CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

トルシーダは“応援”という意味のポルトガル語です。
皆様のお買い物で活動資金が生まれます。 応援おねがいします♪

トルシーダの活動内容は、ホームページでもご覧いただけます。
『ねずみのえんそく もぐらのえんそく』 [2014年12月20日(Sat)]

今日のプレスクールきらきらの読み聞かせはこれ↓↓

子どもたちは うえ〜〜! した〜〜!と声を張り上げていました。

kきらきら土曜日教室は年内最後♪
参加は9名と少なめでしたが
工作で作ったクリスマスリースを喜んで持って帰っていきました〜〜!

みんな〜よいお年を〜〜!!
送迎いたしません! [2014年12月19日(Fri)]

結局、昨日は雪が心配で送迎を
いたしませんでした〜!!

それでも、最寄り!?の名鉄線の駅から徒歩40分!とか、
自転車で60分!とかかけて
雪雪の中雪自力で教室に
やった来た子どもたちがいました〜 感心、感心かわいい

中国の寒い国地域出身の子は、「べつに〜〜」ってな感じの子もいましたし、
同じ中国でも南の方の出身の子は、「こんなにたくさんの雪!?初めて〜〜」
と言う子もいました。

東南アジアの島々出身の子どもたちは軒並み欠席〜〜
という予想通りの出欠でした〜
保見団地に住んでる子も含めて13人ほど出席にはほんとおどろき==の一日でした♪
真っ白! [2014年12月18日(Thu)]

うちから見た保見団地方面の眺め
CIMG0790.JPG


うちの庭も真っ白ですが、もう出勤していく人がいます〜
気をつけて!


ところで今日は送迎できるんでしょうか・・・?
招待状〜〜♪ [2014年12月17日(Wed)]

クリスマスクリスマス発表会雪の招待状を書きました〜〜
CIMG0325.JPG

表書きで字の大きさのポイントをしつこくやったら
裏書!?(こっちが表かな?) つまり、招待状の方も
鉛筆で線をひいて、うまい具合にスペースに収まるように、
スペースがあまり過ぎないように書きあげていたので
感心、感心・・・かわいい

日頃 日本語教室csnでお世話になっている方々にお送りしました〜
当日までにつきますように〜〜
クリスマス工作 [2014年12月14日(Sun)]

子どもたちが楽しく年末を迎えられるように〜
  (ま、もちろん年始も)
CIMG0782.JPG
プレ教室の子どもたちと一緒に作れる楽しい工作準備中〜〜♪
こうしてみるとちょっとさみしいですねぇたらーっ(汗)
あとひと工夫してみます!!
『おべんとうバス』 [2014年12月13日(Sat)]

プレスクールきらきらぴかぴか(新しい)
先週は子ども園の発表会でプレスクールへの参加者少なかったので
久しぶりに どわっ と子どもたちがやってきた感じ


私たちが思ういわゆる「お弁当」ってのは日本独特の物らしいので
お母さんたちむけのお弁当教室も開く予定です♪
 (入学までに!!)
ズボンの下にはいている! [2014年12月12日(Fri)]

毎日寒いです。
「保見は寒い!」と保見地域以外から通ってくるスタッフは言います。
「日本は寒い。」「冬は寒い。」に加えて「保見は寒い」のだそうです。
  (山の上ですから・・・)

南米や東南アジアから来た子どもたちが多いので
この寒さはかなりキビシイたらーっ(汗)

それにしてもいくらなんでも短いスカートに薄いタイツだけでは
寒いに決まってます! 
特に女の子たちは足腰冷やすといけないので暖かいものを履くように
勧めてみました。

「ジーンズの下にも暖かいものをはくと、暖かさがぜんぜん違うよ〜!」
と言ってみるのですが、半信半疑。

そこで、男の子たちに聞いてみました。
「寒いときはズボンの下にあたたかいもの履くといいのしってる?」
「あ〜〜ズボンの下、、、これ?」
と言って、めくって見せてくれました!
ユ〇ク〇のヒートテックタイツ!!

「ほら〜〜男の子もはいてるじゃない。」
 やっぱり寒いときはこれなんだよ〜〜!」 

もう一人の男の子にも聞いてみました。すると・・・
「・・・はいてるぅ〜〜」  
こっちは見せてはくれませんでしたが、日本の生活が長いので
そういうことよく知ってるようです。

意外にも二人の男の子がズボンのタイツを履いていたので
正直私もおどろきましたが、やっぱり寒いときは、
ズボンの下にはかなくちゃ!!
「旭山動物園」 [2014年12月10日(Wed)]

日本語クラスの子どもたちが読解した文章を新聞にまとめてみました!
CIMG0776.JPG

使ったのはこの教材です!!

CD付きなのでグループで自習させてみたんですが文法的にはあまり難しくないので
(初級の範囲!?)内容がつかめていたようです♪

動物園の「動く」の字がちょっと右肩下がりになっちゃったり
動物の「物」が「牛」じゃなくて「午」になっちゃったり・・・
書いてみて(自分のあいまいな記憶に)気づいたこともあったようです。
猿投山〜〜♪ [2014年12月09日(Tue)]

保見団地から車で15分の霊山!?
猿投山(さなげやま)に登ってきました〜〜
CIMG0742.JPG
雪山頂はご覧の通りの雪景色〜〜!!
登るのに予想外の2時間半くらいかかったのですが
能力試験の勉強疲れも吹き飛ばして気分スッキリ!!
「ここは静かで国を思い出します〜〜」
「私もふるさとの雪国!?を思い出すぅ〜〜」
明日からまたこの子たちと一緒にがんばれそうです!
「土」と「地面」 [2014年12月08日(Mon)]

「センセェ、土と地面は何が違うの?」

多分、ポルトガル語→日本語の辞書を引いたら、
訳としてこの二つの言葉が出てきたんだと思います。

それで、それぞれを日葡辞書(日本語⇒ポルトガル語)で引いたら
(っていってもスマホの辞書ですけど・・・)
同じポルトガル語に突き当たった!!違いがわからない!! ということなのでしょう。

今日も「キタな、本日の鋭い質問」っていう感じです。

こうして毎日のように鋭くて素敵な質問がいきなり飛んでくるのです。
今日も困ったわたしは、「ん〜〜〜〜〜〜」って言いながら「〜〜〜」の間に
必死に考えながら答えます!
「(地面を指さして)ココにあるのは土で、土はこうやって手に取ることができる。
 地面っていうのはここぜ〜〜んぶ(両手を広げるジェスチャーつき)のことで、
 こうやって手に取ることはできないな〜〜 何が違うんだろうねぇ〜〜〜〜〜」

と、「何が違うんだろうねぇ〜〜〜〜〜」の「〜〜〜〜〜〜」の間に
鋭い子は必至で考えます。そして、たいてい
「あ、わかった。”地面”は”エリア”の意味があるんだね!!」と
自分で解決してしまうのです。
なんて賢いのでしょうかわいい
| 次へ