CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
いちのへ文化・芸術        NPOについて

一戸町立図書館さんの画像
一戸町立図書館
プロフィール
ブログ
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ


今日の新刊書から [2010年08月25日(Wed)]
こんにちは。ドリーです ヒヨコ

毎日暑いですね〜 ムシムシ・ジメジメキライ ダメ


お盆も過ぎたというのに、いつまで暑いのでしょうね 炎


でも今週末は、 一戸まつり !!!!

お天気になるといいですね トランペット
(あんまり暑いと困りますが・・・)




本日は新着図書が入荷しましたので、気になる一冊を紹介します。


本『忘れない忘れない』 渡辺やよい 著、早川書房 刊

12歳の時に交通事故にあってから、記憶障害になってしまった母親をもつ


小学生のボク。


母親が障害をもった人たちが働くパン屋さんで働いているため、


学校でからかわれたりしますが、ボクはそんなことをぜんぜん気にしない優しい少年でした。


そんなある日、母親の行方がわからなくなり・・・。


毎日過ごしていれば、大変なことばかり。


でも、3人で力を合わせて力強く生きていく家族の物語です。


その他にも多数入荷しましたので、ホームページの新着図書もチェックしてくださいね!



ブログランキング参加中電球
ありがとうございます(^^ヾ ←ぽちっとな笑顔
おすすめ本の紹介(・ω・) [2010年08月20日(Fri)]
コンニチハ。hitomiです。

夏といえば思いつくのは‘怪奇’。何かホラー小説はないか?と、探していたら・・・

見つけました!(*>ω<*)キラキラ

読んでみたら面白かったので、紹介しようと思います。




『鬼鬼鬼 伝奇アンソロジー』 高橋克彦、藤木稟、加門七海/著 東京:祥伝社

夜中に目を覚ました陰陽師の弓削是雄(ゆげの これお)は、魔物に幻影を見せられた。

それは、生首が五つも空中に浮かんでいるという恐ろしいものだった。

首はいずれも男で、是雄が見知らぬ者たちだった。

確実に夢ではなかった。


‘鬼の仕業だろうか?’と警戒していた翌日、首だけを残して破裂したかのような惨殺死体が発見された!

現場に行ってみると、是雄が昨夜見せられた幻影の五つの生首の中に居た者と同じ顔だった。


あの幻影が‘予告’だったとすれば、あと4人も殺されることになる。


‘これは、今までで一番強い魔物だ’と緊張する是雄。

是雄はこの事件を解決することができるのか?


高橋克彦の『空中鬼』他、三話。‘鬼’をテーマにした伝奇ホラーアンソロジー。





‘鬼’が大好きなので面白かったです(*・ω・*)

‘鬼’が好きな人は読んでみてはいかが?

では、今回はこの辺で。hitomiでした。









ブログランキング参加中電球
ありがとうございます(^^ヾ ←ぽちっとな笑顔
サイエンス図書館の報告 [2010年08月13日(Fri)]
はじめまして CHI-KAですラブ

8月10日から12日まで開催されたサイエンス図書館の報告します。

一戸町観光天文台の 吉田 偉峰さん による季節ごとの星座の紹介や 

興味深いお話をプロジェクターを使ってご説明いただきました星

その中で、季節ごとの星座にまつわる、物語の読み聞かせを担当しましたが、

不慣れな語り口調にも関わらず、熱心に聴いていただきありがとうございました拍手

そして、あたたかいお言葉もいただきました。





私自身も星座の物語も知ることができて勉強になりました。

最終日には、台風の接近による大雨にもかかわらず、一戸南学童クラブのみなさん

ありがとうございました男の子女の子


ブログランキング参加中電球
ありがとうございます(^^ヾ ←ぽちっとな笑顔
ゴーヤの赤ちゃん [2010年08月10日(Tue)]
こんにちは。 ドリーですヒヨコ

