CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« つぶやき | Main | 多文化共生 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
モンモランシー in ゆりあげ港朝市 12月9日(日)[2012年12月05日(Wed)]
モンモランシーってなんだろう?

それは酸味が美味しいさくらんぼの種類でそのジュースを持って、さくらんぼキャラバンが山形から1日ゆりあげ港朝市(イオンモール名取の駐車場において開催しています)に、やってきます。

12月9日(日曜日)
6:00〜終了まで
(10:00にはsold outが通常です。)

とてもジューシーなラ・フランスの販売・キャベツのキムチ・白菜のキムチなどご自慢の味を届けてくれます。皆さん 早起きして・・・
『日曜日はあさいちの日』

私も頑張っては早起きしようっと時計

朝市の会場に行くと 離れ離れになっている懐かしい顔ぶれに出会え毎回皆で声高らかに笑い、元気が出ます。是非皆様もお運びください。
喜び半分 悲しみ半分[2012年04月22日(Sun)]
今日 仙台空港に周さんを見送りに行きました。

P1020569.JPG

中国から、東北大学に留学し、その後教える立場となり研究を

続けていました。今回母校に就職が出来そう・・・

日本のマーマーと呼んでくれ、ともだちin名取の行事で

記録写真を撮って活動の応援もしてくれていました。

【彼はレンズの研修をし名取のニコンにも通っていました】

中国では先に面接をして見込みのありそうな人が書類審査に

進むそうでほぼ決定ということで急遽帰国しました。

お母様が急死され心細くなっていた周さんとの出会いがあり

私たち家族もとても有意義な多文化交流をさせてもらいました。

一人っ子の多い世代ですが、彼は中国の南部で沢山の姉妹に

囲まれて心豊かに育った末っ子の青年でした。

中国では農地を国から借りていること・・・とかとても沢山の

中国の話をしてくれました。

ありがとう。周さん。

10月頃、結婚も決まっている。

その彼を見送りに来た3名の中国出身の青年とも深い話が

出来ました。彼ら4人と主人と6人で仙台空港に三階の和食

レストランで楽しい時間を過ごしました。

 今ではもう就職している友人たちとは東北大学で7年前からの

付き合いであり、こうして志の高い青年たちが励ましあい

医療機器の会社で活躍する人やロボット工学で活躍し、

「何れ結果を出しますよ」と言ってくれた素晴らしい青年

たちからそれぞれの話を聞かせて頂きました。

ありがとう。

次世代の子ども達に対するアドバイスとして、日本の大学と

提携をしていてどちらの大学でも単位が取れるような学校を

探しそこへの留学をすることはとても有意義だと思うので、

調べてみて!と話して下さいました。

 

3月に丁度結婚式を挙げるために中国へ帰国しているときに

東日本大震災があり、4月に戻ってきてからあの大きな余震を

経験したという人もいました。


このような立派な若者がたくさんいる国・・・きっと素敵な

未来がありますね。


中国の息子が 良い就職先が決まり帰国することは勿論嬉しい事。

でも、北京に住むことになり、遠くなります・・・それは悲しい事。

今頃 もう中国ですね。上海経由で北京へ。飛行機


次は上海で会おう!と見送りました。

中国から情報を発信してくれることを約束し彼は帰国しました。


ともだちin名取では 宮城県国際化協会による里親事業に参加し

このような素晴らしい青年たちと国際交流をしている会員が

複数おり、その方々からそれぞれの国の文化を教えて頂いて

おります。互いにびっくりするほどの文化の違いや、

え?と驚くほどよく似た文化があったり・・・多文化に触れる

ということは本当に素晴らしい経験となります。

とても素敵な中国の4名の若者と沢山話が出来たよい1日でした。


     さあ〜今週も頑張るぞ!!


       by  W

YURIAGE Morning Market [2012年03月04日(Sun)]
tomodachi はーと.png


今日は名取エアリ駐車場で 閖上朝市が開催されます。

しかし、来週の3月11日には、

1日だけ従来の閖上朝市の開催場所で

朝市が開催されます。3月11日には

神戸や青森からも出店させます。

絶対閖上に戻って来るぞという強い意志で

 1日だけの里帰り朝市!!

その日は 閖上で熱気球、竹灯籠、

絵灯篭なども見ることが出来ます。


        演劇

その詳細は明日ご案内しましょう。

            by  W



YURIAGE Morning Market

Now we have Yuriage Moring Market in Natori Aeri instead of the original place.

BUT!!

Next week 3.11, we will have it in original bay side area only for that day.

Strong wills to come back to Yuriage have realized that.

Some shops come from Kobe, Aomori and so on.

Yuriage area hold a big ceremony event that day.

Please check it here, YURIAGE Gathering.
Massage, Light Bright[2012年03月03日(Sat)]
お馴染みの藤田先生の生喜堂 が

ぴかぴか(新しい)3月14日(水)ホワイトデーの日に

名取市保健センターにおいて

東日本大震災のために頑張るボランティアのお疲れを

とりましょう・・・と全身バランスを調整します。

9:00〜17:00まで 約20名に施術できるようです。

希望者は当日 来場順となりますので どうぞ!!


その生喜堂の活動・・・2011年3月から避難所を回り

全身バランスをしながら多くの被災者を勇気づけて来ました。

 私がそれに出会ったのは・・・皆さんが仮設に移ってからも

仮設集会所を回る藤田先生と会い、ゆりが丘の友人数名で

出張してもらい・・・体調が良くなり・・・大ファンに!!


ハートたち(複数ハート)  金曜日は美田園第二にフラダンスの先生をお連れし

ふらガールズ体験会を開催し、素敵なふらボーイの笑顔も見れました。

3月11日を前に少し 緊張した気持ちを持ちながら過ごされる

方々に ほんの少しの時間リラックスをプレゼント!

いつもながら 粋な計らいありがとうございました。




            by W



Massage, Light Bright

Massage maser will hold a massage day for volunteer people on 14, March.

It's at Natori Health Center in Natori city hall from 9:00 to 17:00,

he might be able to manage 20 people during the time.

No reservation is accepted, massage is by turn one who come earlier.

Massage, Light Bright has been started since March, 2011 by the master.

We met him when he was visiting the temporary housings in Natori.


Last friday, I've visited temporary housing with hula dancing teacher.

Hula girls and hula boys had enjoyed it so much.

It must have been a nice smiling present before 3.11.

Thank you teachers for giving us this kind of chance!!

W, Tomodachi in Natori
負げねっちゃ[2012年02月20日(Mon)]
負げねっちゃ

これは、2011年10月に発行された


名取市で活躍する

 方言を語り残そう会 の 金岡さんが作られた

大震災五七五の句集

 負げねっちゃ
    
                 方言を語り残そう会


という句集の題名です。

現在 静かなブームとなっています。

金岡さんのお許しを頂きましたので、いくつか紹介します。


〇 痛(い)でがったべ 寒んむがったべ

  ごめん ごめん迎(むげ)さいげねくて

  あっちの世界で 笑っているが

  今朝のまんまは届いだが


〇 かっちゃんに 寄ってたがる わらすだづ

  <お母さんに 確りとしがみ付く 子供たち>

〇 震度七 おっかがるもの みな揺れだ

  <常ならば、揺れた時に寄りかかり身を守ったようなものが、

   全て大きく揺れて掴まることもことも出来なかった>

〇 あの日がら あんべ悪くて 力でねぇ

  <あの日から 体調が悪く 元気がでない>

〇 地割れすて 電信ばっしゃ 横っちょむぐ
  
  <地割れが起きて 電信柱が 真横をむいたよ>

〇 流れさだ ががど築いだ 思い出も

  <全て流されてしまった、

   妻と二人で築いてきたものも思い出も>

〇 この年で 嫁におぶさり 命あり

 <まさかこの歳でおんぶをしてもらうとは思ってもいなかった

  嫁がおぶってくれて 命を守ってくれた>

〇 土台だげ 残った敷地に すぐだまる

〇 断捨利も さっぱどなぐなった 津波あど

〇 死(す)んでらんね 屋根から屋根と 飛び移り

〇 がれきから 孫のチャップに 涙する

〇 くやすいな 泣ぐでぐなっちゃ 負げねがら

〇 街道で 逃げろぬげろど ががの声

〇 帰っからど 声だけ残し いまだ来ぬ

〇 おがちゃんは 俺から離れ 星になる

〇 避難所のわらす子の声に 癒される

     ・・・・・・・・

是非 皆様もお手に一冊 !!



問い合わせ先い:有限会社 印刷センター

     022−384−1335


方言を語り残そう会の皆さんは

美田園第一仮設を定期的に訪問して 

語りや劇などで皆様が笑顔になるようにと

支援を継続しています。

 皆で応援しましょう!!

今度の訪問は2月25日10時から

美田園第一仮設集会所での活動となります。

継続して名取市で活動してきた団体が 

被災された方々への

支援に力を入れてきました。

 名取市にも素晴らしいNPO活動が育っています。

これから、その方々と以前より連携を強めて共に

活動を充実させていけたらいいですね・・・と出会う度に

皆さんと話しています。

                 クローバー

               by  W

 
長机購入[2012年02月19日(Sun)]


今日は 私たちの師匠中川さんと副会長と私と3人で

朝から夕方まで・・・・新しい公共の 名取交流センターの

庶務をしました。

その中で リサイクルショップに行き、長机を2台買い、

事務所に運びました。1台1980円

その後に え〜と驚くことが・・・・・・

車から降ろして 一旦裏返しに置いたら〜

「え〜岩沼市役所というシールあるよ」

かなり古い年月日なので、いつか何かの間違いで?

リサイクルショップに持ち込まれたのかな・・・・・・

そういえば、名取市の崩壊した場所からも物が無くなったり

してました。震災の混乱時期にいろんなことが起きて

いたのでしょうかね〜


大分・・・仕事が進みました。

震災後に宮城県に大阪から応援に来てくれていた 師匠は

5末までで大阪に帰ると・・・・・・え〜もうそんな時期・・・・・・

無いよりもショックだ!!


 もっともっと 頑張らなきゃ・・・・・

      by  W
新しい公共による お茶っこのみでともだち[2012年02月19日(Sun)]
 雇用促進住宅 愛島宿舎にて、傾聴の会との協同で「お茶っこのみ」をしました。
 参加者 ともだち in 名取  5名
     仙台傾聴の会    7名
 会場となった愛島宿舎から  13名 
被災されて近くの借家にお住まいの方1名が参加して
下さいました。

テーブルに向い、隣あってのお話が聞き取りやすいようにとテーブルを
クロスに配置し、明るいテーブルクロスをかけ、
コーヒー、紅茶、お茶、それに、今日もビハーラさまや
支援の方々から、いただいたお菓子も準備。

また、写仏の大友先生御自身で彫られた柔和なお顔の木の仏さま方が、
会場を、温かく優しく見守ってくださっています。

前回1月28日に来てくださったリピーターの方も、
今回、初参加という可愛いお坊ちゃん、お譲ちゃんとご一緒してくれた
パパさん、ママさん方。
「被災して、借家に入っているが、仮設の方達と違い、
行事の情報等もなく、今日は、誘ってもらって参加しました。」と、
弾んだ声でお話くださった男性の方。
狭い会場ですが、皆さん和気藹藹(わきあいあい)
と語りあって下さいました。

そして、子どもさん方だけでなく大人にも大人気、
写仏の大友先生の
手作りの木の玩具!不思議にハマりました。
(ガリガリトンボ)⇔希望があれば先生は出張してくれますよ〜

更に更に、NHKの方が「お茶っこ飲み」のことを報道してくださる
ため会場に取材に来て下さいました!
放送は、東京首都圏だそうですが、少しづつ前に進んでいる
名取の様子が報道されるといいですね。

最後に、黒磯南高校の絵手紙の先生が寄贈してくださった傘を・・・・
お配りし。

大友先生の写仏活動の・・・で、楽しくお開きとなりました。
会場が狭いので、来ていただく人数にも限りがありますが、
次回も沢山の方々にご参加いただけたらと、思いました。



参加されたかたから 嬉しい質問。

「心配なんだけど、寒かったりして来る人が少なくなったら

もう傾聴のお茶っこのみやめちゃうのかな?」

「やめないよ〜一人になってもやるよ。いいえ〜誰も来なくても

来たくなったら来れるように継続するよ。必要なことだもの。」

そうお応えしたら 手を握って下さいました。

  一緒に 進もうね!!

   最近 どこの仮設住宅の集会所の方々も外部から

お茶会に参加する方を快く迎えて下さいます。本当に嬉しい。

同じ立場の人々、ごく近い立場の人々だけが集っていると・・・

立場の違う人を羨んでしまう会話が多くなったり・・・

そんなことも少し危惧されるので・・・

いろんな立場の方々が交流することも大切だと感じています。

外部の方を迎えて下さる応急仮設の皆さん本当にありがとう。


    by  W


Our new public program TEA BREAK NEW FRIENDS

We had a tea break in Medeshima with Active Listening Association.

5 from Tomodashi in Natori, ' from the Association, 13 from Medeshima mansion, and 1 from an apartment.

We started from placing chairs and tables so that people could sit next to each other.

Some have come again.

Newcomer have been there.

One said that it was so nice to be here because there's no information for I haven't been in temporary housings.

They seemed to have a wonderful time.

NHK was there and it would broadcast our tea break program in Tokyo area.

I'm so happy to hear that.

It is so nice to let people know Natori has some steps forward, isn't it?


I hope people would gather a lot next time.

Not only the people in the temporary housings but also ones in apartments

would come more and more .

It is very important to gather from a variety of people.

Diversity would bring us a wide point view.

Thank you everyone.

I'm always waiting for your coming.

W, Tomodachi in Natori
We are fine! in Natori[2012年02月13日(Mon)]
最高だった!!



牛野のご自宅で頑張る 被災地の皆様が集まりお茶のみ!!

な〜んとビニルハウスが会場!!

遠慮なく 大声で笑い 音符歌い音符

素晴らしいお茶会だった。

「閖上の人にしか応援しないんだろうか〜と思ってたんだよ

今日来てくれたうれしいわ」と本音を話してくれた。

「そう、やっと来れたね! 私たちも嬉しいよ」

と話した。

「あ〜お母さんお洒落だね」

「だって、お出かけだもの。化粧も念入りにしてきたんだよ」と

ビニルハウス会場のお茶会なのに・・・・・・本当にお洒落して来てくれて

お洒落さんに感激!

「猫でも顔洗うのに、私は顔も洗わない。

朝はさ若い人の邪魔になんないようになるべく遅く起きるしさ」と素敵な

笑顔で話してくれたお母さんもいた。

今日覚えられなかったが「〇〇××に切ったゴボウのキンピラだけど

食べて〜」と言っている方があり・・・・

「○○××ってどんなこと?私はかなり東北弁強いんだけど・・・それは

初めて聞くな〜」と尋ねると、隣にいたお母さんが・・・・・・

「不揃いで 均等でない切り方のことだよ。」広辞苑のような解説に私は

感動して、肝心の新しく聞いた単語を覚えられなかった。次回聞こう!



今日は 資生堂さんから

仮設以外の方への支援としてお預かりしたシャンプー

リンスなどのセットと 学生さんが作ってくれた傘と一緒に

お配りしました。







お寿司屋さんをしていたという方がハウスの前を通ったので、

声を掛けたら

寄ってくださり、盛り上がった。

「女だけより いい男も入っていいね〜」と言う人がいた。

「そうだよ。家の爺さんでは駄目だけど、爺さんでも余所の爺さんとなら

話すのたのしいいちゃ。」と続いた。

「あ〜私だって、家の婆さんよりも 余所の婆さんがいいな」

とてもお話の上手な 元乙女たちとまだまだ素敵なお父さんでした。


ラブ84才の乙女は 毎日朝に顔を洗いクリームをつけて化粧して・・・・・

髪も自分で染めるという、元気の秘訣を聞いた。

婆さん元気で留守番できないと 若い人安心して働きにいけないもん

皆でがんぱっぺしね!と誓っていた。


そんな素敵なメンバーだったが、だからと言って・・・・・私たちの声掛けが

なければ、自分たちでこんなことは出来なかったと感謝された。

ご自慢の漬物 煮物を持って来てくれて 私たちは北九州のビハーラさん

かた頂いた バナナ羊羹とおかきを出した。私はお腹がいっぱいになるほど、

漬物を食べて幸せだった。(バナナ羊羹びっくりするほど美味しかった)


「せづでないげど」と赤かぶのなますを作ってきてくれたお母さんもいた。

季節の物を食べることが大事と 農業で四季を感じて生きてきた方々から

学んだ。季節の物は味も栄養価も!GOOD!そういってました。

本当にそうです。


塩害の畑に毎日水をまき、畑で野菜を作ってみた。

途中までは大根成功か?と思っていたが、塩害で硬くなっていた土を

推しながら半分から5つに割れたり、蛸みたいになって行く・・・・・・

悲しいよ! こうして 塩害の畑についても話して下さいました。



「初めて笑ったや〜地震から。」そう言っていたお母さんもいました。

息子さんとアパートに住み、お茶会のために息子さんが車で

送ってきていくれて 参加してくれたり。本当に嬉しかった。

こんなに喜ばれるんなら 頑張らなきゃね!

会場ない・・・・とか 言ってられない!

探さなきゃね! 私達がやらないで、誰がしてくれる?!


今週の土曜日は 早いものでまた

 雇用促進のお茶会です!

さあ〜がんばるぞ!



閖上朝市の事務所(閖上さいかい市場の二階)の床に今

パンチカーペットを敷いてくれている 閖上の大工さん三男さんの

笑顔に元気を貰って・・・・・もっと もっと 出来ることをして

生甲斐を感じて日々を過ごして頂けるように・・・・・頑張ろうと

元気がモリモリ湧いてきた。



 支援は誰のためでもない。

 自分が生きて居ることを笑わすために動いているような気がします。

 私たち一人一人が一生懸命生きていることの証ですね。



今日  震災以来一緒に走り続けている人が!

「311以来若返ったと思わないか?」と言いました。

そうだと感じました。

一生懸命生きることを たくさんの亡くなった方の命から学びました。


  また、こんな話も聞きました。


被災地で亡くなった方の中には 箪笥貯金をしていた方々が多く

いると聞きました。だから、命だけ考えて逃げられなかったのだろうと

私の親戚が言っていました。戦後 頑張って、頑張って・・・・・・

日本を豊かにしてくれた年代の親戚が、箪笥預金が気になったのも

逃げ遅れた理由の一つなのかもな〜とその息子が話してくれました。

 日本を豊かにしてくれたのは間違いなく、その年代の方々です。

深く感謝し、ご冥福を祈ります。


いろんなことが重なって それぞれの結果となったのでしょうかね

     想定外の大きさの災害に 多くを学びました
   
              by  W


The Tea Break in New Place

I have dropped in on a new place to have a tea break.

It was so fantastic.

I could meet new friends and enjoyed a great time.

Everyone here had gifts from Shiseido and local college students.



One of my friends told me that we've got a new life after the earthquake.

We've learned to live as much as possible for each moments, which might be a key.

We could not count how much we've lost,

we could notice how much important the lefts were.


W, Tomodachi in Natori
秀麓齋 に 行って来た[2012年02月07日(Tue)]
今日は 娘さんを二人亡くした方を連れてこちらに行ってきました。



3.11による亡者のために建立された

 三・一一(みいい)観音菩薩 に手を合わせに行きました。




今 名取市では亡者全ての方への想いを込めて

手を合わせる場所がないという声をよく聞きますが、

私はそんな人をここにお連れしています。

 今日ご一緒した方のお宅では、お寺さんも被災したので

まだ御嬢さん方のお骨を納めていないと・・・・とても気に

されていました。そして、沢山の友人知人も亡くなり

一度にその方々に手を合せたい・・・とう言われたので

今日も一緒にここに行きました。

 是非 高舘にある こちらに皆様も足をお運びください。




また、他にもお勧めの 心安らぐ場所があればお知らせください。

ご遺族の方はそのような場所を求めておられます。

          by  W
ボランティア支援整体[2012年01月25日(Wed)]
今日は藤田先生のボランティアのための操体ボランティア支援でした。10人参加でみなさん体が軽くなったと喜んで帰られました。まちカフェで頑張ったボランティアたちが次の支援を続けられるよう体を整えました。さて月曜日から心の支援のための傾聴ボランティア研修が始まります。新しい公共モデル事業で活躍できるようによく学んでから取り組みたいです。 仮設住宅の方々も自宅避難の方々も民間アパート避難の方々もみんな大変です。お互いに相手の大変さを思いやり手をつないでふるさと名取を復興しましょう。仮設住宅集会所にアパート避難の方々を受け入れしてお茶のみ会や藤田先生の整体を一緒に受けている様子を聞き嬉しくなりました。




           by I
| 次へ