CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
子どもとすごす時間 [2012年04月22日(Sun)]
14hiki.jpg

5月の例会は人形劇団ポポロの『14ひきのはる・なつ・あき・ふゆ』いわむらかずおさんの人気絵本を、愛らしいこねずみの人形14ひきが登場して、心温まる舞台作品に作りあげています。きっと楽しみにしている親子が多いはず。
人形劇団ポポロのこのシリーズは、もう10年以上前に『14ひきのひっこしだ!』が例会になっています。その頃はうちの子どもたちも小さくて、4人でわくわくしながら劇場に出かけたものです。
それから何年かたったある日、小学校の1年くらいだったでしょうか、末娘がこんなことを言いました。「ねぇ、Nさん家族って、14ひきのおひっこしみたいだねぇ。」
Nさん家族と知り合ってから赤ちゃんが2人お生まれになったこと。家族みんなが背が低くて、素朴で、とてもかわいらしかったことから、娘はそう言ったのだと思います。今はやりのつぶやきだけど、子どものつぶやきは、表現が新鮮で、大人のほうがはっとさせられます。あの、言葉の輝きは今も忘れられません。
娘のその言葉は家族の共通言語。その感じは、やはりあの人形劇を見た私たちの間でしか伝わらないと思うし、Nさん家族をよく知っている人にしかわからない、特別なものです。
実は、親子で絵本を読んだり、美術作品を観に行ったり、舞台作品を観るということは、そういう一人一人は別の人間でありながら、心の中でぴたっと一致する同じ場面、同じ気持ち、同じ状況を持つということにつながるのです。
子どもは日々大きくなります。かって、心の中の感動をうまく言葉にできなかった子が、ある日しゃべりだすことがあります。何年もたって、母と子の頭の中に同じ景色があることを知って感動する瞬間が誰にもあります。芸術にふれることは、その景色をより多くすることだと思うのです。
親も子もとても忙しいけれど、「おやこ劇場はできれば親子で入っていただきたい。」と思うのはこういう理由からです。誰のためでもなくあなたのために、親子で同じものを観る時間を作ってほしい。5月の例会が今から楽しみですね。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 14:43
先輩 [2012年04月21日(Sat)]
春は出会いと別れの季節だ。
高校のPTAで4年間いっしょに活動した人が、この春お子さんの卒業とともにPTAを卒業された。きのうは、無理をいっていっしょにランチとケーキのはしごをした。
はじめて役員になったときは、「高校の役員って、楽だなぁ。」と思っていたけれど、彼女の学校への愛情を見聞きするうちに、これが本当のPTA 役員というものなんだなと感じて、「いやぁ、私には無理ですよ。」なんて思いながらも、心から尊敬し、ただただついて行って、なんとかこの4年間を過ごしてきた気がする。
幼い子の子育てと違って、高校時代の子育ては、子離れの助走期間のようなものだ。子どもがちゃんと自立できるように、突き放したり、注意したりしながら、一人の人間になっていくのを見守っていく3年間、彼女はみごとに3人のお子さんを自立させた。その子育てに対する、姿勢も、考え方も、りんとしてぶれない。その姿がとても好きだった。たまに話す一言一言から多くのことを学ばせてもらった。高校生の母としても、彼女は私のお手本だった。
昨日も、とても多くのことを話して、これまで知らなかったこともたくさんわかって、そして、お別れランチの予定だったのに、これからも絶対連絡とって会おうと固く心に誓った。この年になって、高校で先輩とよべる人ができるなんて思わなかった。なんでも引き受けてみるものだ。
駐車場で別れる時彼女が「学校でなにか大変なことがあったときには、いつでも呼んでね。」と言ったその後ろ姿が、とてもかっこよかった。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 07:58
へ〜、そーかい! [2012年04月16日(Mon)]
いよいよ明日4月17日は鳥取おやこ劇場の定期総会です。
一応、新旧運営委員、ブロック委員、サークル長までが議決権をもつ出席者となっていますが、会員ならだれでも参加していいんです。だって、総会だから。へ〜、そーかい!
