CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ともだちin名取                 地球市民日本語講座

Tomodachi in Natori International Relations Association

この会は、海外出身の移住者並びに滞在者の方々と市民の交流を通じて、双方向で異文化を学びあい協力して住みよい国際都市名取実現の一助となることを目的とする活動をしています。
1)多文化共生支援部(ともだちつくり隊)
2)日本語講座部(にほんごまなび隊)
 
東日本大震災後に海外出身者支援に取り組んでいる全国の日本語講座・国際交流協会、NPO団体などから様々な励ましや応援を頂き、宮城県内では最も早い2011年6月1日からともだちin名取の日本語講座を再開しました。
海外出身の方々の心の拠り所の一つとして、生活者に学習の機会を提供する場として活動をしています。
多文化共生部では海外出身者との交流を中心に異文化体験、国際交流の場を作り、日本人には日本にいてできる国際交流経験を、海外出身者には日本での生活経験の幅を広げてもらい友達作りのお役に立ちたいと願っております。

また、本年度は名取市の委託事業として日本語講座を開催しております。



プロフィール

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
団体について

ともだちin名取さんの画像
ともだちin名取
プロフィール
ブログ
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
項目
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_natori/index2_0.xml
リンク集
童謡を歌おう!「たなばたさま」 [2017年07月04日(Tue)]
先月から日本語講座の中で童謡を歌う時間を始めました。
7月の歌は「たなばたさま」です。

IMG_7191.JPG


歌詞に出てくる「のきば」の意味も絵にして解説しています。

次回7月10日(月)は、夏休み前の最後の日本語講座です。
7月17日(月・祝)は祝日のためお休み、
7月24日(月)は、夏休みイベント「作って遊ぼう!世界のおもちゃ」開催で、日本語講座はありません。
童謡を歌おう!「あめふり」 [2017年06月21日(Wed)]
6月から、日本語講座の休憩のあとに、
みんなで日本の童謡を歌う時間を始めました。

毎月、季節に合わせた一曲を取り上げて行く予定です。
6月の童謡は「あめふり」。
日本人のみなさんには、なじみの深い曲ですね。
曲に出てくる「ジャノメ」とは何か、など解説もしながら
楽しく歌っています。

IMG_6854.JPG


IMG_6856.JPG
各国らしいお土産 [2017年05月22日(Mon)]
先週の日本語講座では、休憩時間にこんなおやつが登場しました。

タイ出身のGさんからのタイのお土産は、ゾウの形をしたチョコレート。
松ぼっくりの形を模したのは、日本のお土産で黒糖のコンペイトウです。
お土産の一つをとっても、お互いの国らしさが垣間見えて、とても楽しい時間です。

遅くなりましたが、次回の日本語講座は本日5月22日(月)です。

IMG_1652.JPG
2016年度日本語講座閉講式 [2017年03月17日(Fri)]
今年度最後の日本語講座と閉講式が開催されました。

閉講式では、学習者の皆さん一人一人が日本語講座での思い出や、これからの意気込みをお話ししてくれました。
各国の言語でありがとうをホワイトボードに書いてくれた人も。

IMG_4974.JPG


みんなで「世界に一つだけの花」を歌って、
記念撮影しました。

閉講式集合写真


これから春休みの少しの間、日本語講座はお休みです。
来年度の日本語講座は4月10日から、
講師会は4月3日に行います。
日本語講座の様子 [2017年03月03日(Fri)]

日本語講座には、小さなお子さんを連れて学習する方もいらっしゃいます。
お母さんが勉強している間、子供たちはスタッフとおもちゃや絵本で遊んでいます。
各国出身の学習者さんの赤ちゃんと、日本人スタッフの赤ちゃんが仲良く遊んでいて、こんな所でもグローバルな交流が。

休憩の時間には、中国出身のFさんからの差し入れで、香港土産のXO醤味干し肉入りエッグロールをいただきました。
今までに食べたことのない風味とサクサクした食感。
生地は甘いけれど、XO醤と干し肉でスナック菓子のようなイメージです。


エッグロール


次回の日本語講座と講師会は、3月6日(月)です。
節分 [2017年02月04日(Sat)]
昨日は節分でしたね。
みなさんは豆まきをしましたか?
1月30日の日本語講座の休憩時間には、節分の豆が登場しました。

節分の豆と鬼の面

各国の学習者の皆さんの話だと、
中国にも、韓国にも、タイにも、デンマークにも、
節分に似た行事はないんだそうです。

日本独自の文化なのかと調べてみたら、
元になったのは中国の風習なんだそうです。
それが日本の宮廷で「追儺(ついな)」という年中行事となり、面をつけた人が矛や盾をもち、援護する人が弓をひいたり、でんでん太鼓をふったりして厄を払う行事になり、
平安時代ごろには、「鬼は外、福は内」と唱えながら豆をまく行事に変化していったそうです。
今年も一年、みなさんが健康で元気に暮らせますように。

次回の日本語講座と講師会は、2月6日(月)です。
市民活動支援センターの周辺は道路工事を行っているので、車で来る方はお気をつけください。

鬼の面をかぶる講師

中国のお土産 [2017年01月17日(Tue)]
1月16日(月)に、今年最初の日本語講座を開催しました。

休憩の時間に、中国出身のSさんが持ってきてくれたお土産をいただきました。
様々なスパイスで味付けしたヒマワリの種と、
日本でも売っているミルクキャンディーの中国語パッケージ版。
ヒマワリの種

ミルクキャンディー

ヒマワリの種は、八角の甘〜い香りがクセになります。
中国のお正月は、こんなヒマワリの種やカボチャの種、スイカの種などをポリポリ食べながら、
のんびりテーブルを囲んでおしゃべりするのが定番なんだそうです。

次回の日本語講座は来週1月23日(月)です。
日本語講座二学期の終業式 兼クリスマス会 [2017年01月07日(Sat)]
12月19日(月)は日本語講座二学期の終業式兼クリスマス会でした。
前半はいつも通りの学習、11時からがお楽しみの時間でした。
昨年から始めたバザーでは今回もたくさんの品物が集まり
NHK海外助け合いに募金することができました。

みんなの日本語中級Tを勉強中のタイ出身のAさんが、第10課の
「インタビューをして結果を表にまとめる」という課題に取り組んでいたので
この機会にみんなの前で勉強の成果を発表することができました。

勉強成果の発表


今回は参加者がそれぞれの国の料理やお菓子を持ち寄りました。
韓国、中国、タイ、日本、南米の料理とお菓子。
そして今月入会したばかりのデンマークからの学習者さんも
クリスマスクッキーを焼いて持ってきてくれました。ちょっと日本にない感じのスパイスの効いたクッキーでした。
どの料理もとても美味しくて、材料や作り方を聞いたりどんなときに食べる料理なのか質問したり、
食べてみて、と勧めたり勧められたり。やはり一緒に食事をすると、とても楽しくて親しくなれる気がしますね。

このような行事の時にみんなで歌う歌があったらいいね、と相談していました。
大人も子供も日本人も海外出身者も知っている歌、ということで
SMAPの「世界に一つだけの花」を歌うことにしました。
ピアノが上手な会員が伴奏をして、日本語教師を目指している大学生のFさんのリードで
託児の子供たちも一緒になって振り付きで歌いました。楽しかった〜♫

クリスマス会の実務を担当してくださった会員の皆様、ありがとうございました。

クリスマス会集合写真

日本語講座もこれから冬休みに入ります。次の講座は1月16日(月)スタートです。
皆様、風邪などひかれませんように。事故も怪我もなくまた新年にみんな で集まれますように。
にほんごで よむ ほんの かんそうハングルとにほんごでどうぞ [2016年09月15日(Thu)]
안녕하세요.
저는 센다이에 살고 있는 일본이름은Y.A 입니다.센다이에서 산 지 11년이 되었습니다.
일본어를 잘하지는 못하지만 어느 정도 대화는 가능한 정도입니다.제가 나토리시시민활동지원센터에서 일본어를 공부하게 된 계기는 8살이 되는 아들을 위해서이고 일본이라는 나라에서 살고 있는 저를 위해서이기도 합니다.

