CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« 2010年08月 | Main | 2010年10月 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
[2010年09月30日(Thu)]
 ほんの数週間前までは「9月だというのに…真夏日びっくりはてな」などと、異常気象に驚きの連続でした

が、ここにきて一気に秋が深まり、涼しいというよりはむしろ寒いくらいで、体がついていかない様子落ち込み 

今もどこからともなく虫たちの合唱が聞こえてきて、秋の訪れを感じる今日この頃です。


  明日からは10月、「衣替え」の時期ですね。この先1ヶ月の天気予想では、平年より高い気温になる

とのことですが、朝晩の気温差もありますので、くれぐれも体調管理にお気をつけ下さいませ。




  また10月16・17日 は国際交流グループから国際交流協会になって初の一大イベント

『地球市民よ名取に集え』 が行われます。どうぞ皆様が元気に参加され、実り多い一日

となりますように。

                                              by H

秋のあれこれ[2010年09月23日(Thu)]
  昨日(9月22日)は旧暦の8月15日にあたり、中秋の名月でしたね。残念ながら雨のため

満月は拝めませんでしたが、こういう時は「無月(むげつ)」と呼ばれ、また中秋の晩に雨が降ること

を「雨月(うげつ)」と呼び、月がなくともその雰囲気を愛でるのだそうです。


  この中秋の名月、中国では中秋节 zhong 1 qiu 1 jie 2 といい、旧正月にあたる春节や

旧暦の5月5日の端午节に並んで三大節句の一つに数えられ、この日から3日間は休日になります。

また丸い月は「円満」の象徴とされ、中国ではこの日に家族皆で「月餅」を食べ、一年の豊作や家族

の健康を祝います。

  更に韓国でもこの日は秋夕 チュ ソクと呼ばれ、旧正月に並ぶ祝日で、この日をはさんで

3日間がお休みになります。韓国では親戚一同が故郷に集まり、お墓参りに行ったり収穫をお祝い

するそうです。 



 そして、今日は秋分の日でしたね。最近は少しずつ、いつもの宮城らしい涼しい日が続いて

いましたが、今日は本当に寒い一日でした。暦の上では今日を境に秋になりますが、気温の変化が

激しい毎日ですので、どうぞ皆さま体調を崩されませんよう。息子の学年では風邪がはやっており、

今週に入ってから10人近くが欠席だとか。かくいう我が家も、主人以外ダウンという嬉しくない状況

であります困った

 皆様もお気をつけくださいませ。

                                             by H
9月13日(月)運営委員会開催[2010年09月11日(Sat)]
9月13日(月) 12:30〜名取市市民活動支援センターにて

国際交流協会ともだちin名取 運営委員会が開催されます。

  今回のテーマは

10月16日・17日の 『地球市民よ名取に集え』の合宿の

打ち合わせが中心となります!!

  

10日のお茶っこのみに 活動に興味のある方が来てくださり

様々な情報交換をしてとてもよい刺激になりました。

13日の月曜日に 日本語講座に来てみていただく予定です!


そうそう 木曜日のセミナーでのお話の続きですが・・・

韓国での多文化共生の取り組みについて学んだのですが・・・

韓国からは日本中様々なところに視察に来ていて、地図に

示されていましたが 本当に北海道の北の方から九州の南まで

くまなく視察に来ている様子が分かりました。走る 走る 

韓国の方々は、日本の上手に機能していることを見つけるのが

とても上手なようです。そして、もう一つ大事なのは、日本において

上手く機能しない事柄についても分析して、更に良い取り組みに

つくりあげる力があるように感じました。

それと、必要な法律が直ぐにつくられ、すると加速度的に

事が進んでいくと韓国のことを教えてくださった方もいました。

また、

 FMラジオで 多言語放送をしている方が

『誰かのためではなく 自分のために 自分が豊かになるから

活動してる』と言ったことばに感動し 自らも豊かになるために

活動したと聞きました。一人増え、また一人・・・ゆっくりでいいから

このような考えの人が世界中に増えていくことを私も願っています。

 互いの違いを尊重し

仲間として認め合う
 
 いつもお互いを知る努力を続ける・・


こんな素敵なメッセージを呉先生はくれました。

 今日は9月11日 アメリカで悲しい出来事が起きた日ですね。

ご家族の心が少しでも穏やかになりますように祈りますキラキラ

そして、亡くなられた方の命が無駄にならない世の中をつくりましょう!

分かり合えない人はいない。私は信じています。

誤解が重なり 悲しい出来事が起きてしまう世界を

かえていきましょう!!

 大きなことはできないけど、まず 隣に座っている人に

感謝し微笑んでみましょう!! ラブ

 なんか信仰っぽくなりましたが、私は無宗教です。ドキドキ小

          by W
オーストラリアの友人[2010年09月11日(Sat)]
ドキドキ小 ドキドキ大
オーストラリアからの名取市訪問の学生さんは

沢山の笑顔と感動の涙を見せて早くも名取を後にしました。

9月7日には1日 日本文化体験というテーマで名取研修を

しました。中学校の理解ある対応に支えられ、中学生も

一緒に体験に参加することが出来ました。

学生と一緒だったので、大人だけでは引き出せない笑顔を

いっぱい振りまいてくれました。



雨のために閖上ビーチで小さな市民(お子さんたち)との交流の計画は

中止となりとても残念でしたが、ささ圭さんの見学で説明中に

「食べたことがある人?」という社長さんの質問に二人が「好きよ!

ふわふわ」と日本語で答えてました。日本では高校生にあたる年代

の学生さんがほとんどだったのですが、日本語クラスの彼らは・・・

今年の学生さんは日本語のレベルがとても高く・・・感激・・・祝日

焼き立てをご馳走になり・・・初めての人も「ふわふわ」という日本語を

実感していました。その後、雨に対する対応として、給食センターの

見学をさせてもらいました。前日の学校訪問で初めての給食体験に

とても興味を持った学生さんが どんなところで こんなに沢山の食事

を作っているのだろう・・・ごはん・・・

と興味深々だったので・・・急遽 見学に行きました。

 「わお〜」

 地消地産の取り組みについて話したら・・・

私の説明が不足だったらしく・・・先生は・・・

「あたりまえのこと? なんで? 」とピンと来ませんでした。

農産物を多く輸出している側の国の人々ですからね・・・

一息おいてから「あ〜そうね」ととても興味を持ってくれました。

さらに興味をもったのは、さっきお会いした佐々木さんの写真。



「彼も協力しているのね!」と説明のボードの写真を発見!!


 またまた、外国からのお客様とともに名取市での取り組みを

学ぶことができました。自分の関わる世界だけで生活している

毎日では知ることの出来ないことを・・・異文化の方との交流にて

気付く 電球 ことが出来る

知らなかったことを知り どんどん豊かになっていく

また感謝しました。ヘッドフォーンを分け合ってそれぞれ

1本耳につなぎ同じ音楽を聴き、上手に交流する中学生・・・

彼らが新しい世界を作りはじめていました。
      
               音符

いつも 彼らのための文化体験会ではなく、私たちが学ぶための

文化体験会となり またひとつ儲かった気分で帰宅するのでした。

さあ、あなたも 「迷ってないで〜」 いらっしゃい

           by W

おいしいラーメン[2010年09月11日(Sat)]
 ラーメンおいしいラーメンを食べてきました。

JR 南仙台駅[東側] から出てきて、どこまでも どこまでも

まっすぐに進みます。左に七十七銀行・郵便局・消防署を見ながら

どんどん進みます。

車なら車窓から3つほどラーメン屋さんを通りすぎ

まるまつが見えるまで安心して運転してください。

その2軒先に左側に

中華料理
東海龍飯店


が並んでいます。ウジエスーパーの向かえ側といった方が

分かりやすい方もいるでしょう。




信じられますか?! このご時世に450円のラーメンがある。

650円でラーメンセットも・・・私たちは400円で大きな餃子が五つと

チャーハン・味噌ラーメン・チャーシュー麺を食べました。

 どこかで食べたことがあるおいしさ・・・・・あ〜サンフランシスコに

いたころ通ったチャイナタウンのラーメンだ!!

微妙な香料の使い方が美味しさの秘訣なのでしょう!!

 おいしかったという方のおすすめで 本日主人とデートラーメンラーメン

大満足でした!! 帰りはウジエスーパーの前でトウモロコシと

石巻の黒豆と書かれた枝豆とプラムを山盛り買って千円。

閖上の朝市に行った時の満足感に似た 大満足で帰宅しました。

皆さんも デートコースのパターンの一つにいかが?走る


 店主の東海林さんは【ともだちin名取】の活動にもとても理解を

示してくださる仲間ですが・・・暫くお店をお休みしていたので、

私は初めて食べることができました。こうして仲間が頑張っている

姿を見て元気をもらいました。

来月からは焼き鳥も始めるので、アルバイトを募集していました。

土日10:00〜21:00まで

平日17:00〜21:00まで で働ける人は 尋ねてみてください。



                     by W



 
多文化共生セミナー2010[2010年09月09日(Thu)]
多文化共生セミナー2010

〜韓国の取り組みから考えよう〜


H22年9月9日 13:30〜16:45まで延長して開催されました。

私がこの活動にのめり込む切っ掛けとなった

田村太郎氏がコーディネーターをするというので・・・

{14:00〜せんだい・みやぎNPOセンターのろうきんファンド

説明会に出席し}再度駐車しセミナーを受けました。


汗あたふたとしたものの

心はしっとりキラキラ

今日も 紅邑晶子氏のパネリストとして活躍する場面も拝見できました。

一番印象に残ったのは、東北大学に現在は勤務しておられる呉さんが

留学に来た当初から学校で異文化について講師として回る活動をした

経験から感じたことをお話くださいました。


『外国籍の住民の一人として感じたことをお話します。

個人の意見としてお聞きください。』この配慮がとても

大切だと改めて感じました。


私がアメリカで暮らしているとき、

「アメリカで流行っている○○送って!」とよく日本から

電話が来ました。「アメリカのどこで流行っているの?」

アメリカで流行っているという枕詞で勝手に報道する

方々に・・・疑問を感じていました。だから、当会でも

国際理解教育の講師として外国の方と学校などで

話すときは 呉さんと同じようなことを話しています。



一つの国にもたくさんの民族や部族によってまったく

違った習慣を持つ方々が住んでいることも多いことに

気付かすに、『韓国の食べ物=キムチ』にような

イメージで その紹介をすることにととまらずに 皆さんが

知らない普段の生活の話をしたりしていましたが、それが

まず大事であると後押ししていただくお話がありました。

例えば日本では茶碗を持って食べますが、韓国では

持つことの方が行儀が悪いと思われます。それは、

昔、身分が低い人々が茶碗を持って食べていたことから

そのような考え方になったという話なども紹介しました。

と彼の経験から教えていただきました。


「異なるものにであう」「異なる考え方にふれる」

そうした体験により より心が豊かになることが

できる。


また、日本では、『正しい日本語の使用を求められる』


のが現状だが・・・

外国人のコミュニテーが成熟すると


『高度な日本語能力の必要性の低下』

が起こるのではないかという意見もあった。

 本日最後に今日初めて聞いたことを書こう!

それは、日本人の多くの人々は外国籍の人々に 

『日本人のような振る舞いを期待する』が

その場合

@日本人の行動様式に関する知識が乏しいから

 そう出来ない人もいる。

しかし、日本文化についてよく理解しているが

A自文化の行動様式との間に乖離があるから

 そうしない人もいるということである。

このAについて・・・なんとなくは感じていたが

今日とても分かりやすい言葉で説明して頂き

鐘そのようなことを考えずに、同化を求めていた時代を

昔とは言い切れない悲しさを感じた。

 共に歩みよることにより

 新しい関わり方をさがせるようだ。

後日、韓国の取り組みについて学んだことを

書きますね!!  

今日もたくさんの人から学びました。

ありがとうございました。  by W
百歳以上の方々・・・[2010年09月05日(Sun)]
月 キラキラ拍手あちら こちらで 百歳以上の方々の消息を

・・・調べているようですが、

名取市に百歳以上の方々が17名お住いです。

そして、どうしていらっしゃるか分からない方はないそうです。 拍手

 拍手 

・・・昔からの近所付き合いが残っているからでしょうね・・・


 地域の人間関係が希薄になっている社会環境も

行方の分からないご高齢の方々がいる一因になっているようです。

    朝日まだまだ 暑い日が続くそうですが・・・

昨日 秋の虫の声を聴いて 少しほっとしました 星

皆さん もう一息 頑張りましょう!

素敵な秋がくるまで  (*^。^*)   by W



NPO寺子屋 [2010年09月04日(Sat)]
9月4日(土) 本日は名取市国際交流実行委員会で受け入れ準備を進めたオーストラリアからの学生が名取に到着して、ホームステイを初める日でしたが私は名取市市民活動支援センタ-に、せんだい・みやぎNPOセンターから紅邑晶子さんが来てくださった、『まちづくり』についての勉強に参加。ともだちin名取からは2名出席。


まず、自分たちのしたいことを『棚おろし』と書かれた部分にどんどん書いて発表しました。そして、

鐘自分がしたいこと

鐘自分の持っている能力

鐘計画実行のためにほしいもの

その三つを書き3分ずつコ他の方から情報やコメントを書いてもらい

3分経ったら 右隣に回す!! メール 

 それぞれの立場で、情報を与え合う!

情報とともに刺激ももらいました。山形大学で法学を学ぶ学生さんも

勉強に参加しており、このような学生さんが最近増えてきたことに

とても喜びを感じました。




自分の考えを発信するということの重要性を紅邑さんが語ってくださいました。

@ 文字にすることで自分の考えがまとまる

A 活字になっていることで話を聞く側にも情報が伝わりやすい

そこから、発展していくということでした。


 その、詳細は後日・・・ということにしますが、

今日見つけた一つの

テーマについてだけ今日はお伝えします。





 加齢者の方々の 憩いの場を提供する活動を初めた方もいました。そして、障がいをお持ちの方々の集う場も必要・・・もちろん我々の活動でもある外国からいらした方々の集まる場もほしい・・・

ポイントはそこでした。

みんな居場所が必要なのだ!!


音量 偶然なのか?! 現在の社会のニーズなのか?!

私たちはみんなそれぞれが 心地よい居場所を求めているのだと

気づくことが出来ましたラブ

  さあ〜ますますがんばるぞ!!ドキドキ大

それから〜名取市の市職員の方で手品で皆さんを笑顔にして

あるっている方も参加して・・・OH!ばんですよ!出演から市外にも

デビューして、もっともっと 活動を広げたいとのことで、マナビー講師

登録をしているので、お願いすると子供会!敬老会!に参上!!




名取市!なかなか いいぞ! と思える1日でした。

7日には1日オーストラリアからのお客様に・・・日本文化!

名取の文化を体験してもらう活動を当会が実施ロケット

エンジン全開! また 新しい週が始まるぞ!!   by W
お茶の間を通じた国際交流[2010年09月03日(Fri)]
お茶の間を通じた国際交流
「MIA Friendship Family Program」のご案内

--------------------------------------------------

宮城県国際交流協会が窓口となりこの活動を行っており

当会【ともだちin名取】も毎年、留学生を受け入れ活発な交流をしております。

宮城県内で学ぶ外国人留学生たちが、言葉も習慣も異なるところでホームシックにかかることもなく留学の成果を充分に挙げるためには、親身になって日常的にお付き合いいただける県民家庭の存在が望まれます。
また、お茶の間を通じた国際交流は、肩肘の張らない異文化理解の貴重な機会として、多文化共生社会を支える大きな県民力につながることと期待されます。これらのことを目的として宮城県国際交流協会では、留学生と交流家庭の出会いの場を提供しています。
なお、本事業は留学生に対する物質的援助や保証人の引受けを目的とするものではありません。

「MIA Friendship Family Program」の流れ

■ 三家族以上の家庭でグループを作り、所定の登録用紙にてMIAへグループ
登録を行ってください。そのときに、グループの代表者の連絡先とそのグループ
の所属家庭数をお知らせください。       

■ MIAは大学などの留学生受入れ機関に対して、この事業に参加を希望する
留学生を募集します。
(10月上旬)
                ↓
     グループごとの登録家庭数に合わせ留学生を振り分け、
     留学生の登録表を団体あてに送付します。(10月中旬)

■ 各グループで、どの家庭でどの留学生を受け入れるかを話し合ってください。
決まった結果を、マッチング一覧表に記入して、グループの代表の方からMIAに
送付してください。

■ MIAは、各グループから送付されたマッチング一覧表に基づき、各留学生に
Friendship Familyが決まったことと対面会の日程をお知らせします。

■ 「説明会&対面会」の会場で、各Friendship Familyと留学生が
初顔合わせを行います。(11月上旬)
 (今年度は、対面会にあとに、留学生の皆さんに宮城の伝統や文化を実際に
体験してもらえるような講話やワークショップを予定しています。)

■ 「対面会」終了後は、個々のFriendship Familyごとに、或いは団体行事を通して
自由な交流を続けていただきます。

■ MIAでは、翌年9月頃に、
交流の状況を把握するための「現況調査」をしております。

お問合せ先

財団法人宮城県国際交流協会(MIA) 担当:千金良(ちぎら)さんです!!


〒981-0914 仙台市青葉区堤通雨宮町4-17
 宮城県仙台合同庁舎7階
TEL:022-275-3796 FAX:022-272-5063
E-MAIL:mia@k2.dion.ne.jp


私たちは このプログラムと通じて、毎年充実した交流をしているので、

皆様にも紹介させていただきました。詳しくは千金良さんに問い合わせを!


                  by W


帰国後中国で活躍する留学生![2010年09月02日(Thu)]




今年も宮城県国際交流協会が支援する

留学生里親の登録の時期が

やってきましたが、

その交流で私たちが里親をしていた学生の中で

今年の春に中国に帰国した我が娘からの

連絡の一部です。

   お久しぶり!!

調子はいかがでしょうか? お元気でしょうか?

早めに返信しなくてすみません。

仕事はもう始まりました、出張することが多くて

ちょっと忙しくなっています。

ただ、たくさん新しい事に出会って、

楽しくて満足して充実してきました。

上海万博には友達や家族と3回行ってきました、

大体の印象は 以外にがたくさんいて、すごいと思う、

たくさんの先進的な技術を展示があり、

あちらもこちらも美しいです、

特別夜景がよい!!

今北京への出張から戻ったばかりで、

しばらくは上海にいて、出張することがない。


マーマーとご家族がどうすごしてますか?


珍しい貴重な経験が出来たと思います。

最近東北大の研究室の友達に会ったことがあって、

すごく楽しかった。


マーマーとご家族もし機会があれば

、ぜひ中国、上海にいらっしゃって、

会えれば最高だよ!!

別のメールに写真が添附します

マーマー見てみて、私が変わったと思う?

ぜひ お元気でいてください!! 




こちらの家族側も貴重な体験をしました。

本当に寸暇を惜しみ研究する姿に感動しました。

そして、彼女は今上海の会社に勤め 北京に出張するほど

立派な社会人として活躍しているようです。





 皆さんも、このような里親の体験をしてみませんか?

自宅に泊めることが出来なくても、留学生の心の支えと

して里親として、メールや電話をするだけでもいいのです!

では 詳細は明日!



    
 by W
| 次へ