今年の夏から「緑のカーテン」を設置して、夏の暑い日差しをさけようとしている図書館ですが、

暑すぎる・・・のが理由かどうかわかりませんが、(植えるのが遅すぎました・・・)

現在このような感じです。




















暑くて、葉っぱがぐったりしています太陽

奥の3鉢は、あさがおです拍手
でも暑くて、朝の九時時点でもうぐったり汗






















そして、なんと!
ゴーヤの赤ちゃんが 赤ちゃん (めしべが実りました)

ようやく一つ目のめしべ。なんとか大きくなるといいですね。


でもやっぱり、「緑のカーテン」だから、葉っぱが生い茂ってくれるといいのですがクローバー

「おおきくなーれ」と、いつも声かけて水やりしているのになあ・・・


なかなかうまくいかないですね・・・困った

図書館奥の窓の外にありますので、みなさんもご覧くださいまる




ブログランキング参加中電球
ありがとうございます(^^ヾ ←ぽちっとな笑顔


おすすめ本の紹介(・ω・) [2010年08月06日(Fri)]
コンニチハ!hitomiです(*・ω・*)

このところ暑い日が続きますね・・・
夏バテしそうです。困った

もう少し涼しくなればいいなぁと思います。


さて、今回も本を紹介しようと思います。

今回紹介する本は、妖精たちが登場するお話です。キラキラ





『NEWスパイダーウィック家の謎』 ホリー・ブラック/著 東京:文渓堂

ちょっと気弱だが、正義感の強い少年ニコラスは11歳。

お母さんが死んでからは、人に面倒をかけないようにしようと決心し、いい子でいようとしていた。


そんなある日、お父さんがいきなりシャーリーンという女の人と再婚をすると言い出した!

シャーリーンには、ローリーという娘がいる。

ジュリアンという実の兄がいるニコラスにとっては、ローリーは同い年だが義理の姉になる。


ローリーは、妖精などの“目に見えないもの”の存在を信じている変わり者の女の子で、作り話をするのが大得意。

しかも、自分の部屋をローリーにあけわたさなければならないなんて!


うんざりしていたニコラスだが、ある日ローリーに「妖精を探しに行こう」とさそわれて・・・



歴史あるニュー・イングランドが生まれ故郷の壮大な物語はまだ終わってはいなかった!




妖精や、不思議な物語が大好きな人はぜひ、読んでみてはいかが?

この物語をよく知るためには、前作の『スパイダーウィック家の謎』から読んだほうがいいかも・・・ウインク



では、今回はこの辺で。

妖精・・・もし、本当にいるなら会いたいなぁ〜なんて思ってるhitomiでした(・ω<)ノドキドキ小








ブログランキング参加中電球
ありがとうございます(^^ヾ ←ぽちっとな笑顔
ありがとうございました^ ^/~ [2010年08月04日(Wed)]
みなさんこんにちは。ノスケです走る


 7月31日と8月1日に開催した第4回本のリサイクル市の報告です音量


(↑終了間際に撮ったので本がスカスカです汗



今回も大盛況のうちに終了したリサイクル市笑顔

31日の開場時には、30人以上の列ができていましたバニーバニーバニー


2日間の延べ入場者数は約300人電球

提供した本は約2000冊でしたキラキラ


利用者の皆さんからは、

「次はいつやるの?」

「もっと子どもの本があったらよかったな〜」


などなど、たくさんの貴重なご意見、ご感想をいただきましたカエル

次回以降の本のリサイクル事業に活かしていきたいと思います力こぶ


また、会場内に設置していたそよかぜ基金にも、

たくさんの寄付をいただきました。

皆さんからのお気持ちは、新たな本にカタチを変えて、

また皆さんのお役に立てるよう、有効に利用させていただきます。

誠にありがとうございました笑い




ブログランキング参加中電球
ありがとうございます(^^ヾ ←ぽちっとな笑顔