CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
サッカーから学ぶ [2012年07月24日(Tue)]
 ブログの更新長らくお休みしてすみません。ここはおやこ劇場のブログだから、劇場からの情報が無いとストップしがちです。
 でも、昨日はおもしろいインタビューを見たので、皆さんにも考えてほしいなと思います。
 鄭 大世(チョン・テセ)というサッカー選手をご存じでしょうか。在日コリアン3世のサッカー選手で、北朝鮮代表選手でもあります。Jリーグで活躍したのち、現在はドイツ ブンデスリーガ1部のケルンに所属しています。
 彼のインタビューを見た…というより、家事の合間にテレビから、彼の言葉が1瞬聞こえてきたという感じなので、ファンの方、すみません。
 「こっちの(ドイツ)サッカーは日本とは違います。ミスしても平気で他人のせいにしてくるしね。」
 思わず噴き出しました。我が家でも子どもたちが小、中、高とサッカーやってましたが、ミスを他人のせいにするなんて、一番いけないことで、見つかったら叱り飛ばされていたでしょうし、下手をしたら人間性を疑われかねないように思っていたからです。それをプロの選手がするなんて。
 しかし、ここで原発事故のことを考えました。事故の原因追究は、どうもすすんでいない。責任の所在はどんどんあいまいになって、なんとなく想定外の自然災害が起こったのだからしかたないというような空気のなか、なにも改善されないまま大飯原発は再稼働しました。
 もし、日本の小学生のサッカーチームで、子どもたちがミスを他人のせいにしても大人が怒らなかったらどうなるでしょう。サッカーだけじゃなく、学校生活のどの場面でもいえることです。たぶん、「おれのせいじゃない。お前のせいだろう。」と言い返すでしょう。周りの子も「そうだ、そうだ、お前のせいだ。」などと加わってくる。最後には喧嘩になったり、ミスを他人のせいにした子が仲間はずれ状態になったりするかもしれません。
 そういうことが、足りないんじゃないかなと思ったのです。子どもたちの中の正常な修正機能の発露と、その訓練です。「ミスを他人のせいにする。」ことと「それに対して反論すること。」そして「周りの人がそれに対する意見を言うこと」 これが会議とか議論の原点ではないか。そのためにもミスを他人のせいにする子がいたほうが良いのだということをぼんやりと考えました。
 そういうずるいヤツがいるから、欧米社会では、きちんと責任の所在を明らかにする議論ができるのかなぁと考えたのです。
 さて、これは変ちくりんな考えかたに思えますが、幼稚園、小学校低学年の子どもの争いは成長のステップと受けとめ(その子、その子の特徴が出ます)大人があまり介入しないほうがいいのかなと思わされた、一言でした。同時に、問題児とよばれる子がいても、実は周りの子どもたちの成長の糧となっていることもあるんじゃないのと思いました。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 07:47
会話のなかで生まれるもの [2012年07月06日(Fri)]
 おやこ劇場で活動していて、一番楽しいと思うのは、会話の中で生まれるものが現実になっていく瞬間です。
 看板とか、会場に飾るものとか、バザーの作品とか、なにを作ろうかと話している時、あるいは作っている最中に「こうしたらどう?」「こうやってみれば?」「これもつけ加えたいね。」とどんどんみんなからアイデアが出てきて、最初に思ったものよりずっと素晴らしいものができて、満足する瞬間。あの充実感はたまりません。
 具体的なものじゃなくても、自主活動や例会に関しても夢中になって話しているうちに予算の問題が解決したり、どんどん具体化して実現可能の文字がずんずん近づいてくる瞬間があります。これは、一人で考えていても出会えない。誰かの言葉に触発されて、自分の頭がくるくる回転して、一人なら膨らむのは夢や妄想なのですが、そこに複数の人が加わると3人寄れば文殊の知恵で話がどんどん具体化してくるわけです。最終的に「できる。GO!」を出すときの爽快感といったらありません。
 そういうことができるチャンスはなかなか無いのですが、ありがたいことにおやこ劇場にはそんなチャンスがいっぱい転がっています。事務局のアチコチに昔誰かが思いついて、みんなで知恵をしぼってじつげんさせた貴重な資料もいっぱい残っています。赤毛のアンの紙人形があったから、ホッツェンプロッツの紙人形ができたのだし、それはピノッキオの糸つり人形につながってます。
 会話のなかで生まれるという楽しさをぜひ大事にして活動してください。
 パンダの赤ちゃんも生まれましたね。
 
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 17:19
見習いたい [2012年07月03日(Tue)]
 地域のほうで、出席している会議は平均年齢がかなり高く60代の方がほとんど。いわゆる団塊の世代というグループでしょうか。
 会議はときどきとんでもないことになってしまいます。なぜなら、みんな黙ってないから。疑問に思ったらすぐ質問。すきあらば、自説の披露。ダメだしもきびし〜。
 でも、この世代のコミュニケーション能力、本当に見習いたいです。知らん顔して過ぎることができない。探し出してでも関わろうとする。そんな熱い姿に脱帽です。かっこいい〜。
 いつも、「なかなか関係づくりが難しくてねぇ」などとおっしゃるけれど、いやぁ、お師匠さま、その行動力、率直さ、尊敬しております。
 自分のコミュニケーション力の無さを痛感、反省するのみです。
 子どもたちのコミュニケーション能力の無さを嘆く前に、人生の先輩たちの旺盛な好奇心と、人懐っこさを見習いたいなと思う今日この頃です。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 18:50
プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml