CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
あなたのパソコンねらわれてますよ [2014年04月30日(Wed)]
 たいへん。ハッカーがあなたのパソコンの中にある情報をねらってます。パソコンを遠隔操作されてしまう危険性も?!
 インターネットイクスプローラをつかって、このページを見ているあなた、今すぐほかのブラウザ(簡単にダウンロードできるGOOGLE CHROMEとか、ITUNESを使っている人はダウンロードずみのSAFARIとか)に変更してください。え、ブラウザがわからない?青い大きなeのマークをクリックして、インターネット見ている人はインターネットイクスプローラで見ていますよ。
 マイクロソフト社が提供する世界で一番使われているこのブラウザに深刻な脆弱性が見つかって、すでにハッカーたちがこのセキュリティホール(安全性の割れ目)からどんどん攻撃をしているらしい。いや、パソコンに入ってるのがくだらない情報ばかりでも、どっかからアクセスされるのは気持ち悪〜い。気をつけるに越したことはありません。今すぐ対策を。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 13:30
GWがやってくる [2014年04月26日(Sat)]
 もうすぐゴールデンウィークですね。子どもが大学生と高校3年生しかいない我が家では、盛り上がりにかける、どっちかといえば「あぁ、もう4月が終わってしまうのか」というイベントですが、皆様はどんな楽しい予定をたてたのかな?
 お休みだからといって、お父さんやお母さんがお仕事の家もあるでしょう。それでも、たっぷり時間があって、お天気もいい時期だから、やりたいことがいっぱいできるだけでも嬉しいね。好きなだけ時間をかけて石ころを拾ったり、アリンコがどこから来てどこへ行くのかじっと見ていたり、カタツムリがいっぱいいる場所を探したりするにはふだんの生活は忙しすぎるから、せっかくのお休みを有意義に過ごしてほしいと思います。有意義って?それは子どもが子どもの時間を夢中で過ごすということです。邪魔されず、時間を忘れて熱中するっていうことです。遊びぬくっていうのかな。「いくらでもゲームしていていいってことですか?」ネットやゲーム機で遊ぶゲームは誰かがプログラムしたとおりに遊ばされているので、遊ぶというのとちょっと違うと私は思っています。自分から遊ぶ。誰かと響きあいながら遊ぶ。そんな遊びの時間をたっぷり過ごす休日になるといいですね。
 お出かけする家族もあるでしょうし、お家で過ごす家族もあるでしょう。家族がそろったら、せっかくだから子どもはゲーム機をしまって、お父さんやお母さんはスマホ、ケイタイ、パソコンは最小限にして、いっしょに遊んだりお話したりして、過ごしましょう。だって、子どもが小さいのって、お家にいるのって、制限時間があるんですよ。制限時間内にいっぱい一緒に過ごしておかないと、残念だなぁって私の年になったらきっと思います。
 皆さんのGWが楽しい思い出いっぱいになりますように。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 10:18
韓国のフェリー事故  [2014年04月17日(Thu)]
 韓国の珍島付近の海域で大型客船が沈没して、修学旅行の高校生を含む6人が死亡。290人がいまだ行方不明という恐ろしい事故が起きました。
 考えてみると、海はつながっているわけだから、鳥取から見る海で今大変なことが起こってるんですね。同じ高校生をもつ親としては、とても他人事とは思えません。どんな気持ちで眠れぬ夜を過ごされたことかと被害にあわれた方々のご両親のことを思います。
 子どもたちも、今回の旅行をきっとものすごく楽しみにしていたでしょう。それが一転。こんな恐ろしいことになるなんて、誰が思ったでしょう。寒かったろう。苦しかったろうと胸が痛みます。それ以上に、生きていてくれと思います。少しでも良い知らせが聞かれるといいですね。by アヤドン
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 07:48
ブログ更新 [2014年04月15日(Tue)]
最近ブログの更新が止まっちゃってますね。そんなときは、自分で更新。
新学期だからみなさん忙しいんだろうなと思います。わたしも、昨日東京から帰ってきたとこ。長男の引っ越し終了です。これでまた一人出ていきました。
子どもが家から出ていくのって、皆さんの年齢ではまだ想像できないでしょうね。うれしいんだけど寂しいもんです。長女のときは、「これから一人で大丈夫かしら。」と心配で涙が出ましたが、今回は「私もいつか一人になるんだな。」と孤独感を感じました。3人目が出ていくときはどんな風に感じるのでしょうね。
ひぽぽたあむの永野むつみさんが、思春期講演会で、「子どもは出ていく。残るのはあなたの隣のその人よ。」と言っておられたように思います。特に男の子は「お母さん、あなたが一緒に生きていくのは僕じゃない。そこのオヤジです。こっちばかり見てちゃダメ。」って思っているものだと。夫と二人の人生についても、そして、もしかすると独りぼっちになってからの生き方についても、考えておかないとね。潔い子離れのために。
いや、まだ残るものがあるのよ。楽しみでしょ。それは女友達。今回、息子の受験や引っ越し上京中に、学生時代の友達との絆が突然浮上して、なんかみんなそれぞれ生活も落ち着いて、昔の友達が懐かしい年齢になったようで、再会かなった人もいるし、約束した人もいるし、もう東京行っても息子に会う時間とかないからねという感じもあります。
豊かな老後のために、おやこ劇場友達、略してゲキトモとも、ますます絆を深めたいですね。今年も、みんなとゆっくり会って、ゆっくり語り合える時間が持てますように。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 23:30
ぼっちじゃない [2014年04月04日(Fri)]
 京都で一年浪人後、東京の大学に行くことになった長男が、昨日旅立った。残される妹は、寂しいんだろう。 前夜の二人の会話。
妹「明日、行くのか?」兄「あぁ。明日な。」妹「…あぁ、またぼっちかよ〜」
 別に二人でいたからって、何か一緒にしているわけではない。たまたま居間にいるときに、ちょっと話をするくらいなのに、寂しいのかな。私もいま〜す。パパもいま〜す。あんたは、ぼっち(ひとりぼっち)じゃない!
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 21:54
おひさしぶりです [2014年04月03日(Thu)]
 桜が満開ですね。桜に誘われて、たくさんの親子づれが、町に飛び出してきました。嬉しそうにお母さんの足元にまとわりつくおちびちゃんたちや、弾むような足取りでたったか先に行くお兄ちゃんや、桜を見上げるお母さんたちの顔も晴れ晴れとして、見ているこちらまで微笑んでしまうにぎやかな春がやってきした。
 楽しそうな親子づれを見ると、「あぁ、こんな方におやこ劇場にはいってもらえたらなぁ。」って思ってしまいます。鳥取おやこ劇場には、すてきなお母さんたちがたくさんいますよ。お友達になったらいいと思うけどなとおせっかいなことを考えてしまうのです。
 今日の読売新聞にデザイナーの森英恵さんと、「暮らしの手帖」編集長の松浦弥太郎さんの対談がのっていました。面白かったのでご紹介します。
 インターネットの普及で便利になった今と違って、昔は何をするにも時間がかかりました。森さんは「でも、その時間が私たちを鍛えてくれた。」と言われています。失敗をしながら、解決を探し求めていた時代と違って、今は考えるよりまず調べる。ボタン一つで答えが出てくるから、失敗をすることもなくなった。人と衝突することもなくなった。そのせいで、小さなトラブルが発生した時に対処できない人がたくさんできて、びっくりするような事件がおこっています。すべては経験不足からきている面があると松浦さんは語っています。
 お二人の意見が一致したのはなんでも経験してみることが大事だということです。森さんは「まず手を使って何か作るのがいいと思う。」松浦さんは「いろんなことに好奇心を持って自分で動く。出向いて行って、よく見て、よく聞く。においをかぐ。実在しているものにきちんと触れる。実体験ですね。」と話しています。
 家族が小さくなり、つながりも薄くなりつつあるこの世の中で、人とのつながりを築くには、人を思いやる想像力が必要で、その想像力を鍛えてくれるのは、やはり「実体験」の積み重ねだと思うという松浦さんの言葉に深くうなずいて、まさにそれこそが、おやこ劇場の目指している活動だと思いました。子どもたちに豊かな体験をたくさんさせること。お芝居や人形劇を楽しむ中で、他人の心を想像できる力をはぐくむこと。それを支える愛のある家庭をつくる努力をしているお母さんやお父さんがいること。おやこ劇場にはすべてがあると思います。大推薦です。
 春です。新しいお友達が増えるといいなぁ。楽しみだな。by あやどん
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 14:22
プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml