CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«『せかいの国のおはなし』 | Main
日本のさとうは甘くない!? [2017年11月26日(Sun)]

にほんご教室の子どもたちは、なんだかいっつもお腹をすかせています。
顔をみるなり「ふぉーみ、ふぉーみ、センセイふぉーみぃ〜〜」と
訴えてくるのです。
「ふぉ〜み」は コン フォーミ ・・・お腹がすいた です。

食べ物があるときは、なんでも出してあげますけど、何にもないときは
みんなでお茶を飲むことにしています。あったかい紅茶をちょっと甘くして。
休憩時間の紅茶  これが最近のトレンドです。

でも、ちょっと目を離すと子どもたちは紅茶にい〜〜っぱい砂糖を入れるんです。
どれくらいい〜〜っぱいかというと、カレースプンに2杯とか3杯とかそういうレベル。

え〜〜〜っ 入れすぎだよ。体によくないよ(>_<)

というと、たいていこういわれます。

「センセイ、日本のさとうってあまくないから、だいじょうぶ」

知りませんでした。国によって砂糖の甘さがちがうなんて(>_<)
 でも、だからってなにもだいじょうぶではないと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1320294

コメントする
コメント