CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
ゆとり [2009年02月27日(Fri)]
先週の土曜日に私はとても感慨深い気持ちになりました。

それは、研修中の名取市の中学生の様子を見ていたときでした。

  カナダで披露する「よさこい」の練習中に、最後の決めポーズの

練習をしていましたが、一人の生徒が「高いので怖い」と言いました。

すると、

「私が後ろで構えているから大丈夫」

「これなら、どう?」

「こういうのは我慢できる?」

と、男女問わず、皆で真剣に解決方法を探っている のです。

   「皆のために黙って我慢して耐えるべきだろう!!」

というような時代に教育を受けた私は、始めは・・・・・・

いつ登場して行こうかと見ていたのですが・・・・・・


本人も納得する方法を皆で見つけ、成功した姿 で、

これまでに味わったことのない気持ちになりました。

          (生徒本人の承諾の上この話を書きました)



そして、「ゆとり教育」について、「学力が下がった」ということだけが

印象的だったのですが、もしかして、その「ゆとり」が・・・・・・

相手の気持ちを尊重する子どもたちを育んできた のかもしれない?!

なんて思いました。

実際のところは、ご両親の深い愛情・先生方の的確な導きがあり

このように成長したのでしょうが・・・・・・・ 「ゆとり」も大事かもと感じました。


 日本に住む海外から来られた方々においても、

一つ一つ、文化や言葉を覚えていく過程
 は、

今色んなことを学び成長している、この子どもたちに近いものがあるでしょう。

「ゆとり」がなければ、

じっくり言葉の意味を考えたり、勉強したりも出来ないでしょう。


 まして、分からないことがあっても、質問する気になどなれないと思います。

日本語を教える人々にしても同じことが言えるでしょう。

心や時間に「ゆとり」がないと気付かないうちに粗野な言動・態度になっていることも

あるかもしれないと、私は反省しました。


 互いに「相手のことを大事に思い」話すとき、言葉も、気持ちも伝わる
 のだと

中学生の姿に教えてもらうことが出来たので、その体験を皆さんにお裾分けしました。


 中学生といえば、勉強に・部活動に・習い事にと時間がいくらあっても足りない。

そんな年頃ですが、「大変そうかも?」と躊躇はしたものの・・・・・・勇気を振り絞り

その中で、海外派遣に応募し、研修を受け、学校とは一味違った人間関係の中で

互いに高めあっている生徒を見ていると、日本も明るい未来があるかも・・・・・・と

思えてきます。

 同じ日本、同じ名取に住んでいる彼らでも。それぞれが、違った場所の出身の親

の言葉や考え方を受け継いでいて、既に彼らは異文化の交流を始めています。
 

 違いを見つけたり、共通部分を探り、共感できるものに辿り着いたり

毎回研修を重ねる度に目に見えて成長して行きます。

 4月にはこの生徒さんたちのカナダでの成長もお知らせ出来るのではと、

わくわくしてきました。 

さあ、3月2日(月曜日)のPartyでお待ちしています。

  そこで、一緒に心にゆとりを作りましょうよ!              by W
夢ファンド 士気向上!研修 お疲れ様でした [2009年02月26日(Thu)]
  昨年6月から行われてきた夢ファンド 士気向上!日本語講師のため

の勉強会
ですが、23日(月)で全8回の講義全てが修了しました。




 前回のブログでも書きましたが、実は第1回目から日本語講座の外国出身の方達も一緒に講座に

参加しました。回を重ねるにつれ母語話者の日本人ですら「難しい〜困った」と感じる内容がどんどん

増え、外国出身の方は聞き取るだけでも大変だったと思いますが、8回の講座を通じて普段の勉強

とは一歩も二歩も違った、日本語の「奥深さ」を知ることが出来たのではないかと思います。また

いつもは教える側の私達も、この時は同じ「生徒」として机を並べることで、授業の時とはまた違った

受講生の姿が垣間見れて良かったです。



  今回第8回目の講義は「接続詞」についてでした。これまでの7回の講義では、「形容詞」「助詞」

「動詞」「副詞」について勉強し、今回で、一応「みんなの日本語」に出てくる品詞は全て勉強したこと

になります。中盤位までは「みんなの日本語T」を使っての講義が主でしたが、「副詞」あたりから

「みんなの日本語U」の内容にも触れるようになってきたので、日本語講座受講生にとっては分かり

辛い所もあったようですが、皆さん一所懸命に先生の話に耳を傾け課題をこなしていました。



 更に今回が最後ということで、最後の30分間は受講生は別室に移り、今年度の日本語講座の感想

と次年度の日本語講座についての話し合いを、講師は普段の授業では時間的制約から扱うことの

少ない「読解技法」についての教え方を教えていただきました。日本に住む外国の方はまず最低限

生活に必要な日本語を「話せるようになること」が目標となるので、どうしても読解や作文は二の次に

なってしまいがちですが、こうした勉強は「自分の考えを日本語で話す」ことにつながるので、もちろん

外国の方だけでなく、私達日本人にとっても大切なことだなと感じました。


  そして最後に一人ずつこれまでの勉強会を振り返っての感想を発表し、お世話になった氏家先生

を囲んでパチリカメラ





  毎月1回行われてきた勉強会ですが、皆さん午前中の授業でも頭を使い、また午後から更に頭を

フル回転させて本当に頑張ってこられたと思います。私達講師にとっても目からうろこの話あり、また

実際に教える上でのアドバイスもたくさんいただけ、本当にためになる講義でした。そして何より今

まで何気に使っていた日本語がこんなにも奥深いものなのか…と改めて見つめ直すきっかけになり

ました。また日本語講座受講生にとっては授業の更に上を行くいく時限の話で大変だったと思います

が、皆さん本当に頑張って参加されたと思います。内容については今はまだ分からなくても、今後

勉強を続けていくうちに「あ〜あれはそういうことだったのかびっくり」と分かることも出てくるでしょう。

そして今回この講座で学んだことは後々の勉強に必ず役に立つと思います。語学とは勉強すれば

する程難しいものですが、どうか楽しみながら勉強を続けて下さい笑顔


 氏家先生、高橋先生にはお忙しいところ名取まで足を運んでいただき、本当にどうも有り難うござい

ました。そして日本語講師の皆様、日本語講座受講生の皆様、この講座を聞くために毎回遠くから

参加された皆様、本当にお疲れ様でした。これからの授業も、この8回の講義で得た貴重な「財産」を

生かして頑張りましょう力こぶ

                                                   by H




中国通信  by 劉さん No.1 [2009年02月25日(Wed)]
歴史のある都市 南京に今年戻られた劉さんは、

「ともだちin名取」の会員として名取の昔話を中国語に翻訳し、中国語での名取の昔ばなしをしたり、

大活躍してくださった仲間です。名取市増田公民館で中国を学ぶ講座の講師としても多くの

方々と交流していました。帰国の際、「ともだちin南京」として「ともだちin名取」の中国支局を

是非つくってくださいね!! と惜しまれながら見送られました。

        そして、本日ここに彼女の中国通信を転記します。





























これらの写真は元宵節頃(旧暦の1月15日、今年は2月9日)

南京夫子廟で撮った写真です。

南京夫子廟は東晋時代(317〜420)に建立された孔子廟です。

南京有名の観光地でいつも賑わっています。

「旧暦の1月13日には提灯をつるし、14日には点灯のテスト、

15日には正式な点灯を行う」といわれるように、

           中国では元宵節の夜、

灯会(灯篭祭り)に行って提灯の観賞をするのが習慣となりました。

提灯は旧暦の1月18日までともされ、この日で旧正月期間が

終わりを迎えます。

「南京夫子廟灯会」は全国でも有名です。



  中国を訪れた気分になれましたね 走る また、お便りくださいね メール  by W



明日2月23日  [2009年02月22日(Sun)]
明日 2月23日(月曜日)は 夢ファンドによる

今年度の士気向上のための
 日本語講座講師の勉強会
がいよいよ最後となります。

いつもより30分延長し、

氏家先生が大事だと思う点を重点的に

お話して下さいます。


 忙しい中、自分の時間を少し分けて、誰かのためになる時間にしてもらおうと

日本語講師ボランティアをして下さる方々に会うと、気持ちが柔らかくなるような

感じがします。皆さんが勉強をしているところを、バタバタと通り過ぎる私さえ

そう思うのだから、きっと、教えてもらい一緒に勉強をしている方々は、講師の

皆さんの誠意ある気持ちに答えようと思い、頑張るのでしょうね!

 でも、繰り返しになってしまうと、ふと、立ち止まってしまいそうになるものです。

そんなとき、「あ〜こういう方法もあるな」・「あ〜あんなこともしてみようか」と

士気が向上するような、目的通りの勉強会となりました。

いよいよ、最後だと思うと寂しいですね。では、明日はうんと勉強するぞ!!



            皆さんも、どうそ、お出かけください。   by W

   雪模様の空でしたが、とても内容の濃い学習の場となりました。

   足元の悪い中、氏家先生のお話を聞きたいと遠くから来てくださった方々もあり

   各地に日本語講座を広める役割を担った氏家先生の活動を改めて素晴らしいと

   感じるひとときとなりました。  H21.2.25
   by W
タイを知り、日本を知る [2009年02月22日(Sun)]
  本日22日(日)、日本語講座の受講生Aさんのお友達で、市内の会社で研修中のタイの方13名と

中国からの留学生、日本語講座受講生で中国出身のOさんと一緒に着物の着付けとお茶体験、更に

日本の屋台の定番のお好み焼き・たこ焼き・焼きそばとフルーツポンチ、タイ料理のトムヤムクン・

ソムタム(サラダ)・ガイトート(鶏の揚げ物)・タップガイトート(鶏レバー焼き)とOさんお手製の中華

サラダやWさんのお嬢さん手作りのケーキなどをいただきながら交流を図りました乾杯








  まず最初に、皆さんの前でたこ焼きの実演を行いました。タイの皆さんは見るのも食べるのも

初めてでしたが、自分達で実際にたこ焼きを作ってもらったら、上手にクルッと回すのにはただただ

ビックリびっくりその後今度はタイのサラダのソムタムを実際に作ってもらったのですが、特に目を引いた

のはその作り方。何とソムタムを作るための専用の壷があるのです電球


この壷に材料を入れ、真ん中のすりこ木みたいな棒で叩いて完成料理
 
ソムタムは本来パパイヤで作るそうですが、今回はニンジンで。

酸っぱくて辛い独特の味ですが、なぜだか思わず手が伸びてしまう

不思議な食べ物です。おまけにこの壷、てっきりAさんの嫁入り道具

だと思っていたら、何と研修生の方の物だとのことで2度ビックリ

でした。




  お腹がいっぱいになったところで、いよいよ本日のメインイベントである着付けへ。こちらもタイの方

はもちろん中国の留学生の方も初めてで、着物にうっとり、更にそれを着た自分の姿にうっとり…ラブ

もちろん着物だけでなく髪留めも和風の物を。着物は他の民族衣装に比べ結構締めるつけるので、

いつも外国出身の方は慣れなくて大変でないかなと思うのですが、皆さん涼しい顔をしてらっしゃる

のを見ると、やはり着付けをされる方が上手になんでしょうね。これまでも日本語講座の修了式や

昨年行われた国際交流大会で色々な国の方の着物姿を見てきましたが、着物というのはどこの国の

方が着られても、女性はしおらしく男性はたくましく見える、何とも不思議な魅力を持っている衣装だと

思います。

  今回は中国とタイの男性2名も男物の着物を着たのですが、Wさんが持ってこられた「打ち掛け」を

着たにわか「お嫁さん」が、入れ替わり立ち代り彼らとにわか「結婚記念撮影会」をしているのが何とも

ほほえましかったです。


  そして皆さんの着付けが終了した頃、部屋の一角にお茶席が登場。「2回半回して飲んで下さい

ね。」との先生の言葉に皆さんおそるおそるお茶碗を回して、ほんのり苦い抹茶の味を堪能しておら

れたようです。ちなみに着付けもお茶も会員の方やそのお友達が応援に駆けつけて下さいました。


 
 今回はAさんが通訳となり、日本人や中国の方はタイの料理を通して、また「おいしいってタイ語で

どう言うの?この料理の名前は?」「きれいねってタイ語でどういうのかしら?」などと言葉を通じて

タイの事を知ることが出来、同時にタイの方には日本の古き良き伝統を伝えることが出来たのでは

ないかと思います。

 


  「ともだちin名取」ではこれまでも、色々なイベントを通してさまざまな国の方との交流を行って

きましたが、最初の写真を見ていただくと分かるように、大人だけでなく子供も一緒に参加して

います。

  これからの時代を担うであろう子供達にとって、身近に外国を感じられる貴重でいい機会であると

同時に、日本語しか喋れない子供達が大人以上に上手に外国の方とコミュニケーションをとっている

のを見ると、本当に心と心で交流しているのだなと感じます。


   〜タイの方々をはじめ、着付けやお茶のお手伝い、食材の買出し・準備をしていただいた皆様、

                                           本当に有難うございました〜


                                                      by H
閖上小学校 [2009年02月21日(Sat)]
 2月4日・18日と2回

閖上小学校の4年生の授業 に参加させていただきました。

4年生の皆さんに、先生方が外国のことを調べて学んでみよう。どの国がいいかな?

そう問いかけ、皆で考え3つの国に絞り、今回はその3つの国について調べ学習を

重ね、当会の外国出身の方々から直接、その国の話をしてもらうという形で第1回目の

授業をしました。


2回目の18日は、更に、学校の図書室・名取市市立図書館で調べ、

インターネットも利用して深く調べたことの発表を見せて

いただきました。3つの国に分かれて調べた情報を、

4年生全員で共有していく姿でした。

クイズ形式でまとめて発表する。紙芝居にして分かりやすく発表する。

国旗を持ってくる。ランキングにして発表する。まだまだ沢山の手法で彼らが見せてくれた姿は

「プレゼンテーション」と呼びたい素晴らしいものでした。


毎日のニュースで一番よく聞く外国だから、日本と大きく関わりがあると感じて

「アメリカ」と選んだ。

一番近い外国と感じる「韓国」と「中国」と3つの国を選んだことも、子どもたちは

よく考えていると感心しました。
  



特に42名で2クラスで学習できる恵まれた環境でもあり、そこの熱心な二人の

担任の先生がいらして、うらやましい環境だと感じました。


しかし、老婆心ながら

・・・  一人減ると、クラスが一つになってしまう  ・・・

どうか、この素敵な環境が続きますように!!


Oさんの感想:中国は広いので、私の知らない中国のことを発表を
         聞いて覚えましたよ。とても楽しかった。

Kさんの感想:私は男の子の親ですが、女の子の服を着せてあげられて嬉しかった。
         自分の国のことを子どもさんたちが、たくさん調べて覚えてくれたことに
         感謝します。




世界にはたくさんの国があって、たくさんの違った文化がある、お互いにその文化を知り

お互いの気持ちも分かるようになって仲良くなっていけばいいんだ
、と給食の時に話して

くれる子がいました。この子どもたちが大人になるとき、きっと外国と素敵な関係が

出来ているだろうと感じました。偶然?!給食にマーボー豆腐が出ました。

小さな中華まんじゅう。チヂミ。キムチ。パンチ(フルーツポンチ)など世界の味も

加えて楽しい給食の時間を過ごし、民族衣装をきるために並ぶ子どもたち・・・



その目の輝きから、とても暖かな・優しい気持ちを頂いて帰ってきました。
 

でも、一番輝いていたのは、母国の話をすることが出来た方々だったように

思います。私jも海外で生活していたころは、日本が好きだと思ったことも

なかった私なのに、とても日本を大事に思うようになりました。

日本についても調べるようになり、周囲の方々と交流が増えていきました。

親切にしてもらうたび、いつか誰かに返そうと思うようになりました。

 当会にはそんな思いをした人が多く、

皆さんがほんとうに素晴らしい方だと自慢出来ます。




 母国の話をする機会を作ってくださったことに深く感謝しています。

授業中に見せてくれた講師の先生の眩しい笑顔は、まっすぐな目で一所懸命

話を聞いてくれるお行儀のいい閖上小学校の皆さんに頂いたものだと思います。

海外出身の方々の活躍の場が広がるよう、会としても努力を続けて行こうと

話しております。


  今度はあなたも一緒に、活動しましょう!!  お待ちしております  by W




2月22日(日曜日) [2009年02月20日(Fri)]
   乾杯 お出かけしてきませんか?

2月22日は名取市市民活動支援センター

11時から15時までタイの方々と交流する会を開きます。

今回は寄付にて運営しますので、参加費は無料です。

お時間がある方はこの機会に国際交流してみませんか?

今回はたこ焼き・お好み焼き・もんじゃ焼きをタイの方にご馳走し

和服を着て、茶道も体験しいただきます。

タイのお話をして頂いたり、交流のゲームを楽しみたいと

計画しました。


    音符 お散歩がてら、お立ち寄りください!! 走る         by W

    大成功!!  皆さんありがとう    H21.2.22   by W
congratulation!!〜日本語能力試験〜 [2009年02月19日(Thu)]
      拍手日本語能力試験合格おめでとう拍手

  昨年に引き続き、今年も日本語講座から2級2名4級2名の方が合格されました。

本人の頑張りはもちろんですが、彼らを陰から支え指導されてきた講師の方々との二人三脚の努力

の賜物だと思います。受験された皆さんそして講師の皆さん、本当におめでとう&お疲れ様でした。

 今年は受験されなかった皆さんも、日本語のレベルチェックとしてだけでなく、勉強を続ける上での

モチベーション維持の方法の一つとして能力試験を目標におくのも良いかと思います。更に今年度

から1・2級は年2回(7月・12月)試験を受けられるようになったので、より上を目指して頑張る良い

チャンスかもしれません。



  また日本語講座ではボランティア講師を募集しています。特別な資格や経験は必要あり

ません。「外国の方と触れ合いたいびっくり」「人とおしゃべりするのが好きびっくり」「日本語を教えてみたい」

「何だか楽しそう笑顔」と思ったら、ぜひ一度見学にいらして下さい。「ともだちin名取」の良い所は、

「月曜日に皆と会えるが本当に待ち遠しい」と受講生達が口をそろえて言うくらい、会の名前の通り

外国出身の人、日本人を問わず皆が和気あいあいとしているところです。日頃触れ合うことの少ない

外国出身の方々と交流することは、世界を知る良い機会だと思います。また日本語を教えることに

よって、今まで当たり前に使ってきた日本語を違う角度から見ることが出来、日本語の奥深さや言葉

の大切さを改めて考えさせられる、本当にやりがいのあるボランティアだと思います。

      日本語講座は毎週月曜日10:00〜12:00に行っています。

もちろん日本語を学びたい外国出身の方もお気軽にお問い合わせ下さい。託児も

ありますので、子連れでの受講も可能です。

      

   連絡先: メールtomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
        黒電話05011693537

  事務所:名取市大手町5丁目6番地1号  
           名取市市民活動支援センター 6号室

      
  月曜日・木曜日   10:00〜15:00
  金曜日        13:00〜15:00    
    基本的にこの時間は事務室にいる予定です

★行事準備・研修のため事務室を留守にする場合もあります。
 電話で確認してから尋ねて頂くのがBestかと思います。

 
                                                 by H



 





 
3/2 ひなまつり&お疲れパーティー [2009年02月16日(Mon)]
 3/2(月)11:00〜 ひなまつりお疲れパーティーを行います。

 3/3は「桃の節句 ひなまつり」なので、1日早いですが皆さんでお祝いしましょう女の子  

  同時にこの3月で日本語講座をお休みする方を含め、受講生・講師の皆様一年間お疲れ様でした

ということで、お疲れパーティーを開きたいと思います。当日は10時から通常通り日本語講座を

行い、11時からパーティーをします。

  なお一人1品持ち寄り、または参加費500円でよろしくお願い致します。

                                             
 お忙しいとは思いますが、皆さんの参加をお待ちしておりますラブ

                                                        by H
名取市国際交流事業協力者研修会 [2009年02月10日(Tue)]
名取市国際交流事業協力者研修会

   世界の生活を学ぼう
   〜海外の人と楽しく過ごすために〜


日時:3月14日(土曜日)午前10時〜終了予定時刻は正午

場所:名取市文化会館 会議室

定員:30名

内容    ● パネルディスカッション
            「私たちの国と日本の生活」


      宮城県内在住の海外出身の皆さんに、時刻の生活習慣や
    日本の生活で感じたことなどを伺います。
 
       ● 日常英会話体験

    日常生活でよく使う英会話を海外出身者の皆さんを交えて
    楽しく会話を勉強します。


★ 協力者として名取市役所に登録している方が対象の研修です。

この機会に登録し、名取市における国際交流にあなたの力を

かし社会貢献をすることを新年度の目標にするのはどうでしょう?!

当会には、この協力者に登録し国際交流をしてきた仲間や

名取市国際交流実行委員会のメンバーである仲間も多く、

私たちもこの研修でスキルアップをしています。


【問合せ・申し込み】

名取市総務部総務課 広報広聴係
黒電話 022−384−2111 内線 317


★ 申し込み締め切り日は2月28日(土)ですが、先着順となります。
   ご了承ください。
| 次へ