CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
オーストラリア版トリビアの泉 [2009年05月31日(Sun)]

6月25日(月)オーストラリア出身Sさんによるお国紹介が催されました。〓

当日は1時間も前からいらっしゃって、予行練習をされている姿を拝見し、

これからどんなお話が聞けるのかとても楽しみになりました。


Sさんはとても上手な日本語を話されますが、最初の自己紹介で中高大学と

日本語を勉強されたとお話になり、なるほど納得しましたびっくり

さらに大学では中国語も勉強されたそうで、当日は中国語で自己紹介をされ、

中国の方たちから拍手拍手をもらうという場面もありました。笑顔

また、ご自身で作られたファイルを一枚ずつめくりながら丁寧に説明されている様子から

Sさんの人柄がとてもよく伝わってくる楽しいスタートとなりました。



           




オーストラリアは皆さんもご存じの方も多いと思いますが、イギリスの植民地だったため、

国旗にはユニオンジャックが使われています。

そこには星6つの星星が描かれていますが、これにはどんな意味があるかご存知でしょうか?

アメリカと同じように州の数を表わしているのでは?と思われる方も多いかと思いますが、

実はオーストラリア大陸の主な半島の数を表わしているということでした。

さっそく地図で確認しましたが、改めて見るとオーストラリアは今更ながらですが、

とても大きな大陸だと改めて感心させられましたびっくり

それではここで問題です。オーストラリアは世界で何番目に大きな国でしょうか?

答えは番目です。皆さんお分かりになりましたか?


         

          


さらにお話は独自の進化を遂げたオーストラリアの動物に進み、

こちらでも目からうろこのお話が聞かれました。

カンガルーはオーストラリアではたくさんさん生息していることは知られていますが

なんとペットとして飼うことはできないそうですびっくりびっくり

とはいっても庭先でときどき見かけることもあったそうで・・・。注意

庭にカンガルーはてなはてな日本ではとても想像ができない光景ですね。笑い



またスポーツではラグビー、クリケット、最近ではサッカーが人気だそうです。

日本ではクリケットとうスポーツはあまりなじみがありませんが、

オーストラリアでは、プロの選手が活躍されているくらい人気のあるスポーツで、

野球の原型と言われています。〓

野球との違い投球はワンバウンドで投げられ、ストライクはないことです。

一試合野球にすると200〜300点びっくりも点数が入るという紹介を聞き、

さっそく興味がわいてインターネットで調べてみました。パソコン



      



クリケットはイギリス発祥でラグビーと並び上流階級のスポーツとされており、

名門校では必須種目とされています。

10アウトまたは300球終わったところで専守交代となり、

一人60球を5人交代で投げ、打った選手はグラウンドを何周でも回ることができ、

一周ごと一ランとして得点が加算され、1イニングだけで勝敗が決まります。

驚いたことにランチ、ティータイムを挟んで時間以上かけて一試合が行われるほどの

長丁場だそうですびっくりなるほど確かに300ラン(点)になってしまうはずですね・・・。困った

またその他、イギリス、インド、パキスタン、バングラディシュ、ニュージーランド、

南アフリカなどの英連邦諸国で盛んに行われているそうです。

ちなみに日本での競技人口は約1500人

いつかオーストラリアと国際試合で交流となる日が来るといいのですね。笑顔



穏やかで雄大なイメージのあるオーストラリアにも厳しい現実があります。

白人によって大陸が発見されるまでは、アボリジニという原住民が住んでいました。

多くの植民地がそうであったように、彼らもかなりの迫害を受けてきました。悲しい

今ではほとんどのアボリジニたちは独自の生活スタイルをやめ、定住しているそうですが、

まだ一部の人々が昔ながらの生活を送っているそうです。

オーストラリアは移民が多い国なので、人種の壁はあまりないのではと思っていましたが、

やはり現実は今なお差別はなくなっていないようです。

しかしSさんご本人はオーストラリア人にとってこれは大変恥ずかしいことだと

おしゃっていたので、その言葉を聞くと、これからのオーストラリアは

この悲しい歴史を乗り越えて、明るい未来が待っているのではと希望がもてました。笑顔キラキラ



注:アボリジニ(aborigine)は英語であり、初め(origin)がもともとの意味の、

先住民・土着民という意味の言葉ですが、我々日本人の中ではオーストラリア先住民を

表す言葉として認識されているようです。その場合( Aborigineと大文字で書き始めます)

英語圏の他の先住民族もアボリジニと呼ばれています。

【the aboriginesで原生の動物(食物)】という使い方もあります。



最後にキラキラ}「Home Among the Gum Trees」キラキラという歌を

紹介していただきました。

オーストラリア人が憧れる生活がこの歌には書かれているそうです。

家の庭にはユーカリと桃の木木、そしてカンガルーと羊がいる。

ベランダには古いロッキングチェアーがあり、夜にはロースト(ビーフ、チキンなど)料理

朝はベジマイト(黒っぽいしょっぱい味のペースト)を塗ったトースト食パンを食べ、

昼にはお茶をする・・・。とても自然を感じられる優雅な暮らしですね。笑顔


日本人観光客も多く、とても身近に感じていたオーストラリアでしたが、

いろいろお話を聞いてみると、いままで知らなかったトリビアなお話がいろいろ聞けました。

皆さんからもたくさんの質問が飛び、何度も へえ〜びっくり とう声が聞かれ、

とても充実した時間となりました。平日の午前中にも関わらず、

たくさんの方々に参加して頂き、本当にありがとうございました。すいません


さて最後に皆さんにクイズを一つ

オーストラリア人が嫌いな日本の食べ物はなんでしょう?

1.もんじゃ焼 2.焼きそば 3.たこ焼き

正解は番 オーストラリア人はタコを食べないからでした。

皆さんわかりましたかはてな



     回 6月15日(月)  12:30〜13〜30


     日本語講座部勉強会 「他動詞、自動詞」    を開催します。



「窓が開いています」「窓を開けます」

日頃、何気なくこの言葉を使い分けている私たち日本人。

さて外国人のみなさんにこの違い説明するとしたらはてな

こちらもトリビアなお話が聞けるかもしれませんね。みなさんの参加お待ちしています。笑顔


                                                  by I音量
今日のお茶っこ飲み [2009年05月29日(Fri)]
今日は5月最後のお茶っこ飲みをしました


今日は韓国のラーメン。
韓国のお母様から送られた韓国海苔やキムチもごちそうになりました。
来週はチヂミを作ってくれるって〜


中国のちまきにはなんとナツメが入っていました。『やわらかいね、一晩水に浸けてから作ったの?』と聞けば。『3晩水に浸けてから作ったんだよ』え〜!!


いろんな話の中で、 という漢字についての話を聞いてまたびっくり!!
中国ではお母さんという意味の漢字であり。日本に来て〜え? むすめ?! 
いつどこで変わったんだろうと驚いたそうです。
その事情を知っている人がいたら教えて〜


 和食では柿なますを食べました。

 タンドリーチキンも食べたし

 お腹いっぱいで幸せな一時を

 過ごせました。

 この場所を提供してくださる

 名取市市民活動支援センターに

 感謝!!

 器がなければ集えないものね!

 晴れている日ならともかく

 

雨こんな雨の日は集う場所に

 感謝の気持ちがおおきくなりますね。

 『中国語使ってみたいな〜』

 『私の韓国語通じるかしら?』


     そんな気持ちがある人、集まれ〜

     発音を教えるのがとても上手な方々なので

     毎回教えてもらってます。

     仲間になりましょう 〓  

       毎週金曜日12:00〜13:30来てみて走る走る走る
  by W
十年一昔と言えない [2009年05月26日(Tue)]
 世の中の移り変わりが激しく、十年たつとまるで以前の面影が失われ、昔と今ほどの違いになる

ことを「十年一昔」と言いますが、最近はそれ以上に移り変わりが激しく、「五年一昔」ひいては

「三年一昔」ということも少なくないのではないでしょうか。


 例えば携帯電話。今でこそ当たり前になっているメールですが、このサービスが開始されたのは

1998年、今から11年前のことです。丁度バブル崩壊が深刻になり、急速な景気悪化が始まった

頃でした。初めの頃は50文字送信出来るか出来ないか位で、伝えたい事も十分伝えられず、また

一通送るのに15〜20円かかっていました。(ちなみに現在だと同じ値段で3000文字以上可能

です。)

  またカメラ付きが出始めたのが2002年。当時は11万画素だったのが、ほんの7年の間に

デジカメ並みの1000万画素の物まで発売され、携帯なのかデジカメなのか分からない薄さと

デザインには驚かされるばかりです。

 そして携帯でテレビが見られる、ワンセグタイプが発売されたのが2年前の2007年のことでした。

今は携帯さえあればテレビもインターネットも見られるし、たとえお財布がなくても代わりに支払いが

出来たりと、人々の生活は携帯が中心となっていると言っても過言ではありません。


  更にこれが日本だけかといえばそうでもなく、つい最近中国の上海に出張に行った主人の話を

聞いて、五年前に自分が旅行で行った時との違いに愕然としてしまったのです困った

 
  実は、去年まで日本語講座で勉強していた上海出身のLさんからも、現在の上海は物価も土地の

値段も日本とほぼ変わらなくなっている…という話は聞いていました。それに五年前に行って思った

のは、ファッション一つにしても特に女性は日本人と間違えてもおかしくないくらい流行の先端を

行っていて、確かに一歩横道に入ればまだまだ昔の中国の町並みは残っているけれど、繁華街

なんか本当に日本にひけを取らないくらいおしゃれなお店が立ち並んでいました。

 でもそんな中でも、上海一の大型デパートですらお金を支払う時はレジなどなく、昔ながらの

「收银台」(小さなボックスの中に人がいて、売り場の人に値段を書いてもらった紙を渡してお金を

支払う)だったのですが、今回主人が行ったスーパーはそこほど大きくない所にもかかわらず、

日本と同じようにレジがあり、それもバーコード読み取りで、おまけにレジ袋も有料だったとの事。

名取市でも6月1日からほぼ全てのスーパーでレジ袋の有料化が始まりますが、既に先を行って

いるというわけです。

 もちろん、同じ中国でも都市によってまだまだ差はありますが、まさかたった五年でここまで違う

とは…もしかすると「十年一昔」とはすでに死語になりつつあるのかもしれません落ち込み

                                                    by H


国際交流お茶っこ飲みin名取 [2009年05月23日(Sat)]
  「気軽にお昼を持ち寄り、お喋りをしながらちょこっと外国語なんか勉強できれば楽しいかもラブ」と

ある日本人会員の何気ない一言から生まれた、その名も「国際交流お茶っこ飲みin名取」。

「お茶っこ飲み」とは仙台(名取)弁で、「お茶を飲みながら、世間話などをすること」です。


  22日(金)に第1回目が開かれ、中国出身の会員4名と日本人会員5名が参加して、手作りの焼き

ニラ包み・餅・お赤飯・卵焼き・スイートポテト・巻き寿司など美味しい料理に舌鼓を打ちながら、

楽しいお喋りに花を咲かせ、あっという間に時間が過ぎていきました。





  実は日本語講座でも授業の合間に20分間の休憩があり、その時には皆で集まってお茶を飲み

ながら楽しくお喋りしているのですが、途中でタイムアウト…ということもしばしば悲しい  その点この

「国際交流お茶っこ飲みin名取」であれば、1時間半と時間も長いので、時間を気にせずに思う存分

話が出来るし、美味しい料理も食べられて、おまけに外国語も覚えられるびっくりはてなと嬉しいおまけが

いっぱい笑顔何より気軽に国際交流が楽しめますので、ぜひ皆さんの参加をお待ちしております。


日 時  毎週金曜日12〜13時30分


場 所  名取市市民活動支援センター1階 交流室
            *日本語講座の会場とはまた違いますので、お間違えなく*

持ち物  一品食べ物持ち寄り(もちろん買ってきた物でもOK)


 今後は中国語や韓国語、タイ語などのミニ会話講座やお誕生日会なども出来ればいいなぁ、

とのことです。お仕事をお持ちの方も、ぜひお昼休みに参加されてはいかがですか?

                                                       by H


日本語再発見 [2009年05月21日(Thu)]
  皆さんはテレビはよくご覧になりますか?外国出身の方から、聞き取りの練習にもなるので

ニュースを見たりドラマを見るようにしています…という話をよく聞きます。

  そこで今日は、私が今ひそかに注目している、日本語に関する番組を皆さんにご紹介したいと

思いますテレビ

 
  それはNHK教育の「ナットク日本語塾」という番組で、月〜金13:55〜14:00

に放送されている5分間番組です。  → 番組のホームページ  http://www.nhk.or.jp/nattoku/


  番組は二部構成で、前半が梅津さんというアナウンサーが「ことばおじさん」となって、日本語に

関するさまざまな疑問を解説してくれます。例えば今までにあったのは、「すみませんとありがとうの

違い」や「真夏とは言うけど、真春といわないのはなぜ?」などです。結構日本人ですらはてなはてなはてな

感じる疑問を、「ことばおじさん」が簡潔明瞭に説明してくれます。

  そして後半は、各地出身のアナウンサーが自分のお国言葉(方言)で話をします。自分の出身地が

出てきた時は思わず懐かしい気持ちになりますし、、他の地域の言葉を聞いた時は本当に色んな

方言があって、この地域ではこんな風に言うんだと勉強になります。


  外国出身の方にとっては難しい所もあるかもしれませんが、日本語を知る良いきっかけになると

思います。また日本人にとっても目からうろこの話があったりして、私は結構はまってます。



  実は、ともだちin名取の日本語講座の講師の中にも、宮城県外出身の方が何人かおられます。

授業では皆さん標準語を話しておられるので分からないかもしれませんが、たまに授業以外では

ふとした拍子に方言が出ていたりするので、気をつけて聞いてみると面白いかもしれませんね笑顔 

                                                       by H


田植え体験会 [2009年05月17日(Sun)]
  10日(日)、天気予報では暑くなると言われていましたが、お日様がちょこっと顔を出した丁度

良い気候の中、中国やオーストラリアなど外国出身の方を含め約50名の方々が参加して、

国際交流 田植え体験会」が行われました。



 昨年同様「飯野坂ライスサポートセンター」の皆様にお世話になり、今年はライス

サポートセンターのまん前にある30a(30m×100m)もの大きな田んぼの約1/3を手植えで、

残り2/3は田植え機を使って、田植えを体験しました。


  更にサポートセンターの方の粋な計らいで、子供達一人ずつ田植え機に乗せてもらい、実際に

運転して機会植えを体験音符 皆初めての経験にもかかわらず怖がることなく、満足げな様子で

運転席に座り一人前にハンドル操作を行っていました。




  手植えは、初めての方もいれば去年参加して2回目の方もいて、それぞれに皆さんの意気込み

が伝わってきました。中には昨年の経験を生かし専用足袋を持参された準備万端な方もいて、

本当にこの日を楽しみにしておられたんだろうなぁと感じました。

  最初は何だか不思議な土の感触におっかなびっくりだった人や、特に長靴の人は土に足をとられ

四苦八苦していた人達も、しばらくすると「意外に土って温かくて気持ちいい〜」「田植えって

楽しい〜笑顔」と次第に笑顔が見られるように…。外国出身の人達も、初めてとは思えないくらい上手

でびっくりびっくりびっくり




また普段自然と触れ合うことが少ない子供達が楽しみながら一所懸命に田植えをしている姿は

本当に貴重であると共に、子供自身にとっても良い体験であり、いつまでも心に残る財産となるの

ではないかと思います。


 皆の協力でようやく田植えが終わった頃、ライスサポートセンターの方々からバーベキューの

厚いもてなしを受け、お腹いっぱいご馳走になりましたおにぎり 

 
  昨年に続き、今年もライスサポートセンターの皆様には本当に何から何までお世話になり、

どうも有り難うございました。



 10月の稲刈りは、諸般の事情により残念ながら今回自分達の植えた物は刈り取れませんが、

また皆の笑顔に会えるのを楽しみにしておりますラブ

                                                by H
 

What's this? [2009年05月16日(Sat)]
 What's this?

これは何だと思いますか?
 


これは14日木曜日に

私が受け取ったカードを

裏から写した状態です。




カナダのジャーニーミドル

スクール(Journey 

Middle School)を

訪問したときに歓迎会で

生徒のバンドが素敵な

演奏で歓迎してくれました。



その中のキーボードの担当のお嬢さんと話しをしました。

彼女は全盲のお嬢さんです。その日私はそこで二人のお嬢さんと友人になることが出来ました。

そして、今も交流をしています。彼女の担任のBonnie先生が私たちの交流を手伝ってくれます。



Annieが点字で打ったカード

にBonnie先生が英文を書

いてくれます。


私の書いた手紙や教科書

は、全てBonnie先生が

点字で打っています。


これは、先生の努力なしで

は出来ない教育だと感激

しています。


これでおわかりのように、この学校には通常の学級の他に様々な配慮の必要な生徒さんも同じように学

べるように、専用の教室もあります。まったく同じように生活しています。


今、日本の中学や高校の英語の教科書で点字について書いた文章を学ぶ機会ががあります。

その内容を知っていたお陰で、彼女たちとの話が弾みました。

今年は点字を考案したフランス人のルイ・ブライユ氏(Louis Braille)の生誕200年の今年は、

50年遅れて日本の点字を考案した石川倉次氏の生誕150年でもあり、日本でも世界でも

点字について考え、もっともっと理解しようという動きがあります。これを機会に皆さんにも

点字に興味を持っていただけたらと思いこのカードをお見せしました。

 封筒の切手は盲導犬に

理を促すもので点字もつい

てます。

Canadaではイギリス英語

でuide dogsと言いアメリカ

ではseeing-eye dogと

言うのが一般的です。

点字は考案者の名前

からbrailleと言います。

私が外国の方と英語で

話すとき、高校の英語の

教科書から学んだ知識で十分にコミュニケーションが取れます。

日本の教科書は文法ばかりだと評判が悪かった時代がありますが、今は、常に社会で取り上げら

れている新しいこと(バリアフリーだとかジェンダーだとか)について書かれています。

お宅に眠っている教科書を捲ってみると〜ほ〜っと役に立つのでは?! 

「あなたのスペルは?」と別れ際に名前を再確認され、何度か彼女は復唱し、「OK」と言って

分かれました。私が日本の人の名前を聞いたとき覚えやすいように「漢字は?どんな字ですか?」 

と聞くのと同じだなと感じたのを思いました。          by W
H21年度 活動計画 [2009年05月12日(Tue)]
 H21年度  国際交流 ともだちin名取 活動計画

☆イベント部

 季節行事は無理のない範囲で日本語講座の授業を減らさないように配慮し、

日米草の根交流のホスト役を宮城県国際交流協会から依頼されて受け、

名取市には今年度も協働事業を企画提案しました。

日本語講座生のみなさんと共に地域での国際交流を通して、

会をアピールしながら名取市での市民生涯学習という視点で

楽しいイベントを進めていきたい。


1. 季節行事

* 5月 田植え体験会  *10月 稲刈り体験会  

*12月 クリスマス会  *1月 新年会      

* 2月 新春快楽餃子パーティ

2. 日米草の根交流in宮城(7/30〜8/2)  

       アメリカ人約10人名取にホームステイ

7/31(金)日本文化体験DAY 支援センターで日本文化体験

       【名取市と協力】
  
       ・絵手紙 ・ 押し花 ・ 日本語 ・ 書道 など

3. 国際交流DAY


9/19 (土) 国際交流inなとり 交流ワークショップ

:氏家洋子氏    
 
10/17(土) 国際交流稲刈り体験会


☆生活支援部


1.マナビィ講師派遣・6/16増田公民館(中国)

             11〜12月3回増田公民館(韓国) 

2.交流サロン:日本語講座生がホスト役の生活支援、

  市民学習の場を作りたい

3.依頼があり可能な条件ならば、

ボランティア通訳・講師派遣をする

               7/5 シニア元気笑学校(中国)
4.日本語検定2級以上取得の方の活躍の場を開拓 

    【市役所・公民館・児童館など】

5.バレーボールリサイクル活動に協力 

    【東北ラテンアメリカ協会】

6.留学生里親 
    
    【宮城県国際交流協会】


☆日本語講座部



1.年間40回の日本語講座を開講

  ※今年度は行事で学習する時間が減らないように、

    学習だけで40回とする: 受講料無料

会員として相互に学び会うので、3,000円/年間の会費

のみで学習できます。

学習者ごとにその方に適するテキストを購入していただくだけで

日本語を学習することが出来ます。

2.午後に漢字・日本語検定に対する学習を充実させる

3.Tea time で母国についての発表の場を設け、

  スピーチの練習となる

(当会メンバーが
H20年度岩沼日本語スピーチコンテストでグランプリを獲得)

4.積極的に学習会を行い日本語講座の質を高める


※楽しく活動するために、負担にならない程度に予定を組み、依頼に対し、

断ることも選択肢に入れマイペースを保ち、「身の丈にあった活動」とする!!  
     
