CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
kashin
終わり無い終わり (11/02)
kashin
何んてだろー (10/24)
井上由香
佐渡・初めての円形世界地図 (10/19)
加藤雅司
写真で何を語れるか・・・。 (10/13)
kashin
当たり屋 (10/13)
山中津久美
佐渡・鼓童 (07/25)
大木晴子
佐渡・初めての円形世界地図 (07/14)
yoneda
東京オリンピック (02/14)
大木晴子
システィナ礼拝堂の天井画 (12/13)
kumaji
リスボン (11/21)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tomiyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tomiyama/index2_0.xml
「無」 [2010年09月15日(Wed)]


ごぶさたしました。また倒れました。
脳梗塞の 四回目です。自立神経と平行感覚の何処かが狂ったみたいだ。睡眠時間が長く朝目がさめて 脳の中でブラス思考に ならない。MRI 写真映像は、二回目の脳梗塞 の位置が拡大したみたいだとのこと、左腕左足、半身が思うように動かない、車の運転をしないように指示されたがしようがない。

一回目の脳梗塞は二〇〇二年五月、ゴルフ練習場の帰りに、自宅の手前三〇〇メートルの中央線ガード下で、突然、右半身が動かなくなった。窓の外に垂れ下がった手はブラブラ、右足でアクセルを踏むことができない。いったい何が起こったたのかさっぱり検討がつかない。都立大久保病院の診察室で女医先生がバッハリンをすぐ飲んだから救われた。脳の極々細胞は一日に二万から五万細胞ものが切れて、やがて認知症、日いち日とボケが進行するのですよ、と。その二年後に二回目の脳梗塞で左半身が動かなくった。今回のフイルムを見ると以前の後遺症の再発です。 

生まれる半年前に父親をた失い、事業が倒産した。結核で倒れた次兄のためにストレプトマイシンを一本打つのに一月分の給料でも足りなかった。他界した兄を看取ったあと、町工場を辞めて高校を受験した。「十五歳の春」でした。

 情報を得る新聞や雑誌はほとんど見なくなった、テレビの環境で生活するようになったのは悲しい。倒れた三ヶ月まえはサッカー南アフリカFIFA大会が放映され、その後、高校野球が毎日の日課だった。民主党代表選で菅さんが勝ったが、あまり関心がない。「トロイカ」とか「大義」とか古い体質が気になったからだ。挙党体制よりも円高、中国の領海問題などが心配だ。九月に入っても炎暑延々、熱中症で関東一円で二百人以上の人々が「無」になった。

 二十四時間サイクルで環境が整えられてする生活情報、脳神経からの指令で目が覚めなければ 「無」となる。生いへの決別を意味している。介護される身になると、家族全員がスクラムを組んで支えてくれるのが幸せと思う。
Posted by 富山治夫 at 13:57 | この記事のURL
生きしるべ [2010年05月09日(Sun)]

生きしるべ
 上海万博と北京自動車ショウが開幕した。北京オリンピックに続き大型プロジェクトになる。未来に向かって生きるイメージを感じる「生きしるべ」になる。
 中華を辞書で調べてみると、「儒教的な王道政治の理想を実現した漢民族を誇り、中国が世界の中心であり、その文化・思想が最も価値のあるものであると自負する考え方。中国史における外国からの政治的危機に際して、しばしば熾烈(しれつ)な排外思想として表面化した」とある。中国でバブルが来なければ良いが。 
 日本では64年の東京オリンビック、続いて大阪万博開催した頃は、憧れと国威に自信、それと夢を与えてくれたことを思い出す。そしてバブルがやってくた。
 鳩山総理が初めて沖縄を訪問し、また、ウソを付いた。沖縄県以外の基地移設など、「腹案」は明示しなかった。こんな国にしたのは誰だ、夢と希望を失い、ギリシャのように、もうご破損と願いましては・・・。

 値なし草は、いつも強い。回っているコマは絶対倒れない。のたれ死にはしたくないので、いつもハングリーでなければならない。そのために写真を撮り続けた。賞を戴くごとに仕事は半減していった。最後に紫綬褒章を受けたのは93年、これで上がり一丁だ、国の章は賞金が無いので、その後は失業してしまった。
 若者が大好きな母の教えは、いつでも正解は一つしかないから、自分の心に対して嘘をつくなだった。そのためには多くの情報を観じて、生き方に取入れる。人生岐路に立つことがたびたび、負けた時には素直に謝ることが大切だ。
 大女優の淡島千景さんに教わったことは、考えないで写す写真は、何枚シャツターを切っても個性のある写真は映せない。女性自身に居た若い頃のことだった。女性自身を辞め、朝日新聞出判写真部に入るきっかけになった「宝の言葉」に感謝している。
 人生のカウントダウンが始まっているのだから、いつ倒れてもおかしくない。そろそろ遺言でも、といっても財産がないので家族に書き置いておく必要がない。せいいっばい感謝の気持ちを自然のままで書き残すのがいいと思っている。
Posted by 富山治夫 at 18:12 | 日本 | この記事のURL
仕分け第二弾 [2010年04月30日(Fri)]

仕分け第二弾が始まったが、以前の仕分け作業に比べると、どことなく迫力に乏しい。
外国に住む554人のこども手当の申請を拒否したり。高速道路の値上げと、タバコ税値上げ、明るい夢の話題がひとつも聞こえてこない。もう少し法案の詰めが足らない上。沖縄基地のニュースなどのせいかも知れない。季節はずれの雪に桜の花もびっくり、野菜類も、異常気象で高騰している。

 後期高齢者になってから最近の電話は、「余り良い話では無いのですが」と、前置きが多くなってきた。先輩、同僚、後輩からの訃報につぐ訃報。親しかった立松和平さん、井上ひさしさん等は後輩であり、逝くのに早すぎる。
 検察審査会から小沢幹事長の政治とカネに対する査定は再審査起訴相当と決まった。暗い影を引きずり政党支持列低下、危険水域に下がった原因ともなっている。民意からへの信頼を失い、鳩山総理は徳之島の実力者を訪問した。腹案を示したのかー。

 民主党政権に代わってから、映像アーカイブの話題は聞こえてこなくなった。箱物は仕分けられたそうだ。アイスランド火山の噴火でヨーロッパ中の空港が封鎖された。その影響は大きい。

 アイルランド、スコットランドの海岸の自然そのまま砂丘を生かしたリンクスの写真展が新橋汐留の共同通信本社メディアタワー・ギャラリーウォークでオープンした。多分、ゴルフリンクスは偏西風に乗ったむ火山灰で被いつくされていると思う。壮大な自然の力には勝てない。

 いつ倒れるか解らない年になった、認知症になる前に、映像の自選集を、永久保存用紙米国製コットン100%シルバー・ラグ紙で昭和史を彩った女性たちの一ペイジをA2サイズでプリントしておかなくてはと、考えているところです。
 デシタル化時代は、「あいまいさ」が無くなっために窮屈になった。夢を育てる遊びの余裕が必要と思うのだが・・・。

 後期高齢者になってから最近の電話は、「余り良い話では無いのですが」と、前置きが多くなってきた。先輩、同僚、後輩からの訃報につぐ訃報。親しかった立松和平さん、井上ひさしさん等は後輩であり、逝くのに早すぎる。
 検察審査会から小沢幹事長の政治とカネに対する査定は再審査起訴相当と決まった。暗い影を引きずり政党支持列低下、危険水域に下がった原因ともなっている。民意からへの信頼を失い、鳩山総理は徳之島の実力者を訪問した。腹案を示したのかー。

 民主党政権に代わってから、映像アーカイブの話題は聞こえてこなくなった。箱物は仕分けられたそうだ。アイスランド火山の噴火でヨーロッパ中の空港が封鎖された。その影響は大きい。

 アイルランド、スコットランドの海岸の自然そのまま砂丘を生かしたリンクスの写真展が新橋汐留の共同通信本社メディアタワー・ギャラリーウォークでオープンした。5月23日まで。多分、ゴルフリンクスは偏西風に乗ったむ火山灰で被いつくされていると思う。壮大な自然の力には勝てない。

 いつ倒れるか解らない年になった、認知症になる前に、映像の自選集を、永久保存用紙米国製コットン100%シルバー・ラグ紙で昭和史を彩った女性たちの一ペイジをA2サイズでプリントしておかなくてはと、考えているところです。
 デシタル化時代は、「あいまいさ」が無くなっために窮屈になった。夢を育てる遊びの余裕が必要と思うのだが・・・。
Posted by 富山治夫 at 08:05 | 日本 | この記事のURL
断捨離 [2010年04月11日(Sun)]

 断捨離
 へんな言葉だが、セレブ主婦の間で流行っているそうだ。いま必要な物以外は捨てる決断力のことだ。      
 豊かな世相では物余りの社会に「仕分け作業」をすることが必要になった。永田町でも訳の解らないゴミ溜まりになり、ついに党首討論では「腹案がある」と意味不明の論戦になってしまった。「政治とカネ」の問題と議員秘書が逮捕されたのに対して説明不足で不満がつのる。おまけにマニフェストは、どれもこれもが中途半端で約束違反だ。その場しのぎの先送りに過ぎない。
 若手がいない新党「たちあがれ日本」は石原慎太郎都知事のネーミンク。一寸古くさい、何と略せばよいのかイメージが湧かない。

 中国で、六日に続き麻薬密輸罪で邦人三人の死刑執行された。
 九日付新華社電によると、中国の最高裁判所にあたる最高人民法院は同日、麻薬密輸罪で死刑判決を受けた邦人、武田輝夫、鵜飼博徳、森勝男の三死刑囚への刑を同日、遼寧省で執行したことを明らかにした。
 中国政府はこれまで、三死刑囚の刑執行に対し、六日の赤野光信死刑囚の死刑執行から1週間以内に行う姿勢を示していた。三死刑囚の刑執行は既に、中国政府を通じ、日本の外務省に伝えられているという。今回の死刑執行により、日本政府は新たな申し入れなどは行わず静観を続けていたが、4日間で計4人が執行されるという事態になった。ほかに数十人の日本人死刑囚がいるという。闇将軍小沢幹事長が国会議員百六十人も連れて北京詣でをしたのは、何だったのだろうか・・・。

 男は子供を生めないのだから、国造りには女性と支え合う包容力が必要だ。何も決められない宇宙人、自分の星に帰還したらいかが、無責任な閣内不統一、「ガラガラポーン」とやって無駄をはぶき「断捨離」。に
 生まれる前に父を亡くし、破産して貧乏のどん底、幼時期にはお寺、伯母の家などを転々として育てられた。桜の木の下に眠る伯母のお墓は満開の花びらが散って墓石を化粧するように飾っていた。とても奇麗だった。
Posted by 富山治夫 at 18:45 | 日本 | この記事のURL
展覧会ご案内 [2010年03月21日(Sun)]


写真展・4月24日ー5月23日 新橋駅前汐留メディアタワー共同通信社本社3F
THE LINKS
絶えず偏西風が吹いている原風景のリンクス

 1764年、スコットランドのエジンバラで、第一回会合が開かれ、それまでまちまちだったホール数が現在の十八ホールに統一された。
 1834年、セントアンドリュース GCが創設され、ウイリアム4世が名称を与えた。ゴルフクラブの統括、規則の制定、選手権の開催、ルールやゲーム方法が整備された。ゴルフの歴史を語る時に、セントアンドリュース は通説的にゴルフ発祥地といわれている。

 「エエッ、これがゴルフリンクス」
 北アイルランドのコーズウエイにあるロイヤル・ポートラッシュは見わたす限りの大小の丘に、柔らかい葦のような草が銀色になびいて輝いている。黄色の小さな花が咲くコースにはトゲがある。ラフは足首がすっぽり埋まるヘェザー草だ。樹木らしいものは一本も見あたらない砂丘に、また砂丘だ。その上に鉛色の雲が流れていく。牧草地はおろか何の役にもたたない自然の砂丘地帯を、そのまま生かしたのがゴルフリンクスだ。強風にあおられる灰色の砂丘に羊が身を寄せて避難する深いバンカーがある。いまにもとけ込んでしまいそうな乏しい色彩の砂丘には、海鳥の姿もない。肩ぐらいに低いピンフラッグが、僅かな緑色を染めたグリーンの上に、墓標のように立てられている。
 妖精と妖怪が一緒に隠れ棲んでいるようなダークグリーンの世界に、ひょっとするとジョナサン・スウィフトの「ガリバー」か、ジエームス・ジョイスの「ユリシーズ」に会えるかもと、自然そのままの原風景風土は、一日に四季がある。

 米国では、N.Yのマンハッタン島北端のハドソン 川沿いのリンゴ園を スコットランド移民がゴルフ場に改造したのは、1888年、その名はセントアンドリュース。アメリカで最古のゴルフクラブだ。
 そして、1895年、先住民族居留地に、シネコックヒルズが誕生した。
 
Posted by 富山治夫 at 18:18 | 日本 | この記事のURL
中央アジアの真珠 [2010年02月01日(Mon)]

安保改定五十年。あっと言う間に時がすきせましたね。
 アフガニスタン中枢部に同時テロが十八日発生した。カブールには二度ほど行ったことがあるが、通過点なので、この国ほど印象に残らない国は無い。2001年三月にバーミヤン渓谷の二体の大仏破壊 が行われた。
 大仏はタリバーンによって破壊されたのだ。ドイツの調査チームの報告によると、破壊後、その瓦礫から発掘された木片や藁などを放射性炭素年代測定法で分析したところ、大仏の築造年は507年ー12年、西大仏は551年ー15年という結果が報告れた。
1979年のソ連のアフガニスタン侵攻以来外国人の立ち入りが難しくなり、外国の支援を受けた調査と保存事業は中断状態に追い込まれた。1980年代以降の内戦で1990年代には内戦の激化にともなって遺跡の周囲にも多くの地雷が埋設されるほどの状況で、遺跡の破壊が世界的に憂慮された。
 アフガンの空爆が始まったのは二〇〇〇年、すでに十年が過ぎた。アフガニスタンのカブールからカイバル峠越えでは、ソ連が造った道路とアメリカ舗装した道路が回遊。山賊に気お付けろと言われ、恐怖におののきながらのドライブであった。タジキスタンのドシャンベでは、スパイ容疑で三日間の牢獄監禁生活を味わった中央アジアの取材を思い出した。
 最近では現地から送られてくるテレビ映像は、パソコンなセットされた携帯電話から、インターネットを通じて送られてくる。「中央アジアの真珠」と言われ、アフガニスタンは歴史的にも多民族国家であり、古代から東西文明交易路の要衝の地でありアレクサンダー大王、玄奘三蔵、チンギスハンの混交する多くの文化遺産が残されている。アフガニスタンの北西部に位置する、ハリ・ルド川沿いの町は、ヘラート県の首都。かつては中央アジアとインドを結ぶ要衝の地として栄えた。ヘラートの歴史は、破壊と復興の繰り返しであった。古代はアレキサンダー大王の時代から、時の支配者たちに幾度となく征服され、破壊し、そのたび再建してきた。古い寺で装飾彫りされた小さな石片を子供に貰った。玄関に置いてあるその石を見るたびに激化する戦争の狙撃を思い出すのだが、二度も旅をしたのに、なぜか記憶に残らないアフガニスタンだった。
まず、イメージ [2010年01月10日(Sun)]
 

新年おめでとうございます。今年は開運の年になるのか、いずれにしてもプラス思考で行こう、ときめたのだが、それとも・・・。 
 写真でもっとも重要なのはイメージです。テーマや被写体に明確なイメージをもって対峙すれば、レンズや露出の選び方、構図、光の具合=撮影の時間帯などが自ずと決まります。様々な被写体に対して、どのように作画するか。そのイメージを積み重ね、表現の引き出しを増やしていくことが、写真上達の第一歩なのです。
 一九九七年。コダックの試作したデジタルカメラ機構をキャノンが搭載した試験DCS1とDCS3。日本で初めて使ったのは。禅修行で、永平寺の回廊を夜明け二時間前に暗闇の中を鈴を降りながら走り回る姿を写した写真だ。パソコンに読み込まれた画像に驚くと同時に写真に対する映像革命が予想された。
 故障ばかりのパソコンG3の時代は高価だった、やや安定したG4、パソコンは二・三年ごとにバードョンアップされてしまう。その度ごとに買い替える必要にせまられる。ソフトウェアーが対応しなくなつてしまうのだ。メーカーとしては進歩していくために当然のことと思うのだが、自動車やテレビみたいに対応年数を長くしてほしいと願っている一人だ。昨年買い替えたI Macで一六台目になる。が、canpan.ブログが対応しなくなった。MacよりもWindows が圧倒的なシァーを確率しているのだから、やむを逐えない。Windows 7は対応しないのでWindows XPを買わないとブログを書けないことになる。
 絡まった周辺機器の配線をすべて単純に結び直すことからはじめ、ハードデスクのコビーを取ってバックアッブ体制を整えたいと作業を始めた矢先、一テラのデスクのうち、昨年末から500Gデスクがどうも認知するのが遅くなってきた。外付け一テラのデスクがついに認知しなくなってしまった。
 新年早々、波乱の年を向かえた。復元するのに恐らく数十万円は覚悟しなければ・・・。
 「禅とは」只、只座り、宇宙観をイメージする。
デジタルとは、ある辞書によると、白と黒のピアノキー盤の上で踊る指先とあった。偽装献金、土地購入未記載。解らない政治の世界と同じような感覚だ。
いずれにしても I・T化が進む地球環境。きちんとバックアップを忘れずにしてください。
Posted by 富山治夫 at 16:13 | 日本 | この記事のURL
結び目 [2009年12月24日(Thu)]


 期待していた政権交代、三ヶ月たってやっと予算が決まった。民主党のマニフェストは嘘をついた。詐欺にあったような気分でいらだつ。目玉の子供手当、官僚政治、天下りの廃絶、沖縄基地問題の先送り、高速道路の無料化などと、各大臣のまちまちな発言で纏まらない。
華々しくCO2の二十五%削減枠を国連総会で表明したのは嘘にならなければと案ずる。COP15の国際会議でもリーダシップは穫れなかった。
マニフェストの公約を果たせず、申し訳ありませんと謝れても約束は約束、嘘は嘘。小鳩政権と言われる始末、闇将軍にあやつられているようだ。話題になった仕分け公開裁判、国家戦略行政刷新会議室は機能しているのだろうか。
 それにしても小沢幹事長代表民主党大議員団の訪中にはあきれるばかりだった。胡主席が一人一人笑顔で握手する様子をテレビ映像を見て、礼節、節度というものをもう少し考えてほしいと、百二十回も中国へ訪問した経験で恥ずかしく思った。

 「トミ、ついに独りぼっちなっちゃったよ、八十六の女房が二ヶ月の入院で逝ってしまったよ」。突然の電話に、どう慰めてよいのか言葉に詰まった。親族だけの密葬だから朝日新聞出版写真部には連絡しないでほしいと言うので、数日後、焼香に行った。意外に元気な様子に一安心だった。区役所の届け、銀行、保険、葬儀、など、すべて手続き済ませてから逝ってくれればと笑顔で話してはいたが 奥さんに先立たれる寂しさは並大抵の事ではない。

 人生は必ず終わりがある。終わりよければなんとやら・・・。0九年もあと僅か、日本には結びの美学がある。藁を結ぶ、縄を結ぶ、草蛙を結ぶ、
握り飯を結ぶ、結納、結婚、髪を結う、相撲には小結、千秋楽の結びの一番などときりがない。
「友愛」は、夢と希望を失い、そしてたばこ税の値上げ、不景気な新年を迎える。

 芥川賞受賞作品、磯崎憲一郎『終の住処』人生においても充実した「時間の感覚」がある。

 皆様、良い新年をお迎えください。

Posted by 富山治夫 at 15:26 | 日本 | この記事のURL
子ども手当 [2009年11月29日(Sun)]


 中国へ初めていった一九七一年、木村伊兵衛団長日本写真家代表団十名の一員としてだった。まだ中国は文化革命の名残りが北京・上海の町のあちこちで見られた。紅衛兵の少女たちが隊列を組んで奇声を張り上げながら行進する姿は威容だった。働き盛りの多くの青年たちが、ただブラブラ歩いている、いわゆる「待業青年」失業者の群れだった。観光客を受け入れていない時代、ホテルを出れば幾重もの人垣に取巻かれる、写真を写すどころではない。此の場で反射望遠五百ミリレンズが役にたった。
 五百ミリを使った写真殿堂1978JapanToday NewYork I.C.P.写真展は大好評だった。この五百ミリをデジタルカメラで使ってみたいと思い銀座で中古レンズを買った。だかデジタルカメラのレンズマウントが合わない。少し専門的になりますが、基盤になるCCDは、15%カットされる。つまり五百ミリが超望遠の八百ミリになってしまうので街で手持ち撮影には不向きだ。おまけにコンバーターを着けるために、4,5ミリほどサウンドペーパーで削らなければインフが出ないから無限大の焦点距離でピントを結ばない。このところブログに六回アップしている写真はすべて五百ミリで撮影した画像です。新しくフルサイズカバーをするデーターは、Canon 5D Mark 2 反射五百ミリ AV LSO1250となる。



 老朽化した「日本丸」の船底に絡みに絡んだコンピューターの膨大な配線を、結び直すことができるのだろうか。今度はドバイショックがヨーロッパからやってきた。円高、株価低迷に大きな影響を与えそうだ。
 関心を呼んだ仕分け劇場をテレビで様子を見ていた。その間、ピントが合っていないというのか、わざと沙をかけているようなボヤケタ画像の広告で、コピーが読めない。七十年代のCM黄金期にサントリーのCMに関わっていた者として、ピンボケは気になってしかたがない。クライアントがよく許すものだと、流れがチラシ広告を見ているみたいなのでマイナスイメージにつながる。
 デジタル最先端の携帯電話、保険会社、熟年向けグルメ、サプリメントのCMばかりで、夢と希望を追う企業の完成度と質の高いものはひとつもない。コマーシャルソングも女子中学生に視線を合わせたのか煩いばかりのCM、バライティお笑い番組で、突っ込みが相方の頭を叩く場面にはすぐにチャンネルを切り替えてしまう。予算の関係なのか民放各局は再放送ブーム、NHKのアーカイブドキュメンタリー番組がこの時代を楽しめる。
 インターネットで世界中に配信した情報公開したのに危機管理はどうなのか、進路を決められない不安だらけの新装なった「友愛丸」事業仕分けは幕を閉じた。作業の一方で議論となっているのが「子ども手当」などの創設だ。
Posted by 富山治夫 at 18:23 | 日本 | この記事のURL
十五歳の春 [2009年11月25日(Wed)]


 公立高校の無償化を掲げる鳩山政権の献金疑惑を、おいて「魔女狩り」裁判、民主マニフェストの第二ランドの仕分けが始まった。
 生活保護家庭の子供が高校に進学できるだろうか、「不景気だから親に迷惑をかけたくない」「大工」「スポーツ選手」「寿司屋」になりたいとか、勉強は不得手だからと「中学卒業十五歳の春」は、さまざな思いと夢を持っている。すべての子供たちに高校教育を受けされるのに公立高校、定時制高校志願者に学校の数が足りているのだろうか、定時制の統廃合が進んでいるという。
 1950年6月25日に勃発したのが朝鮮戦争です。第二次世界大戦終結後連合国の占領下にあった日本に、政治、経済、防衛にも大きな影響を与えた。北朝鮮を支援した共産主義国に対抗するため、日本の戦犯追及が緩やかになったり、日本を独立させるためのサンフランシスコ平和条約締結が急がれ、1951年9月8日に日米安保条
約と共に締結された。さらに警察予備隊(のちの自衛隊)が創設されたことで、事実上軍隊が復活した。
 戦後の混乱期に教育改革の六・三・三制が制定された。六・三・三制第一期生であった私は、母校王子中学校は一学年が十四クラスのマンモス校、進学組が二クラスに、あとは就職組に別れされた。
 生まれる半年前に父親を失い、事業が倒産した。結核で倒れた次兄のためにストレプトマイシンを一本打つのに一月分の給料でも足りなかった。他界した兄を看取ったあと、町工場を辞めて高校を受験した。「十五歳の春」でした。
 都立日比谷高校と東大進学を競っていた都立小石川高校定時制に五年遅れで入学したが、二年生のとき、新聞配達、納豆、豆腐売りと昼の労働疲れで、つい、うとうと本を盾に寝てしまう。同じ年の代用教員が罵声をあびせて連日のように指すのに腹をタテ、教壇に行って殴り飛ばした。一週間後、教頭先生が退学通知を持ってきた。暴力を振ったことには今でも反省しているが、人生の転機、進路を変えた記憶は。ヶセラセラー、なるよーになれだった。
 あまり思い出したくはないことを母に話すと、「自分の心に嘘つかないでロマンを追えば」、とたった一言つぶやいた。
Posted by 富山治夫 at 08:43 | 日本 | この記事のURL
| 次へ