CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«カエルプロジェクト とよた2013 ありがとう | Main | ひとり、ふたり・・・を数える»
カエルプロジェクトを聞いて思ったこと [2013年10月09日(Wed)]

カエルプロジェクト 
子供の将来を考える懇談会とよた2013


「帰るといっても、帰国する10年も前から準備する必要はない」
ときょうこ先生はおっしゃいました。
「帰るよ、いつか帰るよ」と言われても子どもは実感がないし
そんな先のこと、考えることができない。

なるほど、そのとおりだなぁと思いました。
親が「帰りたい」がために、今すぐにでも帰国するようなことを
おうちでこぼして、それを聞いた子どもが不安になる
不安になっている、何年もず〜〜〜っと不安
というケースをいくつも見てきました。

子どもや家族の将来をいろいろ考えつつも
子どもに聞かせる言葉は、選ばなくちゃ。
子どもが安心して今の生活を送り、
将来に必要以上の困難を抱えなくてすむように・・・

用意周到に準備しなくちゃいけないんですね。

書類だけでもだめだし、言葉のことだけでもない、
「心構え」を家族みんなで。
やっぱりカエル(帰国する)ということは簡単なことではないんだなぁ




トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント