CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

トルシーダは“応援”という意味のポルトガル語です。
皆様のお買い物で活動資金が生まれます。 応援おねがいします♪

トルシーダの活動内容は、ホームページでもご覧いただけます。
Eテレ「日本人は何をめざしてきたのか」 [2016年02月11日(Thu)]

Eテレのドキュメンタリー番組
戦後史証言プロジェクト

「日本人は何を目指してきたのか」
 未来への選択7 難民・外国人労働者 
 移民の民をどう受け入れてきたのか


ここに日系ブラジル人が集住する団地として保見団地が、そして、
日本語教室csnの子どもたちもちょこっと登場します♪

番組の内容についてはこちらにも説明があります。

保見団地が登場するのは番組の後半で、
日本語教室csnで子どもたちが勉強している様子や、
いつも送迎車の運転をしてくださっている日系ブラジル人の運転手さんの
日本へ来てからの20年以上の色々な経験が語られています。
私も聞いたことなかったお話が聞けました。
(それで、ブラジルで貴金属作っていらした話の続きを教室でいろいろ聞いちゃいました。)

番組を通して、日本の外国人政策について本当にわかりやすくまとめられていましたので
スタッフはもちろん、ボランティアでかかわってくれている学生さんたちにも
ぜひ見てほしいなぁと思っています。

そして、保見団地で教室を始めた10数年前と変わらず
学校に通ってない子どもたちがここにいる限り、
教室を開け続けなくちゃだめねぇと再確認したのでした。



2016年1月23日 23時〜0時29分 Eテレ


初めての雪(^^♪ [2016年01月20日(Wed)]

センセイ、ゆきは いつ ふりますか??

毎日、毎日、昨年末から毎日のように質問していた子が
ついに雪を見る日がやってました!
20160120_101333[1].jpg
生まれて初めての雪(^^♪
   マシュマロミタイ
        タベタイデス

・・・で、教室の前で雪だるまを作ってみました。

20160120_101050[1].jpg
あんまりかわいくはないですが・・・初めてにしてはみんな頑張り賞♪

そして、これはナンなの??
20160120_101238[1].jpg

 あ、チョットマッテクダダサイ〜〜
20160120_101333[1].jpg

「phone home~~」
20160120_101335[1].jpg
  
  せっかくのETも、午後の授業が始まるころには
 「〜〜てしまいました」の文型練習に使えるほどの状態に・・・ 
  明日も復習に使おうっと。「雪だるまはとけてしまいました。」残念。
つぎの次の申年には・・・・ [2016年01月08日(Fri)]

ことしはサル年さるですね〜

「ぼくは、とら年」
「わたしは、いぬ年」

そんな話をしながら、次のさる年、次の次のさる年には

何歳になっている?
そのとき、どんな自分になっていたい?
そのために、何をする?


というのを子どもたちに考えてもらいました。

次のさる年にもまだまだ20代、
次の次のさる年にようやく40代になるという子どもたち、
どんな将来を思い描いているのでしょうか??

  
  お金持ちになりたい → そのために宝くじを買う。
  健康でいたい    → そのために健康食品を食べる。


というのものから

  飲食店を経営したい。15店舗くらい。→そのために成功した人の話をたくさん聞く。
  中央銀行で働きたい。   → そのために毎日2時間家で勉強する


という超現実的な数字を出せる子まで・・・現実味がイロイロでした。

どうか、どの夢もかないますように

申年が来るたびにこのメンバーで同窓会やらなくちゃ(^^♪
『十二支のはじまり』 [2016年01月07日(Thu)]

新年の第一弾のネタは、毎年これでございます。



なんで猫が12番までに入れなかったか? っていう話ですね。
この話は、中国はもちろん、ベトナムやロシアにもあるそうです。
(絵本の裏表紙に国ごとの登場動物が詳しく書いてあってオモシロイです)

毎年やっていますが、今年の発見は
「サルとイヌは仲が悪い」っていうカンジ
日本人と中国人はもってるけど、フィリピンやブラジル出身の子には
???????????????????????????
だっていうことでした。

猫とネズミが仲が悪いっていうカンジはあるそうです。
(トムとジェリーのおかげ?)

CIMG7676.JPG

毎年発見があるものです(^^♪
今年も子どもたちとともに [2016年01月01日(Fri)]

あけましておめでとうございます!

昨年も本当にたくさんの方にお世話になりました♪
 黒ハート体験活動を提供してくださった方黒ハート
 黒ハートボランティアとして足しげく教室に通ってくださった方黒ハート
 黒ハート活動を支える志金を提供し、活動を見守ってくださった方黒ハート
 黒ハート見学に来て子どもたちと仲良くなり、教室を手伝ってくださった学生さん黒ハート
 黒ハート子どもたちと日々楽しく、がまんづよ〜く向き合ってくれた明るいスタッフのみなさん黒ハート
 
 書ききれませんが、トルシーダの活動を支えてくださったすべて〜〜の皆様、
 本当にありがとうございました。

 きっと、今年も色々な国のたくさんの子どもたちとの出会いがあることと思います。
 必要とされるかぎりトルシーダは走り続けます!
 
 本年もどうぞよろしくお願い致します!!

facebookにトルシーダのフェイスブックページを新設しました。
 (諸事情により昨年までのフェイスブックは編集できなくなっています)
 どうぞつながってください! NPO Torcida https://www.facebook.com/npotorcida/
ブラジルのチョコ [2015年12月29日(Tue)]

クリスマスに
20151225_213312.jpg
センセープレゼントですーー
といって子どもがくれました

軽くてナッツ細かく入ってて
一箱でもたべられそう~~~~
意外にそんなに甘くなかったですよ
光るハート光るハートありがとう光るハート光るハート)
お米になるまで [2015年12月29日(Tue)]


まだ"もみ殻"も.若干"藁"もついていますが
ようやくここまできました!
1451370333791-1715792863.jpg
この量になりました!!
クーラーボックス一杯分♪のお米として食べられる前の状態のもの

ここからの出発だったので
CIMG7124.JPG
それはそれは.....じみで長い作業でした
お米のありがたさを噛み締めています。

授業最終日に子どもたちにいやがられながらも協力してもらった甲斐が顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)あって
年明けには何とかみんなでご飯ごはんが食べられそう~~~


チョコが入ってチョコトーネ♪ [2015年12月28日(Mon)]

パネトーネの友だち!?ショコトーネ. 
いただきました♪
20151229_180802.jpg
ドライフルーツじゃなくてチョコが入ってます

今年一年 こちらがお世話になったのに
ほんとに お気遣いありがとうございます。ごちそうさまです光るハート

変われ!日本人の人間関係 [2015年12月21日(Mon)]

作文の時間。
子どもたちが書いた作文をもとに
色々なことについて話し合っています。
ある子がこんな作文を書きました。

ブラジルと日本では社会の習慣や人間関係が違うと思う。
日本人は新しい人と知り合いたくないみたい。
でも、困っている人がいたら日本人は(知らない人でも)助ける。
日本人の人間関係が変われば、ブラジル人はもっと住みやすくなると思う。

と、大体こんな感じです。よく見てよく考えているなと感心します。
じゃあ、ブラジルと日本だけがそんなに人間関係(人との付き合い方や対人距離)が
違うのでしょうか???

挨拶の習慣は国によってどう違うの?
電車やバスの中で知らない人と話す??
こんな身近なテーマにいついて
クラスにいるフィリピンや中国の子にも話を聞きながら
ボランティアの大学生にも参加してもらって比べてみました。

授業の中でできるだけ色々な人に話を聞いて分かったことは
特に、ブラジルと日本、この二つの国が特に「両極端」のようらしい
ということでした。

日本人は冷たい とよくブラジルの方に言われる理由が少しわかった気がしました。

日本人は道や電車の中で知り合いじゃない人とは話したりしませんけど
ブラジル人はそうじゃないそうです。隣に座った人とは知らない人でも
言葉を交わす。知り合いたいと思う、それが普通だ、というのです。

世の中には知り合いじゃない人の方が多いわけだから、
傍から見ていると、黙って座っている日本人は冷たい感じがするんだなと。

「でも、知り合ったら優しい人が多い、多くの人はマナーがいい」
「日本にずっと住んでいるけど今まで親切じゃない日本人は4人だけだった。」
という保護者の意見もありました。

私にできることは、”そのように見えているということを知る”こと。
そして、そのことを”たくさんの日本人に知ってもらうこと”かなぁと思ったのでした。

そうすれば日本はもっと住みやすい国になる  かな?


忍者とやくざ [2015年12月18日(Fri)]

金曜日午後の読解の時間に「忍者」の話を読みました!
「ナルト」のおかげで、外国から来たばかりの子どもたちにも
比較的なじみの深い忍者。(特に男の子)

イメージのあることは話が早くて、授業の会話もはずみます♪

・・・が 意外な質問が。
「センセイ、忍者はスパイです。じゃぁ、忍者とやくざは同じですか?」
やくざとスパイは違うと思うけど・・・たらーっ(汗)
「ブラジルにやくざがいました。中国人だった。」
それは、中国マフィアでは・・・??たらーっ(汗)
「センセイ、忍者は本当にはいないんだね。」
・・・残念ながら、今は・・・○○忍者村に行けば会えると思うけどね。それは観光用です。
「じゃ、やくざも本当じゃない?ストーリーですか?」
・・・いえ、こちらは・・・・本物は今も実在しています 。
ニュースにもたびたび出ますよ。(昨日もニュースになってたし〜)
「え〜〜〜〜がく〜(落胆した顔)

「ニンジャ」 「ヤクザ」は 同じレベルのファンタジーとして
子どもたちの頭の中に存在するようです。
| 次へ