CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
東北ヘルプさんの支援 [2012年10月27日(Sat)]
2012102710580000東北ペルぷ寄贈品.jpg沢山の被災地支援の会の中に
仙台キリスト協連合 被災地支援ネットワーク という団体が
あります。

私たちの日本語講座での外国人支援に協力をしていただたいて
おります。

今回、こちらの希望を聞き入れて下さりキャビネットを寄贈して
頂きました。

2012102710590000寄贈ロッカー.jpg

日本語講座受講生の書類など個人情報に当たるものを管理する為
に鍵をかけられるキャビネットが欲しいという希望を叶えていた
たきました。ありがとうございました。

そして、日本語講座の為の事務所の室料が一ヶ月8,000円
必要なのですが、その室料をH25年4月まで応援でるようにと
本部の会議にかけてくださるというところまで、次の支援を
考えて下さっています。

私たちの ともだちin名取 は全くの任意団体であり、会員が
一人3,000円持ち寄って運営している会です。そして、
日本語講座の受講生がご家族に気兼ねしないで受講できるよう
に、受講料はかからないよう、会の年会費3,000円のみの
支払と、本人のレベルに合わせた書籍の購入を個々がするだけ
で日本語の学習が出来るように支援しています。


今、日本語を習得すれば、外国からいらした方々も将来的には
良き納税者となるであろうと、市町村単位で外国人の為の日本
語講座を準備している地域が多くあります。さらに、今回の
震災では、この日本語講座を通して外国人への支援が行われた
事実がクローズアップされ、これまでの日本語講座のなかった
地域も既に、日本語講座を立ち上げたりと全国的にも注目を
浴びていいます。名取市も国際交流の大綱を更に良いものに
する時期が来ているので、これから大きく変わることを期待
しているところです。

それまで、私たちは同じ地球市民として海外出身者の皆さんと
ともに双方向で学び会える交流の場を提供する中心として
活動を頑張ります!!

そんな私たちの思いを理解してくれて、元々外国人支援に力を
入れてこられた東北ヘルプさんが大きな力をくださっている事
を皆さんにお知らせしましょう。


このご支援の背景には
特定非営利活動法人 笑顔のお手伝い
理事長 千葉義信 氏

東北ヘルプ Tohoku Help
外国人被災者新センター
Kyu 哲一 氏

楊さん などの多くの方々のお骨折りのお陰で名取市の
近隣に住まわれる皆様を応援へと形になっています。

名取市には、まだ公的な外国人を支援する場がないので、
私たち民間が、外国人の皆様が集まれる場を提供して
いきたいと思う気持ちと一緒になり、新しい形で・・・
協働できることが出てくると期待しているところです。

ぴかぴか(新しい)皆様本当にありがとうございますハートたち(複数ハート)


11月7日(水曜日)まちカフェにて [2012年10月02日(Tue)]
11月7日(水曜日)

ひらめき11時から1時くらいの予定で

ゆりあげまちカフェを会場に、横浜のアートラボさんが
アーティストを連れてきて、
小さな国際交流お楽しみ会
を実施してくれます。

ともだちin名取の日本語講座で学習する日本語を母語と
しない方々のお楽しみのために・・・
特に韓国・中国・タイの方が来て下さるらしい!!

この機会に 国際交流の仲間入りをしたい方は
どなたでも大歓迎!!

来てね!!
日本語講座での深〜い話 ((^_-) [2012年10月02日(Tue)]
きょうの日本語講座でちょっと面白いことがあったのでお知らせします。

台風一過の今日の講座で「台風の影響で高速道路が閉鎖になり・・・」
というような場面が
ありますね、という話をしていて「閉鎖」という字を私が書いたとき
韓国出身の方が
「先生、その字は違います。門構えの中はカタカナのオです」というのです。
小学校の時から門構えの中は「才」だと信じてきた私は驚いて携帯の辞書を
引きました。
なんと、門構えの中は「オ」です。
ほかの講師に聞くとみんな「才」だというのですが、
2台の電子辞書とも「オ」です。
時代とともに変わったのか??と疑問に思いながらこのことは
講師の宿題にしました。

帰宅してから現役中学生に聞いてみるとやはり門構えに「才」だと
答えるので変わったわけではないらしい・・・・・
教科書で確認すると「才」でした!
大人向けの辞書では「オ」になっていますが小学生用の漢字辞典
には教科書体と明朝体両方が併記してあり
「明朝体は新聞や活字によく使われる形。書くときの形とは違って
見えることがあるので注意」
と解説がありました。

私に字の間違いを指摘してくれた学習者の方は
「この字はエレベーターで見ます」と話してくれました。
学習者の方たちは手書きの文字より活字を見る機会の方が多いと
思うので明朝体の形を覚えてしまうことがあるんですね。


日本語講師をしていてこういうことに出会うのが面白いなあ、
と思った10月第1回目の日本語講座でした。


とても素敵な時間が流れています。
今日もパパと子どもだんと3人で
日本語講座の受講を希望するママが尋ねて下さいました。

私たちはこのママと共に、明日の世界をかえていけるこの子ども
たちと関われることも喜びの一つです。