CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 日本の学校へ行こう | Main | 教室の運営»
ブラジルから来た子どもたちの教育 [2009年07月01日(Wed)]


NHK教育テレビの「視点 論点」という番組で

「ブラジルから来た子供たちの教育」を見ました。
東海大学の小貫先生です。

以前トルシーダとその周辺にいる子どもたちを集めて、
(保見の近くの大学の先生の主催で)
「在住外国人生活向上のための交流事業」というのをやったのですが
そのときに、“マルチカルチャーチルドレンの会”のみなさんと一緒に
保見の子どもたちと語り合ってくださったのが
この小貫先生でした。



小貫先生やマルチカルチャーチルドレンの会の皆さんから
ブラジルや日本での様々な経験を聞き、
保見に住んでいるブラジルの子どもたちにも
「いろ〜〜んな可能性があるね!」
ということを子どもたちに知ってほしい!気づいてほしい!
というのがこの事業の願いだったんです。

当時のチラシのデータを見つけて、
懐かしんでいるところです。(でも、写真見て浸っている場合じゃない怒り

しかも、このマルチカルチャーチルドレンのメンバーの方が、
偶然にも昨日、保見を訪ねてくださって、
再び子どもたちの悩みを聞いてくださったのです。
静かに話を聞いてもらって、悩みを打ち明けた女の子は
涙を流していました。(ほんとにありがとうございましたハート



あのとき(2年前)から、子どもたちの状況は好転してるかな?
可能性が拓いていっているかな・・・・・?
と考えると、不況の影響もあってそうはいえないのが現実。

特に不就学やブラジル人学校に通っている子どもに関しては、
教育環境が進展しているとは全く言えません。





この番組で紹介されていたのは
4年で300人ものブラジル人学校の先生を育てる大きなプロジェクト!

これまで、日本語教室の活動を通じて、
「ブラジル人学校に通っていた。通っている」
という子どもたちとたくさん出会ってきましたが、
学力がついているか?という点でとても疑問。

途中から日本の学校に通うことになっても、
(高学年、中学生でも)
「掛け算」の辺りで躓いていることは珍しくありません。
そうなると、学校を変わるとき「日本語」とかいう問題ではないのです。

私があんまり偉そうにいえることでもないんですが・・・
日本にあるブラジル人学校の先生たちの教育力がもっとあがることで、
ブラジル人学校に通っている子どもたちの学力がもっとつけば
学校を移動することになっても、
国を移動することになっても
「なんとかなる!」ことが増えると思うんです。

うちの子どもの教育を日本の社会が支えて担ってくれているのと同じように
“ブラジルから来た子どもたちの教育を支える”
ということが、私たちの当たり前の役目だろうと
この番組を見て改めて思いました。
ブラジル人学校のクリスマス [2008年12月26日(Fri)]

ブラジル人学校のクリスマス会に参加してきました。

トルシーダから私を含め2名のメンバーがここで日本語クラスを担当しています。
(ちなみに、ここは小さい子がつかうプレイルーム)


「25日のランチの時間にクリスマスのお祝いをするよ」 
って呼ばれてのもちよりパーティ笑い

親御さんの参加も結構あり驚きました。
例年なら、トヨタのラインが止まっても年末年始は別のバイトで
休む暇なし・・という話をよく聞きましたが、
今年はクローバー幸かクローバー不幸かお父さんお母さんと
一緒にすごすことができた子も多かったようです。
(でも 喜んでばかりもいられない深刻な状況ですが)

持ち寄った食べ物の一部です。


先日のトルシーダの日本語教室とよく似た感じです。
手前のサウガジーニョは定番!
〜〜〜【青いクリスマスケーキ】も読んでね〜〜〜

左奥に見えているトルタ(タルト)は、○○ちゃんのママの手作り。
塩味と甘いのがあり、ふわふわでした。
ひとつ焼くのに卵を4つも使うそうです。

写真にはありませんが、「元祖 カステイラ」という感じの
「ボーロ」というお菓子もありました。これがまさに手作りのカステラ!
あまくて上のこげたところがカリカリ音符

唯一つ大きく違ったのは、「ケーキ」
写真、みてください。普通のいちごのケーキなんです。
大手スーパーで買える日本のです。
【青いクリスマスケーキ】とは随分趣が異なり、見慣れた感じですよね。
これが、意外に好評でした。

「初めて食べた!おいしいね〜」
「どこで買うの?」   って・・・新鮮な質問・・・
「どこでも買えます。今日スーパーに行けば・・・」
・・・こっちが驚いてしまいました。

私が青いクリスマスケーキに驚きを覚えたのと同様に
イチゴのケーキに新鮮な感動をおぼえた日系のお母さん。
不思議な感覚でした。


最後に私のもちよりパーティ定番メニューのピザ。
日本語教室にもこれを毎年作っていってます。
今年も「去年のピザおねがいします」っていってくれた子が
いたので焼きました。
進歩が無いのですがいつもよろこんでもらえるのでまた今年も・・・
そして、きっと来年もまたピザを焼いて子ども達と一緒に食べられますようにクローバー







朝寝坊 [2008年12月19日(Fri)]

ブラジルの学校学校の授業は、
午前と午後の二部制をとるところがおおいそうです。

(日本では両親が長時間働いている場合も多く、一日預かってくれるところもありますが)

トルシーダの日本語教室は午前なので、
来ているのは、当然「午後の部」の子です。

学校にはスクールバスで行くのですが、
保見団地内をスクールバスがお迎えに来るのが
昼の12時半前後。

学校に行くだけなら、11時過ぎに起きたって
十分。

両親が朝早く仕事に出かけてしまっていれば
起こしてくれる人も、文句を言う人もいません。

でも、考えてみてください。
小学生、中学生、高校生だって、午前中11時まで
毎日寝ていたら、体にいいとは言えません。

体を作る時期ですから、やはり朝日太陽を浴びて
午前中も「なにか」をしてほしいです。
外で遊ぶのもいいし、宿題をしたり、なんでもいいけど
とにかく午前中いっぱい寝ているのは・・・困った

日本語教室がサボりがちになる子の中には、
この「朝寝坊」「昼まで睡眠」のパタンが多いです。

「朝起きられない」   ・・・っていっても 日本語教室は10時から・・・
という子には、
「何時ごろ寝るの?」という疑問が当然わきます。
たずねてみると、
月12時星落ち込み 「月2時星落ち込み   ときどき「4時」困ったなんて答えも返ってきます。
私が起きる時間です。

それでも11時過ぎまで寝ていれば、
睡眠時間としては まあまあ ということになってしまうからこまりものです。

「4時まで何してたの?」

「DVDみた」
「チャット・・・MSN・・・」
「オルクッチ・・・」   
→→最近よく聞くチャットのような??何か??コミュニケーションツールらしいです。私にはシステム理解不能落ち込み

ブラジルの友達とチャットで話すなら、時差12時間なのでこちらは夜中で向こうは昼。
国内にいるブラジル人の友達と知り合ってコンピュータで話すにしても
なぜだか夜中・・・


ある高校生の女の子女の子
お父さんが夜勤の時は、朝帰ってきたお父さんに起こされるので、やむを得ず「早起き」
お父さんが昼勤の週は、誰も起こさないから、こっそり「昼まで寝てる」・・・
なんていう お父さんと「反対勤」をやっているそうです。

成長期の今から、自主的に「二交代」制をとることないし、
日本語の学習も進まないし、体にもよくないので
最近、ボランティアの一人が、朝起こしにいっています。

あらかじめ、「朝起こしに行くよ」と了解を得ておいて、
ピンポ〜〜ン音符   ・・・ ピンポン音符ピンポン音符ピンポン音符

だめだ。
コン、コン、コン、コン・・・・・・・」
ドン、ドン、ドンドン音量

これで、あきらめて起きてくるときもあるし、
それでもだめなときもあります。

生活のリズム というのが大事だよ ってことも
伝えていきたいです。
ブラジル人学校へ行こう! [2008年12月11日(Thu)]

