CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« 2011年09月 | Main | 2011年11月 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
地球市民日本語講座in名取 [2011年10月31日(Mon)]
今年度のともだちin名取の日本語講座は文化庁の助成のお蔭で

とても充実ひた内容となっています。

場所の確保が出来ないために 夜の講座は休止していますが、

講師は勉強会をして時期が来るのを待っています。


今日は8月、9月、10月と3か月お借りしていたお宅の最後の

勉強の日でした。11月、12月はJAをお借りする・・・転々として

いますが、頑張ってます。


男の子1人女の子2人が仲良く遊んで託児の方々にもすっかり

慣れていて とてもいい感じでした。

このお宅は明後日取り壊しになります。

もっと早く解体する予定でしたが、教室の場所が無い私たちのために

今日まで待って使わせてくれたのです。


ありがとうございます。

                  by W
空気の力ってすごい〜[2011年10月31日(Mon)]



このお母さんがネギを綺麗にしているところに私たちの乗った

車が着いて・・・・・・・・その様子に驚き拍手

{え〜?}とびっくり。

気仙沼に行ったとき、十数件の集落で暮らす方が

空気の圧力で、シュウ〜と 葱の土のついた部分を

あっという間に むいていました。


私達が車から下りたので手を止めたお母さんに!


「 カッコイイ~ もう一回やって! 」とお願いして

じっくり見せてもらいました。

              クジラ

 こうして一本一本丁寧に綺麗にして出荷するんだと

感謝の気持ちが湧いて来ました。

ありがとう!

 そんな気持ちになる1日を気仙沼で過ごしました。

知らないことを沢山学べました。


仙南でも 見たことのないことを何か発見できると思います。

二日の火曜日から仙南の状況を学びに行きま〜す。



           by  W
美しい気仙沼[2011年10月29日(Sat)]


絵葉書みたいだね!



うだよ〜綺麗なんだよ〜

またきてくださいね〜



枕木が重ねられているので分るでしょうが

線路があったこところは説明されないと分らないほどきれいに流されていました



ほんでも まげねど だいじょぶだ〜





気仙沼のホテルロビーには 

みのもんたさん 生島ひろしさんなどの

応援のサインも沢山ありました。





ビル南三陸のホテルでは・・・

ホテルの階下には水が〜その中で3階以上に避難し

たそうです。海の底が見えた恐ろしい体験を語ってくれた

「今何もないように見えますが、あちらに家が沢山並んでいた

んです。こういう風景が海岸線にずっと続いています。」

                本当でした

今週は丸井さんが気仙沼小学校体育館で支援する

予定だったと思います。気仙沼は広い被災地をかける場所

なので、今回の支援でも沢山の笑顔が生まれること間違いなし!

        丸井さんファイト!

           


    
              by  W
美田園地区仮設[2011年10月29日(Sat)]
第一では 落語の会

第二では 手芸クラブ 

8名の女性が集会所の向かって歩ってきたので、

「美女軍団なにするの?」と聞きました。

「ビジョビジョださ〜昔は美女だったんだよ〜見せたかった」

「まだ いけるよ!ラブ

 ガハハ~ 笑い声を響かせ〜今日も 声かけあい 楽しかった。


また、建物の前に並べてある椅子で日向ぼっこする美女軍団も

「暑くもなくて 寒くもなくて ちょうどいいよね」と声を掛けてくれた。

遠くから見つけて手を振ってくれる!

嬉しい!  

集会所に来て「あら^今日は石川さん居ないの?残念だね!」

といって帰ったお母さんが居ました。

毎日ヘルストロンの椅子の担当の方に話を聞いてもらうのが

楽しみなんだそうです。彼女は本当に物凄くいい働きをしています。

そのお母さんが残念がるのもよく分ります。

こうして 様々な人々の声掛けで 一人暮らしのご婦人や紳士を支えている

様子は感動します。今日は福祉大学の方々も巡回をしてくださっていました。


    一人じゃないよ!みんな側にいるからね!


                   by  W
ろうきんパートナーシップ[2011年10月29日(Sat)]
本日は3名の方がろうきんパートナーシップを利用して

ともだちin名取で被災者支援の活動をして下さいました。


 これで4名の方に支援活動にご協力頂きました。

男の子1名の男性は 緑のカーテンのネットを外す作業をして

年配の仮設住宅住民の方に喜ばれました。


女の子1人の女性は 集会所で住民の方々のお話を聞いて、

その後で片づけをしてくださいました。


私が涙が出そうになるほど嬉しかった支援は

ラブもう1人の男性の腕です!

私が3時間ほど掛かり1枚の申請書を作成する

県の物資の申請書を・・・・・・なんと 小一時間でそれを

10枚も正確に作成してくださいました。

「コピーペーストして作成しましょう」「ところがデーターが大きすぎ

というメッセージが出て、出来ないんですよ。だから、こつこつと

入れてました」「あ〜連結されているのか解除しましょう」



 <ぎゃお〜凄い!真面目にパソコン習いに行こうかなと思った>

いつも この パソコンとの根競べで時間が経過して夜なべをする羽目に!


そんな私なので 今日は本当に助けて頂きました。

そのお蔭で 物資を気仙沼の最知に送る申請を済ませて明日の

日曜日を迎えることが出来ます。

その方のお蔭で 最知の方に物資が早く届くことになります。

心から感謝します。


 明日は私は秋田に行きます。(見舞いの御礼に!)

だから・・・この作業が終わって本当に助かった!

 ありがとうございました。


こんなふうに〜得意なことで私達を助けてくれて一緒に

被災者への支援をして下さる「ろうきんパートナーシップ」

素敵です! ありがとう!




帰りに 閖上まちカフェのイベントを〓 覗いてみました。

入ると首にレイを掛けて頂き。ハワイアンを教えて頂き汗をかくほど

踊り、ハーブティーをいただき、足つぼマッサージ、

その上関東からいらした美容師さんに なんと私も

髪を切っていただきました!

ありがとう!


ご近所にご自宅を見にいらした80代の素敵なご夫婦と沢山

お話をしました。今は海から遠い増田のアパートに住まわれている

そうで、庭に花が咲いていて、お孫さんが

「種を取って行こうと言ったんだけどね、どこに植えるの?って言ったらね

土地求めて家立てるときと言うから、その時は種はもう腐ってるよって

教えたんだよ。」と優しく教えてくれました。

だから お庭にまた咲くように捲いたそうです。

   来年も咲きますように!!ひまわり



カットしてくれた 美容師さんと一緒に!!


今日も素敵な出会いが沢山あり いい1日でした!
           
            by  W
公益財団公益法人協会助成金報告書[2011年10月29日(Sat)]
平成23年10月21日

公益財団法人公益法人協会
理事長 太田 達男 殿

住所 宮城県名取市ゆりが丘1丁目13−7
国際交流協会ともだちin名取
会長 相澤 喜美  

平成23年月日貴協会より受領した東日本大震災救援基金に係る配分金により、次の通り活動しましたのでご報告します。




活動費の区分 使途 金額 備考  (円)
@支援物資・機材購入費 植木鋏 29,880 生甲斐庭師
茶話会菓子  108,000 @6,000×18回 手を繋ぐ育成会
紙コップ・飲み物  36,000 @2,000×18回 
小計 173,880
A旅費交通費 ガソリン代 99,720 @554×180回
アシスト付自転車 112,000 被災学生支援 
小計 211,720
B後方支援事務費 資料作成・記録インク  13,140 Canon@4,380×3
Wifiインターネット通信料 32,225 @5,878×5か月+初期2,835
携帯電話補助  50,000 @5,000/月×5か月×2名
    小計 102,400
Dその他 ボランティア保険 12,000 @300×40名
    小計 12,000
支出合計 500,000

活動ごとに清算をしているので、公益財団法人公益法人協会関係会計は上記の通りです。


助成金採択のおかげをもちまして、助成金申請時の目標通り被災者の心に沿った支援を継続できましたことに感謝申し上げます。
公益財団法人公益法人協会関係活動報告書

1〜5に沿い報告します。

1. 支援物資・機材購入費
@ 植木鋏購入:桜井清治郎生甲斐として植木師として活動
理由★津波で二人の息子を失い、老夫婦2名となり支援が必要
効果★「仕事が有るって幸せだな」と元気を取り戻した。

A アシスト付自転車購入:
ホームステイ受け入れ家庭にいる被災大学生
理由★その自転車を使用し市内仮設住宅の新活動をする
効果★坂の上の大学、坂の上のホームステイ先から、市内8か所の仮設へ自転車で移動し多くの支援活動に参加、通学をしている。

B 公益法人の助成により、美田園第二集会所にてお茶会を成功させ、
現在では8か所ある名取市にお茶会が定着。今最後の雇用促進住宅に
計画中
理由★仮設住宅内の情報収集と住民の引き籠り防止
   仮設以外の方々も集まり顔を合わせる機会となることに期待
効果★毎回60名前後の住民が参加、交流が活発に行わる
   しかし、住民以外の参加を快く思わない傾向があることを発見
   自分たちのためだけの集会所であるという意識が根強いことが
   新たな問題点である。
その結果★仮設住宅集会所以外での交流を検討中に、閖上まちカッフェ
(uriagemachicafe.blogspot.com/)とのコラボでそこを会場として、県の支援物資を配布し、アパート避難者、自宅避難者への支援を実施という新しい動きに発展した。この県の物資を引き出すことができるようになったのも、公益法人助成により活動が一層充実をみせ 県にも認めていだけたものだと励みになった。

2. 旅費交通費
@ 交通費:5台の常時見回りをしている車と荷物運搬時の2台の車に対してガソリン代の一部であるが、支払う
理由★1か月に2〜3万円の負担の大きいガソリン代を支援したい
効果★ほんの一部の補助ではあるが、被災者も一緒に活動しているので
   僅かでもガソリン代の補助ができてとても気持ちが軽くなった。

3. 後方支援事務費
@ 理由★月額3万円を超える携帯電話代もすべて自己負担、無報酬のボラ   
   ンティアが半年以上続いたので、個々の再生も厳しく改善が必要 
効果★少額でも予期せぬものに活動員は笑顔となった。
4. 謝金・日当等人件費
@ 一団体が無報酬で半年以上こうして仮設住宅の環境改善、自治会活動への支援を継続して,今投げ出すことは許されないので、あとどれだけ継続できるか不安である

5. ボランティ保険 
@ 自立と自律を大切に考えるともだちin名取では、一人300円/年間の
ボランティア保険に全員加入し、覚悟の上活動をしている。

半年経過しての現況とともだちin名取の活動

@ 名取市の応急仮設住宅の中に雇用促進住宅の借上げで、仮設住宅として使用しているところが71軒あり、その名前のために一切支援が入らなかったので今、調整して入れています。(名称による誤解があることを解消したい)
A 遠方より支援に来る団体の受け入れ態勢が確立していない地域が多いことが問題と感じています。
B 自治会の縦系列がはっきりしていないために情報伝達が上手くいかないところが見受けられます。
C 支援する人を支援する体制が必要である。金銭的な面だけではなく、情報提供、相談の場が必要性を強く感じます。
D 住民の自立の妨げになるような支援は問題と感じます。必要のない支援があるとまでは言いませんが、TPOに合わない支援もあり、尺度が必要と感じました。
E 以下の出張居酒屋の様子をご覧ください。月に一度東京から継続支援をしている明星の会受け入れにてこれまで4回実施。今後自治会の自主運営へと移行するために11月19日は住民が中心で進めるなど自立への手助けをしています。自主運営できるよう経済的支援をする団体との協働で活動をしていきます。


F 2011.3.16〜子供支援にて心の見守りを継続実施しています。
G NHKワールドをはじめとする各種報道の取材協力をしています。

津波が引いたハウスで咲くカーネーションに勇気をもらい、被災者、被災企業に全国から集めた新物資を配布、また、見守りで仮設訪問時の写真は、衣装ケースの上に複数のお位牌があることにご注目ください。このように筆舌で語りがたい状況の中継続支援ができたのは公益法人様のタイムリーなご支援のおかげです。
ここに感謝の気持ちと、これからもそのご協力を無駄にしないよう確かな支援を継続することのお約束を加え活動報告を送ります。
                        文責:事務局長 若山陽子



Mario[2011年10月28日(Fri)]
ハロインを授業で体験させている素敵なALTさん

学生さんは手に林檎りんご

素敵な異文化体験が出来て幸せな生徒さん達です。



先生は先週の土日は名取市で被災者との交流を

したり、お神楽を体験したりしていました。

今週はハロインを教えて

互いに文化を学び合えるって素敵!!ですね!



     りんご by  W
支援物資について[2011年10月28日(Fri)]
半年 半年と言っているうちに、もう7か月目になろうとしています。あの震災から時は流れました。

被災地である市町村では、支援物資の配布を辞める方向に動いているところが多いようです。その背景には深い考えが感じられますが、それを理解出来ずに不満に思っている方がいます。だから、過度の物資の支援が被災者の方々の自立の妨げとなっているという側面があることも伝えるべきだと思い書きます。

私たちはアパート避難者や戸建ての家に残り生活している被災者の方々への支援がないことを知り、その方々にも全国の皆様にご協力を頂き物資の支援をして来ました。そして、今、宮城県のご配慮の物資の提供をするまでになりました。しかし、本当にこの活動が皆様のためになっているのか疑問を持っています。日参し、物資を持って帰る姿に、これでいいのか?!と疑問を持ちます。

避難所から物資を貰い続けて、数の豊富なサイズの方などは驚くほどの衣類を持っていて、その方々はご親戚の家を倉庫のようにして、その物資を置かせて頂いています。大切な方を亡くした方、家財を亡くした方、その喪失感により穴のあいた心を埋めるのが、物資しかないというような心情のまま今日となったのでしょう。十分な心のケアもなく病んだ心のままで、物資を貰うことで満足させようと物資を運ぶが 心の穴は埋まらない。彼らは苦しんでいます。だから、役所の方々がその状況を危惧し物資を止める方向に動かれるのだと想像します。

しかし、自立を求められても、仕事がない!収入がない!だから、物資を止められたら困るでしょう。食べるものが貰えるなら、大変な仕事をするまでもないか・・・というような様子で勤勉な姿はなかなか見られません。それではどうしたらいいのでしょうか?!

閖上まちカフェのご協力で、県の支援物資をお配りしていますが、また心が重くなるようなことがあります。本当に物資が不足している場所、人の存在も事実です。私たちはその見極めに自信があり、意欲的に取り組んできた物資の提供だったのですが、揉め事の原因になるような支援になってはいないだろうか?!と不安が募ります。

唯の物配りは良くないと思います。だから、丸井さんのお買い物気分を楽しめる支援物資配布が素晴らしいと思います。その上、人と会える交流の場となることでしょう。

私達は誰から頼まれたわけでもなく、必要だと感じたから、何とか自力で物資を調達して配りました。しかし、それなのに、僅かではありますが、まるで私たちを公的機関かのような錯覚で捉え、様々な要求をしてくる方が見受けられることには驚きは隠せません。

始めてしまったことは最後まできちんとします。でも、3月辺りに今後の方向性を変換しようかと考えています。11月から名取から以南の仮設住宅の調査をするので、新たな活動を模索するチャンス到来となるでしょう。

心がささくれ立っているのかもしれません。人のことが羨ましくてたまらないようです。それぞれの状況が違うのですが、自分以外の人のことが羨ましくてしょうがないようです。
物資が貰えるから人が集まる・・・・・・いい結果は残さないでしょう。会いたいから集まる。話したいから立ち寄る。そして 明日の街づくりに発展するような語りの場にしようという素晴らしいコンセプトで開かれた 閖上まちカフェだったのに、私たちの物資で気高い精神を汚してしまったような気がして、申し訳ないと感じます。



原点に戻り、お茶を飲み語らう・・・そんな『まちカフェ』に早く戻さないといけないかな〜そう思っています。
                     by  W
I feel "Natori" I[2011年10月28日(Fri)]
No 10


2011みやぎのふるさとふれあい事業 アンケート
  Questionnaires about Traditional Miyagi Program in Natori
                     国際交流協会ともだちin名取
International Relations Association Tomodachi in Natori
1. 今回の事業は何を見て申し込みましたか?
  Where did you find this program?
学校の掲示板に張ってあったポスタをみて申し込みました。
2.なぜ、名取に申し込みましたか?
Why did you choose this program of Natori?
ホームステイーの体験をしたかったですから。それに、仮設住宅のみなさんと交流したかったですから。

3.今回参加しての感想をどうぞ。
  How did you think about this program?
@ 被災地見学 Tour of the Tsunami area.
みんな積極的にがれきを片付けている様子を見て感動します。
 

A 被災者との餃子パーティ Gyoza Party with the evacuaters
みんなで作ったギョーザがおいしかったです。


B ホームステイ Home stay
一番体験したかったことです。日本人の家に泊まってみたかったです。とても楽しかったです。


C 朝市 Morning market
新鮮なものはいっぱいで、魚とか肉とか、鯨肉もありました。


D 神楽 Sacred Dance
日本の伝統的なものを見て、素晴らしいなと思います。

E 芋煮会 Imonikai Cooking and Eating Imoni 
もちを作ったのを初めて体験しました。面白かったです。おいしくいただきました。たくさんの友達を作りました。

F 名取について How about Natori?  
人が親切です。

お名前Your Name and your town where you live now  王妍 仙台市
*If you don’t mind we’d like put your answers in our blog : http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/
Tomodachi in Natori. Thank you so much! From Hiromi IIZAWA
南三陸・気仙沼[2011年10月26日(Wed)]


今日は 南三陸・気仙沼で1日過ごしました。

 災害対策本部の建物はあの日のままでした。



しかし、

仮設のガソリンスタンドも営業し すこし 元気が!



公立志津川病院は災害時のままの状態でした・・・

行く途中に

石巻赤十字病院が三陸道路の直ぐ脇に立派な姿で建ち

緊急車が有料道路から直接病院に入れる道があることを

知りました。

この残念な災害でしたが・・・そこから学び 少し改善されて

いくことがあるのだと感じました。



あちらこちらに 支援への御礼が掲げられていた。



海はコバルトブルーでした。

悲しいほど美しかった。


県からの物資を届けている私たちの活動を

支えてくれている方々にお会いして沢山の

お話をしてきました。

自治会がまだない仮設住宅で、我々の知人

に纏め役をお願いして、承諾してくれたところに

物資を届けています。

 「米一粒だってみな買わなきゃないんだよ。

これまで、なんだかんだと魚は貰って食べることが

殆どだったからさ。初めてさんま買ってたべたんですよ。」

静かに語ってくれました。

 今日も届いた物資をより多くの方にお渡しできるように

「1人5点以内でお願いします。」と声を掛けて物資を

配布してくださいました。

 ありがとう。

 

既に寒いと感じる風が吹いている中 千葉県警のお巡りさんが

震えながら信号の代わりに働いて下さっていました。

南三陸町を通る間、ガンガンと頭が痛く、坂を上り気仙沼に

向かっていくと スーッとそれがとれました。


それぐらい衝撃的だったということでしょうかね。

あんなに広い面積が荒野と化している風景は

名取市で毎日支援活動をしている私でも、

耐え難い気持ちになった。


 しかし、人々は強く生きようとしていた。

カフェあづまーれ でお茶を飲んでいる住人の方に

何が必要ですかね?と尋ねたら

「私らはいいから、戸建てに残っている人を

助けてやって欲しい。」

と二人の方の携帯番号を教えて下さった。


戸建てにいる人は何の支援もないんだよ〜と

訴えていました。

わかめのおもりになる砂利を入れる丈夫な袋が

必要だそうです。外国製の袋だととても弱くて

だめだという話を聞きました。

 明日はそれを探しましょう!

逆境に向かい強く生きる方々に勇気をもらい

お魚市場で 東京に魚をたくさん送り・・・

小さな復興支援をしてきました。

 

帰りはリンリン館通り 真っ直ぐに走っているのに

途中岩手県藤沢となりまた宮城県登米市となり

不思議な地形の場所を通りました。


また 行くね!!

明日は 閖上まちカフェでドイツ人の記者の方と

お会いします。2時からは名取市の観光資源開発の

会議があります。

  あっという間に寒くなった宮城です。

余所からいらっしゃる方は もう冬服ですよ〜!
           

          by  W

| 次へ