CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「東大寺再建のふるさと」と称される徳地の森は
全国で第一期に認定された森林セラピー基地です。
人・森・地域の元気を育む、私たち森林セラピー山口のブログです。

« 2019年07月 | Main | 2019年09月 »

カテゴリアーカイブ
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

もりとわさんの画像
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tokuji-no-mori/index2_0.xml
【メディア掲載】希少野生動植物種保護支援だよりに掲載されました〜徳地の森からはじまる人と森と地域の元気づくり〜[2019年08月28日(Wed)]
山口県の希少野生動植物種保護支援員さんの会報誌「支援員だより」第31号(令和元年8月発行)に一般社団法人もりとわからの寄稿で、森林セラピーについて掲載されましたのでお知らせします。

希少野生動植物保護支援員のことについては、こちらのページを参照してください。

支援員だより第31号の全文はこちらをどうぞ。

テキストは画像を拡大してご覧ください。

kisyodoubutu.jpg

Posted by 松本 at 21:47 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:9月8日(日)十種ヶ峰健康登山〜一面みどりの笹原歩き〜】[2019年08月26日(Mon)]
夏の暑さが和らぎ、朝夕は少しずつすごしやすくなっていたり、夜などは寒かったりするところもあると思います。森に出かけ、身体を動かすのに適したシーズンになってきました。

と、言うことで夏の間お休みをしていた森林セラピーの山登りも9月8日(日)「十種ヶ峰健康登山〜一面みどりの笹原歩き〜」から再開です。

この森林セラピーの山登りは、山登りを通じて、野山に親しみながらみんなで健やかな心身を手に入れよう、という取り組み。フィールドには、徳地地域のみならず、山口市内の登りやすいお山をピックアップし、年間を通じて取り組みます。

この9月8日(日)は、県下第一級の眺望を持つ、十種ケ峰に登ります。
秋のはじまりは、森の案内人との山登りからはじめたい。そんな皆様のご参加をお待ちしています。

579e849b9ae6bca6bd4f25a6dfd0168c1.jpg

山口県最大級の展望が広がります。

40527893_966963690171390_8543554180768333824_n.jpg

もうすぐ山頂、足取りも軽くなります!

40520196_966963703504722_7966126111635537920_n.jpg

昨年の下見の様子です。みんないい顔してます!

(以下、森林セラピー山口ホームページより転載)

件名:十種ヶ峰健康登山〜一面みどりの笹原歩き〜

【開催日】2019年9月8日(日曜日)

森林セラピー基地の森の案内人が「健康のために山に登る」機会として、季節の魅力あふれるトレッキングコースをご案内します。

9月は、山口市阿東にある十種ヶ峰(標高989m)に登ります。

■十種ヶ峰について
十種ヶ峰地図十種ヶ峰は、別名「長門富士」ともいわれる山口県の名峰。中腹から山頂にかけての笹原と、頂上では360度の展望がお楽しみいただけます。

◇標高_989m
◇歩行距離_約7km
◇標高差_約600m

開催日時
_2019年9月8日 @ 9:00 AM - 3:00 PM

開催場所
_神角八幡宮駐車場
_〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下

参加費
_1,000円(小中学生500円)※別途保険料としておひとりさま50円

主催
_森の案内人の会(後援山口市)
_TEL0835-56-5234 
_FAX0835-56-5235
ytherapy★c-able.ne.jp ※★を@に変えてください。

募集人数
_20名(先着順)

持参物
_昼食、飲み物、山歩きできる服装、登山靴(必須※ハイカット推奨)、セパレートタイプのカッパ(必須) 、手袋(※予備持参推奨)、タオル、虫除け、健康保険証のコピーなど

申込期限
_9月4日(水)までにお申し込みください。※定員に達し次第受付を終了します。

申込方法
_電話、FAX、または下記メールのいずれかの方法で、郵便番号、住所、連絡先電話番号、氏名、年齢、性別、人数を申し出願います。

申込メール
_ytherapy★c-able.ne.jp ※★を@に変えてください。
※下記の項目をメール本文にコピー&貼り付けして、必要事項を記載し送信してください。

参加される方の
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【氏名(フリガナ)】
【年齢】
【性別】
【中止連絡等できる連絡先電話番号】
【登山経験の有無】
※複数人で申し込まれる場合は、全員の氏名・年齢等をお教えください。

個人情報の取り扱い
_ご記入いただきました住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、イベント参加の目的にのみ使用させて頂きます。また、いかなる場合でもこれを開示いたしません。

Posted by 松本 at 22:16 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【イベントレポート:8月25日(日)木こりの森巡りと秘密の滝探検ツアー】[2019年08月25日(Sun)]
森林セラピー山口の森の案内人が行う森林セラピー体験イベント、健康散歩部会が行う森歩きの活動は、季節の魅力を活かしたフィールドと、イメージを膨らませてテーマを設定し、とっておきの森歩きの機会を提供します。

予約不要で行うこの活動、今年度2回目となるツアーのタイトルは「木こりの森巡りと秘密の滝探検ツアー」、ダムの底に沈んだ集落を見下ろす小高い一角に、三代にわたり育まれた豊かな森と、地域の方々の憩いの場であったという滝を訪れる一日です。

今回もたくさんのお客様にお越しいただきました。スタッフと案内人、ボランティアスタッフあわせて約50人が、三班に分かれて、夏の終わりの森に集いました。

ふれあいパーク大原湖発着の「木こりの森巡りと秘密の滝探検ツアー」、一日の様子をご紹介しますので、どうぞご覧ください。

himitunotaki (1).jpg

ふれあいパーク大原湖を出発し、一路、木こりの森巡りと秘密の滝探検へ。
ほんの数十年前まで、村があったという場所に広がる、湖を眺めながら、
ドキドキの冒険へ出発です。

himitunotaki1-2.jpg

山口県の県木であるアカマツと、そのアカマツが枯れているお話
哀しい話だと思いきや、近づいてよく見てみるよう促されると・・。

himitunotaki (2).jpg

やがて大地に還るであろう、伐倒された樹木に、小さな芽生えが。
命のはじまりが、それから終わり、循環のはじまりが、
実はそこにも、あそこにも・・。

himitunotaki (3).jpg

戸田岸さんが、親子三代で育んだ複層林。
この活動がはじまるころは、まだ植えられて数年の稚樹が、気がつけば大きくなっていたり…
美しい森が育まれる、その時間をともに過ごしたということ。

himitunotaki (4).jpg

木こりさんの美林を抜けると、清々しい冷風スポットが!
ここからが秘密の滝の入り口、沢登区間。
笹船や、深呼吸で、気持ちを整えたら、さあ出発!

himitunotaki (5).jpg

沢登区間では、ぐらつかない石を探しながら、歩きます。
一見歩けそうにないところでも、目を凝らせば、そこに道が!
気持ちは流行りながらも、注意深く、一歩ずつ進みます。

himitunotaki (6).jpg

ミニトレッキングといっていいコースは、ちょっとどきどき
それでも、小さな川を越え、滝を越え、
なぜか心は弾みます。

himitunotaki (7).jpg

たどり着いた秘密の滝。
絶えることのない水は、いったいどこから流れてくるのだろう。
めぐりめぐる水の神秘に、こころを傾けながら、しばし滝の傍らで時間を過ごしました。

himitunotaki (9).jpg

行きはよいよい帰りは・・。
帰り道こそ油断大敵、やまぐち森林づくり県民税を活用した事業により整備した遊歩道、巨木の杉林を味わいながら帰りました。

himitunotaki (8).jpg

今回、秘密の滝まで完踏したメンバーです。
みんなとても清々しい顔をしています。
森林セラピー山口の森歩きイベント、予約不要の企画、この次の回は9月22日。
タイトルはどんぐりの森の宝探しツアー、皆様ぜひおいでください。


Posted by 松本 at 22:25 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【明日8月25日(日)のイベント準備完了!木こりの森めぐりと秘密の滝探検ロード整備】[2019年08月24日(Sat)]
明日8月25日(日)に開催予定の森林セラピー体験イベント「木こりの森めぐりと秘密の森探検」の実施を控え、今週の雨によるロードの変化を点検し、前回の下見で気になっていた箇所を整備しよう「もう少しだけ手を入れて、整備したい」と、森の案内人12人が集いました。

作業内容を確認して、それぞれが使える道具を手に取って、およそ半日の作業を行いました。
ロードの整備だけでなく、あらためてご案内のことも確認して、明日のイベントの準備ができました。

明日は、8月最後の日曜日、水辺の森歩きは、子どもたちにもちょっとした冒険です。
ぜひ、ご家族一緒にお越しください。

2019-08-24 11.25.54.jpg

明日のイベントをより気持ちよく迎えるために、ちょっとだけみんなで手をかけようか、と集ったメンバー12人。暑い中、楽でもない作業後ですが、気持ちは晴れ晴れ!

2019-08-24 16.54.50.jpg

やまぐち森林づくり県民税の事業で切り拓いた歩道も、少しずつこなれてきて、歩きやすくなってきました。

2019-08-24 16.55.07.jpg

ここは、神殿のようにスギやヒノキが立ち並ぶ森、この季節ならではの、森の香りを胸いっぱいに吸い込んでいただきたい。

2019-08-24 14.23.35.jpg

作業後に施工状況を確認。力を合わせると、短い時間でもたくさんのことができました。
ピカピカのつるつるの散策道になったわけではありませんが、味わい深く歩いてもらえると思います。

2019-08-24 16.55.16.jpg

笹船のご用意?もできました。
意外と、楽しめてしまう流し流され笹船体験?も提供があるかも??

そういうわけで、明日25日(日)は曇り予報ですが、森林セラピー体験イベント 木こりの森めぐりと秘密の滝探検 は開催します。
ぜひ皆様お越しください。

詳細は、こちらをどうぞ。

Posted by 松本 at 17:19 | 森林環境整備活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【参加者募集:8月25日(日)木こりの森めぐりと秘密の滝探検ツアー※申込不要】[2019年08月19日(Mon)]

森林セラピー山口で活動する森の案内人、いつもは申し込み予約を待っているのですが、ときに、おすすめの季節やコースをお届けしたく、イベント企画を開催します。

8月25日に開催するのは、森の案内人の会健康散歩部会が行う森林セラピー体験イベント「木こりの森めぐりと秘密の滝探検ツアー」、森林セラピー基地の中の飛び切り大切に育まれた森林と、この暑い夏に訪れるにふさわしい秘密の滝を訪れるちょっとした冒険に皆様をお連れします。

9:30〜14:00までの短い間ですが、木こりさんが育むひと味違った森と、子どもたちが一回りたくましくなるような、自分の足で挑む冒険のような時間になればと思います。

暑い暑い夏、この夏はとうとう外に出なかった・・・、そういう方もあるかもしれません。
それでも、夏の最後には、森のひんやりとした空気に包まれるひとととき、感じてみたいと思わないことはないでしょう?

8月25日(日)木こりの森めぐりと秘密の滝探検ツアー、こどもは一回りたくましく、大人は、ちょっと童心に、そんな時間になることうけあいです。よろしければぜひご参加ください。

1.jpg
一見険しそうな岩がゴロゴロ、でも驚くことはありません。
そこに、登るべき道があれば、なぜか子どもたちは挑むのです。

2.jpg
森の案内人が、子どもたちの感じる不思議に寄り添います。
さてさて、なにが見えたかな?僕にも見せてチョウだい。。

3.jpg
チョウチョにだけにチョウチョだけよ(笑)

4.jpg
神殿のように静謐さが広がる森林に、こころが弾みます!

5.jpg
注意深く、大岩を乗り越え、目指すは秘密の滝へ!

6.jpg
第一の滝を訪れました!
この先の急登を登ると、いよいよ最後の滝。
そこは、最後まで歩ききった者だけを涼風が迎えるというとかいわないとか・・。

今回、「木こりの森めぐりと秘密の滝探検ツアー」でおとずれるコースは、
平成12年に、地権者の同意を得て、旧徳地町が整備したコースです。
平成27年度の山口森林づくり県民税の事業により、新たに周回コースが加わり、またちがう魅力を持ったコースに生まれ変わりました。

今回訪れる木こりの森めぐりと秘密の滝探検には秘密がいっぱい、

水の底に沈む橋
大きな木とちいさな木が入り混じる明るい森
ダムの底に沈んだ村の歴史
森の中の謎の石組み
そして、絶え間ない涼風が吹く秘密の滝

夏休みの最後をしめくくるに、うってつけのコースです。
皆様のお越しをお待ちしています!

(以下、ホームページより転載)

木こりの森めぐりと秘密の滝探検ツアー※申込不要
【開催日】2019年8月25日(日曜日)

森林セラピー基地の森の案内人が季節毎にテーマを変えてご案内するツアーです。

8月は、林家の育むスギとヒノキの複層林から、渓流の奥にある2つの滝を訪ねます。お子様にとっては冒険・探検の要素いっぱい。暑さのとどまる時期、木陰や渓流の涼しさを楽しみます。

■歩き方
ゆっくりのんびり

■歩行距離
約4q(途中約50mのアップダウンと渓流沿いを歩く箇所があります)

※雨天予報の場合
実施の可否は8月23日(金)に判断し、中止の場合は、森林セラピー山口ホームページ・ブログ・Facebookにてお知らせします。
ご不安な場合は直接お尋ねください。
→森林セラピー山口(TEL0835-56-5234)


開催日時
 2019年8月25日 @ 9:30 AM - 2:00 PM

開催場所
 ふれあいパーク大原湖
 山口市徳地野谷605

参加費
 1,000円(小中学生無料)※別途保険料おひとり50円

主催
 森の案内人の会(後援山口市)
 TEL0835-56-5234 FAX0835-56-5235
 ytherapy@c-able.ne.jp

募集人数
 定員なし

持参物
 昼食、飲み物、動きやすい服装と靴、帽子、虫よけ、雨具など

申込期限
 なし

申込方法
 お申込みは不要です。受付時間内(9時〜9時25分)にお越しください。

申込メール
 お申込みは不要です。お問合せのメールはこちらへ
 ytherapy★c-able.ne.jp(★を@に変えてください)

個人情報の取り扱い
 当日受付時にご記入いただきました住所・氏名・年齢・電話番号及びe-mailアドレスなどの特定個人を識別できる情報(個人情報)は、イベント参加の目的にのみ使用させて頂きます。また、いかなる場合でもこれを開示いたしません。

Posted by 松本 at 22:25 | イベントスケジュール | この記事のURL | コメント(0)

【ふるさととくぢ連載〜森のことこと〜国際的にも注目集める「Shinrin-yoku」】[2019年08月08日(Thu)]
徳地地域づくり協議会さんが発行されるふるさととくぢの連載、森のことことは今回が5回目。

ふるさととくぢは、地域の人に一軒ずつ配布される地域の広報紙です。
毎月、皆様に徳地の森のことをお届けします。
8月号はコチラ

毎回160文字の限られたテキストですが、
とっておきの森と、ささやかなエピソードを添えて、地域の方がちょっと誇らしく思ってもらえるように徳地の森のことを紹介します。

第5回は、日本発祥の森林浴が、いま世界に注目されているということに注目した
「国際的にも注目集める『Shinrin-yoku』」です。

森林浴という言葉が言われるようになったのは1982年
当時は、高度経済成長の時代から、ひと段落して公害問題等もあった時代。

リフレッシュのために森に行こう
生まれたての空気を吸いに行こう、
そういったニュアンスから生まれた森林浴という言葉は、
あっという間に市民の間に認知されました。

ときを隔てて、森林セラピーという言葉が生まれ、
科学の観点から、森林浴は、人の心と身体の健康づくりに有用であることが
わかっています。

この記事に紹介された(一社)森と未来 代表理事 小野なぎささんは、
平成24年、平成27年と、この徳地を訪れられ、この度「新しい森林浴」を発行されました。

その中で、「若者や親子連れを呼び寄せた『森フェス』:山口県山口市」と、森林セラピー山口の取り組みが紹介されています。

日本の森林浴には、日本人がこれまで長い間培ってきた森林との関わり方、森林文化が、表されていて、海外の方と森林浴を語ると、そのことがよくわかるそうです。

世界に広がる Shinrin-Yoku 徳地の森でいうところの森の魅力も、その中に、しっかり含めて伝えていきたいものです。 

1908.jpg

Posted by 松本 at 23:11 | ふるさととくぢ連載〜森のことこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【8月4日(日)森の案内人フォローアップ講座 滑川沢登体験と野外活動の安全指導について】[2019年08月07日(Wed)]
森林セラピー山口の森の案内人の会、夏の森は素晴らしい、という気持ちはもちろん持っているのですが、この暑さに干からびそうな気持になったりならなかったり・・・。

いえいえ、夏の森も素晴らしい、そして、夏だから味わえたり注意することもあるよね、ということで、森の案内人の会フォローアップ講座を開催しました。

今回の講師は環境パートナーの清綱健吾さんと、橋本順子さん。
山口県ひとづくり財団、環境学習推進センターの山口県環境学習指導者バンクの制度を使って、指導者派遣をいただきました。

※詳しくはこちらをどうぞ↓
山口県環境学習指導者バンクについて

今回は、川の中をひんやりと、沢登体験を行う中で、森と水、冒険と快適性、自分の心、からだ、自然環境を感じる気持ちを育みながら、野外活動を行うための安全指導のことについて、視点を育みたいと考え、企画したものです。

1.jpg

今回の参加者は講師を含めて23名。沢に降りる体調と、気持ちの準備をして集合です。

2.jpg

講師の清綱さんは、水遊びのエキスパート。すでにこの沢についてはベテランです。

4.jpg

リバーサインや歩き方、安全のための約束事確認したら出発です。
ライフジャケットのおかげで水にぷかぷか…、た、楽しい。。

5.jpg

19度の水温は少しひんやり。滑らないように、両手を使って三点支持で歩いていきます。

6.jpg

途中にあたたかい飲み物で休憩です。水辺の活動で、やっぱりエネルギーを使っているせいか、無茶美味しかったです。

11.jpg

冷えてきた体を温める間、清綱さんと橋本さんから紙芝居のプレゼントです。
カエルの気持ち、森の多面的効果の説明が素晴らしいグッズで行われました!

7.jpg

水しぶきの中を、乗り越える!えもいわれぬ達成感がそこに!

8.jpg

安全なジャグジーのようなツボにどぶん!
大人だってドキドキです!

9.jpg

ロープを頼りに登っていきます。
今回も新しいフィールドの魅力を発見しながら、安全に活動ができました。

10.jpg

午後からは、森林セラピー山口に会場を移し、今日のヒヤリハットを確認するとともに、事前の準備と、スタッフの役割分担、また、今日の活動の中での注意や判断について、振り返り・分かち合いを行いました。

この季節の滑川は、本当に美しく、沢の中に入れば、それはそれは楽しく快適な時間が過ごせます。
太陽の熱を樹冠が遮る森はもちろんひんやりしていて涼しいのですが、やっぱり沢がいいですね。この季節の沢登、最高です。

森林セラピー山口で提供できるプログラムになるようには、まだまだ心もとないところもありますが、とてもおすすめなので、皆様にもぜひおすすめしたいと思います。
夏はひんやり徳地の森へ、おいでませ〜

※川辺や海辺の活動は、万全の注意を要するので、インストラクターの指導のもと、十分な装備や体調を整えて行うようにしてください。

Posted by 松本 at 21:44 | イベントレポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

このまちに愛たい「癒しの森でひんやり夏歩き!」〜森林セラピーで心も身体もリフレッシュ〜[2019年08月07日(Wed)]
山口市の市政番組「このまちに愛たい」に、森林セラピー山口が登場します。
今回のタイトルは「癒しの森でひんやり夏歩き!」と題して、人の心と身体の健康づくりに役立つ森林セラピーの不思議に迫ります。

とっても元気なレポーターさんをご案内するのは、森の案内人Oさん。
訪れたのは、この時期とってもおススメの滑山国有林。

平成30年度にやまぐち森林づくり環境税を活用してつくられた新しいコース
ちょっと思いがけないめぐり逢いや清々しさに出会うひんやり夏歩きを味わいました。

詳しくは市のホームページ↓をご覧ください。
山口市広報広聴課のページはコチラ

山口ケーブルテレビを視聴できない方は、Youtube やまぐちゃんねる ↓
をご覧ください。とっても楽しい夏歩きがあなたにも伝わるはず。



7506.jpg
O案内人からは、とっておきの体操が披露されたようです!

7507.jpg
森林セラピーのこれからの展開をぜひお楽しみに

【放送日時】
放送局 山口ケーブルテレビ 
放送日 8月1日〜15日の間の↓の日時
月曜日 午前7時40分から、午後10時10分からの2回
火曜日 午後0時10分からの1回
水曜日 午前7時40分から、午後10時10分からの2回
木曜日 午後0時10分からの1回
金曜日 午前7時40分から、午後10時10分からの2回
土曜日 午後0時10分からの1回
日曜日 午前7時40分から、午後10時10分からの2回

Posted by 松本 at 20:21 | メディア掲載 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

検索
検索語句
最新記事
タグクラウド