CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2009年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
日米草の根交流 市民交流会 [2009年07月31日(Fri)]
 草の根交流会2日目の今日は、市民活動支援センターにて一般の市民参加者も交え、日本語

体験絵手紙体験押し花体験
など、昨日とはまた違った角度から日本文化に

親しみました。

  
  まず最初に行われた日本語体験では、アメリカから来られた方々の名前を漢字で表すと

どうなるかを、それぞれのホストファミリーの方を中心に各グループに分かれ、他の参加者と一緒に

考えましたメモ 時間的制約もあり、あらかじめそれぞれの読みに当てはまる漢字をいくつかピックアップ

してまとめ、その中から好きな文字を選んでもらう形を取りました。ゲストの方々はそれぞれの漢字の

意味や形から自分の気に入った文字を選び、次々と個性的な漢字の名前が出来上がりました。最終的

には出来上がった漢字の名前を色紙に書き、その下にひらがな・カタカナ・そして英語を書き添えて、

更には日本語で「私の名前は○○です。よろしくおねがいします」と簡単な自己紹介を一人ずつ行い

ました。皆さん本当に大盛り上がりで、中には自ら筆ペンを執り、ホストファミリーに書き順を教えて

もらいながら、初めての漢字書きに挑戦する方もびっくりまた日本語での自己紹介も、皆さん本当に日本語

が全く話せないとは思えない程スラスラと日本語を話されていてこれまたビックリ(@_@)でした。


  その後別の部屋に移動し、絵手紙押し花の体験を行いました。こちらも皆さん初めての体験

でしたが、筆を持つ手もなんのその、和やかな雰囲気の中思い思いの絵手紙や押し花が出来上がり

ましたクローバー

 

 なお出来上がった絵手紙は切手を貼り会員お手製のポストに投函され、後日それぞれの送り先へ

心温まる便りが届く予定です。


 またその絵手紙・押し花体験が行われている会場の片隅では、子供達のために体験スペースが

設けられ、こちらでは高校生の会員が中心となって、子供達と一緒に貼り絵をしたり折り紙をしたりと、

子供は子供で楽しんでいました笑いその他にもコマやけん玉、だるま落としなど日本のおもちゃを実際に

体験できるコーナーもあり、特にけん玉に興味を持たれる方が多く、皆さん果敢に挑戦されていました。

 更に来日の記念となるような、会員手作りの和風キーホルダーや絵葉書といったお土産を販売する

コーナーも設置し、ゲストの方はもちろん、日本の方々も興味を持ってくださる方が多く、まとめていくつ

も買って下さる姿が見られました。(会員の子供の小学生が女の子男の子で売り子として頑張っていました)


 
 そしてお昼になりそろそろお腹もすいた頃、ポットラックパーティーとなりました。日本人会員だけで

なくタイや中国、韓国出身の会員が昨晩もしくは今朝早くから腕を振るい、ちらし寿司や手巻き寿司、

おでんに水餃子や韮のお焼き、キムチやチヂミ、更にはデザートまで実にさまざまな料理が所狭しと

並び、皆さんのお腹を次々と満たしていきました。中には日本ではほとんど見かけないのですが、中国

ではポピュラーな干豆腐という薄く平べったい紙状の豆腐を使ったサラダや、日本人でも難しい野菜飾り

切りを、外国出身の会員が実に見事に行っていたりと、本当にそれぞれの力作が勢揃いでしたおにぎり

 
 皆さん思う存分食事を楽しんだ後は、日本の手遊びをいくつか教えてもらい、楽しい会もお開きとなり

ました拍手


 アメリカから来られたゲストの方々はもちろん、参加された皆さんが本当に満足そうに帰路につかれて

いたのがとても印象的でした。


 
 明日は洞口家住宅の見学、そして丁度来日に合わせたかのような花火大会花火見学です。昨日までは

雨との予報でしたが、お天気は回復し雲との事。ぜひとも来日の良い記念となるような、大輪の花が

見られるといいですね。

                                                 by H

 









日米草の根交流in名取 [2009年07月30日(Thu)]
茶道体験
   & 
生け花体験


名取市愛島の郷内邸において、茶室でお点前を教えて頂きました。

そして、さらに 生け花をさせて頂きました。

「草月流は生ける人の気持ちのまま自由に生けていいのよ」と優しく教えていただき

先ずは好きな花器を選び、それぞれ生けてみました。

「あら〜初めてとは思えないわ。」「初心者は、なかなか短く切れないのに上手ね。」

と褒め上手の郷内先生の話術で、リラックスしてそれぞれの素晴らしい作品に。



最後には、お客様をもてなすホストの側の体験をゲストの方々がして

ホストファミリーの方々がもてなされるお客様役をして唐澤先生のアイディアが

大当たり!! 素晴らしい時間を過ごしました。


昨今の世界情勢の影響で少人数の名取訪問となりましたが、その分とっても濃い

交流が出来ました。堅苦しいイメージの日本文化体験と思いきや〜

笑い声が響き、笑顔か耐えない時間を過ごすことが出きて、

ご一緒させて頂いた我々もこの『一期一会』に喝采。


また、いつも控えめな会員がなんと実は英語の達人でびっくり!!

皆さん、「脳ある鷹爪を隠す」の精神だったようで〜日本人とは

こういう人が昔は多かったんだと思い出す瞬間もありました。

本日はAさんとMさんのお陰で、深い交流が出来ました。ありがとう。


  明日は、絵手紙

押し花

ポットラックパーティー

日本の手遊び























 明日まで〜待てない!!

by W
皆既日食 [2009年07月28日(Tue)]
皆既日食

月

昨日私は、日米草の根交流の名札作成の用紙を購入するために

ベイシアに行きました。

そこで、春にカナダへの中学生派遣にご一緒させて頂いた理科の先生のお会いしました。

なんと、中国で皆既日食を見てきたそうです〜

しかし、カメラが壊れて〜と。データーは大丈夫だったそうです。

今度そのお話をjここに載せていただけるようお願いしたいと思います。

上海まで見に行った人が見れなかったと言ってましたし。

南京のRさんは暗くなるのを体験しただけでも感激しましたメールをくれました。

そんな中、流石〜理科の先生!!  ちゃんと見れたとのこと!!

早く見せてほしいな〜  太陽


皆さんはどうでした?!       では、お楽しみに!!   by W
明日は世紀の天体ショー [2009年07月21日(Tue)]
  学校が夏休みに入り、子供達の登下校姿を見ることも少なくなりましたね。子供達にとっては休みが

