CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« 地球市民日本語講座 新学期の様子 | Main | 花曇り 花冷え それでもお花見 »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
喜び半分 悲しみ半分[2012年04月22日(Sun)]
今日 仙台空港に周さんを見送りに行きました。

P1020569.JPG

中国から、東北大学に留学し、その後教える立場となり研究を

続けていました。今回母校に就職が出来そう・・・

日本のマーマーと呼んでくれ、ともだちin名取の行事で

記録写真を撮って活動の応援もしてくれていました。

【彼はレンズの研修をし名取のニコンにも通っていました】

中国では先に面接をして見込みのありそうな人が書類審査に

進むそうでほぼ決定ということで急遽帰国しました。

お母様が急死され心細くなっていた周さんとの出会いがあり

私たち家族もとても有意義な多文化交流をさせてもらいました。

一人っ子の多い世代ですが、彼は中国の南部で沢山の姉妹に

囲まれて心豊かに育った末っ子の青年でした。

中国では農地を国から借りていること・・・とかとても沢山の

中国の話をしてくれました。

ありがとう。周さん。

10月頃、結婚も決まっている。

その彼を見送りに来た3名の中国出身の青年とも深い話が

出来ました。彼ら4人と主人と6人で仙台空港に三階の和食

レストランで楽しい時間を過ごしました。

 今ではもう就職している友人たちとは東北大学で7年前からの

付き合いであり、こうして志の高い青年たちが励ましあい

医療機器の会社で活躍する人やロボット工学で活躍し、

「何れ結果を出しますよ」と言ってくれた素晴らしい青年

たちからそれぞれの話を聞かせて頂きました。

ありがとう。

次世代の子ども達に対するアドバイスとして、日本の大学と

提携をしていてどちらの大学でも単位が取れるような学校を

探しそこへの留学をすることはとても有意義だと思うので、

調べてみて!と話して下さいました。

 

3月に丁度結婚式を挙げるために中国へ帰国しているときに

東日本大震災があり、4月に戻ってきてからあの大きな余震を

経験したという人もいました。


このような立派な若者がたくさんいる国・・・きっと素敵な

未来がありますね。


中国の息子が 良い就職先が決まり帰国することは勿論嬉しい事。

でも、北京に住むことになり、遠くなります・・・それは悲しい事。

今頃 もう中国ですね。上海経由で北京へ。飛行機


次は上海で会おう!と見送りました。

中国から情報を発信してくれることを約束し彼は帰国しました。


ともだちin名取では 宮城県国際化協会による里親事業に参加し

このような素晴らしい青年たちと国際交流をしている会員が

複数おり、その方々からそれぞれの国の文化を教えて頂いて

おります。互いにびっくりするほどの文化の違いや、

え?と驚くほどよく似た文化があったり・・・多文化に触れる

ということは本当に素晴らしい経験となります。

とても素敵な中国の4名の若者と沢山話が出来たよい1日でした。


     さあ〜今週も頑張るぞ!!


       by  W

この記事のURL
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/archive/743
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/686668
 
コメントする
コメント