昨年の活動のまとめ、今年度の計画、大切な会費の使われ方と使い方。そして、鳥取おやこ劇場がこれからどういう思いで、どんな風に、なにを目標に歩んでいくのか。たった2時間で大切なことがいっぱい話し合われます。
午後からは5月例会「14ひきのはる・なつ・あき・ふゆ」の人形劇団ポポロの主宰である山根宏章氏の講演が予定されています。鳥取出身の山根さんは、ずっと子どもたちのためにすてきな作品を作り続けてこられました。おやこ劇場のこれからを示唆してくださるようなお話が聞けると思います。お弁当希望の方は今日(4月16日)4時までに事務局に電話で(24−6680)申し込んでくださいね。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 08:11
ふるさと [2012年04月14日(Sat)]
今、ケーブルテレビで、いい歌を聞きました。
EXILE のアツシさんが歌う『ふるさと』
今なら、You Tubeでも見られます。
鳥取では、なんかの大会やさまざまな機会に歌う機会の多いこの歌。最近では、娘の中学の学習発表会や、娘の高校の吹奏楽の定期演奏会で歌ったくらい、鳥取人にはなじみの多い歌です。でも、ソロでしみじみと歌われると、「やられた!」
本当にやわらかいすてきな声の方ですね。じ〜んとします。
PVで、レコーディングの様子が映し出されていたのですが、トレードマークのサングラスを外し、素の顔で歌っていたのがまた良かったです。だれでも、知っている、長年愛されてきたこの歌を、すっぴん(?)で歌えるのは、歌手としての自信の表れですよね。
いやぁ、ぐうたらしていたら、思いがけず素敵な歌に出会えて嬉しい昼下がりでした。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 15:18
鳥取おやこ劇場は40周年 [2012年04月12日(Thu)]
車に乗っていたら、ラジオから流れてきた歌。「オレンジレンジは10周年るんるん」軽快なリズムと覚えやすいメロディでついつい口ずさんでしまいます。
鳥取おやこ劇場も今年40周年です。「おやこ劇場は40周年。みんなの笑顔にありがとう。おやこ劇場は40周年今までの例会にありがとう。おやこ劇場は40周年ポレポレキッズにありがとう。おやこ劇場は40週年会員の皆様ありがとう。OBのみなさまもありがとう・・・」と調子に乗っていつまでもいつまでも続くわけです。こりゃ楽しいね。
さて、今年は40周年事業がいろいろ予定されているようです。詳細は通信や機関紙でその都度お知らせいたしますので、目を皿のようにして、40周年記念イベントを一つでも多くいっしょに楽しみましょう。

Posted by おやこ劇場でまってるよ at 14:54
さくら パート2 [2012年04月08日(Sun)]
きょうは、一日ポカポカといいお天気だったので、公園の桜も日当たりのよいところでは3分咲きくらいになったかな。
朝は町内の公園掃除で、そのときはまだ蕾だった枝に午後3時からはじまった町内会総会のときにはちらほらと花が咲いていました。半袖姿で遊ぶ子どもたちも、公園の水道に口をつけてじゃぶじゃぶ水を飲んでました。久しぶりに見た缶ケリ。よく見ればこの前まで小学6年生だった男の子たち。明後日からは詰襟の制服を着て中学生になるなんて想像もできないくらい、夢中で遊んでいました。
春がきたなぁ。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 18:01
さくら [2012年04月05日(Thu)]
週間天気予報では、土曜日まで雨。日曜日にようやくお天気になるようです。
予想最高気温は今日木曜日から13度、10度、10度、16度。
なぜ、こんなに細かく気にしているかというと、イベントカレンダーに“4月7日、8日 ふるさと鳥取桜まつり”
の文字をみつけたから。桜は間に合うのでしょうか。
別に、自分が関わっているイベントじゃないんだから気にすることはないのですが、悲しい性で、おせっかいにも気にしてしまいます。せっかくこの日に向けて準備してきた人がいるのに、桜まだ、お天気悪いではあまりに気の毒ではないですか。
そのうえ、娘の入学式が9日にせまっています。ふだんならハラハラと散る花びらの下を喜びに満ちて学校へ向かうところですが、せめて満開の桜を見上げながらと行きたいものです。
てるてるぼうず、てるぼうず。明日天気にしておくれ。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 08:30
ガラケー [2012年04月03日(Tue)]
みなさん、ガラケーって知ってますか?「ガラパゴス・ケータイ」の略だそうです。日本独自の進化を遂げた日本製の携帯電話を、他の島との接触が無かったために独自の進化を遂げたガラパゴス諸島の生物となぞらえ、スマホと対比して自嘲的な意味で使われている言葉です。
最近のケイタイ市場は、スマホが中心。今までのケイタイであるガラケーはすみっこに追いやられています。我が家でも、高校進学を機にケイタイユーザーとなった娘との間でケイタイ戦争が勃発しました。
「みぃんな、スマホなのに、私だけケイタイかっこ悪い。」という娘に「スマホは、ケイタイじゃない。パソコンだよ。高校生になったらケイタイを持っても良いとは言ったけど、パソコンを買ってやるとは言ってません。」と断固拒否。しかし、売り場ではちょっと前まであった、おしゃれでかわいいケイタイはどこかにしまいこまれたのか見当たらず、キラキラなスマホに対して、地味なケイタイ。なんだ?これはなにかの陰謀か。
結局娘はケイタイを買って、毎日のように友達とメールしていますが、この春はさぞやスマホユーザーが増えたことと思います。
そんななか、1年前くらいにi-phoneに替えた妹が、「あぁ、ケイタイがほしい。スマホいらん。ケイタイ使いやすかった。スマホ、メールしにくいから、最近ほとんどメールしてない。スマホでしてること、だいたい家のパソコンでできる。もどりた〜い。」と嘆いていました。両方持っている人も多いみたいだし、やはり、ガラケーにはガラケーの良さがあるのかもしれませんね。
買う時に安すぎるスマホですが、私はたいへんなぜいたく品だと思います。中学生や高校生が持つものではないと思っていますが、皆さんはどうですか?
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 16:56
プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml