CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« 2011年12月 | Main | 2012年02月 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
復興・閖上チャリティー寄席[2012年01月31日(Tue)]
<色:#復興・閖上チャリティー寄席

2月5日(日) 

 10時半会場
 11時開演〜12時終了予定


日時が決定しました。

三遊亭夢花 さん

川野目亭南天 さん



お二人のお話で明るい気分になれます。







   国際交流協会ともだちin名取は

  この素敵な会を 応援します。
自覚の重要性[2012年01月30日(Mon)]
ともだちin名取の ブレーンの一人と今朝久々に

少し話せた。

      太陽とても大事なことを言ってくれました。

私たちは、謙虚で有り続ける必要があると気が付きました。



誰に頼まれたわけではない。被災された方々の状況をみて

私達が必要だと思って動いている。そのことを常に自覚して

他者への多くを求めずに・・・・・・自分達で出来ることをしていく

ことを心がけていれば、不満やストレスは減るのだと気が着きました。



どっぷりつかっていると 分らなくなるが、

一歩離れて、冷静に、問題点は何か?その解決策は?

それが最善の方法か?と 順に考えていくことが如何に

大切か・・・分かった。


さ〜て、今日は1時から 閖上まちカフェを会場に

講師:森山英子氏(仙台傾聴の会代表)による傾聴講座の

第一回目なので、よ〜く聞きながら 

頭の整理もして来ましょう。

行って来ま〜す。

            by  W



住友商事さんに感謝[2012年01月29日(Sun)]
名取市の軽度被災家庭のある1日

9時に家を出て。10時からのインターンシップ・プログラムの

説明会に向かいました!!

フラスコ大町でせんだい・みやぎNPOセンターが

コーディネーターの説明会でした。

住友商事様が主催であるこのプログラムは特定非営利活動法人市民社会創生ファンドが企画運営する東日本再生ユースチャレンジ・プログラム−活動・研究助成−です。

詳しく知りたい方は
【助成金情報/東日本大震災支援】(締切:2/24(金)(必着))

『住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム−活動・研究助成−』
 〜東日本の再生過程に若者の参加を〜
  http://www.sumitomocorp.co.jp/society/fund.pdf

本日お話をして下さった住友商事の上崎様はとても素晴らしいお考えの持ち主でした。

住友商事グループの経営理念の中から、常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指している企業であると知りました。「健全な企業活動を通じて豊かさと夢を実現する」「人間尊重を基本とし、信用を重んじ確実を旨とする」……感動するフレーズばかりだった。
経済的・社会的価値の実現や向上に貢献していきたいと、このプログラムを実施して下さることが分りました。法人資格を有するとか 言われがちなファンドの条件なのですが、このファンドの場合、そのような形態より活動の内容、実態を重視して採用を決定して下さることに重ねて感激しました。

それから、その会にいらした方々全員から心が洗われるようなご意見が出ました。[Special Needs]の方々のために日々活動する方の言葉にも感銘を受けました。大町で活躍される方が、『コミュニティーカフェ』と呼んでいるとき、私達は地元の文化を尊重して、『お茶っこのみ』とよび活動していることを、くすぐったい気分で思い出しました。この努力を継続すれば、復興への手助けをしたいと日々活動しているので、他の団体の方々のお話がとても心にしみました。きっと、出来る、前進できる、と思える時間でした。



我が家は現在 母が入院中。大学生の長男と夫婦の3人で暮らしていますが、数週間、家族揃って食事をしていなかったので、反省して今日は朝自宅にいた、「お昼食べに行こう!」と主人と出かけ。行った先は先ほど書いたプログラムの説明会。せんだい・みやぎNPOセンター代表の紅村さんとお話できたので我が家の主も、「いつの間にか事務所被災したから、って家の一室が事務所になってて・・・」と聞いて頂き、気分がおちついて〜何年かぶりでご褒美として!仙台駅前の大原で、主人は玄米そばのセット・私は伊達天婦羅を食べたのでした。ご主人様もご機嫌。その後、植松入生に荷物を届けてくれました。
食事している間にも 仮設2か所の代表から電話がありましたが、我が家のご主人様は そんなことでは動じなくなって、立派になっていました。それもこれも、あの震災を共に経験し、少ないながらもボランティアにも参加するようになったからだと思います。あの悲しい災害は我々に多くのことを教えてくれました。そして、昨日 買わなきゃと書いていた事務所の電球の話をしたら、暗いから変えよう!と、LEDの買い換えてくれました。現在、月に11,200円頂いて、我が家の一室をともだちin名取の事務所として使っています。その算出の方法は、名取市市民活動支援センターを借りていた時の会の予算のまま、電気・水道代込みでの料金です。3月まで会の予算がそうなっていたので、そのまま・・・・・・しかし、1日暖房や水道・そして、インターネットも・・・・・・それなのに、2万以上の電気買って付け替えてくれた! 今日はこの身近な支援者に感謝した。
ボランティアにあまり理解を示していなかった主人のような人さえ 変えた今回の震災のことをお知らせしたく、今日はこのことを書きました。

・・・・・・今回の住友商事さんの『ユースチャレンジ・プログラムーインターン受け入れ・・・・・・・により、これからの日本を背負う青年たちと相互に学び合える場として 国際交流協会ともだちin名取もインターンを受け入れたいと思いました・・・・・『採用されればラッキーですね』

明日は傾聴の勉強をします。
もうすぐ、春が来る。嬉しいと思う人より・・・・・・・こどもたちの新年度の学費の心配をしているのは我が家ばかりではないでしょう。私学に二人通う我が家のような被災家庭が沢山あります。今回の被災の為に進路を変更しなければならなかった学生にもっと何か出来なかったのかと そのことが一番の気がかりです。

被災した学生さん!  インターンシップを利用して皆さんも収入を得られます!!
情報を収集してみて!!



それから、ブラジルからの支援者のイベントが大盛況でした。ありがとう。
その際に 宮城県から送っていただいた グアテマラからの人道的支援の
お菓子を皆様にお配りして多文化交流をしました。宮城県国際交流協会様からのご紹介で今日もものような素晴らしい出会いがありました。皆様に心より感謝致します。

日曜日だったのに、名取市社会福祉協議会の生活支援のひよりさんの中山さんが今日は優しいスマイるで1日休む間もなく活躍して下さいました。仮設の方々も感謝していました。今日あなたが作った笑顔の数はいくつだったか思いおこしてみてください。きっとものすごくたくさんですよ。

皆さんのお蔭で 今日も1日が無事に終了!!

              by  W
植松入生の床屋さん[2012年01月29日(Sun)]
1月30日(月曜日)だったそう!!

すみません!

本当にすみません!!


  by  W
写仏に挑戦![2012年01月28日(Sat)]
花頑張りました。

かまくらのように雪が積もった車で・・・8時に荷物を積み

美田園第一へ向かって出かけて・・・方言でお話をする方々が

獅子舞や寸劇など盛り沢山なゴージャスなステージを

見せてくれる中・・・・・・

大友先生と打ち合わせをしながら 私も実際に写仏を体験!!

心穏やかな時間を過ごしました。

今日 私は大友先生から 素晴らしいプレゼントを頂いた!!

 明日 お見せしましょう!!驚きますよ!


それから交流のためのお茶会!!

 楽しかった。


そして、雇用促進で1時半からのお茶会。

宮城県の新しい公共により

仙台傾聴の会(11名出席) と 

ともだちin名取(4名出席) が

一緒に皆様の心に寄り添い傾聴をして一緒の時を

過ごしました。


雇用促進には 床屋さんの支援の方が長野県からいらして

いました。

音量明日はその床屋さんは午前から植松入生で開店!!


音量また、雇用促進では

ブラジルから東北へ!! というタイトルで4名の方がユニットを

組んで、音楽の楽しさを紹介して、一緒に♪カラオケも楽しもう!

というイベントを10時から開催します。


音量その後、植松入生で3時から同じイベントを開催♪


            




電気屋さんに行って 必要な物を買い 事務所で7時まで事務!!

今日も中川先生のご指導で、新聞づくりのお話もだいぶ進み〜

またまた、楽しい企画満載の新年度となりそうです。

それから ・・・・・・・



これは写仏の大友先生のトンボ 凄いよこれ!

以前から大友さんは被災地にこのトンボを送っていた。

だからその関係で宮崎県から お返しにと名取へ支援の方が

来て先生も対応したり・・・

そんなことをしていた素敵な先生に

毎日教わることばかり。

その上

こんな素敵な表札を先生の作っていただいた・・・・・

みて〜

   

素晴らしいでしょう!!

 と、盛り上がってから・・・・・

「電球買わないかんかったな〜」と駄目だし!

楽しいことにばかり 目が行き、新年からチラチラしていた

事務所の電球・・・今日も買わずに帰って来たことに笑った。

 本来なら、新年を迎えるときに、電球もかえて・・・・・・などと

していたが、何だか震災後 あまり物資にこだわりなくなり

節約!?! 電球  頓着しなくなったようだ。

良いのか? 悪いのか?は分らないが

随分と考え方が以前とは違っている。


 今日 7時に運転するとき、−4℃でした。

その数字見ただけで 寒くなりました。


 インフルエンザに負けないように手洗いうがいをして

がんばっちゃね〜!!

           by  W




 
写仏[2012年01月27日(Fri)]


明日は 美田園第一応急仮設の集会所に

メモ9時半から 写仏の大友先生が行きます。

私も行くことになりました。





では、明日はこの情報で早速新聞つくろうか!


てな訳で ご都合の良い方は 明日土曜日は

9時半から 美田園第一の集会所に私はいますので

来れる人は 来てね〜!!


午後は 雇用促進のお茶会です。

    

               by  W
資生堂さんの支援[2012年01月27日(Fri)]
震災当初から

ラブ笑顔 資生堂さんは イケメンズがハンドマッサージ付きで

避難所の支援開始・・・・・エネルギッシュに多くの取り組みをしてこられました。

この冬も 雪降りしきる中 仙北を回ったり継続して支援をしていました。


そして、今回・・・・・・

仮設以外の支援が薄かった方々へ支援したいという ターゲットを絞った

支援のご希望のお話を伺いました。



私たちが 新しい公共で取り組んでいる

名取市交流センター が実施する交流の場に提供とジャストフィット!!

喜んでその支援を繋ぐこととなりました。

東北総括部長である松田さんには 名取市の全避難所を回っていただくという

大変な支援もこなしてい頂き私たちは大きな励ましをいただいてきました。



今回は 今テレビCMでよくみる 赤いボトルのTSUBAKIというシャンプー

とリンスの コールド(地肌のケアも含まれるものだそうです)と

リップクリーム・卓上カレンダーんどをセットにした物資を預かりました。

カレンダーに楽しい予定を組んで 前に進んでいただきたいという

気持ちのこもった支援です。


ゆりあげまちカフェでの落語協会さんのライブの時に 

第一1回目の配布をと計画中です。

前回 超人気だった 南天さんがまた名取に来て下さるかも?



みなさん 大喜びです。

    また、楽しく集いましょう!

   
今、資生堂さんのように 支援の対象をご自分で設定されてお話を

下さるかたが増えて来ました。

誰もが、なんだかわからないが支援したい・・・・という初めのころから

比べると 現在では

篩にかけられて 本当に必要なものが残ってきたように感じます。

どんなことでも、自然淘汰されるもの、こと、ってありますよね。



昨日 名取市の観光資源についての会議で

座長の東北工業大学の今西肇先生が言ってました。

地域のことをよく知り 伝えて行こう。

まず、住んでいる私たちからよく知ろう・・・・・

素晴らしいメンバーで会議が重ねられました。

NETプラスさんが主催で、助成金を頂いて持つことができた会議であり

市役所に提案書の形で 参考にしていただきたい内容をまとめました。

各分野の方々が集まり、多くは被災者であり、その中から市議に立ち

その目的を果たされた方もありました。


これから育つ子供に しっかりと名取のことを教育して 再生を担う

人材を育てようというご意見を下さった事業主さんのお言葉が

名取の未来を照らしているのを感じました。



皆 それぞれ よ〜く 考えています。

大丈夫だね 名取!!

                by  W
足跡(そくせき)を残す[2012年01月27日(Fri)]
困難と思われた時期を 我々がどんな努力をして歩んできたかと

後世の人々に 足跡を残す・・・・・・・な〜んていう固い話をして

いたら。





気持ちが ぱ〜っと 明るくなるこの可愛らしいお饅頭を

旭川のお土産として頂いた。

仮設のお茶っこ飲みの反省会の時でした・・・・・・




これを 考えた人の アイディア ・・・・・・・

尊敬します!!


 う〜負けずになんか考えなきゃね!!



今、震災で亡くなった人へ手を合わせる場所がないと

様々な人が言っています。

私は 高館にある秀麓齋が菩提寺なので・・・・・

そこに ご住職が建立した 今回の震災で亡くなった方全てに

対して手を合わせることが出来ているので

心の安らぎを感じることが出来ます。



  皆様もお訪ね下さい。

山際の高い位置にあり、高館の田んぼをみわたし、その先には

名取の町並み そして 遠くは閖上の海岸線・・・・・

名取市の皆さんを見守っていて下さるのを感じます。



見守られながら、一つ一つ進めましょう。

            by  W
まごころ ごぼう[2012年01月26日(Thu)]


これは 真心のこもったごぼうです。

被災された方が 何もお礼が出来ないから・・・・・と

この冷え込む前に・・・凍るまえに(しみでしまわないうじに)と

右のように細く切ってくださいました。

左が原型です。

それを 私がきんぴらにして副会長と打ち合わせの時に食べました。

すると、彼女は腕をふるい・・・・




こんな風に 加工してくれました。

右は片栗粉を付けて揚げてから 塩をパラパラ

胡蝶を加えてもナイスらしい。

左は同じように 片栗粉をまぶして揚げてから

ポン酢に絡めました。

私はこの写真のまごころごぼうを全部食べました。

だから 体調も絶好調! 


  ごぼうは きんぴら 

  または、鍋のだし・・・そんなワンパターンから脱却


風土豊かな名取の文化を < 震災にあったからこそ >

皆さんから学ぶことができた私です。


  ポン酢でも、天つゆでも、片栗粉で揚げてから・・・・

何に絡めても最高でした。

皆さんありがとう 少し、料理のレパートリーが広がりました。

  こんどは 何を教えてもらえるかな? 鐘


             料理


               by  W
名取市交流センター[2012年01月26日(Thu)]
すいません宮城県の新しい公共の場づくりのためのモデル事業(3次)の採用

通知を頂戴しました。



             提案事業名

新しい公共による

名取市交流センター運営事業




仙台傾聴の会 と 国際交流協会ともだちin名取の 協議体である

名取市交流センター協議会 という 名前で

被災者に寄り添い、傾聴し、自立の支援をします。


今日も、打ち合わせの会議をしました。

名取市から推薦状を頂戴して、宮城県に採択されました。


今週の土曜日には第1回目の活動として、雇用促進住宅で

傾聴の形の お茶のみの会を開催します。

早速 それに賛同して いつも応援して下さっている

ビハーラさんから、お茶やお菓子も送って下さるという

嬉しい知らせも頂いています。


  皆さんの気持ちのこもった支援に支えられて

市民の皆様がよい時間を過ごせることを・・・

楽しみにしています。

雇用促進住宅の自治会では、そちらの住人でなくても、

ご近所におられる 被災者の方々も快く受け入れていて

モデルとなるような 暖かいお茶の会を開いています。


 とても素晴らしいことだと思い、私たちもできる限りの応援を

したいと考えていました。


 これまでも、西本願寺さんなどが 支援の手があまり届いていなかった

雇用促進を大事にして下さり、住人の皆様も柔らかい笑顔を見せてくださる

ようになりました。ここまで来るあいだには、鈴木さんをはじめとした市役所の

方々が日参して支えてくださったことも大きな力になったと理解しております。



  ロケット 皆さんで できることからして・・・復興に向かいましょう。

最後に 申請のご指導をして下さった

宮城県環境生活部共同参画社会推進室の皆さんありがとうございました。


                     すいません

                      




              by  W
| 次へ