CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
5月例会報告 [2018年05月16日(Wed)]
IMG_1134.JPGIMG_1002.JPGIMG_1110.JPG

5月11日に人形劇団むすび座さんの大型人形劇「アラビアンナイト〜魔法のランプと明日のヒカリ〜」公演がありました。
事前に、制作の大野さんの講演会や、中国仕込みの立ち回りワークショップをし、例会に向けて期待が膨らみました。
会員の皆も身近な方を誘い、「今までに見たこともないようなびっくりする人形劇」(制作大野氏談)をたくさんの人で観ることが出来、うれしかったです!
主人公のアミンが、ランプの精を手に入れ今までしたことのない贅沢な暮らしをし、王様の怒りを買ってランプを取り上げられ、友人も母親も、魔法によって手に入れた贅沢な暮らしも全て失います。
いろいろあって最後にたどり着く「幸せとは何か?」の答えは観客の心に深く刻まれたことでしょう。アミンがどん底の時に現れ助けてくれる、魔法の使えない腕輪の魔人・ハーティの言葉に、「憎しみで人は救えません。」とありました。分かっていても改めて言葉として聞くと心に響きます。その他にも「魔法は使えないけどご主人さまのために考えて考えて一生懸命考えて、幸せになるお手伝いをします!!」と言うんです。とってもかわいい姿でこんな事言われたら抱きしめたくなりますよね。でも、ハーティは「かわいい」と言われると落ち込むんです(笑)。そこもまたかわいい♡ 癒される☆ と、むすび座さんの思うつぼにはまりまくった多くの子どもと大人達。
制作の大野氏が言われていた、劇中に主人公の人形と演じ手が1回だけ離れる瞬間があります。アミンが母を助けに走る場面で、アミンがスローモーションで走る様子を多くの演じ手がアミンをリレーしながら演じます。その時、アミン役の演じ手がリレーの最後に手を伸ばしアミンを受け取る場面は、涙が出ました。人形が人として生きた瞬間を感じたからでしょうか。アミンが多くの人の助けを受けて母を救いに走る、最後はアミン(演じ手)がアミン(人形)を助け、人として完成したように感じました。
 他にも客席を使ってところ狭しと動きまわる人形達。いろいろな仕掛けで楽しかったです!
 終演後も見送ってくださる むすび座の人形達と写真を撮ったり、感想を伝えたり、いつもより長い時間、余韻を楽しみました。

むすび座さん、ありがとうございました。BY:N.T
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 17:02
この記事のURL
http://blog.canpan.info/torioyako/archive/684
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1359597
 
コメントする
コメント
プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml