CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2008年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
クリスマスパーティー [2008年12月25日(Thu)]
 今日はクリスマスですね木昨日パーティーをされた方もいれば、今日の方もいるでしょう。今朝は

サンタさんからのクリスマスプレゼントに大喜びしたお子様も多いのでははてな


 当会の日本語講座部では、今年最後の講座終了のお疲れ様も兼ねて、一足早く22日〈月)に

クリスマスパーティーを行いました乾杯 今回も一人1品持ち寄りでしたが、ご本人ならぬ奥様

お手製の物や、自国から取り寄せた粉を使った日本では食べることの出来ない貴重な料理など、実

にさまざまな一品が並び、皆でおいしくいただきました料理

 その後、子供はもちろん、大人も童心に戻ってクリスマスにちなんだ踊りを踊ったり、英語の本の

読み聞かせを聞いたりしました。英語の本には12の色々な物が出てくるのですが、それぞれの誕生

月に分かれ、自分のパートの英語を一緒に発音したりと楽しみ、あっという間にお開きの時間となり

ました。



 なお2009年は1月19日〈月)が新年初めての授業となります。この日は通常通り10時

から日本語講座で、11時から新年会を行う予定です。(会費300円)


   木Merry Christmas木   木圣诞节快乐木


 
名取市民ミュージカル [2008年12月19日(Fri)]
  名取市市制50周年記念事業の一環として、明日

20日(土)・21日(日)14:00〜(開場13:30)
から、

        名取市民ミュージカル「ハッピーロケーション」

が上演されます。子供から大人まで世代を超えた出演者は、なんと一般公募で集まった市民の方々

です。もしかしたら知ってる方が出てるかもびっくりはてな また以前ご紹介した「名取市100選」も出て

きます。名取市初の試みだそうです。興味のある方はぜひご覧になって下さいラブ


場所  名取市文化会館大ホール

全席自由で、チケットは  大人(高校生以上)1,000円(当日1,200円)
              子ども(中学生以下)500円(当日500円)


なおチケットは以下の場所で購入できます。

名取市文化会館・あおい書店・タカハシ写真・渡辺ふとん店・オフィスパーク(中田物産)・JA名取岩沼





忘れないでね [2008年12月18日(Thu)]
 15日(月)に、劉さんのさよならパーティーを行いました〓 (兼定例会)

 日本語講座もあったため、忙しい中皆腕を振るって自慢の一品を持ち寄り、劉さんを囲んで楽しい

ひと時を過ごしました。

  まず最初に会長から劉さんに修了証書が手渡され、その後一人一言ずつ劉さんとの思い出を

話しました。そして最後に、劉さん手作りの門松も一緒にパチリカメラ



  1年という短い期間でしたが、日本語講座の受講生としてはもちろん、会員の一人としてもさまざま

な所で活躍してこられた劉さん拍手 彼女の頑張りに勇気付けられた人も多いはずびっくりはてな

中国に帰ってもぜひ、中国と日本の架け橋となって頑張っていただきたいと思いますラブ 

そしていつの日かまた会えることを願って…

 
 

  
第6回士気向上研修事業 [2008年12月13日(Sat)]
  8日(月)12:30〜約2時間、6回目の日本語講師勉強会が開かれました。今回は今までになく

欠席の方が多く受講者は9名でしたが、皆さん熱心に勉強される姿は変わりませんでした。


 今回は前回の続きで動詞について更に突っ込んで勉強したのですが、日本語文法の専門的な

用語が多く、また日本人でもちょっと戸惑ってしまう「自動詞・他動詞」が含まれていたので、とりわけ

外国人受講生にとっては難しい内容だったのではないかと思います。


  ただ日本語講師の仕事は、いわゆる「文法」を教えることではなく、外国出身の人が日本で生活

するために必要な日本語を教えることであり、基本は「教え方の手引き」に書かれている「その課の

到達目標」を外国人受講生が習得できるようにすることなので、逆にあまり難しく考えなくていいんだ

…と少しほっとしました。でも「教える」ということは、教える側がその内容を100%理解していないと

出来ないことなので、やはり「文法」を知らなければ難しいのだということを改めて感じました。


  また自動詞と他動詞の違いの説明の中で、「波が寄せる」「風が吹く」という例文があったのです

が、日本人ならその短い文を見た(聞いた)だけで、意識しなくともどんな波だとかどんな風だとか

自分の中で想像出来るのですが、それが外国の方にとっては全く分からない…というのを聞いて、

やはり母語の背景の違いは大きいなと思いました。例えば、四季のある日本では同じ風でも

春一番」と「木枯らし」は別物ですが、四季のない国の人にとってはその違いは分からないという

具合です。なので、そういう日本独特のものについても教えていけたらいいね、おっしゃっておられ

ました。そういう意味では、外国語を教えるというのは、ただ単に言葉を教えれば良いというのでは

なく、その周りにあるもの(例えば文化など)も含めて、教える側が本当の意味で「日本」について

知らなければいけないのだと痛感しました。

  毎度の事ながら、本当に目からうろこの密度の濃い2時間でした。
 


  早いもので8回続きの勉強会も、残すところ2回となりました。なお次回の勉強会は、年が明けて

1月26日(月)12:30〜です。
12/22  クリスマスパーティーのお知らせ [2008年12月09日(Tue)]
  来るクリスマス木と、2008年の日本語講座のお疲れ様拍手の意味を込めて、皆でワイワイ楽しく

やりたいと思います乾杯  MIAの留学生をお世話されてらっしゃる方も、ぜひ彼らを誘ってご参加

下さい。


日時  12月22日(月) 11:30〜
       当日は10時から通常通り日本語講座も行います。


場所  名取市市民活動支援センター2階 ホール 

  一人一品持ち寄り参加費500円でお願い致しますおにぎり 
12/15 劉さんさよならパーティー お知らせ [2008年12月08日(Mon)]
  家庭の事情により急遽中国へ完全帰国が決定した、日本語講座受講生の劉さんの

「さよならパーティー」を下記の通り行います悲しい


日時 12月15日(月)  11:30〜 
    
     当日は通常通り10時から日本語講座を行います。


場所 支援センター2階ホール


   なお一人一品持ち寄り参加費500円でお願い致しますラブ


   鐘色々と積極的に会に参加してくれた劉さんを囲んで、楽しいひと時を過ごしましょう鐘
光ある日々 [2008年12月05日(Fri)]
 2008年も早いもので残り3週間あまりとなりましたね。

 ところで、ここ宮城といえば8月の「仙台七夕まつり」が有名ですが、この師走の時期にも街中

がにぎわうのが「光のページェント」でしょう。

 今年で23回目を迎えるこのイベントは、杜の都「仙台」のシンボルであるケヤキの木に無数のライト

をつけ、夜間ライトアップさせるというものです。ケヤキ並木がきれいな2ヶ所の通りのケヤキ約200

本に60万個のライトをつけて点灯すれば、それはまるで天の川のよう…キラキラ ちなみに今年は来週

12日から大晦日31日まで行われるそうです。


  「光」とは実に不思議なもので、その一つ一つが小さくとてもはかなげなものなのに、そこには

何とも言えないほのかな温かさがあります。


  今年2008年は、オリンピックで世界中が沸いた年でもありましたが、下半期は暗い事件が続いた

り世界の景気が冷え込んだりした年でもありました。新しい年まで残り少しではありますが、少し

でも皆さんの心がポカポカ温まる日々となりますようにドキドキ大

by H


 

Merry Christmas [2008年12月02日(Tue)]
 メール 皆様はクリスマスカードや年賀状の準備をされているころでしょうか?


今年も本当にたくさんの方々のアイディアとお力添えにより、(手前味噌ですが↓)


ほんとうに素敵な活動が出来たと1年を振り返っております。


 桃太郎 【ともだちin名取】がどんな会になるかまだよく分からないにも関わらず、


名取ライオンズクラブ・名取つばさライオンズクラブ・名取ロータリークラブ様のように


永年名取市で奉仕活動をされている団体の皆様にご協力を頂き、


年頭からスピーチコンテストを開催することができたことはとても心強い出来事でした。


そして、参加者の海外出身の方々もたくさんの賞品を頂戴し、どんなにか励まされたことでしょう。


 乾杯 秋には、(株)オイルプラントナトリ・(株)佐々直・(株)ささ圭・(株)タガアート


サッポロビール仙台工場(株)・渋谷商事(株)・橋浦精麦倉庫(株)・東和化成(株)


(有)小松石材工業・(有)佐々木酒造店・(有)なとり薬局・(有)光代ホンダ


菅野蒲鉾店・秀麓禅齋・たけや・飛翔会・さくらい駐車場・リファイン名取


飯野坂ライスサポートセンター 様に協賛を頂き


(株)仙台ニコン・七十七銀行 名取西支店 様にご協力を頂き

 名取市制施行50周年記念
国際交流大会in名取
 を開催することが出来ました。

そして、

(財)未来の東北博覧会記念国際交流基金の助成と
名取市協働提案事業補助金の協力


があり、成功した大会だと改めて皆様に感謝いたします。

名取昔ばなしマップ [2008年12月02日(Tue)]

これが昨日のお話の 「名取 昔ばなしマップ」です。


                        内容が豊富で驚きますよ


                                     地図の中の一山、一山にお話があります



欲しくなったでしょう!!
連絡先:名取市観光協会 022−382−6526

2008年10月に
名取市協働提案事業補助及び名取市観光協会の助成により

名取昔ばなし語りの会の皆様が企画・作成された素晴らしいものです。
                                             by W


名取に伝わる… [2008年12月01日(Mon)]
 昨日のイベントでは、名取昔ばなしの会の方々による語りが行われ、最後に「名取昔ばなし

マップ
」というのをいただきました。実は偶然にも数日前にとある場所で目にしていただいてきた

ばかりだったのですが、なんとこのパンフレットにあるだけで実に25もの昔ばなしが名取にある

とのことびっくりびっくりそれ以外にもあるそうなので正確な数は分かりませんが、一つの市でこんなに多くの

昔話が伝わっているというのは、ある意味珍しい部類に入るのではないでしょうか?それも特定の

場所に固まっているというのではなく、市内各所にそれぞれの地域色豊かなお話があるというので

更に驚きです。


  昨日は、夏の洞口家住宅でのイベントの時にも話していただいた、閖上地域に伝わる「おなご

五十集のはなし」と、熊野神社のある高館地域に伝わる「山鳩の鳴き声」という2つを聞かせて

いただいたのですが、お話もさることながら、名取弁(?)と独特のゆったりとした語り口は、何度

聞いても心の奥底に響いてくるものがあり、昔の名取の子供達はこうした昔話をおじいちゃんや

おばあちゃんから聞いて育ってきたのかな…と思うと何だか不思議な気分になりました。


 またこのマップの最後には、「昔から語りつがれてきた民話には、人々の喜び・悲しみ・知恵や夢

など、さまざまな思いが込められています」とあるのですが、昨日聞いたお話も、昔の人の家庭環境

や普遍的な母親の愛情など、そのお話一つに込められた思いは本当に奥深いものである事を改めて

感じました。


  皆さんももし機会があれば、ぜひ一度名取の昔話を聞いて見てください。自分の知らない名取を

知るいい機会になるかもしれませんラブ

                                    by H