CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

トルシーダは“応援”という意味のポルトガル語です。
皆様のお買い物で活動資金が生まれます。 応援おねがいします♪

トルシーダの活動内容は、ホームページでもご覧いただけます。
先輩の話 [2014年10月26日(Sun)]

フィリピンから来て、1年半くらいで定時制高校に入った子の
「先輩の話」を聞く会をひらきました。
聞いたのは・・・
「これから高校に入りたい。でも、日本語がまだまだ心配たらーっ(汗)」という後輩たちです。

この先輩、今は高校3年生。
とにかく入った時は、勉強が大変で、教科書が読めなくて、
「泣いちゃったもうやだ〜(悲しい顔)」とか。

でも、
「本当に大変だったのは最初の1年。あとは、だいじょうぶになる。
 だから皆さんもがんばってください。
 勉強はしなければなりません。高校も卒業しなければなりません。」
力強く後輩へのメッセージを語る姿に私も思わずもうやだ〜(悲しい顔)
入学したときの日本語を考えれば、高校の勉強についていくのは本当に大変だったろうと思います。

毎日学校の先生の指示さえどのくらい理解できて、学校生活を送っていたのか・・・
想像がつくだけにその頑張りにもうやだ〜(悲しい顔)
高校の先生の力強い励ましもあってついに3年生にまでなった彼女は
見かけのかわいらしさとは別に本当に力強さのある人になっていました。

「辞書をひいたり、ネットで調べたりしながら勉強しました。」
「試験の前にはバイトを休ませてもらって、家で4〜5時間集中して勉強しました」
「1年生のときにくらべてクラスメイトは半分くらいになった。」
「みんな何でも話せるとてもいい友達」だといいます。
「フィリピンでの学校のともだち関係とも全く違う」のだそうで
本当にいいクラスメイトに恵まれたことも充実した高校生活を送れている理由なのかな
と思いながら聞きました。
全体会がおわったあとにはタガログ語での質問タイム。
進路に迷っていた後輩たちは、すっかりこの先輩の学校に進学する気にかわいい
(お母さんやご家族もすっかりその気になっていらっしゃいました。)
帰るときには「高校見学いつ?」という話になっていました。

プレスクールスタート♪ [2014年10月25日(Sat)]

今年も始まりました、
プレスクール☆きらきら☆

来年の4月、ぴかぴか(新しい)きらきらの一年生ぴかぴか(新しい)になる子どもたちが
集まって、入学準備〜〜

どんな様子だったかというと・・・
15人の子どもたちが集まって、記録写真を撮る余裕もないほどでした〜たらーっ(汗)

毎週土曜日10:30〜12:00 保見団地の集会所で
歌を歌ったり、鉛筆を持つ練習をしたり〜〜ペンする予定です。

[土曜日のプレスクールは虹の架け橋事業として実施します。]
日本人の名字 [2014年10月23日(Thu)]

「日本人の名字は30万ぐらい種類がある」と
漢字の教材のコラムに出てきました。

30万!?

「ブラジルも名字がたくさんあるよ! 多分同じくらい」
とブラジル出身の子が言うので・・・

「ダコスタ と ダシルバ とあと3つくらいしか種類がないかと思った…!」
というと
「いや、日系人もいるし、いろいろあるよ〜〜」
だそうです。
日系人の名前って、日本人の名字じゃないの!?
と思ったのでした。





困った! [2014年10月21日(Tue)]

「日本へ来て、困ったことは?」

困った時に、子どもたちから「何をしてもらいたいか」
友だちが困っていたら、自分なら「何をしてあげるか」
そんな話をしました。
あげもらいの発展学習です〜〜♪

ところで、「困った」「困る」
これが簡単には訳せなくて担当の先生は困ったそうです。

国語辞典を引くと
「困る」=どう対処していいかわからなくて悩む
           (明鏡国語辞典より)
「困る」=ある物事をどう判断・処理してよいかわからず悩む
           (デジタル大辞泉より)
とあります。

困るような状況でも「悩む」のかどうか・・・?
その辺の国民性もあって、直訳が難しいのでは?と思ったのでした。

N3合格まっしぐら [2014年10月20日(Mon)]

毎日の子どもたちの自習の時間に進めていた語彙の本


「終わった〜〜!」
「だいたいわかる〜〜!!」
と言いきるので、一週間かけてまとめテストしながら次の本に進む予定です。

次は、漢字ですが、これが辛いたらーっ(汗)
ストレスなく(みんなが)読めるようになる策を練っています!

それにしても自習でこれは辛いので・・・どうしたものか。

JLPT対策講座スタート! [2014年10月19日(Sun)]

今日は豊田のころもまつり〜〜

でも、日本語能力試験に向けて7週連続の講座開始♪ の日でもありました。
CIMG0312.JPG
受付時間前から次から次へと勉強したい方が集まって
受付に列ができるほど。
正直ちょっとびっくりしましたあせあせ(飛び散る汗)
N1〜N3まで各クラス20名前後、ほぼ満席です。

初回の今日は模擬テスト!
CIMG0318.JPG

100分の模擬試験を終え、手ごたえのほどを聞いてみると・・・
「頭痛くなった〜〜」と言ってる方が多かったです。
これから7週間頑張りましょう〜〜!
カエル@とよた♪ [2014年10月18日(Sat)]

今年もカエルプロジェクトのキャラバン!?の先生方が
豊田に来てくださいました〜〜るんるん
日本で子育てしている自閉症のお子さんを持つお母さんの会のお話あり、
CIMG0285.JPG
響子先生の懇談会あり、
CIMG0292.JPG
クイリングという手芸のワークショップあり・・・
CIMG0306.JPG
一日かけて、子育てについての悩みや相談を心理の専門家の先生方に
聞いていただくことができました。
午前、午後それぞれ20組もの親子みなさんの参加ありがとう黒ハート
 わーい(嬉しい顔)たくさんのアドバイスと希望と笑顔の一日でしたかわいい
もっと話が聞きたかった [2014年10月15日(Wed)]

先日の就労支援セミナーのテーマは日本人とのコミュニケーション。
ワークショップ形式で、日本語教室の学習者の皆さんから
たくさんの疑問を引き出して、専門家の先生がそれに答えるというスタイル。
皆さんは言いたいことがたくさん言えてよかったんじゃないかなぁと思ったのですが
本当はもっと、じっくり、じ〜〜〜〜っくり専門家の話が聞きたかったそうです。
静か〜〜に。
   次回は是非。
新学期だから・・・ [2014年10月14日(Tue)]

10月14日からは後期スタート。
csnの教室は前期とか後期とかありません。
いつでも出入り自由なのですが、
公立小中学校に編入する子たちは、新学期を目途にすることが多いです。
だから、10月14日から小学校に編入していった子が7人。
教室はなんだかちょっぴりもの静かになりました。

と、思ったらどこからともなく新規入室の希望電話が不思議とかかってきます。
昨日今日で合わせて3人の子どもたちから問い合わせがありました。
新学期だからね〜
ここが変だよ日本人〜日本人とのコミュニケーションについて知る〜 [2014年10月12日(Sun)]

就労支援の大人のクラス、中級日本語講座で、
心理学の専門家の先生をお迎えしての特別セミナー
CIMG0189.JPG
職場や普段の生活で
日本人とのコミュニケーションについて
変だな〜〜と思っていること、
困っていること、
不思議に思っていること
わけわかんない〜〜
なんで!?
と思っていることを日本語教室で学んでいる皆さんにい〜〜っぱい出していただき、
CIMG0174.JPG
どうしてそうなの??を先生が答えてくださいました。

日本人の中で働いている学習者の皆さんには
へ==
そうなんだ〜〜 
わかったひらめきがいっぱいあったようです。

出身国別のワークショップ形式で
言いたいことをい〜〜っぱい吐き出したようにお見受けしましたけど、
でもさ〜〜〜
まだまだ言いたいこと、知りたいこと い〜〜っぱいある!
っていう人もいましたので、続きはまた是非次回。
(あるのかな? ぜひお願いします♪ )

来週からの日本語の授業でも一緒に考えていきたいと思います。





豊田市ものづくり産業労政課委託
就労支援セミナー
講師 道田智子先生
| 次へ