CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
会話のなかで生まれるもの [2012年07月06日(Fri)]
 おやこ劇場で活動していて、一番楽しいと思うのは、会話の中で生まれるものが現実になっていく瞬間です。
 看板とか、会場に飾るものとか、バザーの作品とか、なにを作ろうかと話している時、あるいは作っている最中に「こうしたらどう?」「こうやってみれば?」「これもつけ加えたいね。」とどんどんみんなからアイデアが出てきて、最初に思ったものよりずっと素晴らしいものができて、満足する瞬間。あの充実感はたまりません。
 具体的なものじゃなくても、自主活動や例会に関しても夢中になって話しているうちに予算の問題が解決したり、どんどん具体化して実現可能の文字がずんずん近づいてくる瞬間があります。これは、一人で考えていても出会えない。誰かの言葉に触発されて、自分の頭がくるくる回転して、一人なら膨らむのは夢や妄想なのですが、そこに複数の人が加わると3人寄れば文殊の知恵で話がどんどん具体化してくるわけです。最終的に「できる。GO!」を出すときの爽快感といったらありません。
 そういうことができるチャンスはなかなか無いのですが、ありがたいことにおやこ劇場にはそんなチャンスがいっぱい転がっています。事務局のアチコチに昔誰かが思いついて、みんなで知恵をしぼってじつげんさせた貴重な資料もいっぱい残っています。赤毛のアンの紙人形があったから、ホッツェンプロッツの紙人形ができたのだし、それはピノッキオの糸つり人形につながってます。
 会話のなかで生まれるという楽しさをぜひ大事にして活動してください。
 パンダの赤ちゃんも生まれましたね。
 
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 17:19
この記事のURL
http://blog.canpan.info/torioyako/archive/378
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
たまちゃんありがとう。
チイキイパークゥ、ごくろうさまでした。
みんなで作り上げる楽しさのあった例会。よかったですね。大成功です。
見たこともないような空間に入っていくときの子どもたちのワクワク感を思うと、おやこ劇場だって、ディズニーランドと同じくらい楽しみになったらいいなと思います。年に5回しかない例会だから、1回1回を楽しく忘れられないものにできたらいいですよね。1人でも多くのお母さんが、楽しさ作りに参加してくれたらいいのにな。
Posted by:アヤドン  at 2012年07月07日(Sat) 21:12

チイキイパークゥの飾りつけも、皆さんに「大変だったでしょう」と言われましたが、南ブロックのみんなで楽しい楽しいって言いながら作りました。
例会もかつてないほど素晴らしかったけど、エントランスをくぐるお客様をお迎えする楽しさも格別でした。
たくさんの方に、このおやこ劇場だからこその面白さ、入会して堪能してもらいたいな(^-^)
Posted by:たま  at 2012年07月07日(Sat) 07:32

プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml