CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

藤井智晴さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/tomoharu5/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomoharu5/index2_0.xml
検索
検索語句
・個人のページ→こちら
・NPOエリア・イノベーションのページ→こちら
・実践型インターン「岡山起業家留学」について→こちら
・【学生向け】
募集中のプロジェクトについて→こちら
謹賀新年2014年 [2014年01月03日(Fri)]
明けましておめでとうございます!
ブログを更新するのも、久方ぶりで。。。
いやー、書くのは嫌いではないと思うのですが、ブログとなると
ついついかしこまってしまいますね!

さて、本日は、地元・総社の大先輩方と懇親の機会を頂きました。
自分のように、一見すると、何をやっているのか、わかりにくい人間を
こうも応援して頂けるのはありがたい限り。

期待を着実な積み重ねにしていく年にしていきます。

教育、地場産業、地域をつなげていく取組ではありますが、
地域社会に影響を与えていく取組でありたいと思います。

本年もあらん限り、暴れたいと思います!
どうぞよろしくお願いします!
【雑感の最新記事】
【ご報告】同窓会 - 地域の課題解決ビジネスに挑む明日のためのゼミ [2013年11月17日(Sun)]
さて、先日は、昨年度の地域課題ビジネスゼミ(略してSBゼミ)の
同窓会でした。
 このゼミは、岡山県の「ソーシャルビジネスネットワーク構築事業」
の一環で、昨年度、12月から3月までの実施されたゼミ。社会の課題
を解決する事業アイデアをもった若手社会人/学生の方が、事業の
アイデアと考えをブラッシュアップしていくものでした。

結局は、事業アイデアより、自分は「何の課題解決を諦めたくないか」
ということをつきつめるもの。

NPO法人ちゃてぃずの代表・湊さんが先生で、当方助手を務めさせて
もらいました。

さて、約半年ぶりにゼミの卒業生の有志の方が、同窓会を企画をして
くれました!8名の卒業生のうち、6名の方が参加・プレゼン!
そして、肉をつつくという(笑

プレゼンを見る皆さん.JPG

SBゼミ_同窓会

皆さん、それぞれ、ゼミでブラッシュアップした事業、別事業、人生と
進展があったようです。

事業を進めていく上で、しんどいことも多いですし、こういったネット
ワークは、唯一無二のぐちが言える仲間・コミュニティが、そんな
しんどい時を支えてくれるのだと思います!

私も皆さんに負けじと頑張ろう!と思わせてくれたことと、
企画をして下さった有志の皆さんに感謝です!
地域課題解決ビジネスゼミ、最終プレゼン! [2013年03月13日(Wed)]
さて、岡山県のソーシャルビジネスネットワーク構築事業の一環で
岡山NPOセンターが主催する「地域課題解決ビジネスゼミ」のゼミ生の
最終プレゼンが17日に開催されます!

一般OPEN!とまでは、いきませんが、見学可能です。
ご関心おありの方はご連絡下さい!

-----

日時:3月17日(日)9時〜16時20分
会場:岡山市民会館405会議室

タイムスケジュール:
12:30〜12:45 受付
発表
1250-1310 岡山への移住者支援に奔走する元オーナーシェフによる「若手農業者支援!」
1310-1330 瀬戸内市の地域おこしの核弾頭!「移住者が活かせるまちづくり」
1330-1350 福祉×農業NPOを新卒創業イケメンによる「児童養護施設における退所者支援!」
1350-1410 アメリカ会計事務所からのVーメンラン男子の
      「岡山のグローバル人材がアジアから幸せを創る」
1410-1420 休憩
1420-1440 子育てママ支援NPO代表による「働きたいママと社会をつなぐ!」
1440-1500 病気の子どもたちへの 学習・復学支援事業 「ポケットサポート」!
1500-1520 教育NPO女子による「豊中の小中学生のための地域連携型キャリア教育事業」
1520-1540 教育出版系女子による「地域と学校が連携して 将来を担う高校生を育てる!PJ」
1540-1550 休憩
1550-1620 川北秀人先生(IIHOE[人と地域と地球のための国際研究所] 代表)からのコメント
       講師からのコメント
       ゲストコメント
       ・株式会社西粟倉・森の学校 牧代表取締役
       ・NPO法人 てっちりこ 岡本代表

※16:40頃まで延長の可能性あり
※ゼミ生をわかりやすく脚色しています
※プレゼンタイトルは変更の可能性有

1730- 懇親会
大切なこととは何なのか? [2013年03月09日(Sat)]
愛なのか。

---
とんび第8話を見て。
松井選手 引退に思う [2012年12月28日(Fri)]
ついに、この日が来たのか。。。

松井選手が引退かもという報道を見た翌日の出来事。
年齢的にはまだまだいける、と思っていたが、
松井選手ならではの潔さ、なのかもしれない。

30歳前後の世代にとっては、松井・イチローはヒーロー。
子どもの時からのヒーローの引退はつらいですね。

そして、会見で印象的だったのは、
非常に穏やかないい顔で話をされていたこと。

気持ちの整理をずいぶんされていたのかなと。

「巨人の4番打者として、誇りと責任感をもっていた」
恩師・長嶋監督への思い。

憧れをもち、憧れの人と同じステージに立つ努力。
その大切さを会見から改めて学ばせてもらったように思います。

松井選手、お疲れ様でした!!

また、コーチや監督と活躍する姿を期待しています!!
【お手伝い募集】岡山のへそで、ワイガヤ放棄地再生! [2012年12月11日(Tue)]
Jターンで岡山のへそ・吉備中央町に、移住され、
菓子工房「佳豊庵」をOPENされた太田ご夫妻!

とっても雰囲気のある古民家。
佳美さんは、なんと日本で第2号のフルーツアートクリエーター!

今月末頃まで、畑の手入れ等のお手伝い頂ける方を募集されていますので、農業や地域活性、食品加工に関心のある学生の方や、週末農にチャレンジされたい社会人の方、吉備中央町に関心のある方は、是非〜。

以下は、太田さんからのメッセージ。
----
荒野が蘇りつつあります。来年に備えて今から手入れ。

管理する所が増えて大変にはなりますが、そうする事で景観が守られまた新たなものが育まれます。
より素敵で魅力的に生まれ変わる田舎に是非遊びにきてください

☆お手伝い募集中です☆
今月末頃迄で畑の手入れ等のお手伝いをしてくださる方を募っています。農業、地域活性、食品加工等に興味のある方は是非ご連絡ください!臨機応変に対応させて頂きます。
CB SQUARE勉強会第2回 「未来を作る話をしよう!」〜目の前にいる誰かを幸せにする〜 [2012年12月04日(Tue)]
私が会長を拝命している勉強会「CB SQUARE」にて第2回の勉強会を開催いたします。
※CB SQUAREとは
岡山NPOセンター所属、10年後の未来を見据えた勉強会。
コミュニティビジネスやソーシャルビジネス、それらに付随したことがテーマです。
-----
「CB SQUARE(シービースクエア)」とは、「コミュニティ」と「ビジネス」と「10年後の未来」をキーワードとして、講演会、グループワーク、会議など自由なスタイルで開催する岡山NPOセンターの勉強会です。

第2回目となる今回は、朝日塾小学校教諭の佐久間賢志さんをお迎えして、「未来を作る話をしよう!」というタイトルでセミナーを開催します。
未来を作る話って、どんな話なんでしょうか・・・?
メタファー思考や未来思考をふんだんに使って、未来の話をするグループワークも行います。
このあたりが、ヒントかも知れませんね。
詳しくは、チラシをご覧ください!

■日時
平成24年12月8日(土)13:30〜16:30

■場所
岡山NPOセンター事務所 会議室
(岡山市北区表町1丁目4−64 上之町ビル3F)

■参加人数
20名(申し込み先着順)

■参加費
1,000円(当日申し受けます)

■お申込み方法(1,2のどちらかで)
1.フォームからの申込はこちらから
2.チラシ裏のFAXを使って申し込む→CB SQUARE#2チラシダウンロード

■お申込・お問合せ先
特定非営利活動法人 岡山NPO センター
〒700-0822 岡山市北区表町1 丁目4-64 上之町ビル 3 階
担当:森高、石田
TEL 086-224-0995  FAX 086-224-0997
E-mai:npokayama@gmail.com URL:http://www.npokayama.org/
デザイン×若者⇒∞ [2012年10月16日(Tue)]
本日は、岡山県立大のTさんが表町の事務所に。
先日まで、企業と一緒に取り組んだプロジェクトのお礼を伝える。

岡山県立大とのプロジェクトが縁で、その後の企業からの
デザイン依頼を一緒に取り組んでくれた。

人やかわいらしいものをデザインさせたら、
ピカイチ!

ただ今、就活、最終戦の模様です。
うまくマッチングしてほしいなあ〜と。

学生をはじめ、大学でデザイン、美術を専攻の若者が周りにいますので、
企業等の皆様、お気軽にお問い合わせください!

E-mail:info(あっとまーく)area-i.org
出産、育児後のママの仕事づくり [2012年10月04日(Thu)]
昨日、事務所に来てくださったのは、
特定非営利活動法人輝くママ支援ネットワークぱらママ 代表 藤井 弥生さん。

ママの社会復帰、仕事づくりに奔走されています。

一昨年、当団体も協力させてもらい、NPO法人edgeさんが岡山で開催された
社会起業家 創業支援プログラム説明会 in 岡山」にご参加され、
見事、ファンドメンバーに選ばれ、今年法人化と「お助けトマト」という商品を商品化されています!

私は、同じく内閣府のETIC.のスタートアップマーケットにご選出頂き、
同じ社会起業支援の仕組みで修行させてもらった身としては、
ご活躍ぶりが嬉しく♪

お話を伺うと、出産、育児後、ちょっとづつ仕事をしたいママにとっては、
週に1回、それも短時間を定期的に働く事ができる求人はなかなかないようです。

そんなママさんと企業さんを結びつける役割が期待される藤井さん。
微力ながらも応援させて頂きます!!
瀬戸内のど真ん中!で六島と叫ぶ! [2012年01月04日(Wed)]
昨年末12月22日の笠岡諸島・六島のまちづくり協議会のレポート!

この日は、岡山の学生が平日のため、参加できなかったが、
起業塾同期で香川大学大学院で、地域活性を学んでいる俣野氏、
鹿児島県喜界島出身、慶応SFCで離島活性を学んでいる田向君という心強い応援団。

毎日、山陽新聞というメディアメンバー。

そして、まちづくり協議会担当職員の守屋さん、三島さん。

島ならでは、光景に好奇心を震わせながら、
六島、そしてまちづくり協議会の皆さんとの対面にドキドキ!





まずは、メディアメンバーの方の水仙取材。
笠岡諸島・六島は、1、2月は、水仙が咲き乱れ、とても美しい景色となることで、
有名。これまた、六島名物の灯台の近くには、水仙はまだまだ3分咲きのようだったが、
山を登るまでの水仙の咲きっぷりはなかなかのもの!
う〜ん、きれいだ!









水仙もさることながら、山を登りつめ、周りを見渡すと、
瀬戸内海だらけ!
いや〜、絶景です!



そして、観光される方のための看板を設置しつつ、


いよいよ、舞台は、まちづくり協議会へ。
今日は、初対面のメンバーも多かったため、各自が自己紹介!
僕らも合わせると、総勢20名、覚えきれません!苦笑

インターンの説明をさせて頂きつつ、島の現状について教えてもらったり、
島での昔話、島へどのような形で戻ってこられたか、島での現在の生活について
大いにお話頂く。

島というと、スローライフといういうイメージがあるが、実際は全く違って、
地域の仕事で大忙し(人口が減っても、仕事は減らない)。

協議会の皆さんからは、島の良さも聞いたが、不便さ、そして不便さの中にある豊かさ
についても教えてもらう。

田舎にあこがれる若者は、少なくないが、やはり実態は、
住んでみないとわからない。

当事者だからこその享受する豊かさ、そして直面する課題。

生の声を聴く。一緒に汗を書く。
信頼が生まれるからこそできる話もあるだろう。

島の方々と六島へチャレンジする若者との化学反応。

今から楽しみです!!
| 次へ