CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 就労支援“夢育”日本語講座 | Main | ブラジル人学校へ行こう»
特別支援学校の知恵と工夫とハート [2015年02月19日(Thu)]

普段は外国につながる子どもたちと関わっているのですが、
今回、特別支援学校の見学をさせていただく機会があり
スタッフ5人で参加させていただくことができました。

小学校から高校までの各教室には、担当の先生が作られた
様々な手作り教材がいっぱい。

子どもたちにわかりやすく、伝わりやすく、理解しやすい方法で
その子その子にあったやり方がしてあるそうです。

わかりやすい方法で という点で日本語を学んでいる子どもたちの支援に
大いに参考になることがいっぱい♪

知恵と工夫と愛情黒ハート


教頭先生、授業中に見学に応じてくださった先生方に感謝しつつ
日本語教室の活動にぜひいかしていきたいと思います!!

定時制高校の後期試験 [2013年03月26日(Tue)]

定時制高校の後期試験にチャレンジする子がいます。

試験は明日。

人気が高く、後期試験も倍率がかなり高くなりそうな
昼間定時制高校を狙うか、それとも定員割れしそうな気配の
夜間の定時制高校を受験するか・・・
悩ましいところでしたが、ようやく決心を固め
受験準備をして、明日の試験に臨みます。
頑張ってほしいです。本当にたらーっ(汗)

ところで、昼間定時制高校はここ数年、とても人気が高くなっているようです。
定時制高校だけど、昼間、制服を着て通い、
部活や学校行事も普通の高校のように経験できるからだと思います。
豊田から通える刈谷東高校の場合、今年は200人募集に279人が受験
という厳しい試験となりました。

(合格発表を見に行ったとき、本当か?と思ってみてきたら
 本当に279番まで番号がありました。)

そのせいなのかどのせいなのか、今年の試験は特に数学の問題が
昨年までの何年かより一段難しくなっていました。
(国語の問題は読みやすかったのにな・・・なぜ数学だけ?)

外国につながりをもっている子どもたちの場合、
ゆっくり学びながら、高校生活の雰囲気も十分味わえる
昼間定時制高校は進学を考えるときの貴重な選択肢の一つなのです。
もちろん夜間の定時制高校もとても貴重な進学先です。
もう少し全体に間口が広くなってくれたらなぁと願ってます。


学校へまだ行かない [2012年11月03日(Sat)]

日本の学校へは行くけど、”まだ”行かない。

そういう選択をした子がいます。
はっきりした意思表示です。

日本語教室では、毎日しっかり勉強している様子。
漢字や計算に取り組んでいるとき
真剣な表情で集中している姿がよく見られます。

きっと助走期間を”自分で”決められるだろうと思います。

素直 [2012年04月12日(Thu)]

日本語教室csnから定時制高校に無事入学した男の子。
教室が家から近いこともあって、
毎日午後やってきては、書類を書いたり、
教科書を読んだり・・・
手の空いた人で手伝っています。

彼のいいところは「素直」
勉強は好きじゃなさそうだけど、
スタッフ”総おかん”みたいなこの日本語教室で
みんなの言うことを素直に聞いて、やってみています。

まだ日本語が十分じゃないけど
高校に入れたのも、人柄が大きいのかも(と勝手に解釈)

スタッフはみなお母さんみたいだから素直な子には
もっと手伝いたくなる・・・そんな好循環もあるようです。

そういえば、csnのテーマは「やる気と人柄を育てる」
生きていくのにとっても大事なこと・・・
入ったら、入ったで・・・ [2012年04月10日(Tue)]

高校に入った子どもたち
入ったら入ったで、何やら大変です。

書類は書かなきゃいけない、
写真も貼らなくちゃいけない、
(プリクラでもいいの?とか聞いてました。だめです!)

高校は無料って聞いたのに、教科書とか制服とか
夜間定時制で制服がない子たちも体操服は買わなくちゃいけない・・・
(つまり、ちょっとまとまったお金は必要…でも当然です。)

提出物に「雑巾2枚」なんて、ちょっと??なことが書いてあったり・・・
(今は100円ショップで売ってるから何とでもなりますけどね)

子どもたち自身はあまり困ってる感じがしないし、
(たぶんあまり実感がないんからね〜)
たぶん保護者もあまり困ってないと思うんですけど、
学校の先生が一番困っていらっしゃるのかも〜〜
と思って書類書くのを手伝ったり、
分厚い「入学のしおり」の大事なとこだけ説明してみたり・・・しています。





はりきりすぎて・・・ [2012年04月06日(Fri)]

CSNから今年も高校生が誕生しました〜〜exclamation×2
3人!

昼間の学校の子は制服があって、入学式も朝から・・・
夜間の学校の子は制服がなくて、入学式は夕方6時くらいから・・・

というわけで、その間の時間にお祝いるんるん

去年のお祝いの会の時
「来年は、俺も高校生になるぞ〜」
と言っていた子は無事お祝いしてもらうほうになって
2年越しの願いで制服来て、うれしいのはわかるのですが・・・
かなりはりきってるみたい。
はりきりすぎて、テンションあがってみてて痛いくらいたらーっ(汗)
あんまりはりきりすぎて疲れちゃわないようにね〜〜

と心配してます。



2012年4月6日県立高校入学式
説明会に何をきる?? [2012年04月01日(Sun)]

高校合格が決まって、4月早々に
入学者説明会があるんです。

「でも何着ていくの?」

・・・制服・・・!?

でも、日本で中学校へ通っていなかった子には
”中学校の時の制服”っていうのがありません。
(母国にいるときに中学校まで終わっていたり、日本で中卒認定試験を受けたり
 というケースがあるんですが・・)


入試の時はみんなスタッフの子どものジャケットを借りたり、
いつもは教会に来ていくような地味なスーツを着て行ったり・・・・
制服の中学生の中でできるだけ目立ちすぎないようにするのが大変

で、入学者の説明会のときは、中学校の制服?
それとも届いたばかりの高校の制服???

どっちを着ていくんでしょう???
定時制高校という選択 [2011年05月30日(Mon)]

この春、定時制高校に入学した卒業生!?が
勉強しに来ました。 

日本語がほとんどわからず日本へ来て、
csnで1年間ちょっと勉強して、定時制高校に合格した彼。

先日初めてあった「中間テスト」の結果を見せてもらうと・・・
すごい!なかなか良くできています

数学や英語は中学校の基礎的な問題の確認レベルの問題で
母国フィリピンで日本の中学、高校に当たる学校を卒業している彼には
そんなに難しくなかったようです。本当にいい点数がとれていました

でも、国語だって・・・!
漢字の問題はほとんど書けていたし、読解の解答にもしっかり勉強した跡が・・・

なかなかやるねぇ〜今も頑張ってるね! 


日本で勉強を続けるためには、選択肢がかなり少なかったけれど、
定時制高校という選択について
「よかった。学校たのしいよ」
という彼に言葉を聞いて ひとあんしんハート

そして、彼の存在そのものが今勉強している子たちの励みにもなります。


男の子「まだ、最初だからテストは簡単。これから、難しくなると思う」
とは言っていましたが、バイトが空いてる日にわざわざ教室に来て
勉強していくくらいですから・・・ほんとに安心です。

教科書のルビ振りくらい、いくらでもやりまっせ、いつでもおいで
  なんて気分です音符

高校見学の感想は? [2011年01月26日(Wed)]

定時制高校を見学させてもらって
子どもたちはそれぞれの感想をもったようです。


記憶の新鮮なうちに感想をまとめてみました。

見学のときは、堂々と教頭先生に質問できた子もいたし、
黙り込んでしまっていた子も・・・

でも、改めて文に書くならそれぞれの気持ちを正直にかけた・・・かな?

定時制の高校。うれしい見学 [2011年01月25日(Tue)]

豊田市の中心部近くにある
定時制高校の見学をさせていただきました。

今年受験予定の6人の子どもたちが参加。

あ、いや、“子ども”といっても 母国で中学校を修了して
17歳過ぎている子が中心です。

学校について、特に昼間制の学校との違いを
教頭先生から丁寧に説明していただいて、
授業風景を見学。

まだ、昼間制の生徒さんが部活などで残っていたり、
日暮れから授業が始まるので、
学校なのになんだか「暗い」 (当たり前だ、夜間の定時制高校だもの)

そして、何より「サムイ―」 が子どもたちの感想でした。
学校は広くて、生徒は多くないから、余計にそんな感じがしたのかもしれませんね・・・


この日本語教室から昨年、一昨年にこの高校に進学した
2人とも会うことができました。
廊下からこっそり覗いたら、2人ともクラスで一番真剣に
勉強していました! 

 (私にはそう見えたーー!!)

日本語CSNを巣立った後の子どもたちが、頑張っている姿にに会えるのは
何よりたうれしいことなんです。




| 次へ