CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
灘校の国語教師 [2013年02月14日(Thu)]
 ずっとほったらかしにしていた一冊の本をやっと読んでいます。
 『奇跡の教室〜エチ先生と「銀の匙」の子どもたち』という本です。あの超進学校灘校の一国語教師、橋本武さんと、彼の授業を受け現在日本のリーダーになっている子どもたちの物語です。
 橋本武さんは、98歳。中高一貫の私立校で、中学3年間をかけて一冊の薄い文庫本『銀の匙』を読みつくす授業を実践し、赴任当時公立校のすべり止めだった灘校を東大合格日本一へ導きました。東大合格日本一という実績にはおよそ似あわない驚異のスロウ・リーディングの授業とはいったいどのようなものだったのかというのを、各界の第一線で活躍する卒業生たちの証言を織り交ぜながら解き明かすのがこの『奇跡の教室』です。
 灘校とういのは、一教科一教師が6年間持ち上がるそうです。だから、運の良い6年に一度の学年だけが『銀の匙』の授業を受けられるというわけです。その3代目の生徒だった濱田純一さんは現在東京大学の総長になられています。この本のなかで 「知識を伝えるのは、一種の『美しいもの』を伝える、そういう面をもっているんじゃないでしょうか。」と語っておられます。知識を受ける側に美しさにたどりつく力が育ってなければ、どんな学問もそのおもしろさや素晴らしさを伝えることはできない。橋本先生は『銀の匙』の美しい文章を、細部にまでとことんこだわって、時間をかけて味わいつくすことで、生徒たちに鋭い感受性や、世の中の美しいものに気づく力、センスを教えました。世の中のさまざまな事象、分野にある美しさに気づく力を持った生徒たちは、成長してから出会う学問の中に美しさを見出し、知識をどんどん取り込み、自ら応用し編集し、新しい学びを切り開いていきました。学びだけでなく仕事においても、どんな局面にも対応できる高い能力を発揮しました。
 3年間かけてゆっくりと一冊の本を読む。どんどん横道にそれて、樹木が空に向かって枝を広げるように学びを広げていきながら、1人1人が最終的に一冊の自分だけの研究ノートを作り上げるという、なんとも勇気のある授業。だれもが、やってみたいと思うけれど、なかなかできるものではない。総合学習なんていうのも、理想はそれなんでしょうが志半ばにして頓挫してしまった感があります。
 せめて、家庭では、子どもが興味をもったことにとことんつきあってみてはどうでしょうか。残念なことに我が家は子どもが大きくなりすぎましたが、二階で大学受験生が必死で知識をつめこんでいるときに、「知識を伝えるとは、『美しいもの』を伝えること」なんて優雅な話を読んでいるのもまた乙なものだなぁとにんまりしています。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 20:19
編み物 [2013年02月08日(Fri)]
 最近、夜ひまな時は編み物をしています。
 編み物の思い出は、10年ほど前に亡くなったおばあちゃん。小学生のとき、私と妹にかぎ針編みを教えてくれました。おばあちゃんは、古いセーターやマフラーをほどいて、毛糸のかせを作り、私たちはそれを両方の手首にかけて、おばあちゃんがクルクルと巻き取って毛糸玉を作ったものです。その作業がクルクルとおもしろくて、大好きなお手伝いでした。
 わからないところは、何度も丁寧に教えてくれたおばあちゃん。今は写真つきの本を見ながら、編み目記号を追いかけていますが、おばあちゃんに習ったことは手が覚えていて、自然に動いてくれます。子どもに教えるのは根気のいることだったでしょうが、いつも嬉しそうに教えてくれていました。私たちと過ごす時間をゆったりと楽しんでくれていたことを思い出すと、なんか胸がじぃんとします。時間というかけがえのない贈り物をもらっていたのですね。
 今、編んでいるショール、完成は来年になっちゃうかもというペースですが、ゆっくりのんびり編み進めたいと思います。
 
 
 
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 20:54
ピアノと絵本の音楽会 [2013年02月05日(Tue)]
 さて、週末おでかけ情報です。
 2月17日(日)の午後2時から、わらべ館のいべんとほーるでとっても素敵なコンサートが開かれます。鳥取市出身で、2010年にCDデビューをはたした、ピアニストの平尾香奈枝さんのピアノ演奏と、童画家のたなかかおるさんのあったかい岩手弁での絵本の読み聞かせのコラボレーション。とっても珍しい、楽しそうなコンサートです。
 このコンサート、実は東日本大震災で鳥取に引っ越してこられた方たちをご招待して、ちょっとホッとできる時間をもってもらおうという意図で開かれるのですが、地元の人も、ちょっとチケット買って協力して、盛り上げようよという意味でいっしょに楽しむことができるようになってます。興味のある方は、鳥取市企画推進部中山間地域振興課(0857−20−3184)かドリームプロジェクト(0857−21−8455)にご連絡ください。
 このブログにも何度か書きましたが、ちょうど1年ほど前に岩手県陸前高田市の村上先生にお会いして、岩手弁にかぶれた時期がありましたので、この岩手の言葉での読み聞かせというのはとても興味があります。方言って、本当の言葉というか、とても気持ちが伝わるものだと思いませんか。きっと温かい空気になるだろうなと思います。震災からそろそろ2年になろうとしています。それでも、テレビのニュース速報でまだ余震があるんだなと知ることがあります。仮設住宅に暮らす皆さんも、故郷を離れて暮らす皆さんも、疲れがでている頃でしょう。今、なにか私たちにできることはあるんだろうか。そんなことを考えてみる良い機会だなと思います。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 22:18
おもろい人見つけた! [2013年02月04日(Mon)]
 北中校区のトリニティプラン講演会に行ってきました。これは久松小、城北小、遷喬小、北中の先生、保護者、地域住民が集まって子育てについて勉強しようというものです。
 講師はNPO法人生涯学習サポート兵庫のあそびクリエーター、ヤマさんこと山崎清治さんです。お話しだけでなく、ワークショップ的なアクティビティも交えながら、遊びについて、コミュニケーションについて、1時間半があっという間の楽しい講演会でした。
 印象に残ったことを少し。
 最高の聞き手はおばあちゃんである。おばあちゃんはあいづちを打って聞いてくれるから、話す方が話しやすい。そして、お母さんと違っておばあちゃんは答えを出さない。それは、話の内容ではなく、話してくれる人の心を聞いているから。
 子どもにとって遊びと学びにそれほどの違いは無いのかもしれません。遊び心のある人は、できないことに夢中で取り組みます。子どもたちの遊び心が小さくなってきているのにつれて、学ぶ力も落ちてしまっているのかも。学校では問題をやった結果についてほめるわけですが、家庭や地域に問題をやる前にほめる、つまりやろうとしていること、取り組むこと自体をほめる人がいれば、もっと子どもたちは学ぶことを楽しむのではないでしょうか。子どもはひとつ遊びを教えると、どんどんアレンジして、いろいろと発展させていきます。でも買ってきたゲームソフトはあらかじめプログラムされているから、アレンジのしようがない。そういうのは遊んでいるとは言わないのではないか、遊ばされているというのではないか。
 今、この日本に自分は誰からも必要とされていない人間だと感じている人がどれくらいいるのでしょうか。役割を見つけられない人は自分のことを必要の無い人間とかんじてしまう。役割があること、人の役にたつということがどれほど大事か。子どもたちはちゃんと知っていて、自分が役に立たないことにがっかりし、役目を見つけた時ぱぁっと輝くことを、無人島キャンプのなかで知りました。
 ほかにも、おもしろい話がたくさんありました。どれも、深くうなずくものばかりでした。話だけでもおもしろいのに、それを実際にワークショップを通じて実感できるので、とてもためになる講演だったなと思います。私もうなずきおばちゃんとして、地域の子どもたちの役に立てたらいいのになと考えながら帰りました。
 山崎さんは姫路市の方らしいので、講演会の講師を探していらっしゃる方は下記のホームページをのぞいて見られたらどうでしょうか。
NPO法人生涯学習サポート兵庫
http://shosapo.iwish.jp/koushi/yamasan_kouen.html
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 13:05
プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml