフレットをお送りします。
☆彡プログラムの成果:加害者が変わったかどうかわかるのは、パートナーさんだけです。プログラムを受講しても加害者自身が変わろうとしなければ変われません。プログラムは変わるためのサポートをするものです。
☆彡面談費:1回4,000円です。
☆彡受講料:1回3,000円です。現在は1回に2プログラムを行っています。そのつど支払ってください。
☆彡場 所:受講決定後にお知らせします。
☆彡DV加害者防止プログラム・ファシリテーターが担当します。ファシリテーターは被害者や女性の気持ちを代弁するのが特徴です。秘密は厳守します。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp
 You Tube動画:「地域支援ネット そよ風」

※東京「アウェア」のHPにもアップされています(http://aware.exblog.jp/

☆デートDV・DV行動をやめたい男性のための
無料電話・e-mail相談

☆彡日 時:平成30年1月10日(水)、17日(水)、24日(水)、31日(水)・13時〜21時まで。
☆彡一人30分です。秘密は厳守します。デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターがお話しを聞きます。悩まずに、相談をしてみましょう。それが暴力をやめる第一歩です。なお、非通知の方の電話は受けておりません。2回目より有料になります。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225
 e-mail:tsn_soyokze09@yahoo.co.jp


☆デートDV・DV女性加害者防止と女性被害者回復講座  
 女性加害者は最初に面談1回をして十分にお話を聞きます。次にDVなどに気づき、新しい自分自身を取り戻す「トラウマをいやす、自己尊重、自己決定など」を学びます。男性加害者グループとは別です。
また女性被害者の方は、DV被害の回復をはかります。面談はありません。
☆彡日 時:毎月1回、第3土曜日、平成30年1月20日(土)、10時30分〜12時30分
☆彡女性加害者のみ初回面談料:1回¥3,000
☆彡回復プログラム料:1回¥1,000(レジリエンス、アウェアプログラムを使用します)
☆彡場 所:お申し込み後、会場を連絡します。
☆彡デートDV・DV防止プログラム・ファシリテーターが担当します。
☆彡お問い合せとお申し込み
「地域支援ネット そよ風 」
 電話:088−654−1225 
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp 


☆その他 随時
☆彡「デートDV防止プログラム」実施と講演
 『アウェア』指定のプログラムを使用
60分、90分、120分で行います。随時。
☆彡「女性へのこころのケアプログラム」実施と講演
 レジリエンス指定プログラムを使用
60分、120分のプログラム、1回〜連続12回もあります。随時。
☆彡男女共同参画推進講座の実施  
 実施日、講師料は相談に応じます。
☆彡お問い合わせとお申し込み
「地域支援ネット そよ風」
 電話:088−654−1225  
 e-mail:tsn_soyokaze09@yahoo.co.jp



Posted by 地域支援ネット そよ風 at 15:05 | デートDV・DV加害者の更生教育プログラム | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