CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2008年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
スピーチコンテスト大盛況 [2008年01月19日(Sat)]
日本語ミニスピーチコンテスト
      大盛況 

1月19日(土)午後1時から 大人35名中学生20名子供15名の中で開催されました。

9名の海外出身の方々が日本に着たばかりの不安だったころの話、ともだちもできて楽しくなった話

とても気持ちの伝わる良いスピーチをしてくださいました。高校、大学で国語の教鞭を執られた中島

さんに公評を頂くとき学生に戻ったような気持ちになりました。名取ライオンズクラブ様

名取つばさライオンズクラブ様 名取ロータリークラブ様をはじめとした名取の方々より

副賞を出して頂き、和やかな表彰式となりました。

 その後、サンドイッチを頂きながら茶話会での交流会をはさみ、今野さんの日本の昔の

遊び講座を聞いてから、体験をしながらの交流会もありました。集合写真を撮るときの大野

さんの声の掛け方、「プロだ〜」と声が飛ぶほどのお手並み。適材適所で活躍されるメンバーに感嘆の

声が何度も響きました。

次回の新春快楽ではお琴の演奏を披露していただく予定もあります。

本日は本当にご苦労様でした。
そして、受賞者の皆様おめでとうございます。
          
このような会を開き、成功させて頂き感激をしております。
皆様の笑顔が何にもかえがたい励ましになります、私どもスタッフももっと頑張ろうと
決意を新たに致しました。これからもご支援、ご協力をお願いいたします。

                日本語講座部 部長 板橋


いよいよ土曜日にコンテスト [2008年01月17日(Thu)]
ミニスピーチコンテスト

1月19日(土曜日) 1:00 スタート

名取市市民活動支援センター 大ホールで 日本に在住する海外出身の方々、留学生の方々の感動の日本語スピーチを聞いて、国際交流しましょう。

日本語を学習している日本語講座受講者の方々の励みになると考え、コンテストを開催します。
ぜひ、会場へ足を運び励ましていただきたくお知らせ致します。
参加者、見学者の幸運な方にプレゼントも準備いたしました。
国際交流の第一歩としてどうぞ、踏み入れてみてください。
お待ちしております。

日本の文化体験コーナーもあります。国際交流茶話会で情報交換もしましょう。
土曜の午後を、いつもとちょっと違ったひと時にしてみませんか?

場所が分からなかったり〜何かありましたら、お電話ください。
担当者電話番号:08060347965

悲しい入場無料で、感無量!!
はだか参り 大盛り上がり [2008年01月15日(Tue)]
名取市館腰神社 はだか参り 大盛り上がり


館腰神社のどんと祭はだか参りが行われ、ともだちin名取から5名の海外出身の方々と相澤会長・板橋満会員・高島会員3名も参加し厳冬の中勇ましいいでたちで館腰神社まで歩きとおして参拝して無事一年の健康と家内安全・五穀豊穣を記念してきました。

 公民館では、齋政夫さんのどんと祭、館腰神社、名取の史跡についての説明をしていただきました。

佐々木名取市市長も参加する激励に送られ勇者たちが出発。応援の留学生、ともだちin名取のメンバー

は、名取市の米でついたお餅と、もちろん小豆も名取産。あんもち、黄な粉もち、海苔もちでお腹を満たし

応援に出かけました。なお、資料を作り講演をしてくださった齋さんに「活動で使ってください」とご寄付まで頂戴し恐縮しました。このような人々の善意に支えたれ今年初めの行事も大成功できたことをご報告いたします。

インタビュー

「寒くないですか?」・・・・・「さむいけど、大丈夫です。」「身体の中は暖かいです。」
(振舞い酒のおかげ)「カナダは寒いから大丈夫です。」「とても面白いです。」

真剣な表情でどんどん早足であるいていてる女性も・・・・・「来る前は大丈夫かなと心配してましたけど大丈夫でした。ありがとうございました。とても楽しいです。」

寒くても苦手なお酒は飲まずに珈琲で温まっていた青年は・・・・・「日本に来てこんなにエキサイティングなことは初めてでとても楽しかったです。来てよかったです。イタリアにもドレスアップして教会までお祈りしながら歩く行事はありますが、50歳以上の人しかいないし静かに歩くだけだから参加したことはなかった。今日はとても日本らしいはだかでベル(鐘)を鳴らして歩いて焚き火にあたって美しい神社に行ってお酒を飲んだり、みんなで楽しく行列していくのはとてもおもしろいです。」と感激してくれました。

企画、運営にご協力くださった皆様のおかげでまたすばらしい行事を開くことが出来ました。皆様ありがとうございました。

熱燗皆様に幸あれ!!     イベント部部長 飯澤