CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
稲刈り楽しいな〜 [2009年10月19日(Mon)]
稲刈り楽しいな〜



 さる10月17日(土)10:00より

飯野坂ライスサポートセンターにおいて、

稲刈り体験が行われました。

まずはあぜ道を通って、

目的地の田んぼまで仲良く行進です。

当日は快晴で晩秋にもかかわらず

ぽかぽか陽気で、

空気がとてもおいしく感じられました。

周りの田んぼはもう稲刈り済みで、

今回刈らせていただく田んぼのところだけが、

金色に輝いて本当に恵みの秋を

感じることが出来ました。



みなさんライスサポートセンターの方々にこつを教えていただきながら稲刈り体験開始です。

鎌を器用に操りながら、あっという間に稲わらの山を築く人もいれば、ゆっくりマイペースの人

もいて人それぞれに稲刈りを楽しんでいる様子でした。



中でもタイからいらしたAさんは、前に経験があるらしくすいすいと稲を刈っていました。

ちなみに刈った稲の品種はキヌヒカリという品種だそうです。

各々田んぼの半分ぐらいまで刈ったところで終了。

後はコンバインがあっという間に稲を次々と収穫していきました。

あとはライスサポートセンターに戻って収穫祭の開始です。

私はコック帽をかぶって焼き鳥焼きに専念です。(つまみ食いはしましたが・・・・・・)



食事の様子は別のブロググにて詳しく書かれていますから

割愛させていただきますが、皆さん大いに食って飲んで、

ドイツのオクトーバーフェスタではありませんが、大盛況でした。

来年はまた田植えから始まって、

稲刈りもさせていただけるようです。

これはぜひ参加しなければと思う一日でした。

恵みの秋を実感した一日でした。

秋の空気はおいしいですね。
名取市民ミュージカル [2008年12月19日(Fri)]
  名取市市制50周年記念事業の一環として、明日

20日(土)・21日(日)14:00〜(開場13:30)
から、

        名取市民ミュージカル「ハッピーロケーション」

が上演されます。子供から大人まで世代を超えた出演者は、なんと一般公募で集まった市民の方々

です。もしかしたら知ってる方が出てるかもびっくりはてな また以前ご紹介した「名取市100選」も出て

きます。名取市初の試みだそうです。興味のある方はぜひご覧になって下さいラブ


場所  名取市文化会館大ホール

全席自由で、チケットは  大人(高校生以上)1,000円(当日1,200円)
              子ども(中学生以下)500円(当日500円)


なおチケットは以下の場所で購入できます。

名取市文化会館・あおい書店・タカハシ写真・渡辺ふとん店・オフィスパーク(中田物産)・JA名取岩沼





韓国料理教室のご案内 [2007年11月01日(Thu)]
韓国の料理教室のご案内です


韓国のキムチ漬け(一般的な白菜キムチ)を

作りたいという方は

下記の日程で行われるそうですので

興味のある方、作ってみたい方は

参加してみませんか?

チヂミ(韓国式お好み焼き)も試食出来るそうですよ



                 記


日 時   11月27日(火曜日) 午前10:30〜12:00

参加費   300円(材料費)

準備品   エプロン、スリッパ

定員    15名

       ※参加ご希望の方は
         11月 5日から11月 9日までに
         ともだちin名取の山縣まで
         メールにてご連絡ください
         場所など詳細をご連絡します
              tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp
市民教養講座のご案内 [2007年10月31日(Wed)]
急で、申し訳ございません

市民教養講座の案内が届いていました

日にちが迫っておりますが

まだ間に合いますので、興味がありましたら

ぜひご参加ください



市民教養講座

「英語文化理解と日本文化の伝達」

                 講師  異文化コミュニケーション研究家

                 日時  11月 4日(日)  10:00〜12:00

                 場所  仙台市青葉区五橋(アイリスビル隣)    
 
                      仙台市福祉プラザ  10F 第 3 研修室

                 参加費     500円         

                 申し込み   電話 022−229−4048   11月 3日まで

                 主催  仙台市市民活動団体「国際理解を進める会」     
案内:外国にルーツをもつ子どもの教育 [2007年09月11日(Tue)]
宮城教育大学のホームページで案内されていました。
http://koho.miyakyo-u.ac.jp/IUERC/2007seminar.htm

「外国にルーツをもつ子どもの教育」
 ・日時 : 平成19年9月29日  15:00〜17:30
 ・場所 : 宮城教育大学
続きを読む...
MIA設立20周年記念式典に出席 [2007年09月11日(Tue)]
宮城県国際交流協会設立20周年記念式典と講演会
 日時:2007年9月8日(土)15:00〜17:00
 場所:ホテル仙台プラザ

イベント部と日本語部の部長二人で出席しました。

●知っている団体が表彰されていました!
 数多くの表彰受賞団体の代表が 岩沼アイビー代表の川村さんでした。私たちのともだちin名取の発足のきっかけの一つが名取市役所での日本語教師ボランティア養成講座に来て活動の紹介をしてくれた岩沼アイビーの川村さんでした。そして、この講座の講師の一人であった ICASの氏家洋子さんも個人として表彰されました。お二人に会って私たちはお祝いを申し上げました。私たちの先輩であるボランティアグループの レディバードのみなさんも出席されていて 川村さん、氏家さんとともに ともだちin名取の活動が進んでいることを喜んでくれました。
 次の周年祝いの時は、ともだちin名取が表彰されるようになっていたいものだね、と二人で話しました。(笑)


●記念講演「世界の中の宮城、宮城から世界」
 講師:法政大学教授 王 敏 (ワン ミン)さん。

講師は、宮城教育大学の留学生であったときに仙台の歴史や、宮沢賢治などを研究し、日本文学日本文化が中国からどのように日本に伝わったかを研究していました。その時から、仙台が好きになり仙台の方に感謝しています。仙台で、小さなお店のママが 「草原情歌」という中国の歌を歌ってくれたことに感動したこと、現在の中国の雑誌の編集者が子守唄で 荒城の月を歌ってもらっていたこと、九尾のきつねという中国の古典に出てくる悪女が日本のお弁当の名前になっていてとても驚き文化の伝来に現れる日本文化の不思議など、とても興味深いお話を流暢な日本語で話されました。 新書で「日中2000年の不理解」とう本を最近書かれているので詳しくは、そちらをお読みください。王先生は日本文化の素晴らしい点と日本人にとって国際理解に必要な視点を示してくれます。お薦めの本です。


●その後 モンゴル舞踊の宮城教育大留学生のイリナさんのすばらしい歌と踊りがあり時間をやりくりして行ってよかったと思いました。

案内はこちら
支援者のメンタルヘルス [2007年09月11日(Tue)]
研修のときの講演で聞いた話ですが、会員、特にサポートする人に必要な情報だと感じたので、ぜひ紹介を!(代表の相澤)

精神的に健康な心(中井久夫※)

   <支援者のメンタルヘルス>
  @矛盾した考えや感情が同居できること 
  A分裂する能力:そしてある程度分裂に耐えうる能力
  B両義性に耐える能力
  C可逆的に退行できること
  D問題を局地化する能力
  E問題を未解決なまま保持できる能力
  Fいやなことをやれる能力
  G一人でいられる能力
  H秘密を保つ能力
  I意地にならずにいい加減なところで手をうてる能力 
  Jいろんな角度から物を見る能力
  K現実処理能力を使い切らぬ能力


※精神科医。ひょうご被害者支援センター理事長。
精神科医療に関わる看護師の教育にも尽力。また、優れた詩の翻訳や含蓄の深いエッセイなどでも知られる文筆家

日本語学習支援ネットワーク会議07 in YAMAGATA
  日 時:2007年8月7日(火)
  場 所:山形大学小白川キャンパス

講演「現実の共有について −多文化の子どもを支えるために−」
講師:五十嵐善雄氏(霞城メンタルクリニック)
パソコン教室 その1 [2007年09月10日(Mon)]
2日のブログセミナーのときに、「実際にパソコンをさわりながら教えてもらわないと、わからない。身につかない」という声があり、定例会の前にこじんまりとパソコン教室を開きました。「こんなふうにすると、yahoo! photoに載せた写真が見られるよ〜」というのが今回の趣旨。日本語講座の受講生を含めて4名に説明しました。

日本語講座受講生の要望は、「海外とテレビ電話がしたい」ということ。お店では「簡単ですよ」といわれても、パソコンの画面や設定の仕方がわからない(その説明している日本語の用語自体がわからない)。もしかしたら、生活支援にはIT支援のニーズも大きいかも、と気付かされました。海外だからこそ、インターネットを使いこなすことができれば、メリットも大きいはず。

そういえば、ある国際交流フェアでは、「海外との通話が無料」ということで多くの人が集まってくるという話も聞きました(企業の協力でやっているらしい・・・)

課題は、インターネットやパソコンの設定に詳しい人をみつけること、国際標準のモノであるかを確認すること、でしょうか。 
今年度は3月にオーストラリアへ! 中学生派遣事業 [2007年09月06日(Thu)]
名取市で毎年行っている、中学生海外派遣事業の団員の募集が始まりました。

市内中学校の2年生全員に、案内が配布されています。
どのぐらいの応募があるのでしょう?
ともだち名取の学生会員には、この事業の参加者もいます。

詳細はこちら
洞口家でムーンライトコンサート [2007年08月29日(Wed)]
※協賛会員の洞口さんより、ステキなコンサートの情報です。

”かやぶき屋根で聞くオペラ”

♪ ソプラノ歌手 相澤佳代子さん♪

日時:9月8日(土)夕方6時開場、6時半開演
場所:洞口家住宅
参加費:2千円
企画運営:やかたグループ(洞口さんが代表)
申込み先: 洞口:рR85−1908 (ともだちin名取の会員は、事務長まで)

相澤さんは・・・
東京音学大学音楽演奏家コースを卒業しニューヨークメトロポリタンオペラ、マスターコース在籍。ドイツで個人レッスンを受け、ロイヤルオペラカナダと専属契約「魔笛」夜の女王役で絶賛され、ドイツのニューイヤーコンサートに出演。現在は日本を拠点に活動、聖和学園高校非常勤講師も勤めている仙台生まれの方です。

※洞口家では毎年?秋の夜長にムーンライトコンサートが開かれているようです。
 過去には、太鼓や邦楽など
 
| 次へ