CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« 2009年12月 | Main | 2010年02月 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
国際理解教育[2010年01月30日(Sat)]
 音量2月3日(水)に今年も名取市立閖上小学校に伺います。  


昨年は韓国・中国・アメリカの3カ国について小学校4年生のお子

さん方が調べ学習をして考えた質問を実際に聞いてみるという

体験学習をしました。




外国出身の方々と児童の皆さんは 共に学び会いをすることが

出来ました。

そして、今年はそこにカナダも加えられて4カ国について

『外国の文化にふれよう!』という 総合学習の時間を過ごします。


子どもたちの眼の輝きに私たちも襟を正すという刺激的な1日に

なるでしょう。

その準備で韓国の方と打ち合わせをしているときに、

まだ打ち合わせだというのに、感激してしまいました。

光復節 について教えて頂きました。

1945年8月15日に第二次世界大戦ポツダム宣言の受託によって

韓国が日本による植民地支配から解放されたことを

記念する日だと知りました。



しかし、なぜその話をしたかというと、

伝えたいのはその先の話でした。


子どもたちも けんかしたりするでしょう。

でも、けんかしたら終わりじゃないよね。

けんかしてしまったら、次は 仲直りだ。

相手のことをよく知って 

どうしたらいいか

両方で考えて 仲直りすると 前より仲良くなれる。

だから、私は日本のことを分かって 好きになって

日本に居るよというお話でした。






鐘この体験の輪を 広めたいと考えています。

そして、タイやネパールといった まだまだ 私たちの理解が

足りない国についても 多くの子どもたちに知って欲しい。

【ともだちin名取】には その使命を果たせる方々がたくさんいます。

勿論 大人にも知って欲しいので、どこにでも出かけます。

外国出身の方々はこれをきっかけに社会参加に積極的に

なることが出来るでしょう。

 縁があって日本にきたのだから、この名取で幸せだと思う

瞬間がたくさんある生活をして欲しいと望んでいます。

 小学校では 国際理解教育に力をいれています。

この子どもたちが大人になる頃には 戦争などという言葉が

聞こえない世界にしていけるのではないでしょうか?!

 名取市国際交流実行会では中学生をカナダとオーストラリアに

交互に派遣して国際感覚のある次世代を担う生徒として育成し

ており、【ともだちin名取】のメンバーの中にもその委員として

活躍している人々が居ます。私もその中の一人ですが、

派遣された生徒は、1度の研修旅行体験で終わりではなく

メールでの交流を継続するものも多く、近年ではスカイプで

話をして交流を続ける者もあり、世界が繋がっていることを

体験しながら成長している子どもたちが、

新しい世界を作ることでしょう。ラブ

 その証に、今年の3月8日にカナダから名取訪問の学生が

来るときには、ホストは勿論のこと、日本文化体験にもスタッフと

しても、積極的に参加したいという声が生徒から上がりました。

 本当に世の中は変わってきています。

その、小さなきっかけになれるかもしれないなと、

3日も張り切って小学校に出かけます!!  

この機会【チャンス】を下さった

閖上小学校の皆さんありがとうございます

               by W
お茶っこ飲みで満腹[2010年01月29日(Fri)]
                                                                                                                                                                                                                                                                   かぶの葉っぱの辛味をきかせた炒め物 クローバー  韓豆腐や木耳などの野菜がたっぷり入った炒め物風の煮物・ 子供が野菜を食べるように工夫した人参やレーズンを入れた 蒸しパン風のお菓子・えのきをベースにした梅味の炒めに 「中国でも梅干し食べるの?」 と尋ねたら、「本で見て作ったの」と。蓮根のキンピラ・玄米ごはんごはん 豆腐のグラタン・お赤飯・白菜の漬物・たこ焼き・紫芋のスイートポテト。 この生地に餅を練りこんでも美味しいそうです。 グラタンのホワイトソースの代わりに豆腐を入れて作るという 電球ヘルシーなグラタンも魅力的でした。今後私のレパートリーに入れたい。 そうそう〜そのヘルシーのグラタンの後に、牛筋を煮込んだコラーゲンたっぷり の煮物を食べ〜あ〜コラーゲンと共にカロリ〜も 信号 困った かぶの葉っぱを辛味をきかせて炒めたものもナイスでした。 鐘 本日は10名でじっくりお話をして、2月6日の新春快楽の打ち合わせも しました。 新春快楽のお知らせをしたところ、中国からの留学生の何人かが 同じ研修室の中国から来た後輩にこの話をしたら〜 興味を持ってくれたというとても嬉しい連絡がありました。  また、新しい仲間が増えて〜新しいことを教えてくれる先生が増えますね! イベント部の方々が〜「百人一首も教えたいね!」「どんな方法がいいかな〜」 と準備をしていました。小さなお子さんからおじいちゃんもおばあちゃんも一緒に走る 走る    走る楽しい時間を過ごしましょうドキドキ大 ドキドキ小        by   W
世界の子どもと教育[2010年01月29日(Fri)]
世界の子どもと教育

〜幸せってなに?〜


2010・2.6(土)13:30〜16:00

岩沼市民会館 中ホール

TEl:0223−23−3450

音量第一部
基調講演:渡邊寛子氏

『コロンビアで見つけたこと』

音量第二部

パネルディスカッション

『私が出会った子どもたち』

宮城県内で現在国際交流活動を

続けておられる4名のパネリストと

利府町出身でトンガで子どもたちへの音楽教育に

携わる 佐藤佳苗さんが進行を勤めるという

大変興味深い行事の案内が宮城県国際交流協会

よりありました 。



【ともだちin名取】 は 新春快楽 という

中国の新年を祝う行事を行いますので

残念ながら 私たちは参加出来ませんが〜

興味のある方に きっと有意義な時間を過ごすことが

出来るであろう ”国際協力セミナin岩沼” を ご案内しました。

問い合わせ先:

JICA 宮城デスク TEL:022−275−5540

宮城県国際交流協会 TEL:022−275−3796

   入場無料ですが定員70名なので申し込みが日必要

無料託児サービスあり、子育て中の皆様にも配慮された

セミナーですが〜その部分の申し込みは1・27(水)と

なっていますので、上記にご確認下さい音量

             by W

○○ 様[2010年01月26日(Tue)]
今日1月25日(月) 12:30~13:30

【ともだちin名取】学習会

手紙の書き方 を 学びました

表書きで

相手の氏名の下に  ○○ 様 と書くのが一般的になっています。

昔、親から子供に対するような目上の人から下の者へ 

手紙を書く場合: 進学や就職で家を離れている息子へ

父親が手紙を書くときなど、○○ 殿 と書いたが今は

子供への手紙も ○○ 様 というのが 一般的になりましたね。

という、時代の流れも習いました。

 外国からいらした皆さんは、お国に連絡するときはどの方法を

使いますか?


手紙? 電話? ファックス? メール? と先生が尋ねると

「電話だけ」という方が多く、以外にも一番若い奥さんが「手紙」と

いう回答をしていました。

今はとても便利なものが発達して、メール、スカイプなどで

お金をかけなくても地球の裏側にいる人とでも オンタイムで

連絡を取り合うことも出来る。声を聞きながら、顔を見ながら

世界中の人とも繋がることが出来る時代となりました。

手紙



しかし、手紙には 手紙でなければ伝えられない気持ちを

こめることも出来る。
情緒のあるもので、”習慣”や”しきたり”に

より形式が出来ていることも学びました。

★ 1.前文  @ 頭語(とうご)で始まり

          時候(じこう)や安否(あんぴ)の確認(かくにん)

★ 2.本文  A 起辞(きじ)    C 用件(ようけん)

★ 3.末文  D 結びのあいさつ  E 結語(けつご)

★ 4.後付  F 日付け       G 署名(しょめい)

★   副文  H あて名       I 敬称(けいしょう)

          J 脇付け      K 追伸 など


という形式で 次週は ラブレターを書きます ドキドキ小 ドキドキ大


また、往復はがきで出欠の連絡をしなければならない場合に

表書きでは

宛名の ○○ 行 と書かれている部分の 「行」を二重線で消し

○○ 様  とし

裏書では

ご出席の「ご」を 二重線で消し 出席を○でかこみます。

特に

「喜んで 出席 させていただきます。」となるよう書き添えると

好まれます。

そして、

ご住所(ごじゅうしょ)

ご芳名(ごほうめい)

の両方の「ご」を二重線で消し て 住所・氏名を書きます。

 と、丁寧に教えて頂きました。



次週の2月1日(月) 12:30〜13:30の

学習会では 先ほどお知らせしたラブレターも楽しみの一つですが

もう一つのテーマである

「ビジネス文書の書き方」 で

自分の日頃の文章の書き方の間違い探しをして

スキルアップしようと企んでいます。困った

いつも・・・・・・・あ〜違うかな?  あれ?どうだっけ?と

びくびくしながらこのblogも書いているわけなのです。

だから、お気付きの点がありましたら〜遠慮なさらずに 

教えて下さいね!

実は〜

私も日本語講座で学習したいと真面目に思っているのでした。

日本語講座の講師の方々は素晴らしいね! 尊敬してます手紙

通常の 日本語講座は 毎週月曜日に 10:00〜12:00 

レベルに合わせたグループで学習をしています。

学習会で先生から説明があったように、「日本語能力検定」の

方法が大きく変わるようですが・・・検定試験に備えた学習も

必要に応じて 午後にも予定されます。


               by W

  
私はだ〜れ?[2010年01月25日(Mon)]







わたしは だれ?


私は 名取市市民活動支援センターのマスコット・シンポルマーク

エヌポ です。H21年11月の名取市市民活動支援センター

三周年のイベントで 市民の皆様に投票していただいた結果

シンポルマークに決まりました。


そして、私の母は【ともだちin名取】の日本語講座の板橋(京)さん

なのです。そんな訳で今日は【ともだちin名取】のブログにも

お邪魔したわけなのです〜


見かけたら〜お〜名取市の市民活動も頑張ってるな!

と、思い出してくださいね鐘

一歩一歩ゆっくりでいいから〜 進んで行こうねという

お母さんの気持ちで、私は生まれました!!  

エヌポさんの代筆    by W

日本語講座[2010年01月25日(Mon)]
日本語講座部に 22名の受講生が来ていて

本日は「満員御礼!」 でした

出身国は今日はタイ・ネパール・韓国・中国の方々。




遠くは川崎町や大河原からも来ています。

皆さんとても熱心に学習しています。

市内大学の学生さんも講師として参加しています。

名取市にも素晴らしい活動が展開しているのだと感じました。

また、今日は午後には「手紙の書き方」の講座があり

私も初めて聞くこともありました。

封筒の後ろに差出し人の氏名を書くとき、あなたは何処に書きますか? メール

縦書きの封筒の場合、今はほとんんどの人が左の下に寄せて書き

ますよね。どころが、本来正式には中央に書くものだったそうです。

しかし、真ん中は紙を重ねて張った部分がきているので、

「書きにくい」ということと、郵便番号が住所に入ってきたために

左下に書くことが一般的になったとのことでした。すいません ほ〜










11時の休憩には 2月6日(土)の新春快楽の

イベントで楽しみましょうね!! と約束する姿がありました。

赤ちゃんたちもお母さんの背中で日本語を聞いていましたラブ

子育て中に出かけるところがあるのは、一瞬大変なようですが、

誰かと話をする! 違った空気をすう! 色んな意味で

リフレッシュできるといいなと見ています。

















来週の2月1日(月)の午後の「ビジネス文書の書き方」では

ラブレターの書きか方もするので、便箋と封筒、葉書などもって

あなたも参加してください!!

 昔の文豪が、がっちり相手のハート ドキドキ大

捕らえた 浦技を 先生は教えてくれるのではないかと〜

私も楽しみにしています。    by W







新春快楽2010[2010年01月23日(Sat)]
新春快楽2010 ラーメン

中国の新年お祝い餃子パーティ
        

拍手 拍手 OK

2月6日(土)10時ー15時 

老人憩いの家(名取市大手町5丁目)

名取市市民活動支援センター西隣 

参加費 : 会員大人\500円、小学生\300円
    非会員大人¥800円、小学生\500円、幼児:無料
    
持ち物 : エプロン、麺棒

本場の水餃子を名取近郊在住の中国出身の方々に教えて

もらって作って食べ、遊びや歌で一緒に中国の新年をお祝いし、

お国の話を聴いてみましょう。


参加希望の方は、参加者名、お子さんの学齢,住所、

電話番号を下記のアドレスまでメール、または、

ファックスで1月31日(日)までにお知らせ下さい。

 国際交流ともだちin名取 イベント部 飯澤寛美
 e-mail:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
FAX : 050-1169-3537
             
名取スタイル[2010年01月23日(Sat)]

  電球 【ともだちin名取】のように

国際交流を促進する活動

日本語を母語としない方々への日本語習得のお手伝いをする

そんな団体は全国に沢山あります。

 その多くの会で、日本語講座を受講する方々に講師の個人的な

連絡先を教えないという暗黙の了解がありました。


もしかしたら、全国的にも 名取スタイルが浸透してきているかも

知れませんが、まだそのような情報を得たことはないのですが。


 ドキドキ大私たちは、講師・受講生という考え方を持っていません。


設立2年目から 全員同じ会員として、日本語講座を受講する方々

も意見を出し、会の運営にも参加し、講師として母国の文化を伝え

自信を持って社会参加して行きます。



 今年も2月に 閖上小学校に国際理解教育の講師として会員が

出向いて、小学生と互いの文化を理解しあう体験のお手伝いを

します。

 このような活動が出来るようになったのも、名取市教育委員会の

ご理解やご協力があったからであり、行政と民間団体の協働が

進んで来たからです。スピードはまだまだのろのろですが・・・・・

名取市との「cooperation] [collaboration]などと呼べそうな活動が

増えてきました。

 名取市ではマナビィー講師派遣という事業を教育委員会が実施して

おります。その講師に【ともだちin名取】も登録しており、少しずつ

講師依頼の連絡が入るようになっています。とても素晴らしい展開

です。

 こうした活動を進めるにあたっても、講師を勤める方々の考え・

気持ちを理解した上でなければ、講師として活躍する場を上手く

調整して作り出すことは出来ません。


 日本語講座の運営の中で自然発生した連絡先を教えあうことが

『名取スタイル』なのです。事務所に常駐するものが居ないことが

きっかけでしたが・・・・・困ったとき先ず電話出来る相手として

親のように、姉妹のように、兄弟のように 一緒に

問題解決していることもあります。

 自然発生した『名取スタイル』のお陰で 会の活動以外でも友人

として過ごす時間があり、心の底まで話すことが出来ます。

 外国から日本人家庭に「嫁」として嫁いで来た方々と

話した日の事を紹介します。これまで、公表するのは・・・・・

と迷いがあったのですが、皆さんに理解して頂き更に友好な

関係へと発展させるためには、必要なことだと感じたので

ありのまま書きます。それそれの感じ方でこの現実を見て

いただければと思います。

 日本に嫁いで来てからの年月が二桁になろうとしていても

母国のパスポートを持ち、「日本のVISA申請をする時期だ」と

話しているのを聞いて、この活動を始めたばかりのころは

(え?)と思っても聞くことは出来ませんでしたが、何かの

話の流れで、パスポートは「ずっと母国の物を持ち変えないよ」

と言うので、「なんで?」とあっさり聞いたら。

 「だってね、日本に居たら、何年たっても外人なんだよ。

日本で外人と呼ばれて、国に帰ったとき日本のパスポートを

出したら 国でも外人として見られるんだよ。私の国どこ?

私は誰?って思うでしょう。だからなんだよ。」

とても重い言葉でした。その場に居た人は「うん」と頷き

自分の言葉でまた話してくれました。

 日本人でなくても 私の国は日本 と思ってもらえるような

素敵な日本にしたいですよね。皆『地球人』だよ! 

ドキドキ小 ラブ  ドキドキ大

私はいくつかの研修で、「1日も速く家族になろう、日本に馴染もう」

と 母国で親からもらった名前を捨て日本の名前で生活する人々の

心の痛みを理解する努力が必要だと学びましたが、それと同じに

なにじんなの?という 考え方についても様々な思いがあると

心のどこかにいつも置くようにしたいと思いました。

私がアメリカにいるときにでも、日本人であり、今も日本人。

そんな思いとは似ても似つかないことであり、そのような重いものを

抱えて生活しているんだな〜。

 彼女たちと一つでも多く楽しいことをしていけたらな〜

と私は思いました。

そこまで話を出来るようになったのも、日本語講師の方々が

心を開き、受講者も心を開き、同じ会員という立場へと変ってきた

【ともだちin名取】 の 『名取スタイル』が出来たからです。

そして、ここで、素晴らしい活動だな〜と振り返りました。


                by W
2月21日(日)イオンに行こう![2010年01月22日(Fri)]
2月21日(日)

少し先の話ですが〜イオンエアリで

仙南地区の商工の物産市が開かれます


  音符 音符 手帳にメモしておいて!


その会場で 我らの今野先生が3名のお箏の演奏で

花を添えることになりました。

先日 名取市商工会に提案書をだしま〜す。

とお知らせしていた件ですが、非常ベルがなるから

お湯を沸かす茶道は出来ないとの回答がありました。

最終的に箏の演奏のみでお手伝いすることになりました



構成・曲など決まりましたらお知らせしますので、皆さんも

お出かけ下さい。今回は3名での演奏です。

10時より1時間の予定です。

 鐘箏の音色で外国の曲が奏でられると見事ですよ
ありがたい エールが届きました[2010年01月22日(Fri)]
 音量小川先生から転送されてきました。

【国際交流 ともだちin名取】

カナダ出身の方から現地の医療事情を聞き、日本人も外国人も

一緒に日本語を学ぶ会を開き、留学生と一緒に地元の裸祭りに

参加し、中国の方から現地のおはぎの食べ方を教えてもらう…。

国際交流の真髄を実感できるブログです!

上記の記事が 「カンパンの注目ブログ」というところで

取り上げられていました。



 鐘

「どこかで見ていてくれる人がいる」そう思うと 力が湧いてきます。

今日私は宮城県民間非営利活動促進委員会で多くのことを学んで

きました。その中で一つ思い出したことがありました。

私は生徒と「citizen] の日本語訳についてあれや これやと意見を

交わし、「国政に参与する地位にある国民。公民。広く、公共性の

形成に自立的・自発的に参加する人」という広辞苑の文章を読み

「え〜じゃあ〜僕たちは 市民じゃないのか〜」と高校生と一晩

話した日のことを思い出したのでした。会議でも 一つ一つの言葉

のとらえ方も確認して進められていました。キラキラ

今日、・・・・・多様な人々が暮らす社会で自立した意思の

もとに生きる・・・・・という文面にふれ、鐘そうだ

自発的に皆が生きられる社会でなければ〜ならないのだ。

そのためにも 私たちの日々の活動で 国際交流を名取市民に

呼びかけ、私たちの小さな共生の場を徐々に大きくしていきたい。

新たなエネルギーが脈打つのを感じた1日となりました。




 


その会議では「せんだい・みやぎNPOセンターの加藤さん」も

進行のお手伝いをされていました。

そこで、「相手を嫌な気持ちにさせないで、かつ、意見を正しく

伝える」加藤さんの話術にうっとりしながら、皆さんの会話全てが

勉強になりました。

ともだちin名取 の 今日の「お茶っこ飲み」では

如何にしたら カナダから来る中学生25名に日本を知って

もらえるか? 何を食べさせたいか? 盛り上がったことと

思います。人を楽しませたい・自分たちが楽しむ・・・・

そんな為には労を厭わない人々だから!!

会議中だった私は、文章中の「シンクタンク」という言葉で

ともだちin名取 の シンクタンクは今頃どんな話をしているかな?

と、思い出したほど・・・・・の 頭脳集団なのです。

勿論〜頭脳といっても〜楽しいことも〜妙なことも〜

色々と思いつくタイプの頭脳集団です。

だから、楽しいのです。走る走る 走る

さあ〜あなたも参加してください! ともだちin名取に!!  by W
| 次へ