    
                      by W
H20年度 活動報告A [2009年05月11日(Mon)]
H20年度 活動報告 生活支援


【Aさん】

1家庭 (5人家族の支援) 通院・健診・就学などの情報・生活情報
主なもの11回
内訳 8月26日 新生児訪問(保健センタ担当者訪問への通訳)
9月10日 2ヶ月健診
11月5日 3ヶ月健診
11月26日 予防接種
11月26日 内科受診付き添い
1月9日 予防接種 その他 必要に応じ自宅訪問5回
ボランティア通訳 電話での相談も多数

【Bさん】

1家庭 (4人家族の支援) 通院・健診・就学などの情報・生活情報
主なもの7回
内訳 5〜8月 通院5回
7月15日 引越し準備託児
8月1日 送別会託児 電話での相談も多数
1名 9月24日 〜10月31日 環境の違いに対する悩み
    2回訪問・電話での相談も多数
国際理解講座 閖上小学校3回 ・ ボランティア通訳

【Cさん】

1家庭 (4人家族) 通院・健診・就学などの情報・生活情報
主なもの1回
8月1日 増田中学校 三者面談通訳

【Dさん】

1名 8月25日 〜10月31日 環境の違いに対する悩み
主なもの7回   7回訪問
電話での相談多数
国際理解教育 閖上小学校3回
          増田公民館3回 【無償で補助として】
          植松1丁目子ども会

【Eさん】

国際理解教育 閖上小学校3回

【Fさん】


国際理解教育 増田公民館3回
1名 通院・健診・就学などの情報・生活情報

【Gさん】

1名 ホームステイ受け入れ(名取市)
  
           ボランティア通訳
【Hさん】

2名 ホームステイ受け入れ(宮城県)

           ボランティア通訳
【Iさん】

ボランティア通訳

【Jさん】
ボランティア通訳


※プライバシーを配慮し可能な限りの情報を開示しました。



補足: 保健センターからの依頼で始まった生活支援なので、個人に対するボランティア
にはとどまらないと考え、ありかたを検討したいと考えながら
       その件については進展のない1年でした。通院など予測できないことに
       対応するために当事者個人の負担が大きい。
 しかし、必要な支援なので、会として予算を組み、活動に対し一部補助を
        支払い、市役所に報告したいと考えますが、予算の都合で未払いで
        新年度を迎えました。

MIAの留学生支援に賛同し、

当会でも現在11名の留学生の里親をしておりますが、
通信費・会食の経費も個々で負担している。年度を跨いだ活動であり、

H21年度生活支援の予算から協力者に補助を支払いたい。

補助申請し 交流の会を計画する予定。



※依頼により、発生する支援なので、

活動計画はないが以上の方針でH21年度も活動予定


昨年度は 岩沼日本語スピーチコンテストにおいてタイ出身の会員がグランプリを頂き

会員一同で、会の意義を感じ喜びました。

また、日本語講座主催で「デジカメ講座」などの日本語学習以外にも努力しました。

そして、受講生が「世界の国からこんにちは」TBSラジオ生出演も果たしました。

会員相互の信頼も深まり、ますます活動が活発になっています。

 そこに、新会員の方に新しい風を吹き入れていただき、新たな活動にも努力

したいと考えます。

 どうぞ、皆さんのおいでください!!


このたびの定額支給金の手続きに、ブログで紹介した通り、名取市では郵便による

手続き・市役所での手続きに加え、去る5月9日・10日の両日に各公民館でも対応

しておりました。その中の一箇所である、

当会事務所がある名取市市民活動支援センターには、中国語・韓国語・英語でも

対応できるようにと通訳をおき、国際都市を目指している

という姿勢を見せていました。



そんな、住みよい名取市に住んだご縁で、もっと多くの皆様と 

ともだち 
になりたいと思います。

日本に来たばかりの方も、生まれたときから名取の方も

多文化を共有し、一緒に素敵な名取市民になりましょう!!   


