CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
新しい公共による 名取交流センター
2011年3月11日の大震災の以降に復興に向かい歩みだした皆様を応援できるように 新しい公共の第三次・第四次に採用され 皆様の心に寄り添う傾聴を取り入れたお茶会を各地で開催しています。

その様子を紹介します。
事務局は以下のブログ ともだちin名取 に置きます。
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/



<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
被災者の心の支援活動 

及び 

外国人を含む被災者への情報発信


事業内容

1 現状分析
  ●事業の背景:震災後1年を経て、仮説住宅及びみなし仮設住宅に住む
   被災者の孤独感や先行きに対する不安感は、高まりつつある状況に
   なっている。
  ●現状と課題:時間の経過とともに不安を訴える人が増え、心の支援、
   被災者間の交流が以前にも増して必要となる

2 事業の目的
  ●自立に向かうための支援をする
  ●交流の場を提供し、情報提供により孤独感、不安感を緩和する。

3 事業の全体計画(提案事業の内容を具体的に記入)
  ●月間20回のお茶会により被災地に点在する被災住民の交流の場を
   つくる
  ●傾聴により、心に寄り添う支援をする
  ●パソコン講座の開催などを通じて、特に男のお年寄りの生甲斐作
   りの場を提供
  ●ミニコミ紙作成・発行により情報を共有し相互理解の一助にする
           ※被災者自らが発行することを推進する

4 事業の特色
  (協働または連携,協議体により事業を実施する効果等)
  ●傾聴については「仙台傾聴の会」の経験を活かす
  ●交流については「国際交流協会ともだちin名取」の経験を活かす
  ●名取市サポートセンター「どっと・なとり」が新たに参加し
   看護師、保健師のスキルを活かす
5 目標(目指す目標について,数量等を用いて記入)
  ●月間20回のお茶会による心の支援、交流の実施
  ●お茶会で出される意見や感想などの情報を収集をして、1か月ごとに
   活動の見直しをして、被災者の立場の理解を深め常に進化する
  ●月に1回以上名取市生活支援室と会議を持ち、出来ることは協働で
   取り組む
  ●2か月に一度はみなし仮設の方々へ葉書等で情報発信し、孤独感を
   緩和する
  ●毎月「名取交流しんぶん」を発行し、配布する。

6 期待される効果
  ●みなし仮設の被災者の持つ支援の不公平感を緩和する
  ●頻繁に顔を合わせることで孤独感を和らげる
  ●新しいことに挑戦し元気を出す生甲斐作りの場を提供
                  ⇔特技で活躍の場(講師)

7 今後の事業(効果)体制継続と発展の見込み
  ●周知を進めサービスを受ける被災者が安心して行事に参加
   できるようになる
  ●「また来てよ」と言う言葉に応えるために継続していく
  ●場所があれば傾聴の場を常設できる
  ●復興支援センター「ひより」と情報共有に努め仮設住宅支援も
   継続
  ●民間賃貸住宅居住者。在宅被災者対象のお茶会の基礎が出来
   お茶の会において被災者の身体の
   ケアとして整体師も入れた
  ●名取市サポートセンター「どっと・なとり」保健師等と
   協働で行事を検討中
  ●被災者支援に関わる多くの団体が連携する形が見えて今後に
   期待される
【活動の場】  
名取市 及び 名取市被災者が住む仙台市の一部
【名取市男女共同・市民参画推進室】オブザーバー
【名取市生活再建支援室】協働できるところは協働で行うための
            取り組みをします!
仙台傾聴の会・国際交流協会ともだちin名取 「どっと・なとり」
・1回/月以上の会議を持つ協議体により運営するが、
事務局は国際交流協会ともだちin名取が担当する
傾聴については仙台傾聴の会が指導をする

【平成24年度】
平成24年4月 みなし仮設住宅住民が参加しやすい場所での
       お茶会を増やす
     「名取交流しんぶん」第2号を発刊、以降月刊化を図る
平成24年5月 パソコン講座の開催などを通じて、
       特に男のお年寄りが集まる場設定
        名取市と協働で丸井デパート支援物資配布会
       2回実施(2000人)
平成24年6月 お茶会、パソコン講座、新聞発行を継続する
   ともだちin神戸と協働で健康体操実施(8か所)
平成24年7月 お茶会、パソコン講座、新聞発行を継続する  
 
※このサイクルでアンケートを取りながら被災者の
             ニーズにあった支援を継続する

平成25年3月 決算 報告 の予定



今后的喝茶聊天活动计划[2012年07月24日(Tue)]
谁也可以参加,你也跟我们一起一边喝茶一边聊天怎么样?

*7月份*

7月28号 下午1点半-3点 搏c西文化馆(増田西公民館)

*8月份*

8月1号 下午2-3点半 名取市文化会馆 日本式的房间

8月3号 上午10-11点半 宫城生活协同组合柳生分店(みやぎ生協柳生店)

8月7号 上午10-11点半 衫ヶ袋北会议厅(杉ヶ袋北集会所)

      下午1点半-3点 东中田市民中心2楼(東中田市民センター2階)

8月8号 上午11点半-下午1点 小塚原南会议厅(小塚原南集会所)

      下午2-3点半 杉ヶ袋南礼堂(杉ヶ袋南公会堂)

8月9号 下午1点半-3点 搏c西文化馆(増田西公民館)

8月17号 上午10-11点半 宫城生活协同组合柳生分店(みやぎ生協柳生店)
JR名取站社区活动广场(名取駅コミュニティープラザ)

8月18号 下午1点半-3点 雇用促进 名取が丘

8月20号 上午10-11点半 名取市文化会馆 日本式的房间

8月21号 上午10-11点半 衫ヶ袋北会议厅(杉ヶ袋北集会所)

下午1点半-3点 东中田市民中心2楼(東中田市民センター2階)

8月22号 上午11点半-下午1点 小塚原南会议厅(小塚原南集会所)

      下午2-3点半 杉ヶ袋南礼堂(杉ヶ袋南公会堂)

8月24号 下午2-3点半 若林区中央市民中心另一栋2楼
(若林区中央市民センター別棟2階)

8月27号 上午10-11点半 馆腰文化宫(館腰公民館)

8月28号 上午10-11点半 搏c儿童中心 (増田児童センター)
                 向子女和父母的活动

8月30号 下午2-3点半 JR名取站社区活动广场(名取駅コミュニティープラザ)   


*主办、询问* 名取市支持中心(名取市サポートセンター)どっと.なとり
           电话 022-290-2090

名取交流中心(名取交流センター) 饭泽(いいざわ)女士
手机 080-5559-2193(上午10-下午6点)  


After a festival in Natori[2012年07月17日(Tue)]
After a festival

ひらめきI was so impressed from a little talk of a person in temporary housings.



ムードTango was so nice today.

Living in temporary housings makes me kind of dull for grateful feelings.

We have many events week by week.

Many supporting events made me it's natural to have these for we have so many.

Today I'm so impressed that this festival is hold by the people who had struggled to live in their original houses mending these.

I am so happy to be there today.

I feel myself to step forward with my own feet.

It is very nice to have this kind of festival with people in temporary housings, apartments and original houses.

It is also great in two points that first sufferers made it by themselves and second we had volunteers who support it from behind.


It remind me that I was moved that people had shared small amount of goods with others just after the Tsunami.

But gradually human desires had risen up. Seemed people want more and more.

Though people from abroad praised Japanese, I had seen embarrassing scenes.

I know it is one of natures of human beings.


Too much stuffs, loose one's minds.



演劇BUT

this is what I feel and think.

I know what they lost differs one by one.

People in temporary housing lost huge things in their lives.

This is true.

And lots of them work very hard now.

They are stepping forward by each foot and each speed.


Tomodachi in Natori
名取交流センタースタッフ研修 with アロママッサージ[2012年07月16日(Mon)]
20120716204800001.jpg

今日は、名取交流センタースタッフのための心のケアステップアップ研修でした。広島、兵庫、大阪から心のケア専門家を招いてのワークショップで、現場でのボランティアが抱える課題をシェアしながら多方面からみていく大変充実した研修になりました。午後は、傾聴にも効果的なアロマテラピーをスタッフのケアとしての実践もしながらびました。暑い1日でしたが、冷たい麦茶を飲みながらアロマでしたが癒されながら楽しく研修できてスタッフ一同体も心も軽くなって帰途に着けました。また明日から楽しく傾聴の実践ができます。海・空・太陽の先生方ありがとうございました。

日頃 被災者の方々の心のケアを一番に考え活動しているので
スタッフの方々は無理もしています。
そんな方々の心のケアも兼ねた 研修ができたことを心から
感謝申し上げます。

哀しいことが沢山あった東日本大震災ですが、それがあったから
この 海・空・太陽さんのように仲間として支援活動を一緒に
出来る方々とのご縁を頂いたと思っています。

連休を使い、被災地の支援に来て下さった方々のお気持ちに
応えられるような活動をこれからもしていきます。

ありがとうございました。ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)
小塚原南・北復興祭を自らの力で開催[2012年07月14日(Sat)]
名取交流センターのお茶っこのみで回っている地域の一か所!

20120714164100002.jpg

イベントアパートから仮設から、復旧した自宅から200人の方々が老若男女集まりました。奥さまたちの手作りおにぎり、玉こんにゃく、スマイルガーデン若者が焼く焼き鳥、地元のみんながいっち団結して素晴らしいお祭りになりました。アルゼンチンタンゴのプロダンサーのショーにうっとり。仙台合唱団の歌声でみんなで歌って居酒屋支援で大盛り上がり。

20120714163000003.jpg

20120714155100035.jpg


自ら頑張る 小塚原の復興祭は北と南と一緒に実施しました。
名取ロータリークラブからは今後自治会活動に使う希望の品を
寄付されるのですが、まず皆さんが集まって活動できるようにと
テントが届いて、お祭り!!

20120714165400004.jpg

20120714154200006.jpg

20120714164600001.jpg

感動の集まりでした!!

さあ、他の地域の方々も続きましょう!!


協力をして下さった多くの皆様も
楽しみながら笑顔で働く地域住民の方々の表情
から元気を貰いました。

演劇皆1日よ〜く 頑張りましたね!


自主的に元気を出すイベント開催 in 名取[2012年07月14日(Sat)]
杉ケ袋北美田園ファームにて自主企画のイベント

ちょっとだけ名取交流センターがお手伝いハートたち(複数ハート)

20120714122400012.jpg

名取交流センターのバックアップで

美田園ファーム大友倉庫でアルゼンチンタンゴを含む

お祭りをしました。
20120714122100003.jpg

このような美しい方々が

倉庫を会場にしてでも本格的アルゼンチンタンゴを

ご披露下さいました。

今日タンゴを見せて頂いた方々は今夜は夢の中で

踊る事、間違いなし!!

うっとりしていました。

ありがとうございました。

帰国を前のハードな中なんとか名取の人々を

元気にしたいと名取の2箇所で踊って下さいました。

国境なんてないように思います。

世界中の人々が早くそういう気持ちになりますように!

ご協力頂いた皆様に感謝します。


20120714123200011.jpg


留学生の皆さんへの情報[2012年07月13日(Fri)]
イベントこのたびは「東北地区留学生・奨学生交流集会」について
案内いたします。

交流集会は「日本学生支援機構」と「育英友の会」共催で開催しており
日本人学生と外国人留学生が共に2泊3日を過ごし、交流する催しです。
グループトークで互いに理解しあったり、
キャンプファイヤーやレクリエーションで楽しい時を過ごしたり、など
日常の大学生活の枠を超えた、交流の場を提供しています。

毎年 交流集会へたくさんの参加がありますが、
「一生の思い出になった」「人生について始めて真剣に考えた」と
高い評価を頂いております。友達の輪を広げるだけでなく、
将来 海外留学を希望している日本人学生や
日本に興味がある外国人留学生にとって
すばらしい国際交流の機会になると確信しております。

大学・短期大学・大学院・高等専門学校(4・5年生)の学生・留学生の方が
ご参加になれます。参加費は3,000円、会場までの交通費で
往復2,000円を超える分は主催者が負担します。
また定員は30名を予定しております。(お申し込みのタイミングで
定員を超えてしまった場合はご容赦ください。)

mail toお申し込みの受付は7月20日(金)までとしております。
詳細およびお申し込みは、日本学生支援機構のページをご覧ください。
http://www.ikueitomonokai.jp/syuukai/syuukai2012pc.html

东日本大震灾受灾者支援 向住在名取市和仙台市的受灾者 喝茶聊天(お茶っこのみでともだち)[2012年05月02日(Wed)]
 仙台积极聆听团体和国际交流协会朋友in名取一起开办
名取交流中心。目的是以宫城县新公共事业为了倾听住在
名取市和仙台市的东日本震灾的受灾者的心声,帮助他们的
自力更生。不管国籍、性别、年龄,谁也都可以参加,所以你也
跟我们一起一边喝茶一边慢慢地聊天怎么样?而且在每个
地方的本地人的合作下,我们安排离你家比较近的地方开
这些活动。

  为了环保,我们拜托你拿来自己的杯子。谢谢你的合作!

*不用提前预约,当天直接来到每个活动地方*

<5月份的计划>

5月9日(水)上午11:30−下午1点   小塚原南集会所
         

       
        下午2−3点半      杉ヶ袋南公会堂



5月11日(金)下午2−3点半     柳生市民センター
                   (柳生市民中心)



5月14日(月)上午10−11点半     館腰公民館



5月15日(火)上午10−11点半 
             東中田市民センター1階和室
           (東中田市民中心1楼日本式的房间) 
      

   
        下午1点半−3点 杉ヶ袋北 大友倉庫
                   (美田园农场)
       

  
        晚上7−8点半     増田西公民館



5月18日(金)上午10−11点半  
             みやぎ生協柳生店1階集会室



5月19日(土) 下午1点半−3点  
            名取が丘 雇用促進住宅集会室



5月23日(水)上午11:30−下午1点
                   小塚原南集会所


        下午2−3点半      杉ヶ袋南公会堂



5月28日(月) 上午10−11点半     館腰公民館



5月29日(火) 上午10−11点半 
              東中田市民センター1階和室
             (東中田市民中心1楼日本式的房间) 
      


               名取市文化会館


         下午1点半−3点 杉ヶ袋北 大友倉庫
                      (美田园农场) 


询问:国际交流协会 朋友in名取 飯澤(いいざわ)女士
             080-5559-2193(每天上午10-下午4点)


今日の交流センター[2012年04月26日(Thu)]
名取市役所は桜の花がとても綺麗です。

だから、朝に伺った仮設の集会所の前であった方々が

「お花見に行くんだよ」といっていました。

「どこに?」「市役所」

そうして彼女たちは名取市役所に花見に出かけました。


 交流センターでは今日は、5人が事務所に詰め・・・

眼鏡PC(ワード)教室のポスターや

テキストを準備する人

カメラ写真を整理して報告書を書く人

携帯電話「お花見に行きたいね〜」と計画はあるのですが

毎日締め切りのある書類に追われ・・・今年は

お花見は無理ですね。土曜日にサッポロビール

仙台工場構内で行われた 桜(復興)まつりで

綺麗な花を見ながらのお手伝いだったので、

ま〜いいとするか・・・

さて、私たちは今ゆりが丘に仮事務所を置き活動を

していますが、皆で会議をしたり、研修をするとき

広いスペースが必要ですが、公民館などもまだ十分

でなはない名取市において、集まる場所にとても

困っています。

そんな私たちを見かねてご自分の事務所を

使っていいよと言って下さる方が居ます。

本当にありがたいことです。

そこにいるとたくさんの人との出会いが

あります。私たちと同じく集まる場所の

ない方々に集まる場所として事務所を

提供していることにより、そこで大人や

子供も集まり、どんな街にしたいか、

どう復興していくかなどを話し合ったり

とても重要な活動を支えてくれています。

私たちはその方々と交流が持てることで、

どんなことが今一番必要とされているのか

常にそこから学ぶことが出来ます。


会場を提供している方は

意図しなかったことだったと思いますが、

 その、一人の方の提案で、こんな展開があり

それぞれの得意とすることでジョイントして

何かの活動へと発展にもつながりそうです。


一人では頑張れないとき 他の人の笑顔や

助言で前に進めることを実感します。


 イベント5月12日・13日には 

みなし仮設の方々を

対象にした丸井さんの支援イベントをします。

 イベントまた、6月16日から18日には 

仮設住宅集に方々を

対象にして ともだちin神戸のイベントを実施。

 継続して神戸から支援に来て下さっている

神戸市役所の職員の方々の意欲により、教えて

頂いた体操を継続して、はがきを送り・・・

交流が続いているという素晴らしい事実があり

私たちも感激しています。

 mail toきっと、近くの人には話しにくいことも

つぶやいたりできる 素敵な人間関係が出来

ているんでしょうね。

 また来て下さることをとても楽しみにして

仮設住宅で暮らしている方々が居ます。

神戸でご自分も仮設・復興住宅に暮らした

経験のある方が 本当に必要なのは健康を

維持するための心の支援だと、一生懸命に

名取市の仮設住宅の方々のための支援を

遠方より続けて下さっています。

 わーい(嬉しい顔)ありがとう みんな待ってます晴れ

      by  W





Community Newspaper in Natori[2012年04月22日(Sun)]
小さなコミュニティーで考えを出し合ってミニコミ紙を作って

みませんか?

★ 皆で集まるきかっけになる。

★ 編集の段階で皆の考えを知ることが出来る。

★ お互いの考えを理解するための題材となる。

★ 情報を出したい人が情報を書ける。

★ 新しい事へに取り組むきっかけになるような情報も出せる。

とか・・・・・・いろいろ効果があると思うのです。


それで、私たちはまず、パソコン教室(ワードを使ってみよう)

から始めようと考えました。



先日の新聞作りの会に参加してくださった男性陣は本当に

素敵な方々でした。ダンディーな方から、[パソコン]と

表紙に書かれた大学ノートを持って参加してくださった方、

み〜んな緊張して始まったのですが、中川先生も悠先生も

とても親切なので、休憩を取る時間になるころは、打ち解けて

いて、饒舌になっていて、男性版お茶っこのみとなり

本当に嬉しい展開でした手(チョキ)


そこで、そうだ! やっぱりパソコンを交流のツールとして・・・

男性陣の交流を深めようとと決めました。

直に期待に応えて下さったのは いつも応援し続けて下さっている

せんだい・みやぎNPOセンターさんです。

早速・・・とりあえずワード教室には十分なPCの調達にご尽力を!

カメラ

それから、先日こちらもせんだい・みやぎNPOセンターさんを通じて

支援して頂いたデジカメも新聞の記事の取材に使用しています。

ゴージャスな 防塵・防水でありショックにも強いカメラです。

それも使い、写真を入れながら文章を打ち、新聞の記事となる

ようなワード練習会を開催する予定です。



先日の 新聞作りの最後には全員で先生のipad を囲み・・・虜に

なっていました。

「息子がね、震災後PCを買ってくれたんだけど、こっちにして

くれればもっとよかったのにね!」とダンディーなオジサマは

言いました。素敵です!どんどん新しいものやことに挑戦する

その姿に感激しました。


 紳士ばかりではなく、淑女も

「やってみたかったのよ」と PCの前で目を輝かせてぴかぴか(新しい)目

 さ〜期待に応えなきゃ!

 明日もニーズに応えられるように、頑張ります。


そうそう、そういえば、今のところ、アンケートの結果で

全員が 傾聴のお茶っこのみでともだちは必要だと書いて

下さっているので・・・張り切っているのですよ私たちも!!

 これからは、年代別とかも取り入れて 特色のあるお茶会を

設定して、目的に合わせて会場を訪れるような形になるのが

いいのでは〜と検討を始めましたexclamation×2

 そちらもご期待下さいね。

特に子育て世代には、子供を見てくれる人がいて、安心して

大人だけで話をする。一時 こどもから離れる時間も作って

あげられたらいいな〜と考えていますexclamation×2


ご意見ご希望をお寄せください。

mail to

tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp

            by  W



Community Newspaper

Making newspaper brings many good points in community.

- Nice occasion to gather
- People bring their own ideas, which allows them to know each other
- A step to understand each
- New information moves people


Last time, some men gathered.

It was like Tea for Friends of male.

We decided to have a place for men to gather using Personal Computers.

Thanks to Sendai Miyagi NPO center, we could have some PCs for it.

And the center also supported us with digital camera.

We can use it for newspaper.

We are planning to start with Microsft Word seminar soon.



As for teh questionair the other day, we are so happy to have the reply.

Everyone said they want us to continue the Tea for Friends.

We'd like to have various occasions like generation courses.

Especially for parents who have little children,

it woul be nice for them to gather and let children play.

And they can have tehir own time.


By W
Tea for Friends in Kodukahara and SugigaFukuro[2012年04月21日(Sat)]
お茶っこ飲みでともだちin小塚原&杉ケ袋南公会堂

晴れ小塚原では、安来節で拍手喝采。杉ケ袋南公会堂では藤田賢一先生の整体体操を全員で楽しみました!どちらの会場にも春の大風にめげずに咲いたフリージアが彩りと香りを添えてくれました!今日はこの事業を継続する必要を感じるかのアンケートも書いてもらいました。(事業継続は予算面での苦労もありますが、皆様に必要と思われるならば継続の努力をしていこうと、アンケートを取っています。現在のところ全員が継続を希望すると答えて下さっており、皆様の心に寄り添った活動をしていきます。)
2012041812150000.jpg

体操で身も心ものびのび〜

2012041814210000.jpg

また、宮城農業高校の先生が講演に行って感銘をうけた熊本県立鹿本農業高校の生徒さんが作ったみさを大豆で作った大豆ホットケーキミックスのプレゼントもありました。熊本県立鹿本農業高校のみなさん、ちゃんと届けました。ありがとうございました!

2012042122390000.jpg

わーい(嬉しい顔)ふんわり膨らんで とてもおいしかったよ〜


by I


Tea for Friends in Kodukahara and SugigaFukuro

We had enjoyed an exercise from Prof. Fujita in SugigaFukuro.

Lots of freesias were full bloom, giving us a wonderful feeling.

We had a questionair about this Tea for friends if you feel this necessary or not.
(We'd like to continue this if people need this kind of gathering, though it is actually kind of hard to from the aspect of funds. But everyone had replied this is important for them, which gives us a power to keep going along them.)

And today we had a gift from a high school in Komamoto.

It's a bunch of flower specialized for cake.

It is made from soy beans.

Thank you very much!!

It was so nice! The cake was delicious!

By I
プロフィール

新しい公共による名取交流センターさんの画像
新しい公共による名取交流センター
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_natori_ja/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori_ja/index2_0.xml