CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
国際交流協会ともだちin名取
★Tomodachi in Natori International Relations Association
  世界に繋がり学びあい共生していきます!(^^)!
1)多文化共生支援 (ともだちつくりたい)
2)日本語講座   (にほんごまなびたい)
☆多くの皆様が興味を持って参加してくださることを会員一同でお待ちしております ♪まずは見学を!!
連絡先:tomodachi_in_natori@yahoo.co.jp 
 〒981-1232 名取市大手町5-6-1 市民活動支援センター事務室A
« ゆりあげ港朝市 H24年最後の市 | Main | 今年も寒中見舞い »
プロフィール

国際交流協会ともだちin名取さんの画像
☆ともだちin名取のこれからの行事を紹介します。
カテゴリアーカイブ
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
☆ともだちin名取の正会員・協賛会員の方々のお店を紹介します。
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/index2_0.xml
2013年が始まりました[2013年01月02日(Wed)]
新しい年を迎え皆様は如何おすごしでしょうか。

ともだちin名取にも沢山のお便りを頂戴しました。縁起の良い日の出の写真を静岡県から送ってくれてたのは、ボランティアの参加してくれている学生さんでした。

名取の皆様にとって良いことがたくさん起きる年となるように祈っています。という温かい文面でした。ありがとう。皆さんにその気持ちを届けます。

また、被災した外国人のことを海外に発信して下さってその後も応援してくださっている方からのお便りにもほっとする思いが湧きました。産休でお仕事をお休みしている間に私たちのことを沢山考えてくださっていたそうです。何が出来るか?何をすべきか?・・・そして、伝え続けることにしたということが書いてあり、嬉しかった。報道する人々の中に、尊敬には繋がらない感情を持ってしまう複数の方にも会ってきたこの1年10ヶ月だったので、いつも厳しいことをここに書き続けてきました。ニュースの取材に台本まで準備されている方にも出逢った。しかし、今回メッセージを下さったこの方にはこちらの方が励まされました。それは、外国から来て多文化の生活に踏み出した名取市近郊に住む人々への私たちの姿勢をそのまま海外に発信してくれ、そのニュースを聞き「そうなんだ、本当に必要とされている活動をしているのだなー」と、勇気が湧いてきたのを思い出しました。

彼女の真っ直ぐな思いで、これからの日本を背負う素晴らしいお子さんを育ててくれることをとても嬉しく楽しみにしています。



12月22日からともだちin名取の本来の活動はお休み・・・と書いてましたが・・・その結果、22日から28日までの間にご無沙汰していた、仮設の方々、みなし仮設の方々のところを回りご挨拶をすることが出来ました。

また、その間に「あがいん」さんからさつまいもとじゃがいもの支援をお預かりしてお配りしました。それから、河北新報関係各社のご支援によるお米やカレーの入った箱を6個お預かりし、働き手であるご家族が亡くなっていて米を必要としている方に届けました。

「最近地震が続くけど、先日の11日の地震ではどうした?」この会話が一番多く繰り返されました。仮設に住む方で、ご家族に急かせれ、促されるまま車に乗り、避難してしまって、ご近所の高齢者の方に声をかけずに避難してしまい、後から「一人で部屋に居たよ」と聞いて、「次は声をかけるから一緒に逃げよう」と謝って、約束したことを教えてくれました。

津波でご家族を亡くされて、一人で仮設に住んでいる男性に「どうしてた?」と聞いたら、「晩酌初めてたから、そのまま呑んでたさ。今度津波来たら、俺は東向くからいいんだ。そう思って心配しないで」と言っていた。意味が分からなくて・・・そう言われたんだけどと、同じ地域の人に意味を訪ねたら、「東は海の方向だから、次に津波来たら逃げないで海に連れてってもらうからいいんだという意味だよ」と教えられた。

また、今、誰が米を必要としているかを調べるために、次から次へときになる人へ電話をして近況を聞いていたら、「土地だけは買ったんだ」「中古の家見て回っているんだ」という前向きの話をしている人もあり、米の心配はなさそうだと安堵する方もあったが・・・箪笥預金派の職人さんは、「仕事ないか?」と大工さんだった腕があるが、道具もないから・・・と深く悩んでいた。久石の多くの大工さんだった人々は、震災後早期に全国の大工さんの団体から道具を支援して頂いた人もあるようだが、彼はそのような支援があったときは長期の入院中で、道具も手に入らなかったのだ。

去年は、私たちも、被災者の生きがいづくりで、植木職人さんお為に助成金で植木鋏を購入したりの支援をしたが、折角腕があっても道具が無くて困っている人がいる。

それから、職人さんとして、建築の外装をしている職人さんは、この建築の多い中・・・仕事は沢山あったが、雇い主が支払いをしないで逃げたという悲劇が2件続いて、体調を崩しているという話も聞いた。下請けをどんどん下に回し・・・誰が本当の雇い主かも分からないような事態となっていて、泣き寝入りしている人が仮設の中にもいる。許しがたいことだ。

高齢者を狙う訪問販売風の詐欺も多発している。ラジオや広報で気をつけるよう呼びかけているが、退屈をしているときに来た来訪者の話を聞いてしまい、騙されてしまったり。

でも、暗い話ばかりではなかった。仮設のお茶会で西本願寺さんがこんな仮装で盛り上げてくれてよ〜と携帯で写真を撮りお茶会から送ってくれた方もあった。

頂いたさつまいもをたっぷり使い冬至かぼちゃを作りお茶会で振舞ってくれたお茶会の若手マダムのお陰で冬至の日を過ごしました。

また、お節料理を送って下さるという話もあり、年末までその調整などもあった。
31日にゆりあげ港朝市に行って・・・蟹、刺身、花、野菜、ナメタガレイを買い、早々と年越しそばを食べて1日は何もしないと決めて携帯も切っていた。今日も迷ったが少しだけ書こうとPCを開いた。明日は主人の実家で新年会。それが終われば私のお正月休みは終わりである。

ともだちin名取の仕事は7日から再開だが、今手伝っている復興六起の仕事が4日の朝から再開。そうそう、その復興六起は内閣府の関係の助成で起業する人への助成金がおりるのだが、ここでまた世の中で当たり前のように行われているんだけど「本当に必要か?」と突っかかりたくなることに出くわした。それは、「物を買うときに相見積で買うという基本ルールだ。」勿論、選定書に理由を書いて書類を作成しそれを添えれば、見積一つで決定して購入してもいいという道はあるのだが・・・例えば何か一つ電化製品を買うのに、K電気屋一社で即購入が出来ない。B電気屋でも同一商品の見積もりを貰い、K電気屋の金額が安いということを証明しなければならない。助成金に付き物のこのシステム・・・その作業の為に時間がどれだけ無駄になるか・・・いや、時間だけならいいが、もし、事務費が認められるとすると、その見積もりを取りにもう一軒回っている時間の時間給もかかるわけだ。商品の金額が妥当かどうかは商品番号を打てばネットで直ぐに調べられる世の中だから、こんなことで無駄な時間を使うのを皆でやめればいいのに・・・と思ったが、私はK電気屋に行き、翌日B電気屋に行き見積もりを作ってもらい、3日目にしてK電気屋で買うということになった。  

物事一つ一つにこういう無駄と思われうようなことが付いてくる。前にも書いたがその代表は公的な期間に対する『申請書』である。『申請書』を出し、それが採択されると、申請書とほぼ同じ内容なのにタイトルが微妙に違うだけの『実施・・・ナントカ書』などというような書類を出し、またほぼ同じ内容の『助成金支払い請求書』を出すというようなことが少なくとも3回は繰り返される・・・それを1本で処理できると、公務員の方々の仕事ももう少しシンプルになるだろうに!!

どうぞ、どなたかこのような世の中の仕組みをかえてくださ〜い。そんなこと書いている暇があったら、仕事するか?! 今年もこんな感じでぼちぼち頑張ります。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tomo_in_natori/archive/1012
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/788829
 
コメントする
コメント
中国人向けのお茶会情報は発信しなくていいの?
12月からお茶っこに誘ってもらえない・・・って思っている人たちはいないのかな?
Posted by:myu_22  at 2013年01月08日(Tue) 20:32

ゆりあげ港朝市で知り合った方に建築会社の方がいるので相談してみました。大工さんに一度お会いしたいということだったので、連絡先を教えました。
Posted by:myu_22  at 2013年01月07日(Mon) 21:33