CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
TPN便り
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
「キノコの国と魔法使い」[2014年09月06日(Sat)]
皆様

「キノコの国と魔法使い」の初日が、
浦安のNPO法人なゆたで幕を開けました。

訪問は今回が3度目。なじみの顔があちらこちらに。
最初に訪れたとき、なゆたの周辺は東日本大震災による...
液状化状態。
震災は、なゆたが開所してわずか10日後のことでした。

それでも、笑顔の溢れる明るい施設で、楽しかった。
毎年、どうしてもなゆたにお伺いしたい、
そう思わせてくださいます。

土曜日ということもあって、小学生よりは、
中・高等部のティーネージャーたちが観客です。

最初、反応がいいのか、悪いのか
若干不安も感じていましたが、
観客の参加を促すシーンでは、「お見事」なまでに
参加してくれました。

さらに楽しかったのは、終演後。
緊張が(出演者も、子どもたちも)ほぐれたのか、
互いにコミュニケーション。
衣裳や小道具で遊びもよし。
これも大事な、大事な部分です。

これから変則的なスケジュールではありますが、
巡演を続けていきます。

シアタープランニングネットワーク
中山夏織

DSC00135.JPG

DSC00200.JPG
ホスピタルシアタープロジェクト2014-演劇体験をデリバリー[2014年09月05日(Fri)]
皆様

一年間のお休みを経て、明日からホスピタルシアタープロジェクトの
ツアーがはじまります。

障がいや病気のために芸術体験から疎外されがちな子どもたちのために
彼らの居る場所に、参加型の演劇を無償で届けるプロジェクトです。
キリン福祉財団からの助成ならびにTPNファンドに寄せられた
ご寄付により、可能となりました。

お届けするのは、ワークショップリーダーの素養をもつアーティスト
らが集団創造で創作した「キノコの国と魔法使い」。
俳優による演技と、ビデオ映像と影絵のインターラクションにより
誰もが楽しめる、子どもたちに寄り添う演劇をお届けします。

明日から、ツアーがはじまりますが、
まだまだ訪問させていただく施設や病院を受け付けています。
詳細はホームページをご覧くださいませ。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tpn/hospitaltheatre2014.htm

DSC00009.JPG


DSC000081.jpg


福祉をテーマにした演劇ワークショップ[2013年02月28日(Thu)]
皆さま

3月9日、まつど市民活動サポートセンターで開催される
第10回NPO・市民活動見本市に参加して、
3種類の演劇を使った福祉をテーマとしたワークショップの
ショーケースを行います。
(参加費無料)

お近くの方、ぜひとも体験してみて下さい。
showcase.jpg

ホスピタルシアタープロジェクト2012千秋楽![2012年11月25日(Sun)]
昨日、ホスピタルシアタープロジェクト2012の
『ペランとパローレの冒険』がツアー最終日、
千秋楽を迎えました。

9月1日にワークショップ/稽古を開始し、
9月15日の浦安の放課後ディサービスなゆたで初日を迎え、
福島県須賀川市、世田谷区梅ヶ丘、板橋区高島平、
調布市多摩川、練馬区石神井台、千葉県松戸市(2か所)、
そして昨日、神奈川県相模原市藤野のたんぽぽと、
合計9施設・病院を訪問、さらには10月20日の試演会、
計10回の公演を行いました。

観客総数は(試演会をのぞいて)、約220名。
この数字には障害者、スタッフ、父兄、地元の子どもたち等
も含まれます。
これを多いとみるか、少ないとみるかは、別として、
少なからぬ障害者にとって
はじめての演劇体験となったようです。

大変だったと同時に、とても楽しかったというのが実感です。
反省も一杯ありますが。
反省事項は今後の活動に反映させていくとして…。

昨日の最終公演は、高尾から在来線に乗って2駅の藤野にある
NPO法人歩歩(てくてく)が運営する藤野地域活動支援センター
タンポポのフェスティバルに参加しての公演となりました。

相模川(湖)の周辺の紅葉がきれいな季節。
ちょっとピクニック感覚も。
駅から見える山腹に大きなラブレターのパブリックアートが
飾られていてお迎えしてくれました。
街中にパブリックアートが溢れていて、何か楽しい気分に。
「藤野芸術の家」の影響なのでしょうね。

タンポポにもかなりアーティな要素が一杯。
会場となった施設は、明るくて、風通しも抜群、そして
木の肌触りがとても気持ちのいい空間。

DSCF0955.JPG

観客は約50名。開演予定の20分以上前から続々と到着。
車いすの方4名に、知的障害の方々、その
家族やスタッフ、フェスティバルなので地元の子どもたちも。
障害者も家族も乗り乗り。それにつられて、出演者たちも
ノリノリ(ちょっと乗り過ぎ???)

最年少は1歳9カ月の女の子。
泣かずに、寝ずに、一生懸命見てくれました。
子どもたちに混じって、桟敷席の中央にドンと座った
おじいちゃんもすっかり楽しんでくれました。

終演後、すっかりリラックスして、カンパニー全員で、
カフェてくてくにお邪魔し、障害者たちの作ったケーキと、
焙煎したてのコーヒーを堪能し、最終公演を打ちあげました。

来年度はどうなりますやら。
感謝! 試演会&シンポジウム[2012年10月21日(Sun)]
試演会「ペランとパローレの冒険」&シンポジウムが無事。

障害をもつ少年からの鋭くも素晴らしい感想、指摘、
アドバイスに、カンパニーも他の参加者たちも
目からうろこでした。

DSCF0556.JPG

DSCF0650.JPG

新しい知見を得て、ツアーは続きます。

シアタープランニングネットワーク
中山夏織
今夜! 試演会「ペランとパローレの冒険」&シンポジウム[2012年10月20日(Sat)]
いよいよ本日、「ペランとパローレの冒険」の
試演会+シンポジウムです。
今夜お時間のある方は、ぜひともお越し下さいませ。

病気や障がいのために芸術鑑賞や体験から疎外されがちな方々
のために、アーティストやワークショップリーダーらが集い、
特別な作品を創造しました。その成果、経験、課題を分かち合い、
求められるものや体験のあり方を議論したいと願っています。

日時 2012年10月20日(土)18:30−20:30
会場 オリンピック記念青少年総合センター・センター棟
参加費 1,000円(子ども、介護者は無料)

パネリスト 
日暮かをる(元養護学校教員)
吉田敦(即興カニクラブ)
他 カンパニーメンバー
進行 中山夏織(シアタープランニングネットワーク)

お問い合わせ・お申し込み
090-1813-6276
kaorinakayama@nifty.com

詳細 http://www5a.biglobe.ne.jp/~tpn/hospitaltheatre2012.htm

主催 特定非営利活動法人シアタープランニングネットワーク
助成 日本財団
ホスピタルシアタープロジェクト2012[2012年10月18日(Thu)]
皆様

疲れ果てて、倒れそうになりながら、帰宅して、びっくり。
先週お伺いした、調布市の児童放課後サービスのNPOから
素敵なプレゼントが届いていました。
思わず、涙(オニの目にも涙です…)

DSCF0516.JPG

写真では全体像がお伝えできないのですが…

カンパニーの皆とシェアするだけでなく、
20日の試演会&シンポジウムで皆様に見ていただこうと思います。

シアタープランニングネットワーク
中山夏織
「ペランとパローレの冒険」試演会/シンポジウム[2012年10月18日(Thu)]
皆様

酷暑のことが不思議と遠い帰国になってしまって、秋本番です。
ちと寒いぐらい。

さて、目下、日本財団のご支援をいただき、芸術鑑賞や体験から
疎外されがちな障がい者、高齢者、病気の子どもたちに
参加型の演劇体験を届けるプロジェクトを実施中。昨日6カ所目
のツアーを終えました。

子どもたちの反応がビンビン。こんな反応をするなんて、と
驚きの声が現地の施設スタッフから飛び出したりすることも。
大人も子どもも笑顔が溢れておりますが、こちらは試行錯誤。
楽しいですが、けっこう疲れます。

このプロジェクトの一環として、10月20日(土)夜、創造作品の
試演ならびに巡演体験を紹介するシンポジウムを開催し、
その意義や実践のあり方を分かち合いたいと思います。
私たちの試行錯誤の試行錯誤を(?)、そして、
福祉や医療の場での演劇活動&鑑賞の重要性を考えていきます。

膝を突き合わせての議論の可能な会です。
ぜひともご参加くださいませ。

---------------------------------------------------
日時  2012年10月20日(土) 18:30−20:30
会場  オリンピック記念青少年総合センター
    センター棟
参加費 1,000円(但し、子ども、介護者は無料)

『ペランとパローレの冒険』
南の国ジャングル。美しい虹の朝に生まれた少年ペランは
オウムのパローレとパローラと仲良く暮らしています。
ある満月の夜、突然、
パローラが黒い影にさらわれてしまいました。
パローラを探して、
ペランとパローレは様々な国を旅していきます。
(上演時間 30分/対象年齢 3歳以上)

パネリスト   
 日暮かをる(元養護学校教員)
 吉田敦(即興カニクラブ)
 /他、カンパニーメンバー
進行     
 中山夏織(シアタープランニングネットワーク)

お問い合わせ&お申し込み
tpn1@msb.biglobe.ne.jp

DSCF0514.JPG
試演会&シンポジウムーホスピタルシアタープロジェクト2012[2012年10月03日(Wed)]
現在、施設や病院をツアー中の『ペランとパローレの冒険』を
一般の方々にも見ていただきたいと、また、日々試行錯誤の
経験を分かち合うための試演会&シンポジウムを開催いたします。

clip_image002.jpg

病気や障がいのために芸術鑑賞や体験から疎外されがちな方々
のために、アーティストやワークショップリーダーらが集い、
特別な作品を創造しました。その成果、経験、課題を分かち合い、
求められるものや体験のあり方を議論したいと願っています。

日時 2012年10月20日(土)18:30−20:30
会場 オリンピック記念青少年総合センター・センター棟
参加費 1,000円(子ども、介護者は無料)

パネリスト 
日暮かをる(元養護学校教員)
吉田敦(即興カニクラブ)
他 カンパニーメンバー

進行 中山夏織(シアタープランニングネットワーク)

お問い合わせ・お申し込み
tpn1@msb.biglobe.ne.jp

詳細 http://www5a.biglobe.ne.jp/~tpn/hospitaltheatre2012.htm

主催 特定非営利活動法人シアタープランニングネットワーク
助成 日本財団
ホスピタルシアタープロジェクト2012巡演中![2012年10月03日(Wed)]
皆様

ディスカッションとワークショップから生まれた作品『ペランと
パローレの冒険』をもって、現在、ツアーを続けています。
9月15日に浦安の放課後ディサービスのなゆたさんへ。
29日は、福島県須賀川市の国立福島病院の福島病院祭に参加して
きました。
この2か所は、昨年もお伺いさせていただいたところです。

また、10月1日には、世田谷区の障害者ディサービスのすまいる
梅ヶ丘さんへ。
本日は、板橋区のもちの木さんへお伺いします。

ツアーを続けるものの、作品は日々進化しているというのか、
変化し続けています。毎回、パフォーマンスの前と後に
延々と議論&議論、反省&議論が展開されています。

DSCF9954.JPG

シアタープランニングネットワーク
中山夏織
| 次へ
プロフィール

シアタープランニングネットワークさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/tpn-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tpn-blog/index2_0.xml
このブログをSNSで紹介