さあ、「ともだちin名取」においで!!



                             By W


第3回 ともだちin名取 定期総会 [2009年05月11日(Mon)]
H20年度の活動報告 日本語講座部・イベント部

H20年 4月14日

第2回定期総会 出席者33名委任状提出14名 

日本語講座生も今年度より会員となる


日本語講座

全40回の日本語講座開催 7カ国16名の受講者


検定合格、大学合格までの指導


救命救急講習会開催(災害時の通訳を目指す第一歩)


7/25〜金曜日キッズクラブ:子供たちへの中国語体験講座


毎回 託児係が対応し、安心して講義できた


11/15講座生によるタイ・韓国紹介

季節の行事

田植え・絵手紙講座・七夕・夏祭り・稲刈り・クリスマス・はだか参り・


新春快楽・ひな祭り


マナビィ 

 ○ 名取市生涯学習グループ自主企画講座(名取市より10万円)


6/1@”環境”マナビィ国際交流:ゆりあげDAY〜市民と交流〜


ハマボウフウの会による環境の学習


佐々直さんの協力で手作り笹かまぼこ体験


閖上朝市・桜井さんのご指導で上手に焼く


8/23A名取の昔からマナビィ:洞口家住宅〜市民と交流〜


名取昔ばなしを語る会・佐藤かをるさんの名取弁のおなご五十集を


中国語・英語でも挑戦


名取音頭も聞かせていただき、エコな昔の生活を振り返る。


「宮城スタジアム」などの建築に携わる建築家針生承一氏により現存しない


小屋・蔵などについても役割を学ぶ。


名取市郷土史研究家大脇兵七氏より「嫁かくし柱」などから昔の生活を学ぶ。

      

○講師派遣開始


@植松1丁目子ども会:親子で餃子作り中国を学ぼう


A10/30,11/14,12/12増田公民館:海外を学ぶ(中国版3回)


B閖上小学校:国際理解教育(韓国・中国・アメリカ)


C名取市国際交流事業協力者研修会講師派遣


D宮城県国際交流協会日本語講座について講師派遣など

夢ファンド せんだい・みやぎNPOセンター夢ファンドの20万で


        士気向上日本語教師支援研修会開催


(8回の研修):外部参加者が刺激となり学習意欲が湧き有意義で


         日本語学習者も共に学べた。


協働事業提案:


名取市よりの30万円で市制50周年記念国際交流大会inなとり を


           10月26日に開催


(アンケート集計により現状の把握もしました)


 「名取に住んでよかった!?」シンポジイウムと7カ国紹介コーナーなどで


 市民に国際交流の場を提供し、共生できる社会をPRし

外部から講師依頼もあり感激しました。


 大会の準備中に会員 相互の信頼関係が築かれた。


 公的機関と連携することで、事業の運営が充実した。


宮城県国際交流協会の基金より10万円支給され


        国際交流大会inなとりにご協力を頂きました。



定例会: 毎月1回事業報告・計画の確認をし会を運営


実行委員会:

 国際交流大会inなとり 開催に際し20回の実行委員会・準備会を実施


留学生里親: 昨年度から引き続きと新規の方で会として

 
         11名の留学生の里親として交流中

事業研修生: タイからの事業研修生と交流会を持ち一緒に日本文化体験・


         (日本食・着付け) 会以外の方々の大きな協力に感謝


昨年度の目標:「相手のことを理解した上で、



互いの風習・習慣について学びあいよい関係を築き生きがいをもって


積極的に過ごしてもらえるよう活躍の場を作る」   


 【活躍の場を提供】



目標を達成 マナビィ講師登録で名取市教育委員会の協力により


母国の文化・料理の紹介と活躍をする場を提供することが出来た。


(共生&協働)


 継続・発展させるため信頼される会を目指し協働を実施。



その他 四川大地震:日中友好協会を通じ募金


リサイクルバレーボールをコスタリカへ:東北ラテンアメリカ協会長・ルイス氏の活動に協力



                                    By W
| 次へ