CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
裸参り [2010年01月15日(Fri)]
裸参りの写真を送ります

寒かったよ〜。
新年お茶っこのみ [2010年01月15日(Fri)]
みなさん あけましておめでとうございます。

今日から12時から2010年お茶っこのみin名取を始めます。

今日は支援センター会議室で仙台みやぎNPOセンター小川先生のブログ講座第3回を受講中です。

昨日の館腰神社どんと祭でマイナス2度の中はだか参りをした我が会長も今朝風邪もひかずに元気に支援センターに写真をパソコンにいれてきています。会長が写真をアップしてくれました。 ( I )
わくわくフェスタ みんながんばってますね! [2009年11月17日(Tue)]
わくわくフェスタ みんながんばってますね

 〓 先週、11月14日(土)11:00〜15:00まで名取市市民活動支援センターにて
  
市民活動わくわくフェスタが開催されました。


当日はあいにく朝から雨でしたが、参加者が続々集まってきて会場は熱気ムンムンでした。

わがともだちin名取も前日から準備怠りなく当日を迎えました。

私たちのスペースでは、各国の様子をまとめた壁新聞や、今までの活動の写真が紹介


また会員の皆さんの自慢の手料理がふるまわれました。



支援センター2階にて、

オープンニングセレモニーも終わり

いよいよ開始です。

我がスペースにも見学者がぼつぼつ集まり始めました。

佐々木名取市長らも訪れ、

温かい手料理に舌鼓をうつ姿も。

みんなおいしいおいしいと大絶賛です。

わたしはオーストラリアからきている

マイケルくんと一緒に会場の

見学に行ってまいりました。

手作りのクッキーや皆さんが持ち寄った品のバザーが行われていたり、下の階では名取市

内のecoな企業の活動が紹介されたりして、楽しく拝見させていただきました。


私も気づかなかったのですが、

名取市内で大なり小なりの団体が

いろんな活動をがんばって

いるのだなと再発見したりしました。

このようにがんばっている方々の活動が

みんなに認められるといいなと思わずにはいられません。

みんなで活気ある名取市をつくっていけたらいいですね。   by A


14日のわくわくフェスタ お疲れさまでした。

朝早くから駆け付けて準備し、

いちにち頑張ってくれたみなさんありがとうございました。

名取にも活躍しているすばらしい団体があるとアピールできてよかったです。

オーストラリアのお菓子を Iさんが作ってくれたのですが、D君やM君にも

褒められる味で、食べた全員が「おかわりできる?」と言うほど。

おじ様たちも、「お〜天才だな!凄い腕だな」と声をかけてくださいました。


そこに日本の味代表!Nさんのじっくり煮込んで真心と味がしみたオデン温泉

で身体も心も温めてもらいました。「一番働いたで賞」受賞はNさんだね!!きっと。

自動車免許取得のために少しお休みをしていたFさんが日本語講座に復帰し

わくわくフェスタに朝早くからj作り始め、暖かな3品の手料理を出してくれました。


特に水餃子が人気でした。一軒一軒水餃子もその家の作り方・味があるのだな〜と

また新しいことを体験できました。

そして、もう一つエピソードが。「あ〜運転免許センターで会ったよね。受かった?」

Fさんは日本語で受け D君は英語で受けたそう・・・無事に二人とも免許取得!



そして、もう一つ嬉しかったのは優しいご主人が1日付き合ってくれて、日本語検定の

試験問題にもTRYしてくれたりで、ドキドキ大とても幸せな家庭ドキドキ小を垣間見ることが出来ました。

餃子も・仲の良さハート矢も・両方ともご馳走様でした!!     by I

日本文化を体験 [2009年11月07日(Sat)]
今日は、いつもに増して豪華な

市民活動支援センター1F

情報交流室での

ランチタイムになりました。



 今野由美子先生

(去年の国際交流大会in名取 で

1Fロビーで演奏して下さった方)が、

琴を持ってきてくださって 会員のIさん(今野先生の弟子)と二人で演奏して

くださいました。岩渕さんの「赤いスイトピー」や、「コスモス」に合わせて今野先生が

伴奏してくださったり、中国の「草原情歌」や、インドネシアの曲、

日本の「さくら」など名曲をたくさん演奏してくださいました。


琴の音色、響き、美しい演奏に今日の参加者はみなうっとりしました。

昔なつかしい曲には大先輩が思いだしてハミングしたり、中国出身のいOさんは

「音楽にことばはいらない、みんなすばらしいとわかる!」と感激して、

琴の体験もできました。



 日本の伝統楽器である琴はもとは

中国、韓国をとおして遣唐使の時代に

日本に伝わり、日本で受け継がれてきて

独自の日本の琴になったそうです。

それで外国の曲にも琴の音色がよく合う

ということがわかりました。


やはり、中国韓国と日本文化は

はっきりとつながっています。


そんな琴にまつわるお話もできて、とても貴重な時間となりました。

 次回の日本文化体験には、ぜひ今野先生に琴演奏と体験をお願いしたいと思いました。  by I
6日のお茶っこ飲みは豪華だよ [2009年11月03日(Tue)]
今週の 11月6日(金) 12:00〜

名取市市民活動支援センター 1F 交流室にて

お茶っこ飲み は豪華ですよ


 箏の今野由美子先生が 私たちだけのために

 お箏の生演奏をしてくださいます。


最近ご無沙汰〜だった人も

まだ来たことのない人も

お気軽に このチャンスに お茶っこ飲みに お出かけ下さいね!! 走る 走る 走る
勉強してきました  [2009年10月31日(Sat)]


10月27日(火)18:00-20:00

メディアテーク7Fで、仙台国際交流
協会主催の Cafe ぐろーかる


 に行ってきました。

ともだちin名取の お茶っこ飲みin名取の仙台版の感じもありました。

途中ティータイムが入ります。

仙台では、大学留学生が多く、コロンビア、ベトナム、モンゴル、トルクメニス
タン、インドネシアからの留学生が日本人と4-5人のグループになって

各国住宅事情を紹介してくれました。途中でグーグルマップで各国の町をズーム

してみたり、ライブでインドネシアにいる友人と会話したり、質問うけつけたり、 

その国を身近に感じることができました。

 印象的だったのは、片言の日本語で(来日1年前後)自分の国紹介をしてくれ
たことです。

特にベトナムの留学生は本当にカタコトでも一生懸命日本語でベト
ナムは暑いので、竹と泥を混ぜて3000度でやいたもので家を作っていて、  

夏は涼しい、普通の家は日本と同じようです。と言ってくれたこと、 

それから、私は初めてトゥルクメニスタンの人と知り合ったことです。

マンションは大きくて、いつも30ー40人の親戚が集まって

食事をするので料理は得意です。という女性。

日本料理を習いたいと言っていました。トゥルクメニスタンの料理教室も

初めているそうです。

今回は住についてでした。

ともだちin名取でも各国紹介をする時になにかにテーマをしぼってやって

みるのもいいなと思いました。そのうちに、ともだちin名取をゲストとして

呼んでくれるそうです。

その時はどなたか一緒に行ってお国紹介をしてみませんか?

11月8日の16:00-18:00に

仙台国際センターで

インドネシアの音楽とダ
ンスを見せてくれるそうです。 興味がある方は是非どうぞ。
  By I


前から気になっていたCafe ぐろーかる に 視察に出かけてくれたIさんありがとう。
ぐろーばる & ろーかる から来た名前なんでしょうかね! 素敵!

私は昨日宮城県庁で勉強してきましたが、

宮城は民間人いよる社会貢献活動の長い歴史を持っている。

とH10年の宮城県条例第36号にある一文に驚きました。

 そして、そろそろその長い歴史に大きな発展を加える次期なのか〜炎

その気になりやすい私は、新たな活動に燃えるのでした! By W
お茶っこ飲み 情報 !! [2009年10月31日(Sat)]
10月30日(金)のお茶っこ飲みin名取

ブログや定例会報告でお知らせしているお茶っこのみですが〜

昨日は初めて参加の会員が2人ありました。参加会員:7人 メニュー:

赤飯、ナシゴレン、煮物、シフォンケーキ、柿、など

季節のおいしいものをごちそうさまでした。

今日の話題

1.いただきます。は、各国では? アメリカ、カナダ、オーストラリアでは、
準備ができしだい、各自食べ始める。中国では、そろったら食べます。韓国では
、何か言ってから食べます。 アメリカなどでも、家庭によってはお祈りをみん
なでしてから食べる。

2.宗教は?中国では宗教は自由です。キリスト教、仏教、他、イスラム教は支
部の少数民族に多いらしい。

3.中国では、お父さんは、よく料理します。たまには家族で外食し、お母さん
は楽できます。町では、いつでもお祭りのようににぎやかに宴会できます。日本
とちがいます。

4.中国では、現在日本語学習がとても盛んで、日本語教師がたりません。とも
だちin名取から中国へ日本語教師が出向いていくのも夢じゃないかも。その時は
中国語を勉強してからいきましょう。
「助けてください。」:の中国語を習いました。


沢山のお話のほんの一部ですがご紹介しました。

とても素晴らしい時間を共有できて幸せです。

どなたでも参加出来るので、楽しいの?と疑いながらでも来て見てください。

がっかりさせませんから  !(^^)! (^^♪  By I


イベント部 報告 [2009年10月18日(Sun)]
10月17日(土)
  国際交流DAYin名取 part2
        稲刈体験収穫感謝祭会 




素晴らしい秋晴れに恵まれて、

赤ちゃんから熟年まで約百人で盛会となりました。

幼稚園児、小学生たち、初体験のヤングママたちも青空の下広大な田圃で、

キヌヒカリという品種の稲刈りを

夢中になって楽しみました。

田圃や畦を歩くのが

とても気持ちのいい季節です。稲刈りの後は子供たちかえるを追いかけ、

つかまえて田圃を走り回り、稲わらやもみがらにまみれて

いつまでも飽きずに初めてであった子どうしも遊んでいました。

お餅つきにも2−3歳から小学生が列をつくって挑戦、大人も餅つきを楽しんで

3回もうすと杵でついておいしいずんだ、納豆、ごまのおもちをいただきました。

そのほか、トン汁やバーベキュー、新米味噌焼きおにぎりなどのごちそうをたくさん。

飯野坂ライスサポートセンターのみなさんの全面的な協力でおいしくいただいて

収穫感謝祭会となりました。



おりしも東北楽天イーグルスのクライマックスシリーズ2勝目をあげ、

2重にうれしい日でした。    
 



タイ・カナダ・オーストラリア・

中国・日本の五カ国の国際交流でした。

                by I イベント部 部長 
国際交流お茶っこ飲みin名取 [2009年05月23日(Sat)]
  「気軽にお昼を持ち寄り、お喋りをしながらちょこっと外国語なんか勉強できれば楽しいかもラブ」と

ある日本人会員の何気ない一言から生まれた、その名も「国際交流お茶っこ飲みin名取」。

「お茶っこ飲み」とは仙台(名取)弁で、「お茶を飲みながら、世間話などをすること」です。


  22日(金)に第1回目が開かれ、中国出身の会員4名と日本人会員5名が参加して、手作りの焼き

ニラ包み・餅・お赤飯・卵焼き・スイートポテト・巻き寿司など美味しい料理に舌鼓を打ちながら、

楽しいお喋りに花を咲かせ、あっという間に時間が過ぎていきました。





  実は日本語講座でも授業の合間に20分間の休憩があり、その時には皆で集まってお茶を飲み

ながら楽しくお喋りしているのですが、途中でタイムアウト…ということもしばしば悲しい  その点この

「国際交流お茶っこ飲みin名取」であれば、1時間半と時間も長いので、時間を気にせずに思う存分

話が出来るし、美味しい料理も食べられて、おまけに外国語も覚えられるびっくりはてなと嬉しいおまけが

いっぱい笑顔何より気軽に国際交流が楽しめますので、ぜひ皆さんの参加をお待ちしております。


日 時  毎週金曜日12〜13時30分


場 所  名取市市民活動支援センター1階 交流室
            *日本語講座の会場とはまた違いますので、お間違えなく*

持ち物  一品食べ物持ち寄り(もちろん買ってきた物でもOK)


 今後は中国語や韓国語、タイ語などのミニ会話講座やお誕生日会なども出来ればいいなぁ、

とのことです。お仕事をお持ちの方も、ぜひお昼休みに参加されてはいかがですか?

                                                       by H


田植え体験会 [2009年05月17日(Sun)]
  10日(日)、天気予報では暑くなると言われていましたが、お日様がちょこっと顔を出した丁度

良い気候の中、中国やオーストラリアなど外国出身の方を含め約50名の方々が参加して、

国際交流 田植え体験会」が行われました。



 昨年同様「飯野坂ライスサポートセンター」の皆様にお世話になり、今年はライス

サポートセンターのまん前にある30a(30m×100m)もの大きな田んぼの約1/3を手植えで、

残り2/3は田植え機を使って、田植えを体験しました。


  更にサポートセンターの方の粋な計らいで、子供達一人ずつ田植え機に乗せてもらい、実際に

運転して機会植えを体験音符 皆初めての経験にもかかわらず怖がることなく、満足げな様子で

運転席に座り一人前にハンドル操作を行っていました。




  手植えは、初めての方もいれば去年参加して2回目の方もいて、それぞれに皆さんの意気込み

が伝わってきました。中には昨年の経験を生かし専用足袋を持参された準備万端な方もいて、

本当にこの日を楽しみにしておられたんだろうなぁと感じました。

  最初は何だか不思議な土の感触におっかなびっくりだった人や、特に長靴の人は土に足をとられ

四苦八苦していた人達も、しばらくすると「意外に土って温かくて気持ちいい〜」「田植えって

楽しい〜笑顔」と次第に笑顔が見られるように…。外国出身の人達も、初めてとは思えないくらい上手

でびっくりびっくりびっくり




また普段自然と触れ合うことが少ない子供達が楽しみながら一所懸命に田植えをしている姿は

本当に貴重であると共に、子供自身にとっても良い体験であり、いつまでも心に残る財産となるの

ではないかと思います。


 皆の協力でようやく田植えが終わった頃、ライスサポートセンターの方々からバーベキューの

厚いもてなしを受け、お腹いっぱいご馳走になりましたおにぎり 

 
  昨年に続き、今年もライスサポートセンターの皆様には本当に何から何までお世話になり、

どうも有り難うございました。



 10月の稲刈りは、諸般の事情により残念ながら今回自分達の植えた物は刈り取れませんが、

また皆の笑顔に会えるのを楽しみにしておりますラブ

                                                by H
 

| 次へ