CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« 2010年03月 | Main | 2010年05月 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
田植え延期のお知らせ[2010年04月23日(Fri)]
2010国際交流ともだちin名取
               
この天候不順のため、稲苗の生育不良で田植えを延期します。

  5月16日(日)10時集合です!


暖かい春が早く訪れますように。


去年は名取在住の海外出身のみなさんといっしょに

田植えと稲刈りを体験しておいしいおもちをいただきました。

今年も出かけましょう!名取のたんぼへ。

飯野坂ライスサポートセンターのみなさんのご協力で

親子で田植えを体験しましょう。

5月16日(日)10時集合 

飯野坂ライスサポートセンター

(イオンモール名取エアリのおよそ400m南側。青いネットが目印。)

参加費(昼食代含む)
 : 非会員大人(中学生以上)¥1,000円 
   非会員こども(小学生以上)¥500円・(3才以上)¥300円
   会員大人(中学生以上)¥500円 
   会員こども(小学生以上)¥300円・(3才以上)¥100円

もちもの : 帽子、長ぐつ(または、素足)、タオル、

着替え、汚れてもいい服装、水筒

☆参加希望の方は5月8日(土)までにともだちin名取まで

参加者のお名前、お子様の学年、連絡先をお知らせ下さい。


メールEmail : tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp

 黒電話TEL・FAX : 050−1169−3537


国際交流ともだちin名取 イベント部長飯澤

クローバー

お花見[2010年04月12日(Mon)]
11日名取駅前サッポロビール園で名取市桜まつりがあり、ともだちin名取メンバーも出かけてきました。桜の開花予報はみごとにはずれて蕾のままでしたが、開会前から桜色のブラウスでみごとに琴の調べを美しく奏でてくれた会員のkさんと今野社中のみなさん、ありがとうございました。 名取に2ヶ月研修にきているタイのお二人とも日本語であいさつを交わせてよかったです。日本語の上達が早くてびっくりでした。帰りにゆりあげの揚げかまぼことせいしょ堂さんのゆずまんじゅうとセリの漬物と、五目おこわ飯をお昼用に買って帰り、満足でした


ラブ
愚公移山[2010年04月10日(Sat)]
   4月、新年度が始まり生活が一変した方、今までと変わらない方、さまざまだと思いますが、

 この時期だからこそ「何かを始めよう!!」と思っておられる方も多いはず炎



  ところで、皆さんは「愚公移山(愚公山を移す)」という中国の故事成語をご存知ですか?

これは「列子」という古典の中にあるお話で、後に毛沢東が演説にこの話を引用したことから、比較的

知られるようになったのだとか。

 
  昔、愚公(馬鹿な人)という九十近い老人がいた。彼の家の前には二つの大きな山が

あったため、どこに出かけるのも不便極まりなかった。

  ある日、愚公はその山を崩しその土を海まで運ぼうと、息子や孫達を連れて作業を

始めたが、はるか離れた海まで運ぶのに半年もかかるという。 それを見た智叟(ちそう)

という利口な男が、

「老い先短いあなたが、あんなに膨大な土と石をどうできるというのだ」

とあざ笑いながら愚公に言ったところ、愚公は

「君は何と頭の固いやつなんだ。わしが死んでも、子があとを継ぎ孫を生んで、その孫は

更に子を生む。子子孫孫、果てることはない。山の土は膨大でも、いつかは平らになるだろう」

と答えた。

 それを聞いた天の帝が感心して、その山をすぐに動かした。



つまり

どんなに困難なことでも、努力し続ければやがて成就するというのが

この諺の由来です。




 桜のつぼみもほころび始めた今日この頃、チャレンジの春にふさわしく、皆さんも

「愚公移山」の気持ちで何か始められてはいかがですか?

                                           by H

 





日本語講師打ち合わせ[2010年04月08日(Thu)]
月曜日日本語講師のみなさま

4月10日(土)の日本語講師氏家洋子氏講座の開始前に4月からのグループ分けの打ち合わせをしますので、12時半に支援センターホールにお集まりください。よろしくお願いします。

日本語講座部より