ここは、とあるブラジル人学校学校です。


保見の近くにあります。
〜保見団地ビルとその近くには4つものブラジル人学校学校学校学校学校があるんですよ〜

このブラジル人学校に、トルシーダの日本語教室のメンバーが、
今、週に3回 日本語の授業に行っています。
 

毎日ニュースでは、トヨタ車ショックとか、ソニパソコンーショックとか
言われていますが、子どもたちには関係ありません。
関係ないことを願っています。

とにかく毎日元気!
大人の事情に関係なく、日本にいても、どこにいても
たくましく力こぶ生きていく力を身につけてほしいと願っています。
(だから、“ことば”もきちんと身につけてほしい・・・)


このブラジル人学校で、「地球を守る子どもたちの会」というNPOのご協力を得て、今年「作り」を体験することができました。
子どもたちが稲刈りまでしたんですよ〜

そのお米を使って子どもたちがお料理を作り、
おうちの人を呼んでみんなで食べるという「お料理会」をしました。
これがそのときの調理の様子。


ブラジルで、日本料理を食べて育ったというお母さんの指導で
巻きすしを作っているところです。

なんで巻きずし?
子どもたちが「食べたい!作りたい!」って言ったんですよ。
「米」を使った料理といって、子どもたちが選んだのがこの四つ。



この前衛的なチャーハンはレタスチャーハンで、
昨年の「農業体験」のときにも作ったことがある
レタスを使ったチャーハンです。
おそらくブラジル風というわけでもなく、
スタッフ誰かのオリジナルレシピだったかな???
これが子どもたちにも親御さんにも
一番好評でした。
(だから、私の口には入らなかった困った食べ損なっちゃった悲しい



残念ながら4つのうち左下の「アホス ドーセ」というデザートは作れなかったのですが、

代わりに「味噌汁」を作りました。
子どもたちのリクエストで、具は「とうふ と わかめ」基本ですね。

こんなおにぎりレシピもつくって、
みんなでにぎってたくさんできました。ごちそうさまでした。

外国人学校の子の健康 [2008年11月30日(Sun)]

外国人医療支援グループのお手伝いで
健康相談会に参加してきました!

日本の学校に通っていると
四月には、面倒なほど、でも
「授業がつぶれてうれしいな〜」
っていうほど、健康診断がありますよね。

身長、体重、内科検診、耳鼻科検診、歯科検診、
時には心電図まで・・・

でもブラジル人学校に通っている子には普通それがありません。
学校に校医さんがきて・・・っていう検査はないそうなんです。

だから、みんな自分の身長とか体重も大抵知りません。
・・・だって、誰もはかってくれないからね・・・

そこで、外国人医療支援グループの皆さんが
年に一度、保見で、
ブラジル人学校学校に通っている子どもたちと
保護者の皆さんをお呼びして
さまざまな検査と相談をする会を開いているのです。

私はそのお手伝いで、トルシーダの日本語教室に
通ってきている不就学とブラジル人学校の子どもたちに
参加を呼びかけるのと、当日の電話呼び出し係をしました。

日曜日開催なので、「困ったあ〜忘れてた、今から行くね!」っていう子も
少なくなく、当日の電話呼びかけは結構大事なんですよ。

健康だから大丈夫って思っていても

意外と視力が落ちていたり困った、ってこともあります。
そういうのもこういう機会がないとなかなか気づかないものみたいです。

以前 「学校で落ち着きが無い怒り」と言われて
原因がわからなかったけど
この健康相談会で視力が落ちている汗とわかって
めがねを作ったら授業中とても落ち着いた。。。
なんて子もいたんです。

どの学校学校に通っていても、ここに住んでいる女の子子どもたち男の子
同じようにクローバー健康に生活クローバーできるといいなと思っています。