CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
受験生との会話 [2012年02月18日(Sat)]
 末娘は受験生。やはりピリピリしている、高校入試直前です。
 目下、最大の悩みは面接。とくに志望動機をどう答えようかと悩んでいるようです。話を聞けば、「先生が作文を見て直してくれるのかと思ったのに、それが無い。」「ほかの高校を受験する生徒にくらべて、面接練習の時間が短い。」というのが不満のようです。そして、いろいろな人に相談しているみたいで、「以前は志望動機は○○って言ってたじゃない。」と言うと、「推薦入試に合格してる人が、そういういい方はしないほうがいいって言ってたもの。」と口をとがらせます。
 あまり、神経質にいろいろ言うので、「いろんな人に相談しているみたいだけど、そもそも、相談の意味わかってる?相談っていうのは、他人に答えを出してもらうことじゃなくて、相手の意見を聞いて自分が考えることだよ。志望動機も面接で聞かれるすべての質問も、あなたがどんな考えをする人か、どのくらい考える人か知りたくて聞かれるのであって、内容に正解も不正解も無いんだから。」と話しました。
 ふだん、一方通行の会話が多いのかなと、親としてちょっと反省しました。あと2週間半。本番ではどんなことを、どんな風に話すんだろう。ちょっとのぞいてみたいですね。
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 09:26
この記事のURL
http://blog.canpan.info/torioyako/archive/336
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
答えを求められたときに、自分がかっこ悪いのは嫌だとか、自分の都合ではなく、問いをなげかけた人のことを優先させれば、どんな答えであろうと、誠意をもって答えるはずなんですよね。面接ではないんですが、そういう風に思うことがありました。子どもだからといって、相手の質問に誠実に向かい合えないのは良くないなと思いました。と、姉娘にも言っておきます(笑顔でごまかすヤツ)
Posted by:アヤドン  at 2012年02月20日(Mon) 10:44

ネタばれしないように アトリエでも何気にプチ面接実習ごっこをやってみます。小学生達もからめて「父、母」と使うことの美しさを伝えて見ます。って私はいつから親に敬語を使っていたかしら・・・・? 高校入試で面接したっけなぁ???東北弁が標準語かと思ってたし・・・。むむむむむ。
Posted by:アトリエトトロ  at 2012年02月19日(Sun) 00:57

アトリエトトロさま、アドバイスありがとうございます。
娘に伝えたいのですが、伝えればネタにしたことがばれて怒られるし、悩むところですねぇ。
親に敬語…は無理でしょうが、せめて外では「父が、母が」と言うように教えておきます。
Posted by:アヤドン  at 2012年02月18日(Sat) 22:37

はっきりと、正しい日本語で「あの~」とか 「えっと」とか言わずに短く自分の思いを話す事が出来れば 合格です。内容はどうでもいいのです。あまりにも普段から親にため口を使ったり、敬語を使いこなせていないから、自分で自分のことすら表現出来なくなるのです。おとなでも笑ってごまかす人の多いこと。きちんと明るく表現しないと 鳥取に未来はないと思います。義務教育のあとは全て自己責任で!!!!!    あーーーー、面接のぞいてみたい。とりあえず 親には敬語を。アヤドンのアドバイス正解です。
Posted by:アトリエトトロ  at 2012年02月18日(Sat) 17:55

プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml