CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« 2010年02月 | Main | 2010年04月 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
お花見しよう![2010年03月31日(Wed)]
ともだちin名取会員の皆様へ

鐘(これから仲間になろうと思う方もOKですよ)

 桜の蕾も膨らんできた今日この頃、

会員の皆様には、日頃より協力頂き有難うございます。

 今年三月から企業研修で日本を訪れているタイの方お二人に、

毎週日曜日の午後日本語を教えています。

三ヶ月位という短い期間ではありますが、日本語を覚えると

共に素敵な思い出も・・・と考えておりました。

彼女達が桜の花を見たいと言う事から、

                  お花見をしたいと思います。

 ぜひ、参加して下さいます様、

音量 ご案内申し上げます。
  


 日時 4月11日(日)9:45〜(16:00)

   場所 サッポロビール仙台工場内

※ 当日、なとり駅前de桜まつりが開催されております。

開会前にお琴の演奏があるのでそちらもお楽しみに


      走る   2010.3.31.  担当 M.・I

学位記授与式[2010年03月25日(Thu)]
平成22年3月25日(木)



仙台市体育館において東北大学の学位記授与式に出席して

まりいました。私が里親をしているお嬢さんの晴れ姿を見にする

ことができました。




とても感激しました。

詳細は6月10日のブログやっと完結です〜   今日までこの記事を

下書きのままにしてました。ごめんなさいすいません
日本語講座からのお知らせ[2010年03月22日(Mon)]
 音量
日本語講座部の来年度の運営について

話し合いを持つことになりました。

次回の氏家先生の講座の日、

27日(土)の午前11時半から

必要な人は昼食持参で、1時前までです。

日本語の講師(水曜日の方も)と

託児係の3名が対象です。

日本語講座部では受講生は只今春休み中です。

しかし、講師陣は氏家先生との勉強会を中心に

次年度への準備をしていおります。

 その中の一つの活動として、今回の打ち合わせ会を

開催します。全員参加で充実した話し合いを

したいと思います。 

 また、この機会に、新しく活動に参加されるも

名取市市民活動支援センターの2階ホールの

話し合いにご参加いただけます。走る 走る 走る


 何かアイディアがある方は、メールにて

ご意見、ご提案などもお待ちしておりますので

どうぞ、ご協力下さい。

 ラブ運営についての意見や希望をメールでもくださ〜いねドキドキ大 ドキドキ小

           by W

カナダ中学生日本文化体験DAY打ち上げパーティ[2010年03月18日(Thu)]
3月8日は、花町神楽保存会のみなさん、唐澤社中の茶道のみなさん、ともだちin名取会員、ホストファミリィ、名取市中学生海外派遣OB/OG、たくさんのみなさんのご協力のおかげで、無事大成功に終わり、カナダの中学生たち、3人の先生たちが大変感動して行かれました。バンクーバーオリンピックが終わったばかりのヴィクトリア州の校長先生が、名取市の歓迎に対して金メダルに値するという御礼を言われたのが印象的でした。

 さて、細かい反省点は、次回に行かせますので、楽しかったことなどを話しながら、3月19日(金)の12時30分からサッポロビール園で打ち上げパーティをしますので、是非みなさんおいでください。参加費は、1000円です。

これにより、毎週金曜日のお茶っこのみin名取は、19日は、お休みします。ぜひサッポロビール園においで下さい。26日は、いつも通りです。 また、4月2日(金)は、イベント部長が出張のためお休みします。

by I
研修会参加報告[2010年03月13日(Sat)]
名取市には、2010.2.28現在、294名の方が外国人登録をされています(名取市広報)。
そのうち“ともだちinなとり“をとおして交流できる方はどのくらいの比率かな、などと思っているとき、
下記の研修会があることを知り参加しました。



研修会名 平成21年度宮城県多文化共生研修会(相談員分野)

1 目的  

社会経済のグローバル化に伴い、県内に暮らす外国人が増加傾向にある中、
みやぎ外国人相談センターに寄せられる相談件数も右肩上がりで推移しており、
その内容も複雑化・深刻化の様相を呈している。


       このような中、宮城県が策定した「宮城県多文化共生社会推進計画」においては
      外国人県民等の前にたちはだかる「生活の壁」の解消に向け、
      外国人県民はもとより家族を含めたサポート体制の構築を目指しており、
      今回の研修会の開催を通じ多文化家族から
      相談を受ける立場にある職員の相談対応力の向上を図る。

      
2 主催 宮城県、宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会
  共催 (財)宮城県国際交流協会

3 期日 平成22年3月11日(木)13:00〜16:00

4 場所 宮城県国際交流協会研修室
5 対象 市町村多文化共生担当職員、国際交流協会職員・相談員
     日本語講座関係者、在外外国人支援団体関係者


6 プログラム
(1) 開会
(2) 基調講演 みやぎ外国人相談センター相談員 奈良岡慧美氏
(3) グループ討議
(4) 討議内容発表
(5) 講評
(6) 閉会


7 参加所感
今研修会には、日本語講座関係者として参加しました。
私自身は、約3年間の 日本語習得支援の中で、日本語学習者からこれまで、
非常に複雑で深刻な問題での相談を持ちかけられたことはありません。
しかし、外国人県民の増加に伴い、より多様化し複雑化し、
深刻な問題に悩んでいる外国人住民がおられることは認識しておりました。

まず、講演では、センターに寄せられる相談傾向として

@相談内容の多様化と相談者の匿名化が顕著 
A複雑かつ長期化する相談の増加
B異文化ストレスなどから心の病を抱える相談者の増加等がみられ、

問題の中には相談機関一つだけでは解決の方向が見出せないものも増えているということです。
 
困難な問題に対しては相談者一人が、あるいは相談機関一つが全部を抱え込むのではなく、関係者、関係機関の連携が今後ますます必要になるといいます。

相談に当たっては、相談人は個人情報の守秘に留意し、同情ではなく、共感が必要であり、中立の立場を守るべきであるとの話でした。

次に、私が参加したグループ討議のテーマは、「堂々巡りの長時間相談」です。
7名が参加しました。

参加者は自己紹介で、所属している機関と個人のかかわりについて話ました。
私は外国人学習者がもつ現時点の問題点を紹介しました。

グループの他の参加者からは、非常に複雑で深刻な問題の相談を受けた方の苦労話も紹介されました。
日本語学習支援等参加できる機関があり、また相談者がいる場合はまだ救われるが、その手掛かりさえ見出せない外国人が多数ということも大問題に感じました。
行政機関等の相談体制のばらつきも話題になりました。

相談員は、名前はともかく、だれしもが何らかの相談をし、また相談を受けるというのが世の中です。
外国人住民から相談を持ちかけられたとき、一人ひとりがどんな役割が果たせるのか、そのためにはどんな準備が必要なのか、ずいぶんと考えさせられた研修会でした。  by A . N
Canadaからの訪問団の1日[2010年03月08日(Mon)]
本日はCanadaからの名取市訪問団の名取での2日目の活動は

【ともだちin名取】の企画・運営の日本文化体験DAYでした。

名取市市民活動支援センターの皆さんは、いつもより早出もして

最大の協力をして下さいました。

音量

詳細は明日以降ですが〜今日は予告だけしておきましょう。



10:00 〜 花町神楽団の舞いに始まり、お神楽の体験!!

        想定以上の盛り上がりに、企画者もびっくり!!

11:00 〜 日本語講座体験
 
        予め日本語講師の先生方が名簿で確認した名前
 
        の発音にあう漢字の候補を準備していてくださり

        その中から意味や形で気に入ったものを選び、

        書道の達人が色紙に筆で書いてくださいました。

        そこに、写真や折り紙・切り紙で飾られたものを

        最後にプレゼント!!

12:00 〜 ポットラックランチ

         19名の会員とホストのおばあちゃまやママの

         手料理・韓国・中国・タイ・カナダのお菓子まで〜

         本当に素晴らしかったです。

                ありがとう・ごちそうさま

13:00 〜 表千家の茶道体験を交代でする中、

        折り紙体験

        切り紙体験

        絵手紙体験

        布張り葉書体験 をしました。


   明日から、写真入りでお知らせしますね!


最後に〜117名の参加の行事でしたので、沢山の会員が働いて

素晴らしい1日を作りました。しかし、予算の関係で、実行委員会

から継続して準備した方10名にしかお礼が出来なかったことが

心苦しい出来事となりました。これからもっと会として力をつけて

皆さんにせめて交通費だけでも出したいと反省しました。

このような状況なのに、今日も笑顔で働いた【ともだちin名取】の

メンバーに幸あれ! そして、世界中の人々にも勿論 幸あれドキドキ大


明日は、訪問団は 名取市の古民家をみて

動物園で職業体験します。今回は新しいことがいっぱい!

では、また明日拍手





         by    W

      

ともだちin名取[2010年03月07日(Sun)]
本日3月7日(日)

Canadaからの名取市訪問団が無事に到着いたしました。




昨年私と一緒にカナダを訪問したときのホストファミリーの中から

11名が名取市を訪れるという 濃い交流を重ねることが出来て

とても幸せです。

 早速 抱擁からの始まりで、もじもじする光景はなく

お〜国際人になって来ているな〜名取の子も!乾杯

【ともだちin名取】の会員が通訳で2名働いておりましたドキドキ小

そして 明日の日本文化体験会の準備に事務所にきてみると

こちらではタイの研修生3名に日本語を教えている会員が

二人。なんて素敵な人たちなのでしょう。日曜日だというのに!



では 私もParty の通訳に出かけましょう!!

明日は会員も楽しみながら〜Canadaからの訪問団の方に

有意義な時間を過ごしてもらいましょうね!!

 私たちは小さな会でですが、様々な国から来た方と共生して

とても友好的な関係をそのまま中学生に感じていただいたく

明日は、得意のポットラックPartyで世界の味を楽しみます。

だから、今日は会員の家では下準備が始まっているかも

しれません。このような素敵なPartyが出来るのも、名取市の

ご理解があるからです。小難しいことをいう市なら、食中毒が!

とか言い出し、反対されることでしょう。しかし、私たちを信頼してくれ

このような活動をさせてくれる名取市は素晴らしいと思います。

 だから、期待を裏切らないように・・・・・ばっちり 実行委員会を

重ねて明日を迎えます!  ご期待ください!

    by  W
国際支援地球村[2010年03月05日(Fri)]
石巻に 

NPO法人 国際支援地球村

が設立されました。こちらの団体は 以前は ハヨンコリアという名

前で活動していた梶原さんたちのエネルギッシュな展開です。

この会の素晴らしいのは、ご自分が嫁として日本に来て「言葉」

に苦労したので、「言葉が学べる場」「子育てを相談できる場」が

必要だと、自ら動き 仲間を募って活動をしていらしたことです。


こぼれるような笑顔の梶原さんにとても勇気づけられる出会いでし

た。主な活動内容として3つの項目があります。


1.外国人相談窓口

  ★毎日の生活の中で、何か困ったことがあったらお気軽に
   相談して下さい。
  ★心の悩みもお気軽に相談して下さい。

2.日本語教室

  ★外国人に対する日本語教室です。
  ★日常生活で困らない日本語を身につけましょう。
   (初級・中級コース)
  ★日本語能力検定試験(1.2.3級)コースもあります。

3.国際理解を深めるための活動

  ★「多文化共生社会」について理解を広める。
  ★多文化家庭・児童・青少年支援
   (社会性・学習・言語など)
  ★楽しいイベントも開催いたします。


詳しくは 

黒電話0225−90−3033

メール k.earth@salasa.ocn.ne.jp

営業時間  10:00〜17:30(日曜日を除く)



宮城県の多文化共生社会推進計画 の中の

多文化共生社会とは

国籍、民族等の異なる人々が、互いに文化的背景の違いを認め、

人権を尊重し、地域社会の対等な構成員として共に生きる社会

基本理念

◎ 国籍や民族等の違いにかかわらず、県民の人権が尊重
  されること

◎ 国籍や民族等の違いにかかわらす、県民が地域社会に
  参画できること

◎ 県・市町村・事業者・県民等が適切に役割を分担し、
  協働して取り組むこと


と謳ってます。その理念のままに こうして各地で活動が展開

されていることを知り嬉しく思う反面、まだまだ 進展していな

いから我々の活動が必要とされているのだとも感じました。

**********
せんだい・みやぎNPOセンター長の加藤氏は、NPOの使命は

社会の問題解決であり、解決されたら、解散していい〜と

いうような内容のお話をしてくださり、私は気にいっています。

加藤さん、内容をはしょりすぎてまして、ごめんなさい。

お時間があったら、コメントいただけると嬉しいです。

*********

私たちが社会のお役に立てるのは勿論喜びですが、

この問題は 公的機関の協力なしには解決できない

ことが多く、市との協働の良い形を模索中だという

梶原さんと昔からの友人のような気持ちで話して

来ました。

最後に彼女は素敵な言葉を!

「死ぬ気で勉強しなさい。日本語を」

と皆さんに言うそうです。そんな気持ちだからこそ

あんなに充実した表情をしていたのでしょうね。


また、お会いするのが楽しみです。 

      by W


ネパール交流ツアー[2010年03月04日(Thu)]
第6回*日本・名パール文化交流倶楽部*

ネパールのやさしさと笑顔に出会う

ネパール交流ツアー

旅行代金:2010年9月16日〜9月25日 10日間

旅行代金       :278,000円 (一般料金)

<成田空港発>  :268,000円 (会員料金)

 ネパールの魅力にはまった「日本・ネパール文化交流クラブ」

のメンバーは、2007年5月に記念すべき第1回目のツアーを

実施し現地の人々との交流を通して、楽しく充実した日々を

過ごしてまいりました。ネパールは、えべれるとに代表される

8,000M級の神々しいまでの山々が一番の観光要素となって

おりますが、それに負けない誰をも拒まずそして穏やかで優しい

国民性が私たちを惹きつけます。観光だけではなく、現地の人々

との交流を練りこんだツアーは外にはなかなかありません。

ぜひこの機会にご参加いただき、本当のネパールを自分の心と

身体で感じとってみてください。きっとかけがえのない宝物と

出会うたびとなりことでしょう。案内人である交流倶楽部代表の

サンジブ・アリアルさんは2008年1月に現地の子供たちの

就学支援の基金を設立し、活動の幅を広げている魅力ある

方です。

詳しくは 

ビル宮城野区榴ヶ岡1−7−8 ADビル 1F

黒電話022−256−7851

ネパールの家庭料理

カトマンドゥ



 


こちらでお腹も心も満たしたり、ツアーの詳細を知ることが

出来ます。

問い合わせ先も上記 カトマンドゥ サンジブさんです。


★1ヶ月千円の募金・年間12,000円の募金で一人が

学校に通えるので応援して欲しいという

FUTURE  FLOWER 基金

についてもこちらにお問い合わせ下さい。

        by W
岩手・宮城・福島三県合同会議[2010年03月03日(Wed)]
本日は <<岩手・宮城・福島三県合同会議>>

H19年から3年継続していたこの会議の

    総括と今後の発展に関する懇話会


エル・ソーラ仙台 28F 大研修室で情報交換を含めた

会議がありました。宮城県国際交流協会の大村課長の

滑らかな進行のお陰で、それぞれの状況・情報を共有し

ました。惜しみもせずに、他の団体にノウハウを教えて

くれる人々が沢山集まり ネットワークを広げようとドキドキ大

実に素晴らしい時間となりました。

午後には

平成21年度 宮城県国際交流推進連絡会議
   
    ・市町村国際交流協会連絡会議
 にて

宮城県内で活躍される 国際交流に関する団体が集まりました。

公的な機関からも即役立つような情報を持って参加してくださる

という状況に感激!!ドキドキ小

宮城県国際交流協会のコーディネートの素晴らしさに感謝!!

拍手全員が それぞれの話に 頷きながら メモをとり・・・

1+1は10 になるような人々の集まりでした。

その中で今日は二つの団体について少しだけ書きます。

詳しくは、明日以降書きますが・・・


 韓国からお嫁さんにいらした方女の子ご自分が苦労されたから

日本語を学ぶ場、子育てを相談する場が必要だと・・・活動を

始め 昨年ついにNPO法人 国際支援地球村 を立ち上げた

石巻の女性は煌いていました。その会では 多文化共生に

力をいれている先進国である韓国に研修に行ったり・・・


この続きは 後日!


 次に、皆でかなりハードな問題についての話などして重く

なった雰囲気を一新したのはネパール出身の男性!!

「日本の皆さんは、ネガティブな方が多いようですが、

こんなに沢山のものに囲まれて豊かに暮らしているにも

関わらず、心配ばかりして暗い顔をしているから、

日本の人々に どれだけ自分たちが幸せか気付く旅をして

欲しいと2007年から『自給自足のネパールでの生活

を10日体験する旅』を計画実行しています。」


日本人はこんなに幸せなのに気がつかないで可愛そだうと

彼は言いました。何にもないけどその国で キラキラした眼で

暮らしている人々に合わせたいのです。と付加えて話しました。

明日は その旅について紹介します。   

            by W

| 次へ