어느날이었습니다. 공부를 마치고 집으로 돌아가는 준비를 하고 있을 때 저를 담당하고 계시던 선생님께서 "외국인들을 위한 책이 있으니 한 번 읽어보지 않겠습니까?"라고 말씀하셨습니다.

한국에 있을 때 소설책, 또는 여러가지 책을 읽은 적은 있지만 일본에서는 책을 끝까지 읽은 적이 별로 없었습니다. 이유는 우선 일본어였고 또 한자가 많아서 책을 읽는 도중에 포기한 적이 여러번 있습니다. 모르는 한자를 찾아서 읽어야 했기 때문입니다.
읽고 싶지 않은 마음이 있었지만 성의라도 보일까 싶어 책을 손에 들었습니다.
책을 손에 들어 보니 생각보다 얇고 첫장을 넘겨 보니 히라가나 (글씨가) 크고 한자 위에 읽기 쉽게 요미카타(읽은 방법)가 적혀져 있었습니다. 그래서 책을 빌려 집으로 돌아왔습니다.

며칠이 지나 한 번 읽어 볼까 하는 생각에 읽기 시작했습니다.

‘히로세강 ’ 무슨 내용일까 궁금하기도 했습니다. 히로세강은 센다이 중심을 흐르고 있는 강입니다.
책 속의 주인공은 미국에서 센다이대학으로 일년 동안 유학을 온 아리사라는 여자학생입니다. 홈스테이를 하게 된 가족들과 교류,센다이의 풍습, 축제, 명소, 요리, 센다이의 일년 동안 모습이 적혀져 있습니다( 나오토와의 약간의 로맨스도 있음). 처음엔 흥미가 없었지만 책을 읽을수록 내가 모르고 있던 센다이의 모습을 보고 알게 되었습니다(1월 부터 12월 까지 ).

책을 읽기 시작했을 때 처음에는 눈으로 읽었습니다. 하지만 이해가 되지 않았습니다.그래서 소리를 내어 읽기 시작했습니다. 왠지 이해가 되고 재미가 있었습니다.

책 속의 주인공 아리사와 나오토 이야기 속에서 여러가지를 배웠습니다. 이럴 땐 이렇게 하는구나라는 여러가지 대화방법을 배웠다고 생각합니다.

이 책은 외국인들을 위한 책이라고 선생님께서 말씀하셨고 저도 그렇게 생각합니다. 여러 번 읽으면 일본 사람처럼 일본어를 할 수 있을 것 같은 생각이 들었습니다.

다음은 어떤 책을 읽어 볼까 생각중입니다.

日本語訳.docx
6カ国の文化紹介「お国自慢」の会をします。 [2016年06月21日(Tue)]
7月11日(月) 10:00〜12:30 会場 名取市市民活動支援センター
日本語講座の一学期最後の日に、学習者の皆さんによるお国自慢の会をします。
食べ物、文化、民族衣装、ダンスなどの紹介と
日本にはない祝日の紹介、日本語にある漢数字、あなたの国では?などなど
現在日本語講座に通っている海外出身者の皆さんから
それぞれの国の話を聞き、楽しく交流したいと思います。

参加費は無料です。
どなたでもお気軽に遊びに来てください。

会員以外の方で参加希望の場合は
メールでお申し込みください。

DSC_0096 (640x427).jpg







この写真は2年前のお国自慢行事の時のものです。
| 次へ