CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
たまには学びましょう [2012年02月04日(Sat)]
今日は個人的なお知らせです。
現在、私が一番力を入れているのは、来週土曜日にある講演会の準備です。
主催は鳥取西高PTAで、いちおう進路講演会ということになっています。
皆さん、進路講演会というと、どういうものを想像されますか?大学入試の最新事情とか、どうしたら子どもが勉強ができるようになるかとか、そういうのが進路問題なのでしょうか?
今回、講師に来てくださるのは、村上育朗先生という岩手県花巻東高校の教頭先生です。進路指導では全国的に有名な先生で、主催される進路研究会には全国から多くの先生が集まって勉強されてきました。
でも、今回の講演会はそれが目的ではありません。そう、先生は先の東日本大震災で、自宅を流され、親せきや友人を亡くされ、避難所で1カ月近く過ごされた、いわゆる被災者の一人なのです。
私たちは、震災についてそれはそれはたくさんの映像をテレビで見ましたが、どうしても東日本の人々とくらべると、実感が薄いように思います。ただ、子どもたちは、いつか親元を離れ見知らぬ土地で暮らすようになります。そこでたぶん、先生のような実際に被災された方々や大切な人をなくされた方々と出会うでしょう。また、この震災は日本の社会を変える一つの大きなきっかけになるような気がします。良い方に進むか悪い方に進むか、それは震災の受け止め方に大きく左右されるような気がしてなりません。
進路イコール大学受験ではありません。子どもたちが将来幸せに充実した人生を送るために、親として今何がしてやれるか考えるきっかけになる。それが本当の進路講演会じゃないかと思います。
村上先生は、この地震で、今までの価値観が変わったこと。なにが本当に大切なのかが見えたことをお話くださると思います。そして、長い教師生活でつちかった経験から、私たちが親としてどうあるべきかを示唆してくださると思います。
誰よりも私が、この講演会に期待しています。
鳥取西高に確認したところ、保護者でなくても、まったく無関係の方でも、どうぞいらっしゃってくださいということでした。このブログを読んで関心をもたれた方があれば、どうぞご連絡くださいね。



1 期日     平成24年2月11日(土) 14:00〜16:00
          (3・11から11カ月目のほぼ同時刻です。)

2 会場     さざんか会館5階大会議室
          (鳥取市役所南庁舎隣。駐車場満車時は市役所駐車場をご利用ください。) 

3 演題     「生きることは学ぶこと 〜東日本大震災から学んだこと〜 」

4 講師       村上 育朗 氏(花巻東高等学校教頭)
Posted by おやこ劇場でまってるよ at 22:31
この記事のURL
http://blog.canpan.info/torioyako/archive/330
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

鳥取おやこ劇場さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/torioyako/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/torioyako/index2_0.xml