長く楽しい毎日でしょうが、親達にしてみれば…困った 休みのない大人にとっては羨ましい限りですね。

 
  昨年度までは日本語講座も夏休みがありましたが、今年はお盆前後を除いては通常通り授業が

行われます。暑いかと思えば今日みたいに寒くなったりと気候の変化も激しいですが、くれぐれも体調を

崩さないように、特に暑い時には熱中症などに気をつけて、程々に勉強も頑張って下さいね走る 



  ところで、明日7月22日はあるビッグイベント(?)がありますね太陽 連日テレビ等でも話題になって

いるのでご存知の方がほとんどだと思いますが、日本全国で部分日食が、南の一部地域では46年ぶり

の皆既日食が見られます。仙台では食の開始が9時59分、約65%が欠けるといわれている食の最大

が11時12分、そして食の終わりが12時26分だそうです。今のところ名取の明日のお天気はくもり雲 

次に日本で皆既日食が見られるのは26年後とのことなので、是非とも見てみたいものですね。ちなみに

21世紀中に日本では全部で4回皆既日食が見られるそうです。また太陽がリング状に見える金環日食

というのもあるのですが、こちらは2012年5月21日に、関東以西で見ることが出来るようです。

(宮城も92%欠けるそうですが、完全な金環とならないのが残念悲しい

  実は今回の皆既日食、お隣中国でもすごい話題になっています。中国では長江流域で見られるよう

で、中国の全人口の約4分の1である約3億人が日食を見、また海外から3000万人が訪れるとの事。

特に上海近辺がベストポジションらしいです。ちなみに上海で皆既日食が見られるのは実に434年

ぶり、また今回は食の時間が約6分と過去500年間で最高らしく、今世紀最大の天体ショーだと

いわれています。ただ向こうもほとんどの地域はくもりの予報で、はてさてどうなることやら!?ただ安徽省

ではロケット弾を発射して人工的に雨雲を散らす試みもあるようで…。


 
   ちなみに太陽をくれぐれも直に見たり、黒いからといってサングラスやスキー用ゴーグル、下敷き

など、更に天体望遠鏡や双眼鏡で覗いたりせず、専用の日光眼鏡を使う様にして下さいね。また専用の

眼鏡がない人は、使用済みのテレホンカードなど小さな穴の開いた物を用意して、その穴に太陽光線が

通るように地面に写すことで、直接太陽を見ることなく日食を楽しむことが出来るとの事です。

  明日の朝はいつもにも増してお天気が気になりそうですね笑顔


                                                  by H
ともだちin南京 No.3 [2009年07月15日(Wed)]
  南京在住のLさんから、またまた中国のきれいな写真とお便りが届きましたメール

  彼女のお子さんは6月末に幼稚園を卒園し、9月からは小学生鐘(日本と違って9月が新学期

なので、半年遅れですね) 現在は長い夏休みを満喫中びっくりはてな 向こうも梅雨真っ只中で蒸し暑い

そうです泳ぐ


   今回ご紹介するのは中華民国の臨時大統領である孫中山(孫文)の陵墓「中山陵」です。








南京市東部にある、龍の形をしているといわれている紫金山

に位置し、1926〜1929年にかけて、蒋介石により造営。

総面積は3000万uで、中国近代建築史において第一陵と

いわれる。牌坊、墓道、陵門、碑亭、祭堂と墓室が縦一直線

に並び、緩やかな坂道を500mほど登った後、当時の中国

の人口3億9千200万人にちなむとされる392段の石階段が

続く。高低差は73メートル。周辺には2万本のヒマラヤ杉が

植えられ、階段を登ると孫文の像と1929年に北京から移さ

れた遺体が収められた棺が安置されているドーム状の墓室に出る。

入場料は80元(日本円で1200円くらい、周辺の霊谷寺、音楽台、孫中山記念館も含む)。中山陵の西隣

には世界文化遺産である「明孝陵」がある。


中国広し、実にさまざまな建造物があることに驚かされますね笑顔

 また、実際にそこに行かないと分からないことを知ることが出来るのも、いいことだなと思います。

                                              by H
買い物上手だね!! [2009年07月10日(Fri)]
「買い物上手だね!」

このフレーズが今私の(私たちの?)マイブームです。

金曜日のお茶っこ飲みでは、忙しい方々は、チャリンと募金箱に入れ

皆さんが持ち寄った物をいただき〜料理 〜幸せなひと時を一緒に過ごす
ことが出来るルールもあります。ラブ 悲しい 嬉しい〜


しかし、出先から来たから〜と、コロッケを買ってきてくれる人。

デザートになるようなお菓子を買ってきてくれる人。いるのですが〜

そんな時、「買い物上手だね!」という言葉に全員でニッコリ(^^♪ !(^^)!


「は?買ってきたの?」なんていう言葉が出るかとどきどきして買って来た時に

こんな労いの言葉が心に染みて来ました。

日本に来て、きっと大変なことも沢山あっただろうに、こんな優しい気持ちで

人と接する事が出来る素晴らしい人々が集まっているこの会は

素敵だ〜と大声で叫びたくなりました。

なんて素敵な人々なんだろう〜と〜また、また皆さんのお人柄にウルウル天使

しかも、この台詞は、日本語講座で学ぶ方が言ってくれた言葉だっただけに

命の洗濯が出来る時間だな〜と、このお茶っこ飲みの時間がますます大事に

思いえて来ました。是非、一度は来て見てくださいね〜  

走る  さあ〜今すぐ〜走って来て 走る     by W


日米草の根交流 [2009年07月10日(Fri)]
7月31日の日米草の根交流
   国際交流体験会


沢山のお申し込みを頂きありがとうございました。

 人数の関係上申し込みを終了しております。

またの機会にお申し込みいただきたくお知らせいたします。

         
                       事務局より
シニア元気笑学校 [2009年07月06日(Mon)]
 7月5日(日)、当会会員の中国出身のOさんが、「シニア元気笑学校」の講師として、

約100人の60〜90代の受講生の前で、日本語で1時間にわたる講演を行いました。





  Oさんはこれまでも、国際交流大会でのスピーチや地域講座の講師、スピーチコンテストやラジオ

出演などさまざまな場面で活躍してこられましたが、今回のような1時間ずっと話をするというのは

恐らく初めてで、本人も直前まで緊張していたようです。でもいざ話を始めるとそんな緊張もどこへ

やら、準備していたメモを見ることなく自分の言葉で堂々と話をし、会場の皆さんも熱心に彼女の話に

耳を傾けておられました。

 
  自己紹介では、文化大革命によって父親やお兄さん達が大変だったことや、日本を好きになった

きっかけ、そして日本にお嫁に来て苦労も多々あった反面、周りの方に声をかけてもらって乗り越え

られたことなど、思わず聴衆の涙を誘う場面もありました。また故郷の話では、70年以上前に日本軍が

架けた橋を現在も残してあるという話や、これからは日中友好のために力を尽くしたい!と力強く語って

いました。また日本独特の習慣や家族のこと、そして「ともだちin名取」に参加するようになって、日本

語の勉強だけでなくいろんな人と友達になって自分が変わったことなどを話し、最後は「涙そうそう」を

ワンフレーズ歌って講演は終了しました。



 母国語ですら難しいと思うのに、母国語でない言葉で1時間という講演は本当に大変だったと思います

が、それを見事やりとげたOさん。本当にお疲れ様でした拍手でもこうした経験はきっと、彼女のこれから

の大きな糧になると思うし、またそんな母親の姿を見ている子供達にも大きなプラスになると思います。

更に一緒に活動をしている我々日本人会員や一緒に机を並べ日本語を勉強をしている外国出身の会員も、

そんな彼女の姿に元気をもらい、これからの活動において大きな前進の一歩になったのではないでしょう

か?




 メガホン今後も当会の外国出身会員の活躍する講座が開かれます。本人の頑張り

は勿論ですが、それを陰で支える人達も必要です。日本人・外国出身関係なく

色々な事に向かってお互いの知恵を出し合い、自分の出来る範囲で頑張って

いけるのが「ともだちin名取」の良い所だと思います。興味のある皆さん、

ぜひ一緒に活動をしてみませんか?メガホン

 
                                                by H