CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«願書を出すと・・・ | Main | 外国につながる子どもたちの進路支援セミナー»
ひなまつりに”おこしもの” [2012年03月03日(Sat)]

ひなまつりには おこしもの
三河地方の伝統だそうです。
(私は、西濃地方の出身なので全然知りませんでした。
  ごめんなさい。)

スタッフのお母様を先生に、日本語教室のみなさんで
おこしものを作ってみました。

おこしものとは、型に米粉を練ったものを入れて
「カン!!」ってやって、蒸すもの   と、知りました。


「カン!!むかっ(怒り)
の音にびっくりしてた子もいました。
初めてこの教室に来たのに、なんだかカンカン!音がするので
なんという日本語教室なんだろう?と思ったかも。
「誰かが机をカンカン叩いてる〜〜」とおどおど…
大丈夫、型から出すときの威勢のいい音だよ♪
(怖がらなくていいです〜〜たらーっ(汗)

では、今回初めて知ったおこしものの作り方
@米粉をお湯でこねこね
CIMG1545.JPG
今回は、食紅などあらかじめ混ぜておく紙粘土方式です。

A型に粉をはたいておいて・・・
CIMG1558.JPG

B好きな色を置いていきます。
CIMG1559.JPG

C最後に白いのを型いっぱいまでつめる
CIMG1560.JPG

D型を裏返して、角を机にカン!! ってやると
CIMG1561.JPG
ほらぬけた〜〜

Eこれが、先生の模範作品 伝統的な感じ♪
CIMG1544.JPG
 
こちらが日本語教室のみなさんの作品(蒸しあがった状態でプリプリ)
CIMG1584.JPG
ぷりぷりはともかく、色遣いが一部斬新です♪



3月2日 日本語教室みんないっしょに2 ひな祭りパーティ
保見ケ丘第二集会所にて


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント